トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

荷台寸法は積載重量で異なる!2t・4t・10tの平ボディトラックの荷台寸法を徹底比較!

荷台寸法は積載重量で異なる!2t・4t・10tの平ボディトラックの荷台寸法を徹底比較!

様々な架装を搭載したトラックが数多く存在しますが、トラックという言葉を聞いて多くの人がイメージするのは最もオーソドックスなタイプのトラックである平ボディのトラックではないでしょうか?

古くから基本的デザインが変わらず原始的ではあるものの抜群の荷役性能を誇ることから、荷台を露出した平ボディのトラックは様々な業種に活用され中古トラック販売店でも多くの平ボディが取扱われています。

しかし、小型~大型までの車両区分で荷台寸法が大きく変化し業種によって適したサイズが異なり、中古トラック購入時に「どの平ボディを購入するべきか?」で頭を悩ませる方も少なくないので荷台寸法に注目しながら2t・4t・10tの平ボディトラックを紹介します。

最もオーソドックなタイプ!平ボディのトラックとは?

平ボディのトラックは特徴的な大きな荷台と荷台の側面・後方の三方を囲むアオリで構成されている非常にシンプルなもので、トラックの原型と言えるデザインの車両です。小型車から大型車まで様々な車両区分が運送業務はもちろん建築現場や引越しの現場など幅広いフィールドで活用されており、中古トラック市場でも取り扱い台数が非常に多いトラックだと言えます。

平ボディのメリットとデメリットは?

平ボディのトラックの特徴として荷台がオープンデッキであることが挙げられ、これによって高い荷役性や汎用性などのメリットが発生しますが、半面オープンデッキであることで生じるデメリットも存在しますので、平ボディトラックのメリットとデメリットを確認してみます。

平ボディのメリット

平ボディのメリット
オープンデッキの荷台のため平ボディのトラックは、通販や小包などの小さな荷物・家具や大型家電品などの比較的大きな荷物・工業用機械などの大きな荷物など積荷の形に囚われることなく全ての積荷の運搬を行うことができるのがメリットだと言えます。

また手積み・手降ろしやフォークリフトやクレーンなど通常用いられる全ての荷積み荷降ろし手段に対応することができます。またアルミバンでは入庫できない天井の低い現場に入庫できる点も平ボディの持つメリットだと言えるでしょう。

アルミバンウイングなど荷台が箱タイプの車両に比べると平ボディのトラックは車両価格がリーズナブルな点も大きな魅力です。中古トラック市場では架装が施されていない平ボディのトラックは取扱台数が非常に多く、予算に合わせて車両を選ぶことができるのも平ボディのメリットだと考えられます。

平ボディのデメリット

多くのメリットを生み出すオープンデッキですが、平ボディで荷台がオープンデッキのトラックにはメリットと主にデメリットも潜んでいます。平ボディの荷台では積み荷が露出している状態となるため積み込みを行い荷物の固定を行った後に必ずシートをかける必要があります。

防水シートをかけることで積み荷が濡れることや汚れることを予防できますが、荷室を持つタイプのものと比べると濡れや汚れのリスクが高くなるのが平ボディのデメリットだと言えるでしょう。

また万一運送中に荷崩れを起こした場合は積み荷の飛散や落下に繋がりやすい点も、平ボディ利用時に十分注意する必要があります。さらに、荷台を施錠できないため防犯性能が低いのも平ボディのデメリットとして挙げられますので、平ボディでの運送中は積み荷の管理や運転によりいっそうの注意が求められます。

平ボディの主なトラックの荷台寸法を紹介します!

平ボディの主なトラックの荷台寸法を紹介
中古トラックを選ぶ際に「どの位の積荷を載せられるか?」は非常に気になるところです。載せるべき荷物が載らない荷台寸法では仕事に支障をきたすので購入前に中古トラックの正確な荷台寸法を掴んでおく必要があります。

平ボディのトラックの荷台寸法は次に挙げる数値が一般的だと言われています。

  • 大型平ボディ荷台寸法:長さ9,000mm前後・幅2,400mm前後・荷台高さ450mm前後
  • 中型平ボディ荷台寸法:長さ6,200mm前後・幅2,130mm前後・荷台高さ400mm前後
  • 小型平ボディ荷台寸法:長さ3,150mm前後・幅1,800mm前後・荷台高さ220mm前後

