トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

強く求められる環境問題対策!トラック環境性能への取り組みやエコドライブとは?

強く求められる環境問題対策!トラック環境性能への取り組みやエコドライブとは?

世界的な環境問題に対する関心の高まりと共に深刻化する大気汚染問題がクローズアップされ、二酸化炭素やPMと呼ばれる粒子状物質の排出が問題視されています。化石燃料を燃焼させ動力を得る自動車の排気ガスには二酸化炭素やPM以外にも硫黄酸化物や窒素酸化物などの有害物質が含まれるため各国で20世紀末ごろから排気ガス規制が導入されました。国内でも1992年にNox法が施行され現在は世界で最も厳格な基準を誇ると言われる自動車Nox・PM法が施行され、排ガス規制をクリアしない車両は車検通過ができないようになりました。

環境に優しい新たな動力源として広く普及したハイブリッドシステムのトラックへの搭載も開始され、劇的に向上し始めたトラックの環境性能やエコドライブについて紹介します。

環境問題への関心の高まりでトラックにも高い環境性能が求められている

環境問題への関心の高まりでトラックにも高い環境性能が求められている

冒頭で紹介したように化石燃料を燃焼させ動力を得る内燃機関の排気ガスには多くの有害物質が含まれることから、大気汚染の派生源として問題視されています。特に国内物流の輸送業務の大部分を担うトラックは排気量が大きく年間走行距離が長い傾向にあることや使用燃料や搭載エンジンが有害物質の排出量が多いと言われるディーゼルであることなどから環境対策が強く求められていると言えるでしょう。

問題視されるトラックが関係する環境問題とは

トラックの関係する環境問題として多くの方が真っ先に思い浮かべるのがディーゼルエンジンから排出される黒煙や白煙の問題ではないでしょうか?国内の排ガス規制厳格化を推し進めたのは、1999年に就任した東京都知事がペットボトルに入った黒い粒子状物質(PM)を振りながら、トラックの黒煙による大気汚染を糾弾したことに端を発することから「環境問題に大きく関係するトラック」というイメージが定着したと考えられます。

排ガス規制が厳格化された現在、トラックにはDPF(Diesel particulate filter:ディーゼル微粒子捕集フィルター)に代表されるさまざまな排ガス浄化装置が搭載され劇的に環境性能が向上しているものの、有害物質排出を完全に遮断するには至らないのが実情です。

乗用車メーカー同様にトラックメーカーも環境問題対策に取り組んでいる

トラックに対する環境性能向上が強く求められるなか、トラック稼働が環境問題にマイナスに働くことを問題視したトラックメーカー各社は排ガス浄化装置の開発・搭載を行い排ガス対策を行うと共に、ダウンサイジングエンジンやハイブリッドシステム搭載を推し進め環境問題の解決に取り組んでいます。

現在重要視されトラックに対して強く求められる環境性能とは

現在重要視されトラックに対して強く求められる環境性能とは

かつて自動車の性能はエンジン出力に代表される走行性能や安全性能、居住性などが注目されましたが、時代を追うと共に燃費に注目した経済性が着目され環境問題に対する注目の高まりで環境性能が強く求められるようになりました。

環境性能は排ガス対策や燃費性能などを包括した性能を指した性能で、エンジンの燃焼システムの改善や排ガス浄化装置搭載、高い燃費性能で低燃費を実現することなどで環境性能の高さが計られます

トラックに求められる排出ガス問題や燃費性能の改善

1992年以前は大量の黒煙や白煙を排出しながら走行するトラックを目にすることが珍しくありませんでしたが、1992年に大気汚染防止法の特別措置法である自動車Nox法が施行されたことでトラックの排ガスに対する意識が大きな変化を見せます。

1992年以降は年を追うごとと言っても過言ではないほどの頻度で排ガス規制の見直しが行われ、見直しの度に排ガス規制は強化され、トラックに対しても排ガス問題は燃費性などの環境性能の改善が強く求められるようになりました。

トラックの環境性能は大きく改善されつつある

環境性能の改善はトラックに比べると排気量が小さく登録台数の絶対数が大きな乗用車を対象に着手され、乗用車の環境性能は大きく改善されたことは広く知られています。高い荷役性が最優先に求められるトラックは走行性能確保のために大排気量エンジンが搭載されエンジン特性や経済性からディーゼルエンジン搭載車両が大部分を占めるため環境性能改善が遅れましたが、既述のとおり現在ではダウンサイジングエンジンやハイブリットシステム搭載などで環境性能が劇的に向上しています。

トラックへの搭載が始まっている具体的な環境問題対策とは

トラックへの搭載が始まっている具体的な環境問題対策とは

トラックの環境性能改善策として排ガス浄化装置・ダウンサイジングエンジン・ハイブリッドシステムの搭載が推し進められ、高い環境性能を実現するクリーントラックやエコトラックと呼ばれる環境問題に配慮したトラックが数多く登場しています。

環境問題に配慮したクリーントラックやエコトラックに搭載される環境問題対策装置を紹介します。

排出ガス対策でトラックに搭載される排ガス浄化装置

国内でトラックの環境性能改善が開始されたのは、トラックから排出される黒煙に大きな注目が集まり問題視されたことに端を発すると考えられます。PM排出量削減のためにトラックへの排ガス浄化装置搭載が開始され、現在ではディーゼルエンジン搭載トラックには排ガス浄化装置の搭載が義務付けられています。

