トラックの装備

トラックのボディタイプを決定する架装とは?架装の種類を大紹介!

トラックのボディタイプを決定する架装とは?架装の種類を大紹介!トラックには非常に多くのボディタイプが存在し、ボディタイプが異なると同一メーカー、同一モデルのトラックでも驚くほどに特徴が異なっています。荷台部分に施されるボディや上物と呼ばれる架装の種類でトラックが特徴付けられボディタイプが決定されるため、中古トラック購入時はどのような種類の架装が施されているのかを慎重に確認する必要があると言えるでしょう。同一モデルの車両を全く異なる種類の車両のように特徴付けるボディや上物と呼ばれるトラックの架装の秘密を紐解きながら紹介します。

トラックのボディタイプを決定する架装とは?

トラックのボディタイプを決定する架装とは?
トラックには平ボディアルミバンウイングボディダンプなどさまざまな種類のボディタイプが存在し、ボディタイプが異なると同一メーカー同一モデルでもトラックの特徴が大きく異なります。

さまざまな種類のトラックを特徴付ける架装は荷台部分に搭載される装備のことで、ボディや上物と呼ばれる搭載装備によってトラックが特徴付けられ各ボディタイプに分類されます。トラックメーカーのカタログにはさまざまな種類のボディタイプが掲載されていますが、実は架装はトラックメーカーによって施されるのではなく架装メーカーやボディメーカーと呼ばれる専門メーカーによって施されます。

搭載装置や架装で多彩なニーズに応えるトラック!業種別のおすすめボディタイプとは?

トラックメーカーはトラックの基本性能の製造・搭載を行い架装は行わない

すべてのトラックがトラックメーカーの自社工場の製造ラインで製造されているような印象を持つ方が少なくないようですが、トラックメーカーではキャビン(エンジンやトランスミッション込み)とシャーシが製造されています。

キャブ付き裸シャーシと呼ばれる状態で架装メーカーに引き継がれ、架装メーカーによってボディや上物と呼ばれる架装が施されさまざまな種類のトラックが完成しますので、トラックメーカーは車両の基本性能である部分の製造のみを行っていると言えます。

トラックに架装を施す代表的な架装メーカーは?

トラックに施される架装にはさまざまな種類があるため多くの架装メーカーが存在し、搭載車両が非常に多い一般的な架装でも次に挙げるような多くの架装メーカーによって製造・搭載されています。

・車載クレーン:古河ユニック・タダノ・加藤製作所
・箱車:北村製作所・日本フルハーフ・パブコ・矢野特殊自動車
・ダンプ:極東開発工業・新明和工業・いすゞ車体

架装によって分類される代表的なトラックのボディタイプとは?

架装によって分類される代表的なトラックのボディタイプとは?
ボディや上物と呼ばれる架装によってトラックが特徴付けられボディタイプが決定することは既に紹介しましたので、架装によって分類されるトラックの各ボディタイプの特徴を紹介します。

荷台部分が露出構造のオーソドックスな平ボディ

荷台部分が露出構造の平ボディはもっともオーソドックスな構造のトラックですが、荷台上空が解放され積み荷の形状にとらわれない積載性能や非常に高い荷役作業性などの汎用性の高さからニーズが高く、シンプルイズベストを体現したボディタイプだと言えます。

シンプルな構造が生み出す高い汎用性!中古トラック市場で人気の高い平ボディのメーカーは?

荷台部分に荷室を搭載した箱車

荷台部分にアルミ製パネルなどで製造した荷室を搭載する箱車は荷室後部と側面に限定的な開口部を搭載するアルミバンと左右の側壁を大きく開口できるウイングボディに大別されます。

トラックの荷台に搭載するアルミ製の荷室の魅力をメリットと共に徹底紹介!

荷台部分を持ち上げるダンプ

ダンプは荷台部分を持ち上げ一気に積み荷を流し降ろせるトラックで、平ボディの派生車種の1つですが一般的なダンプも車両後方に荷降ろしするリアダンプ、左右の側面に荷降ろしするサイドダンプ、後方と側面の3方向に荷降ろしする三転ダンプが存在します。

ダンプカーの種類と故障が多い部位。中古ダンプ購入時のチェックポイントとは?

荷台を切り離すことができる牽引式貨物自動車

牽引車両のトラクタと被牽引車両のトレーラーを連結し運行するのが牽引式貨物自動車で、セミトレーラーとフルトレーラーの2種類に大別できます。国内で一般的なセミトレーラーは荷台を搭載しないセミトラクタの荷台部分にカプラと呼ばれる連結装置を搭載し、自走機能を持たないセミトレーラーと連結して走行する牽引式貨物自動車です。
<詳しくはこちらの記事で紹介しております。>
搭載装置や架装で多彩なニーズに応えるトラック!業種別のおすすめボディタイプとは?

