土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

トラックの寿命に大きく影響!暖機や日常メンテナンスの効果や必要性とは?

トラックの寿命に大きく影響!暖機や日常メンテナンスの効果や必要性とは?
始動直後にエンジンやミッションなどの稼働パーツを温めるためにアイドリング状態などでエンジン回転数を抑えた状態で一定期間行うのが暖機です。

健康管理に非常に効果的な運動ですが急激な運動は健康に悪影響を及ぼしかねない危険な行為になるため、運動前には入念な準備運動が必要であることはアスリートたちが必ず準備運動後にプレイを開始することからも図ることができます。

工業製品であるトラックには準備運動は必要ないと捉える方も少なくないようですが、トラックの準備運動に相当する始動時の暖機はトラックの寿命を延ばすことに高い効果が期待できるため、トラックの準備運動である暖機について紹介します。

トラックのエンジンやトランスミッションの準備運動!始動直後の暖機とは?

トラックのエンジンやトランスミッションの準備運動!始動直後の暖機とは?

工業製品であるトラックは人間のようにストレッチを行うことができませんが、暖機はトラックにとって準備運動に相当します。トラックのエンジンやトランスミッションは高圧・高熱の環境で高速稼働を行いますが、長時間停車したあとの始動時はエンジンやトランスミッションにかかる負担が通常時よりも大きいと言われています。

エンジン始動後に一定の時間エンジン回転数を上げずにアイドリング状態で暖機を行うことで、潤滑オイルを各パーツに循環させながら穏やかに各パーツの温度を上昇させることができ、エンジンやトランスミッションに生じる負担を軽減させる効果が期待できます

暖機を行わずに高負荷をかける運転はトラックの寿命を縮める?

トラックを構成するパーツの大部分は金属で製造されていますが、金属は温度が低い状態では収縮する性質を持っているため、トラック始動時は金属パーツ同士のクリアランス(隙間)がメーカー設定値から外れてしまう可能性があります。

また長時間エンジンを停止することで各パーツの表面に付着した潤滑油が流れ落ちるため、暖機を行わず急激にエンジン回転数を上げるとエンジンの負担は大きくなりますし速度を上げるとトランスミッションへ大きな負担がかかり摩耗が激しくなります。

トラックの使用限度を示す寿命は金属パーツの摩耗度合いと比例関係にあるため、金属パーツが著しく摩耗する状態が続くと使用限度に達する時間が短くなり寿命に達するのが早くなると言えるでしょう。

製造技術の向上で現代のトラックは暖機が必要ないとも言われるが暖機は重要

現在のように高い製造技術が確立されるまでは、金属パーツの精度の問題で慣らし運転が非常に重要な意味を持ち暖機運転も強く推奨されていました。高い製造技術が確立された工場で製造される現在のトラックには慣らし運転や暖機運転が必要なくなったという意見も存在しますが、工業製品であるトラックを長期間仕使用するためにはやはり暖機運転は効果的だと考えられます。

効果的にトラックの暖機を行うポイントは?

効果的にトラックの暖機を行うポイントは?

スケジュールに追われる輸送業務の現場では「暖機を行う時間がもったいない」と感じる方が少なくないと言えますし、暖機は環境問題対策としてアイドリングストップが推奨される「時代の流れに逆行しているのでは?」と捉える方もいるでしょう。

しかし効果的に暖機を行うことでトラックの寿命が延びるのであれば、暖機を行うことで得られる経済効果は決して小さくないと言えますので効率的な暖機について紹介します。

トラックは2つの暖機方法でウォーミングアップを行える

暖機と聞くとアイドリング状態で、駐車場に停車したトラックを思い浮かべる方が少なくないのではないでしょうか?しかしトラックの暖機は2つの方法で行えるため、ステレオタイプの停車状態で行う暖機だけが暖機の方法というわけではありません。トラックの寿命に大きく影響を及ぼすと言われる暖機の2つの方法を紹介します。

オーソドックスな暖機運転とは?