排ガス浄化装置は微粒子捕集フィルターで使用と共にフィルターの目詰まりが発生し機能低下が生じますが、フィルターのクリーニングを行う再生機能も搭載することで環境問題に対応しています。国内メーカーでは日野がDPR、いすゞはDPD、三菱UDトラックスDPFと呼ばれる排ガス浄化装置を採用しています。

燃費性能の向上は環境問題と共にトラックのランニングコストに影響する

ダウンサイジングエンジンやハイブリッドシステムの搭載で燃費性能が向上し、トラックの環境性能改善に大きく貢献しています。ダウンサイジングエンジンはエンジン効率を向上させることで燃費性能を向上させる技術で、例えば従来は5,000ccの排気量が必要であった車両に3,50ccの高出力エンジンを搭載する手法です。

また従来トラックへの搭載が困難であると言われていたハイブリッドシステムも技術革新によって、車両重量や制裁量の大きなトラックへの搭載が可能となったことでトラックへの搭載が着実に推し進められています。トラックの燃費は環境問題と共にランニングコストに直接大きな影響を及ぼしますので、燃費性能向上は環境問題対策と経済対策に高い効果が期待できると言えるでしょう。

燃費性能の向上には2つのアプローチが存在する

燃費性能の向上には2つのアプローチが存在する

トラックの環境性能に影響を及ぼす燃費性能改善はトラックメーカー各社の研究開発によって大きな進歩が見られましたが、環境問題への取り組みとしての燃費性能の向上には2つのアプローチが存在しメーカーが実践する燃費性能改善が全てではないと言えます。

既にトラックに実装されている技術的なアプローチとは?

ダウンサイジングエンジンやハイブリッドシステムの搭載は環境問題対策としてメーカーが実践する燃費性能改善として大きく進歩し、高い効果を得られていることは既に紹介したとおりです。

しかしトラックの燃費はメーカーが提供する燃費性能と共にトラックのハンドルを握るドライバーの運転方法に大きく影響されるため、トラックドライバー自身がトラックに搭載された燃費性能を引き出す運転を行っているかが重要となると言っても過言ではありません。

エコドライブの実践がトラックドライバーに強く求められている

トラックに搭載されれる最新テクノロジーの恩恵を受けトラックの運転は以前より遥かに難易度が低くなりましたが、トラック操作はハンドルを握るドライバーが行うためどんなに高い環境性能を搭載した車両でも乱暴な運転では効果を得ることができません。

トラックに搭載された燃費性能を十分に活用するためには、ハンドルを握るトラックドライバー自身が急発進や急加速を控え環境問題に配慮したエコドライブの実践を行うことが必要となります。また積み荷積載量やタイヤ空気圧などの管理を徹底的に行うことで環境問題とランニングコストに貢献できるエコドライブの実現が可能となります。

中古トラック販売店を利用して環境問題対策は行えるのか?

中古トラック販売店を利用して環境問題対策は行えるのか?

環境問題に配慮した高い環境性能を持つトラックを使用しながらドライバー自身がエコドライブの実践を行うことで、真のクリーントラックやエコトラックの実現が可能となりますが、高年式であるほどトラックの燃費性能が高いのも事実です。

効率的なトラック運行の実現に中古トラック販売店の利用が効果的であることは知られてますが、中古トラックは新車に比べると年式が下がるため「中古トラックでは環境問題に対応できないのでは?」と感じる方も存在するかもしれません。

中古トラック市場では環境問題対応済みのエコトラックが取り扱われている

国内の排ガス規制は世界最高レベルの厳しさで施行され排ガス基準に適応できない車両は車検通過ができないことは既にふれました。中古トラック市場には幅広い年式の車両が流入するのも事実ですが、排ガス規制をクリアできないトラックは商品価値が失われるため中古トラック販売店で取り扱われることはまずないと言えます。

排ガス規制に適応できない車両はパーツ取りや排ガス規制が緩やかな海外のマーケットへ流出するため、国内の中古トラック販売店では環境問題対応済みのエコトラックを中心に取り扱いを行っています。

環境問題対応済みの中古車両購入とエコドライブ実践で環境に配慮した運行を!

中古トラック購入でも環境問題対策済みの車両購入が可能なため、高い環境性能を持つ中古トラックを購入しエコドライブを実践することで環境問題対策の実現は行えます。エコドライブは環境問題だけではなく経済問題にも効果が期待できますので中古トラックを購入して費用対応化の高い環境問題対策の実現を行ってみてはいかがでしょうか?

中古トラックおすすめ車両!

中古 トレーラ 国内・その他 H18 DFPTF241BN改

コンテナシャーシ/フルハーフ/H18/31FT/積載31t/第五輪荷重9.27t以上/エアサス

詳細を見る
中古 クレーン付小型 日野デュトロ トラック H26 TKG-XZU650M

小型/日野/デュトロクレーン付/標準ロング/H26/走行9.1万km/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ハイルーフ

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

まとめ

深刻化する大気汚染など環境問題は世界規模で取り組むべき非常に重要な問題であり、有害物質の排出を避けられないトラックに対しても環境性能改善が強く求められています。トラックメーカーの研究・開発で環境問題対策に効果的な原動システムのトラックへの搭載が推し進めらえていますが完全とは言えないためトラックドライバーが環境問題に対する意識を高く持つことが求められています。

環境問題に対する効果的な対策のポイントとして次の3つが挙げられます。

ダウンサイジングエンジンやハイブリッドシステム搭載車両を選ぶ

エコドライブ実践で環境問題と経済問題の解決が大きく期待できる

環境問題対応中古車両購入で費用対効果の高い環境問題対策が可能

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報