架装によって分類されたトラックのボディタイプには派生車種が存在する

架装によって分類されたトラックのボディタイプには派生車種が存在する
トラックメーカーが製造したキャブ付裸シャーシに搭載するボディや、上物と呼ばれる架装によってトラックが特徴付けられ、さまざまな種類のボディタイプに分類されることは既に紹介しましたが、既述のボディタイプに特殊機能を搭載した派生車種も存在します。

平ボディに車載クレーンを搭載したクレーン付きトラック

最もシンプルでオーソドックスな構造で汎用性の高い平ボディには、車載クレーンを搭載したクレーン付トラックと呼ばれる派生車種が存在します。一般的に荷台とキャビンの間に搭載した車載クレーンで荷台へ積み荷の積み下ろしや設備の据え付け作業などに使用されます。

車載クレーンは荷台上空が解放された平ボディの汎用性をさらに向上させる架装であり、非常に多くのクレーン付トラックがさまざまなフィールドで活躍しています。

箱車に断熱処理を施した保冷車や冷却装置を搭載した冷凍冷蔵車

荷台部分にアルミ製パネルなどで製造された荷室を搭載する箱車はアルミバンやウイングボディに分類できますが、アルミバンやウイングボディの荷室に断熱処理を施した保冷車や冷却装置を搭載した冷凍冷蔵車などの派生車種も存在します。

特殊な架装を搭載すると機能性や作業性は向上するが問題も存在する

特殊な架装を搭載すると機能性や作業性は向上するが問題も存在する

ボディや上物と呼ばれる機能性や作業性に特化した架装を搭載することでトラックが特徴付けられボディタイプが決定されますが、特殊な架装を搭載することで生じる問題が存在するのも事実ですので架装搭載で生じる問題を紹介します。

特殊な架装搭載は車両価格を押し上げる

架装メーカーが製造・取付けする特殊装備によって機能性や作業性が格段に向上しますが、特殊装備は非常に高額であることから最もシンプルな構造の平ボディと比べると架装搭載車両の車両価格は高額であると言えます。

高性能な架装であるほど架装搭載費用が大きくなり、架装搭載車両の導入時の経済的負担は決して小さくないことから必要な架装の搭載に二の足を踏んでしまうケースも決して珍しくないと言えるでしょう。

架装搭載はトラック製造後に架装メーカーで行われるため納車期間が長くなる

トラックの基本機能を搭載したキャブ付裸シャーシまではトラックメーカーで製造され、ボディや上物と呼ばれる架装は架装メーカーによって製造・取付けされることは既にふれました。

トラックは、トラックメーカーと架装メーカーの2つの製造ライン上で受注生産に近い形で製造されるため、製造にかかる時間が長期化する傾向にあり注文から納車まで長期間待たされ、故障による緊急乗り換えに対応できないのも問題だと言えるでしょう。

必要な架装を搭載したトラックを効率的に導入する方法とは?

必要な架装を搭載したトラックを効率的に導入する方法とは?
必要な架装を搭載したトラックは機能性や作業性に優れているため導入は非常に有益であると言えますが、車両価格や納車期間などの問題が存在することは既にふれたとおりです。

高性能な特殊機能を搭載した架装車両の導入を計画した際に高額な車両価格や納車期間が障壁となるのも事実ですが、中古トラック販売店を車両調達先に加えると費用対効果の高い理想的なトラック導入の実現が可能となります。

中古トラック市場には多彩な架装を搭載したトラックが大量流入している

中古トラック市場には全国からさまざまな車両が大量に流入しており、中古トラック販売店ではすべての車両区分とボディタイプの中古トラックが取り扱われています。また、中古トラックには高年式車両と低年式車両が存在するため、同じ車両区分やボディタイプのトラックを予算に合わせて選ぶことが可能です。

さらに中古トラックは完成車両の状態で取引されているため、どのような架装を搭載する車両でも新車と比べると驚くほどの短納期で納車され、車両故障などで迫られる早急な乗り換えにも中古トラック販売店は対応できるのが魅力だと言えます。

中古トラック販売店で理想的な架装を搭載した車両の効率的な導入実現が可能!

ボディや上物と呼ばれる架装はトラックを特徴付け、ボディタイプを決定するため、新車へ搭載する架装の選定は慎重に行うべきだと言えます。中古トラックの場合は既に架装が搭載されているため、「どの車両にどのような架装が搭載されているのか?」を比較して車両選定を行う必要があります。

中古トラック販売店では、どのような架装を搭載した車両でもリーズナブルな車両価格と短納期での納車という大きなメリットを受けながら車両導入が行えるため、トラックの新規導入や緊急乗り換えなどがスムーズに行えるのが魅力です。

中古トラック販売店で必要な架装を搭載した理想的な中古トラックを見つけて効率的なトラック導入を実現してみてはいかがでしょうか?

まとめ

ボディや上物と呼ばれる架装はトラックを特徴付け、ボディタイプを決定する非常に重要な存在だと言えますので、中古トラック販売店で中古トラックを購入する際にはどのような架装が搭載されている車両なのかを慎重に選ぶ必要があります。
非常に重要なトラックの架装ですがトラックの架装とは?をおさらいすると次の3つがポイントとなります。

  • トラックの架装は架装メーカーによって製造・取付けされる
  • 架装は機能性・作業性を向上させるが高額で製造期間が長期化する
  • 既に架装搭載済みの中古トラックの活用で理想的な車両導入が可能

関連する記事