最初に紹介するのはオーソドックスな暖機方法である暖機運転で、停車状態で行う暖機です。暖機に対するステレオタイプのイメージどおりの方法ですが、停車状態でアイドリングを行い、エンジンを暖機します。

水温計が動き始めるまでの一定時間駐車状態でアイドリングを行う必要があるので排気ガスの充満に気を付けながら行う必要があり、トランスミッションの暖機が行えないのでエンジンの暖機が終了しても急加速などは厳禁です。

走行しながら暖機する暖機走行とは?

停車状態で行う暖機に対して、低速走行を行いながらトラックを暖機する暖機走行は、エンジンとトランスミッションを同時に暖機することができます。エンジンをアイドリングに限りなく近い低回転で稼働させるのがポイントですが、周辺の交通の流れに乗れないため市街地で暖機走行を行うのは難しいとも言えます。

低速走行で水温計が上がり始めるまで行うのが目安で、走行することでエンジンと共にトランスミッションの暖機が行えるので効果的な暖機方法だと言えるでしょう。

暖機と共に重要なトラックのメンテナンスとは?

暖機と共に重要なトラックのメンテナンスとは?

エンジンやトランスミッションへの負担を大きく軽減できる暖機はトラックの寿命を延ばすのに効果的だと言えますが、暖機さえ行えばトラックを良好なコンディションで長期間使用できるわけではなく、的確なメンテナンスを行なうことで暖機の効果が得られます。

トラックの寿命に大きく影響する重要なメンテナンスとしてオイル管理が挙げられ、的確なオイル管理を行いながら日常的に暖機を行うことでトラックの寿命を延ばすことが大きく期待できると言えるでしょう。

劣化したオイル類ではトラックの重要パーツの摩耗を保護できない

トラックに使用されるオイルにはエンジンオイルやミッションオイルなどが存在し、それぞれ異なる添加剤を調合することでオイル特性が生じますが、オイルの基本性能には次に挙げる5つの効果があります。

  • 潤滑効果:金属パーツの摩擦を減らし摩耗を防止します。
  • 密封効果:金属パーツの接合部を密封しパワーロスを防止します。
  • 冷却効果:金属パーツに生じる熱を吸収・冷却します。
  • 洗浄分散効果:金属パーツに生じる汚れを洗浄・吸収します。
  • 防錆効果・金属パーツの腐食を防止します。

トラックに使用するオイル類は使用と共に劣化・消失するため、劣化したオイルでは十分な潤滑効果が期待できず金属パーツの摩耗が進みます。またオイル量が不足している場合も十分な効果が得られないため金属パーツの経年劣化が加速します。

トラックの寿命は点検や交換などのオイル管理にも大きく影響される!

トラックの寿命を延ばすために暖機は大きな効果が期待できますが、同時に的確なメンテナンスを施す必要があり、トラックはオイルコンディションを中心とした点検・整備と共に暖機を行うことで寿命を延ばすことが可能となると捉えるべきでしょう。

トラックの寿命と言われる使用限度は摩耗などの経年劣化に影響される?

トラックの寿命と言われる使用限度は摩耗などの経年劣化に影響される?

一般的にトラックの使用限度は新車登録からの経過年数よりも、稼働時間の影響を受けると言われています。トラックの寿命に大きく影響するのは走行距離であると言えますが、その理由は金属パーツの摩耗による経年劣化が進行するからです。

エンジンやトランスミッション内部では金属パーツが擦れ合いながら稼働するため、金属パーツが摩耗し一定以上まで進むとトラックは使用限度に達すると言えるでしょう。

走行性能などトラックの基本性能は暖機やメンテナンスで維持できる

エンジンやトランスミッション内の金属パーツの摩耗が進むとトラックが寿命に達するのは、エンジンやトランスミッションがトラックの走行性能に大きく影響する重要パーツであるからです。

エンジンやトランスミッションは非常に高価なパーツであるため、これらの重要パーツが使用限度に達すると交換より乗り換えが効果的となるため一般的にトラックが寿命に達したと言われます。

しかし金属パーツの摩耗によってトラックが寿命に達するのであれば、金属パーツの摩耗を軽減できればトラックの寿命を延ばすことが可能になるとも考えられるので、メンテナンスや暖機はトラックの寿命を延ばすのに非常に効果的だと言えるでしょう。

中古で購入したトラックでも暖機とメンテナンスは非常に重要!

