トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

意外と知られてない?トラックの種類や特徴・使用用途など大解説

意外と知られてない?トラックの種類や特徴・使用用途など大解説

国内の貨物輸送量の中でトラックの占める割合はトン数ベースでは約90%にも上り、トラックは物流業界の中で欠かすことのできない存在だと言えます。日常生活の中でも目にしない日はないほどトラックは身近な存在ですが、新車の車両価格は驚くほど高価であるのも事実で購入コストを抑えるため中古トラック販売店を効果的に利用するケースが増加しています。

ひと口にトラックと言ってもその種類は多種多様で、小型から大型までの車両区部や形状などトラックを特徴付ける要素は数多く存在します。中古トラック購入の際には使用用途に最も適した1台を選択する必要がありますので、トラックの車両区分ごとのサイズ・形状・特徴などを紐解きながら紹介します。

トラックは車両区分や架装による形状で細分化される

トラックは車両区分や架装による形状で細分化される

トラックには様々な大きさが存在しますが、一般的に物流業界では小型トラック・中型トラック・大型トラックの3つに車両を大別します。しかし道路運送車両法で軽自動車・小型自動車・普通自動車の3つに、道路交通法では普通自動車・準中型自動車・中型自動車・大型自動車の4つに細分化されます。

道路運送車両法による車両区分

車両区分 該当車両
小型特殊自動車 全長4.7m・全幅1.7m・全高2.8m以下のショベルローダ、フォークリフトなどで、最高速度が15km/h以下の自動車、農耕用作業用で最高速度が35km/h未満の自動車
大型特殊自動車 ショベルローダ・フォークリフト・農耕用作業車両・ポールトレーラなどの特殊車両
軽自動車 総排気量660cc以下、全長3.4m・全幅1.48m・全高2.0m以下の自動車
小型自動車 総排気量が2,000cc(ディーゼル車を除く)以下で全長4.7m・全幅1.7m・全高2.0m以下の自動車
普通自動車 小型・大型特殊自動車車両、軽・小型自動車以外の車両、3ナンバーの乗用車、トラックなど

道路交通法による車両区分

車両区分 該当車両
普通自動車 車両総重量・最大積載量が準中型・中型・大型自動車のいずれにも該当せず乗車定員11人未満の自動車
準中型自動車 車両総重量3.5トン以上7.5トン未満・最大積載量2.0トン以上4.5トン未満又は乗車定員11人未満の自動車
中型自動車 車両総重量7.5トン以上11トン未満・最大積載量4.5トン以上6.5トン未満又は乗車定員11人以上30人未満の自動車
大型自動車 車両総重量11トン以上・最大積載量6.5トン以上又は乗車定員30人以上の自動車

道路運送車両法の3つの車両区分は自動車諸税や自賠責保険料などのトラックの維持費用に影響しますし、道路交通法の4つの車両区分は運転できる車両区分に影響します。また高速道路ではトラックは普通車・中型車・大型車・特大車の4つに分類され、高速料金が異なるので、中古トラック購入時には購入車両がどの車両区分に該当するのかを掴んでおく必要があります。

高速料金の基準となる車両区分

車両区分 該当車両
普通車 ・二輪自動車、側車付二輪自動車を除く小型自動車
・普通乗用自動車
・1軸の被牽引車を牽引するトレーラ
中型車 ・普通貨物自動車(3車軸以下で車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満・単体で2車軸のセミトラクタ)
大型車 ・次に挙げる普通貨物自動車
(車両総重量8トン・最大積載量5トン以上で3車軸以下)
(車両総重量25トン以下(最遠軸距5.5m・車長9m未満の場合20トン、最遠軸距5.5m以上7m未満で車長が9m以上・最遠軸距が7m以上で車長9m以上11m未満の場合は22トン以下)で4車軸)
・次に挙げるトレーラ
(牽引普通車と被牽引自動車(2車軸以上)の連結車両)
(牽引中型車と被牽引自動車(1車軸)の連結車両)
(牽引大型車(2車軸)と被けん引自動車(1車軸)の連結車両)
特大車 ・4車軸以上で大型車に区分される普通貨物自動車以外の普通貨物自動車
・次に挙げるトレーラ
(牽引中型車と被牽引自動車(2車軸以上)の連結車両)
(牽引大型車と被牽引自動車の連結車両で車軸数が4車軸以上のもの)
(特大車が牽引する連結車両)
・大型特殊自動車

トラックの大きさで異なる車両区分とは?

