トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

国内経済を支える物流とは?物流の機能や種類、種類に適したトラックのボディタイプを大紹介!

国内経済を支える物流とは?物流の機能や種類、種類に適したトラックのボディタイプを大紹介!

生産者と消費者の橋渡しを行う物的流通は物流と呼ばれ現代人の日常生活に密着した存在で、快適な現代生活実現には欠かすことができない非常に重要な存在であるものの物流の機能や種類、物流の種類にマッチしたトラックのボディタイプなど物流の実体は意外と知られていません。

物流業務に従事するトラックドライバーにとっても物流の機能や種類、物流の種類にマッチしたトラックのボディタイプなどを掴んでおくことは重要だと考えられますので、これらを掘り下げながら物流の実態に迫ります。

国内経済を支える物流事業!物流の輸送業務には4つの種類が存在する

国内経済を支える物流事業!物流の輸送業務には4つの種類が存在する

国内経済は生産者と消費者の間で製品と代金が循環することで成立しますが、生産者と消費者が直接手渡しでの取引を行うケースは非常に稀で、生産者と消費者の間に立ち橋渡しを行う機能が必要となります。

物的流通を実現し生産者と消費者の橋渡しを行う物流業界で製品輸送を行うのが輸送業務で、輸送業務は最も広く知られた代表的な物流業務だと言えるでしょう。物流の輸送業務は次に挙げる4つの輸送法で構成されています。

  • 航空貨物運送事業
  • 内航海運業
  • 鉄道貨物輸送
  • 貨物自動車運送事業(トラック輸送)

国内物流に欠かすことができない重要な存在であるトラック輸送

国内物流が陸・海・空3つの輸送手段によって支えられていることは既にふれましたが、3つの輸送手段と4つの輸送種類のなかで最も利用されているのがトラック輸送でトラックは国内物流の中心に位置する存在だと言えます。

物流業界は生産者と消費者を繋ぎ消費活動を支えるだけではない

消費者にとってトラックを中心とした輸送業務が最も身近な存在であることから、一見物流業界は輸送業務のみで成り立っているように感じます。しかし物流は輸送業務のみで成り立つものではなく、輸送業務以外の5つの業務と共に機能することで成立しておりこれらの機能は物流の6大機能と呼ばれています。

輸送機能は国内物流を構成する1機能!物流業界はさまざまな機能で構成されている

輸送機能は国内物流を構成する1機能!物流業界はさまざまな機能で構成されている

既述のとおり輸送業務は最も目にする機会が多く身近な存在ではありますが、物流は輸送業務のみで成り立つものではなくその他5つの業務を合わせた6大機能によって成立しています。

物流が物的流通の略語であるだけに「輸送こそが流通を意味するのではないか?」と感じますが、流通を支えるのは輸送業務だけではなくその他5つの業務と共に機能することではじめて物流が正常に機能します。

国内物流を構成する輸送機能以外の機能とは?

輸送業務と共に機能することで国内物流を正常に機能させることができる、その他5つの業務とはどのようなものであるのかが気になりますので5つの業務を紹介します。

  • 保管業務:生産者が出荷した製品を保管し安定した物流を実現します。
  • 荷役業務:保管を行う倉庫や物流センターへの入出庫を行います。
  • 梱包業務:製品を衝撃や汚れから保護し商品区分表示なども行います。
  • 流通加工業務:出荷後の製品に消費者ニーズにマッチした2次加工を行います。
  • 情報管理業務:倉庫管理や輸送管理で効率的で正常な物流に支援を行います。

国内の物流業界は6大機能と呼ばれる機能で構成されている

既述の5つの業務とトラックを中心とした輸送業務を併せた6大機能によって国内物流は初めて効率的かつ正常に機能すると言えます。6大機能のどれが欠けても効率的で正常な物流の実現が困難となるため6大機能はどれをとっても非常に重要な業務であると言えるでしょう。

物流事業では機能同様に対象とする領域によっても分類が行われる

物流事業では機能同様に対象とする領域によっても分類が行われる

トラックを中心とした輸送業務以外の5つの業務を合わせた6大機能によって物流業務は効率的かつ正常に機能しますが、実は物流業務には対象とする領域が存在し対象領域によって分類されますので物流業界を分類する領域について紹介します。

国内物流を構成する5つの領域とは?

