トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

トラックの平均走行距離と寿命との関係性を解説!

トラックの平均走行距離と寿命との関係性を解説!

中古トラックの購入を考えたとき、特に気になる項目のひとつが「走行距離」だと思います。トラックに限らず自動車に寿命にはやはり走行距離が大きく関係していますから、当然中古トラック購入時には走行距離をしっかりチェックすることが大切です。

しかし一体、トラックの平均走行距離は具体的にどのくらいで、寿命とはどういった関係性があるのでしょうか? 今回は、トラックの平均走行距離と寿命との関係性を解説していきたいと思います。

トラックの平均走行距離は?

最初に気になるのが、トラックの平均走行距離はどのくらいなのかという点。まずはトラックの平均走行距離について、車体の大きさ別に見ていきましょう。

小型トラックの平均走行距離

一般の乗用車だと、「10万km」という数字が買い替えのひとつ目安としてよく言われますよね。トラックの場合、基本的に10万kmというのはまだまだ十分走れる距離。小型トラックでは、その倍の20万kmがある程度の平均走行距離の目安になってきます。

中型トラックの平均走行距離

中型トラックになると、小型トラックよりもさらに平均走行距離は伸びます。40万km?50万kmくらいまでが、一般的な中型トラックの平均走行距離の目安だと言えそうです。やはり中型トラックともなると、乗用車の感覚とはだいぶ違ってきますね。

大型トラックの平均走行距離

最後に大型トラックですが、大型トラックの基本的な平均走行距離の目安は、おおよそ70万km。もちろんトラックの車種やメンテナンス状況などによっては、より長く問題なく走れることも多々あります。

平均走行距離と寿命の関係

中古トラックの寿命を決める要素は多種多様で、走行距離のみならず、年式、メンテナンス状況、普段の走行の仕方など様々です。ただ一般的に言って、そうした中で最も寿命に大きな影響を与えるのが走行距離になります。

上記で取り上げた平均走行距離の水準を超えてくると徐々に不具合などが発生する機会が増え、「もう買い換えようかな?」「そろそろ寿命かな?」と感じる方が多くなるでしょう。

中古トラックは年式?走行距離?どちらで選ぶ?

中古トラックを購入するときに気になる2大項目と言えば、「年式」と「走行距離」なのではないでしょうか。それぞれのトラックによって細かい状況は異なるので一概に言えることではありませんが、基本的に年式と走行距離だけを比較するなら、走行距離のほうが中古トラックの状態や寿命に影響することは確かです。

そのため多くの場合、複数のトラックを総合的に比較した上で最終的に年式と走行距離どちらを優先して選ぶかを迷ったなら、走行距離のほうを重視するのがおすすめです。

まとめ

ここまでトラックの平均走行距離や寿命に関して一通り見てきましたが、いかがでしたでしょうか?
中古トラックの購入は、やはり中古とは言えとても大きな買い物ですから、購入前にしっかり様々な項目をチェックして比較検討しておきたいもの。これから中古トラックを買おうと考えている方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報