トラックの大きさで異なる車両区分とは?

既に紹介したとおりトラックの法的な車両区分は道路運送車両法・道路交通法で定められ、高速料金の基準となる車両区分も存在します。特に小型トラックの場合ボディサイズによって道路運送車両法で定める小型自動車と普通自動車に該当するものがあり、小型自動車には4ナンバー、普通自動車には1ナンバーが交付されます。

車両区分はトラックの維持費に大きく影響する

トラックの維持費に大きく影響するものとして重量税・自賠責保険料を含む車検費用や自動車税などが挙げられますが、これらは道路運送車両法で定める車両区分を基準に算定されます。

既述した4ナンバーと1ナンバーでは自賠責保険料・任意保険料・高速料金が異なるため、同じモデルでも維持費が異なります。

小型トラックのサイズや用途とは?

全長4.7m・全幅1.7m・全高2.0m以下であれば道路運送車両法で定める小型自動車に該当するため4ナンバーの小型トラックは全長4.7m・全幅1.7m・全高2.0m以下の規格内で製造されます。しかしロング・ワイドロングなどのボディモデルも存在しこちらのボディサイズの目安はロングボディは全長6.0m・全幅1.7m、ワイドロングが全長6.0m・全幅2.1mが基準となります。

小型トラックは宅配便の集配業務やコンビニなどへの配送、小口の引っ越し業務など比較的近距離の運送業務に用いられるのが一般的です。

中型トラックのサイズや用途とは?

全長12.0m・全幅2.5m・全高3.8m以下の規格で製造されているのが中型トラックで、小型トラック同様ロング・ワイド・ワイドロングなどのボディタイプが存在します。実際に使用されている中型トラックのボディサイズは全長約6.0~9.0m・全幅2.1~2.4m・全高2.5m前後だと言えます。

近距離から中距離・長距離の運送業務に活躍するオールマイティなトラックが中型トラックだと言えるでしょう。

大型トラックのサイズや用途とは?

大型トラックのボディサイズの規格は全長12.0m・全幅2.5m・全高3.8m以下と中型トラックと同じ規格で製造されています。しかし実際に使用されている大型トラックのボディサイズは全長約7.9~11.95m・全幅2.1~2.4m・全高3.5~3.79mのものが多いと言えます。

大型トラックは近距離よりも中距離・長距離の運送業務に用いられるケースが多い傾向にあります。

増トントラックとは?

車軸やフレームに手を加え最大積載量を増加させた車両を増トントラック・増トン車と呼びます。4トン車に手を加え積載量を6.5トンや8.0トンに増加するケースが一般的ですが、ボディサイズはベース車両の4トン車のままですので、大型トラックよりコンパクトで多くの荷物を積み込めるのが特徴です。

トラックには上物(ボディ)によって様々なタイプに分類される

トラックには上物(ボディ)によって様々なタイプに分類される

トラックメーカーは汎用性の高い平ボディなどのボディタイプ以外はキャブ付裸シャーシの形で集荷し、架装メーカーが荷台部分の仕上げを行うのが一般的です。このためトラックには様々なタイプの上物が搭載され搭載された架装によって分類されます。

トラックの代表的なボディタイプ7種類の形状や特徴

平ボディ

平ボディ

最もオーソドックスなボディタイプでトラックのルーツとなる馬車の形を踏襲した形状が平ボディです。荷台が露出しているため荷物の積み下ろしの作業効率が高い半面、積み荷が風雨の影響を受けやすいのが特徴です。

中古平ボディ特選車両!