だと言われていますが、ひと口に平ボディと言ってもメーカーや車種によって荷台寸法は異なるので具体的に紹介します。

大型トラック(10t)の荷台寸法

国内主要4メーカーの大型トラック(平ボディ)の荷台寸法は以下の通りです。

メーカー 車種 荷台長 荷台幅 荷台高
日野 プロフィア 9,670mm 2,490mm 267mm
三菱ふそう スーパーグレート(ショートキャブ) 10,030mm 2,340mm 450mm
スーパーグレート(フルキャブ) 9,550mm 2,340mm 450mm
スーパーグレート(スーパーフルキャブ) 9,600mm 2,340mm 450mm
UDトラックス クオン 9,500mm 2,490mm 450mm
いすゞ ギガ 5,100mm 2,490mm 500mm

 

中古大型平ボディおすすめ車両!

平ボディ大型  トラック H24 QKG-FH1ANAG

日野/プロフィア/H24/積載7.9t アルミブロック エアサス ベッド 床鉄板

詳細を見る
中古 平ボディ大型 三菱スーパーグレート トラック unknown 2PG-FS74HZ

三菱/スーパーグレート/0.1万km 積載13.9t 4軸低床 アルミブロック エアサス ベッド

詳細を見る

中古大型
平ボディ
一覧へ

中型トラック(4t)の荷台寸法

中型トラックは細かなニーズに応えるために次に挙げる5つのボディタイプに大別することができ、荷台寸法はボディタイプによって大きく異なり同じボディタイプでもメーカーや車種によっても荷台寸法が異なります。

  • 標準ボディ:荷台寸法(長さ6,200mm前後・幅2,130mm前後・荷台高さ400mm前後)
  • ロングボディ:荷台寸法(長さ7,200mm前後・幅2,130mm前後・荷台高さ400mm前後)
  • スーパーロングボディ:荷台寸法(長さ8,200mm前後・幅2,130mm前後・荷台高さ400mm前後)
  • ワイドボディ:荷台寸法(長さ6,200mm前後・幅2,340mm前後・荷台高さ400mm前後)
  • ショートボディ:荷台寸法(長さ4,350mm前後・幅2,040mm前後・荷台高さ400mm前後)

国内主要メーカーの標準ボディの中型トラック(平ボディ)の荷台寸法は以下の通りです。

メーカー 車種 荷台長 荷台幅 荷台高
日野 レンジャー(標準キャブ) 7,040mm 2,360mm 390mm
三菱ふそう ファイター(フルキャブ) 6,200mm 2,120mm 400mm
マツダ タイタン(標準キャブ) 4,355mm 1,790mm 380mm
UDトラックス コンドル 6,200mm 2,120mm 400mm
いすゞ フォワード(フルキャブ) 6,200mm 2,150mm 400mm

 

中古中型平ボディおすすめ車両!

中古 平ボディ中型 いすゞフォワード トラック H18 ADG-FRR90L3

いすゞ/フォワード/H18/標準6.2m/走行23.6万km/積載4t/床鉄板 ベッド フック5対 ロープ穴2対

詳細を見る
中古 平ボディ中型 いすゞフォワード トラック H30 2RG-FRR90S2

いすゞ/フォワード/H30/ワイド6.2m ベッド

詳細を見る

中古中型
平ボディ
一覧へ

小型トラック(2t)の荷台寸法

中型トラック同様に小型トラックも3つのボディタイプに大別することができますが、やはり同じボディタイプでもメーカーや車種によって荷台寸法が異なります。各ボディタイプの標準的な荷台寸法は次の通りです。

  • ショートボディ:荷台寸法(長さ2,500mm前後・幅1,600mm前後・荷台高さ380mm前後)
  • 標準ボディ:荷台寸法(長さ3,100mm前後・幅1,600mm前後・荷台高さ380mm前後)
  • ロングボディ:荷台寸法(長さ4,300mm前後・幅1,700mm前後・荷台高さ380mm前後)
  • ワイドロングボディ:荷台寸法(長さ4,300mm前後・幅2,000mm前後・荷台高さ380mm前後)

国内主要メーカーの標準ボディの小型トラック(平ボディ)の荷台寸法は以下の通りです。

メーカー 車種 荷台長 荷台幅 荷台高
日野 デュトロ(標準ボディ) 3,115mm 1,695mm 380mm
三菱ふそう キャンター(標準ボディ) 3,120mm 1,615mm 380mm
トヨタ ダイナ(標準ボディ) 2,850mm 1,600mm 380mm
マツダ タイタン(スタンダード) 3,120mm 1,620mm 380mm
いすゞ エルフ(標準ボディ) 3,120mm 1,620mm 380mm

 

中古小型平ボディおすすめ車両!