生産者と消費者の橋渡しを行い物的流通を行うのが物流であることは既に紹介しましたが、どのような位置付けの生産者と消費者を橋渡しするかによって物流は領域ごとに分類されます。

最も一般的に知られている物流領域として最終消費者へ製品を受け渡す「販売物流」ですが、物流にはそれ以外にも次に挙げる4つの領域が存在します。

  • 調達物流:生産者へ原材料や部品の流通を行う物流領域です。
  • 生産物流:工場や企業など生産者の中で流通を行う物流領域です。
  • 回収物流:返品や廃棄などの回収流通を行う物流領域です。
  • リサイクル物流:リサイクル資源の流通を行う流通領域です。

国内の物流事業に大きく貢献するトラック運送事業

国内の物流事業に大きく貢献するトラック運送事業

物流の種類や領域について紹介しましたが、物流の輸送業務に大きく貢献するトラック輸送事業は国内物流を語る上で欠かすことができない非常に重要な存在ですので、国内物流を支えるトラック運送事業について掘り下げて紹介します。

物流事業に活用されるトラックのボディタイプは機能や領域によって異なる

トラックが輸送用車両として製造された貨物用自動車であることは広く知られていますが、ひと口にトラックと言っても車両区分や荷台形状などのボディタイプは実に多彩であると言えます。

精密機器の輸送に荷台が露出した平ボディは不向きだと言えますし、生鮮食料品の輸送を荷室冷却装置を搭載しない通常のアルミバンウイングボディで行うことも適当ではありませんので、トラックであればどんなボディタイプでも輸送業務に使用できるものではないと言えます。

また小型トラックでの長距離輸送や大型トラックを近距離輸送の宅配業務に使用するのも現実的ではなく、効率的な物流実現には機能や領域にマッチしたトラックの車両区分やボディタイプの選択を行うことが重要です。

効率的な物流の実現には最適なボディタイプの選択が重要となる

消費スタイルの変貌の影響を強く受ける物流業界では、効率的物流の実現を行えるトラックの車両区分やボディタイプが消費者ニーズによって変化します。

かつてトラック輸送に広く用いられたのは小型や中型の平ボディでしたが、物流量の増加と共にトラックの大型化が進みボディタイプも積み荷を汚すことなく輸送することができるアルミバンやウイングボディが用いられるようになりました。

しかしオンラインストアの利用率の増加と共に個人向け宅配業務に対する需要が高くなり、小回りの利く小型や中型の車両区分のニーズが再び高まっているのも事実ですし荷室に断熱加工を施した保冷車や冷却装置を搭載した冷凍冷蔵車も数多く活躍しています。

効率的な物流の実現のためには輸送効率と消費者ニーズに応えることができる車両区分とボディタイプのトラック導入が絶対条件と言っても過言ではなく、トラックの選択が次項効率化のカギを握ると捉えるべきだと言えるでしょう。

物流事業の効率化に欠かせない車両選択にはさまざまなコストが求められる

物流事業の効率化に欠かせない車両選択にはさまざまなコストが求められる

物流事業効率化には輸送事業を行うトラックの車両選択が非常に大きく影響しますが、新車の車両価格が高額なことや特殊装置や架装搭載には時間がかかるため注文しても納車までの期間が長くなる傾向にあることがトラック導入時の問題だと言えます。

車両導入コストとして車両価格や納車期間を織り込んだ導入計画を立てる必要がありますが、できるだけ車両導入コストは抑えたいと考えトラック導入に二の足を踏む方は少なくないのではないかと考えられます。

中古トラック販売店の利用で費用対効果の高い車両選択が実現できる

効率的な物流事業実現のカギとなる輸送業務にマッチしたトラック導入のハードルは決して低いものではないと言えますが、中古トラック販売店で取り扱われる中古トラックは新車よりも低価格・短納期であり中古トラック販売店利用は魅力的な選択肢だと言えます。

中古トラック市場には実際に物流の輸送業務で活躍しているトラックが数多く流入しているため、物流の輸送業務にマッチした車両を簡単に探すことができます。使用歴のある中古車両が新車よりもリーズナブルであることは言うまでもありませんし、完成車両であることから納車までの時間を大きく短縮することも可能です。

中古トラックを利用した車両導入で物流事業のさらなる効率化を推し進めよう!

車両価格や納期などの問題を内封する新車購入と比べると、中古トラック販売店を利用し中古トラックを購入するのは導入コストを大きく抑えることが可能です。中古トラック市場への流入車両は以前と比べると遥かに高品質化が進んでいるので、中古トラックを導入したからと言って故障発生リスクが高くなることはないと言えるでしょう。

中古トラック販売店を利用した車両調達を視野に入れることで、導入コストを抑えた車両導入計画の実現が現実味を帯びてくるのではないでしょうか?

中古トラックおすすめ車両!

三菱 キャンター 小型 クレーン付 3段 ラジコン|トラック 左前画像 トラックバンク掲載

小型クレーン付/三菱キャンター/H26/積載3.65t/走行3.3万km/2.9t吊3段 ラジコン フックイン ロープ穴3対

詳細を見る
中古 クレーン付小型 日野デュトロ トラック H26 TKG-XZU650M

小型/日野/デュトロクレーン付/標準ロング/H26/走行9.1万km/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ハイルーフ

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

まとめ

物流業界は現代社会での日常生活に密着した存在であり、非常に重要な業界の1つだと言えるでしょう。トラックのハンドルを握ることで物流業に従事するドライバーとして掴んでおきたい物流の実態や事業効率化のポイントは次の3つだと言えます。

物流6大機能の1つ輸送業務の大部分がトラック輸送である

物流の5つの対象領域内の流通にもトラックは用いられる

業務効率化のカギとなる車両購入は中古トラック販売店がおすすめ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報