平ボディ中型  トラック H30 2RG-FTR90V2

いすゞ/中型/フォワード/H30/ワイド6.2m/走行0.5万km/増トン積載8t/アルミブロック セイコーラック エアサス ベッド

詳細を見る
平ボディ小型  トラック H26 TKG-XZU710

トヨタ/小型/ダイナ/H26/ワイドロング/アオリ二つ折り式 セイコーラック ETC

詳細を見る

中古
平ボディ
一覧へ

クレーン付き

クレーン付き

荷台にクレーンを搭載したクレーン付きトラックは、荷物の積み下ろし作業を搭載クレーンで行えるのが特徴です。クレーンをキャビン前方に収納する前方収納と荷台上部に収納する後方収納があります。

中古クレーン付特選車両!

クレーン付大型  トラック H15 KL-CXM23R4

いすゞ/大型/ギガ/H15/3軸 4段 ラジコン フックイン セイコーラック ロープ穴9対

詳細を見る
クレーン付小型  トラック H26 TKG-NPR85AR

いすゞ/小型/エルフ/H26/ワイドロング 全低床 2.93t吊4段 ラジコン フックイン 差し違いアウトリガー

詳細を見る

中古
クレーン付
一覧へ

ダンプ

ダンプ

モノを一気に下ろすことを英語でDump(ダンプ)と言うことから、荷台を持ち上げ積み荷を流し落とせるトラックをダンプカーと呼びます。一般的には車両後方へ積み荷を下ろすリアダンプ知られていますが、側面に下ろせるサイドダンプや左右と後方に下ろせる三転ダンプなどダンプには多くの種類が存在します。

中古ダンプ特選車両!

ダンプ小型 三菱キャンター トラック H27 TKG-FEBM0

三菱/小型/H27/6.1万km/ワイドロング 積載4t コボレーン

詳細を見る
ダンプ中型  トラック H31/R1 2KG-FK62FZ

三菱/中型/ファイター/H31/増トン7t 電動コボレーン ベッド

詳細を見る

中古ダンプ
一覧へ

アルミバン

アルミバン

荷台にアルミ製の箱形荷室を搭載したトラックがアルミバンです。荷室後部に観音開きやシャッター式、跳ね上げ扉などの開口部を持ち、側面にも扉を設置するタイプがあります。荷室を密閉できるので搬送中に積み荷が風雨の影響を受けないのが特徴です。

中古アルミバン特選車両!

アルミバン中型  トラック H19 BDG-FJ7JKWG

日野/中型/レンジャー/H30/パワーゲート ベッド サイドドア ラッシング2段 ETC バックカメラ

詳細を見る
アルミバン小型  トラック H27 TKG-XZU655

トヨタ/小型/ダイナ/H27/標準ロング/走行7.1万km パワーゲート サイドドア ダッシング2段

詳細を見る

中古
アルミバン
一覧へ

ウィングボディ

ウィングボディ

アルミバンの側面が開口するのがウィングボディで、ウィング開放時に正面から見ると鳥が翼を広げているように見えます。左右のウィングを開放しアオリを下ろした状態を側面から見ると荷室前面の壁と後部のドアのみが残り荷室全体が見渡せる大きな開口部が出現します。荷物の積み下ろし作業が効率化されるのが特徴です。

中古ウイング特選車両!

ウイング小型  トラック H20 BDG-LPR85AN

マツダ/小型/タイタン/H20/積載3.3t 走行30.9万km ワイドロング 床鉄板 フック4対 カスタム

詳細を見る
ウイング中型 日野レンジャー トラック H30 2KG-FD2ABG

日野/中型/レンジャー/ワイド6.2m/走行2万km ハイルーフ ラッシング2段

詳細を見る

中古ウイング
一覧へ

冷凍・冷蔵車

凍・冷蔵車

断熱材を架装したアルミバンの箱型荷室と冷却装置を荷台に搭載したのが冷凍・冷蔵車です。温度管理能力によって低温冷凍車・中温冷凍車・冷蔵車の3つに分類できますが、冷蔵車は冷凍車を高めに設定温度して使用されます。

中古冷凍冷蔵特選車両!