新車で購入したトラックに対して中古トラックは既に輸送業務での使用歴があることから、メンテナンスや暖機を怠っても問題ないと捉える方が少なくないようですが、中古トラックの場合でもメンテナンスや暖機を行うことで使用限度を延ばすことが可能です。

導入コストを抑えられる中古トラックは非常に魅力的な存在ですが、「中古品だから短寿命」だというわけではなく丁寧なメンテナンスと暖機を行なうことで中古トラックを長期間使用することは十分に可能です。

トラック乗り換え時の経済的負担は丁寧な暖機とメンテナンス実施で軽減できる?

トラック乗り換え時の経済的負担は丁寧な暖機とメンテナンス実施で軽減できる?

トラックの暖機で得られる経済的効果は決して小さなものではないことにはすでにふれましたが、停車した状態でアイドリングを行う暖機に対して「燃料の無駄なのでは?」というイメージがあるかもしれません。

しかし丁寧な暖機とメンテナンスでトラックの寿命を延ばすことができれば、トラックの乗り換えサイクルを伸ばすことが可能になります。トラックの乗り換え時に生じる経済的負担は決して小さなものではないため乗り換えサイクルを延ばすことができる暖機とメンテナンスには十分な経済効果が期待できるのではないでしょうか?

暖機やメンテナンス実施と中古トラック販売店利用でコスパの高い乗り換えが可能!

暖機やメンテナンスを丁寧に行った場合でも、残念ながらトラックの使用限度を永遠に延ばし続けられるわけではありません。工業製品であるトラックは使用と共に確実に経年劣化が進行しますので、丁寧な暖機やメンテナンスは使用限度に達する速度を緩和させることができても、寿命に達するのを回避できるものではありません。

大切に丁寧に乗り続けたトラックが使用限度に達した場合は、乗り換えを行う必要がありますが、既述のとおりトラックの乗り換えコストは決して小さくないのも事実で、乗り換えの問題に直面し頭を抱えることは珍しくないと言えるでしょう。

そこでおすすめなのが中古トラック販売店を利用した、コスパの高いトラックの乗り換えです。中古トラック市場に流入するさまざまなボディタイプ・車両区分のトラックをリーズナブルな価格で購入でき、コスパの高いトラック乗り換えを実現できるのが中古トラック販売店を利用したトラック乗り換えです。

丁寧な暖機やメンテナンス実施には小さくない経済効果が期待できる!

中古トラック販売店を利用するトラック乗り換えは高コスパでトラックの乗り換えが行える理想的な乗り換え手段ですが、なにより重要なことは中古トラック販売店で効率的に購入した中古トラックをいかにして長期間使用するかだと言えるでしょう。

中古トラック販売店で購入した中古トラックで丁寧な暖機やメンテナンスを行い、少しでも長い期間トラックを使用し続けることで中古トラック販売店利用の費用対効果がさらに高くなるのではないでしょうか?

中古トラックおすすめ車両!

トヨタ ダイナ 小型 平ボディ TKG-XZC600 H27|トラック 左前画像 トラックバンク掲載

小型平ボディ/トヨタ ダイナ/H27/積載2t/走行10万km/AT ETC

詳細を見る
中古 クレーン付小型 日野デュトロ トラック H26 TKG-XZU650M

小型/日野/デュトロクレーン付/標準ロング/H26/走行9.1万km/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ハイルーフ

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

まとめ

製造技術の向上で現代のトラックは非常に精密な構造で高性能に製造されていますが、いくらトラックの性能が向上しても決してメンテナンスフリーになったのではなく、メンテナンスが非常に重要であることに変化はありません。

またトラックの準備運動である暖機を行うことで、トラックの寿命を延ばし長期間使用できることが大きく期待できますので、次のポイトに注意しながら適切なメンテナンスと暖機を行ってください。

トラックの暖機は暖機運転と暖機走行の2つの方法で行える

暖機とオイル管理などのメンテナンス実施でトラック寿命が延びる

寿命に達したトラックは中古トラック販売店での乗り換えが効果的

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報