平ボディ小型  トラック H28 TPG-LPR85AR

マツダ/タイタン/H28/ワイドロング/走行9.4万km/積載3.5t/床鉄板 セイコーラック ETC

詳細を見る
中古 平ボディ小型 いすゞエルフ トラック H24 SKG-NKR85A

いすゞ/エルフ/H24/10尺/走行2.1万km/積載2t/記録簿 ロープ穴3対 ETC

詳細を見る

中古小型
平ボディ
一覧へ

平ボディトラックが活躍する業種を区分別に紹介します!

平ボディトラックが活躍する業種
積載重量区分でも平ボディの荷台寸法は大きく異なりますが、実際に各車両区分はどのような業種で活用されているのかを紹介します。

大型トラック(10t)が活躍する業種とは?

一般的な荷台寸法が長さ約9,000mm・幅約2,400mm・荷台高さ450mm前後と巨大な荷台を持つ大型の平ボディは中・長距離の運送業務で活躍しています。取り扱われる積み荷の種類も多種多様ですが、オープンデッキのため家具や大型家電品などの比較的大きな荷物や工業用機械などの大きく重量のある荷物の搬送に用いられるケースが多いと言えるでしょう。

中型トラック(4t)が活躍する業種とは?

大口の運送よりも小口の運送に適しているのが中型トラックです。長距離の運送も可能となるため荷物・家具や大型家電品などの比較的大きな荷物や工業用機械などの大きな荷物の小口運送業務や引越し業務などで活躍しています。

中型トラックには寝台の設定があるので長距離運送には便利ですが、寝台を廃したショートキャブは多くの荷物の積み込みに適しています。

小型トラック(2t)が活躍する業種とは?

通販や小包などの小さな荷物や市内の家電配送に利用されるのが、小型平ボディのトラックです。近距離や中距離まで対応できるものの長距離には不向きだと言えるでしょう。

量販店の配達業務や小規模な引越しなどの業種で活躍しています。

まとめ

平ボディの中古トラック購入時の参考となる荷台寸法を中心に紹介してきましたが、中古トラック販売店で平ボディのトラックを購入する際には次に挙げる要点をしっかりと掴んでおく必要があります。

平ボディのオープンデッキには多くのメリット共にデメリットも。

作業性や荷役性、汎用性が高いのがオープンデッキの平ボディのメリットですが、反面積み荷の管理や運転に注意が必要となるデメリットも潜んでいることを把握しておくべきだと言えます。

平ボディの荷台寸法は様々な条件で異なる。

一見同じように見える平ボディのトラックですが、荷台寸法は積載重量区分で大きく異なり、同じ車両区分でもメーカーや車種、仕様で異なります。特に小型・中型の平ボディはボディタイプが細分化されているため、中古トラック販売店で使用用途にあった平ボディトラックを探し出すのが上手な中古トラック購入のポイントとなります。

使用する業務によって適した平ボディの車両区分が異なる。

市内の配達業務や近・中距離エリアの引越し業務には小型平ボディでも対応可能ですが、中・長距離の業務には中型平ボディが最適です。重量物や長距離の運送業務に中型平ボディは対応できますが、大口の運送業務や超長距離の運送業務には大型平ボディが適していると考えられます。

事業効率を上げるために使用用途にあった平ボディを中古トラック販売店で購入し、運用することを強くおすすめします。

 

中古トラックおすすめ車両!

中古 トレーラ 国内・その他 H18 DFPTF241BN改

コンテナシャーシ/フルハーフ/H18/31FT/積載31t/第五輪荷重9.27t以上/エアサス

詳細を見る
クレーン付小型 いすゞエルフ トラック H30 TRG-NPR85AR

小型/クレーン付/ワイドロング/いすゞ/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ロープ穴4対 フック2対

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報