冷凍冷蔵小型 三菱キャンター トラック H25 TKG-FGB70

三菱/小型/キャンター/H25/4WD 中温 -5℃確認 ハイルーフ ラッシング1段 ETC バックカメラ

詳細を見る
冷凍冷蔵大型 いすゞギガ トラック H30 2KG-CYJ77C

いすゞ/大型/ギガ/H30/4軸低床 -11.4℃確認 床キーストン ラッシング2段 ジョルダー4列 バックカメラ

詳細を見る

中古冷凍冷蔵
一覧へ

トラクタ

トラクタ

トレーラーを牽引する車両はトラクタやトラクタヘッド、トレーラーヘッドなどと呼ばれます。国内では車軸が後方のみのセミトレーラーが一般的で、荷台のないセミトレーラー牽引用のセミトラクタが主流ですが、前後に車軸を持つフルトレーラー牽引用のフルトラクタも存在し、こちらは荷台を持ち荷台後部のフックでトレーラーを牽引します。

中古トラクタ特選車両!

トラクタ大型 三菱スーパーグレート トラック H24 QKG-FP54VGR

三菱/大型/スーパーグレート/H24/1デフ エアサス 積載9.8t 41.3万km

詳細を見る
トラクタ大型  トラック H24 QKG-GK5XAE

日産UD/大型/クオン/H24/ウイングトレーラーセット/エスコット ハイルーフ 1デフ エアサス ベッド

詳細を見る

中古トラクタ
一覧へ

上記7種類以外にも存在するトラックの多彩なボディバリエーション

上記7つのボディタイプ以外にも高所作業車・パッカー車・ミキサー車・ポンプ車・タンクローリーなど様々な作業車両が架装によって生産されていますが、ベース車両は全てベーシックな平ボディなどを持つトラックだと言えます。

使用用途によって最適なトラックの種類や車両区分が異なる?

使用用途によって最適なトラックの種類や車両区分が異なる?

一般的に小型・中型・大型の3つに分類されるトラックですが、既にふれたように各車両区分ごとに最適な使用用途が異なります。中古トラック販売店でトラックを購入する際には使用用途に合致する車両区分の中古トラックの選定を行うのが失敗しない中古トラック購入のポイントとなります。

トラックの車両区分別の活用先

小型トラックが活用されるフィールドは?

小型トラックは小回りが利く半面、中・長距離の運転にはドライバーへの肉体的負担が高くなるため近距離輸送のフィールドに適していると言えます。ニーズの高い個人向け宅配便の集配業務・コンビニなどへの配送業務・近距離間の小口引越し業務などへの活用がおすすめです。

中型トラックが活用されるフィールドは?

小型トラックほど小回りは利かないものの市街地での運行に十分耐えうる旋回性能と中・長距離の走行も可能な走行性と居住性を兼ね備えたのが中型トラックです。個人向け宅配便の集配業務・コンビニなどへの配送業務などの近距離運送業務から中・長距離の引越し業務や運送業務など幅広いフィールドでの活用が可能な車両区分です。

大型トラックが活用されるフィールドは?

走行性と居住性が高い大型トラックは長距離の大口運送業務のフィールドに活用されていますが、小回りが利かないため近距離の配送業務などには不向きだと言えます。

まとめ

新車価格が高額なトラックは中古トラック販売店での購入が効果的だと言えますが、中古トラック購入の際にはトラックの種類や車両区分をしっかり掴んでおく必要があります。
トラックの特徴と車両区分を掴むために次の3つのポイントを意識して車両確認を行って下さい。

トラックは車両法で2つ・道交法で4つに分類される

トラックの種類は荷台に搭載する上物で区別する

使用用途によって最適なトラックの車両区分が異なる

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報