トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

トラックの「デジタコ」って?ドラレコとの違いは?

トラックの「デジタコ」って?ドラレコとの違いは?

トラックの購入を考えたり、事業でトラックを使おうと検討したりすると耳にすることが増えてくる、「デジタコ」という言葉。あまり耳慣れない用語ですが、このデジタコには一体どのような意味があるのでしょうか?

この記事では、デジタコの基礎から、ドラレコとの違い、デジタコの主な種類や選び方にいたるまで、分かりやすく解説していきたいと思います。

デジタルタコグラフ-デジタコとは?

デジタコとは「デジタルタコグラフ」の略で、タコグラフは運行記録計のことを指します。運行記録計というのは多くの営業用トラックに設置が義務付けられている計器で、運行状況や走行距離といった数値を記録するもの。従来はアナログ型しかなかったのですが、近年デジタル型のタコグラフ(デジタルタコグラフ)が登場し、一気に普及してきました。

デジタコとドラレコの違いですが、一番異なるのは、「何を記録するか」という点でしょう。デジタコは走行速度などの情報をデータとして保存するのに対し、ドラレコは走行状況やその一部を録画という形式で記録する機器。両者は似て非なるものだと言えます。

デジタコの機能

デジタコの基本的な目的は、トラックの運行状況を記録して管理すること。そのために、主にトラックの走行時間や走行距離、走行速度などを記録する機能が備わっています。また多機能型のデジタコの場合、燃費の計算であったり、リモートでの運行状況管理であったりといった機能が付いていることもあり、非常に便利です。

デジタコの目的

デジタコの目的は、先ほども少し触れたとおり、トラックの運行状況の記録と、それによる安全管理の向上です。デジタコを装着することで危険な運転や無理な長距離運転などを防ぎ、交通事故などを減らすことができると言われています。

デジタコの種類

デジタコには現在、主に3つの種類が存在します。ひとつはシンプルな単機能タイプで、これは様々な運行状況の記録というタコグラフ本来の目的に特化した種類です。もうひとつはドラレコ一体型タイプで、デジタコとドラレコが一緒になった種類。そして最後は多機能タイプで、これは安全管理や労務管理に便利なデジタルならではの多様な機能をセットにしたものです。

デジタコを装着した方がいい理由

デジタコを装着することのもっとも大きなメリットは、より高いレベルでの安全管理を実現できることです。自社のトラックが事故を起こしてしまえば人命に関わりますし、ビジネス上の重大なリスクにもなりえます。デジタコであればデジタル形式なのでデータの管理が簡単で、難しい専門知識などは必要ありません。

デジタコの選び方

デジタコは様々なメーカーからたくさんの機種が出ているので、どれにすればいいのか迷ってしまいがち。なかなか決められないときは、まずデジタコ購入の一番の目的を考えて、それにあわせたタイプを選ぶようにしましょう。

たとえば「とにかく運行状況の記録さえできればいい」という場合であれば基本的な記録機能だけに絞られた機種が安価でお得ですし、「使う機会が多いので簡単に操作したい」という場合なら、タッチパネル式のものにするという手もあります。

まとめ

これからタコグラフの購入を検討するのであれば、使い勝手の良いデジタコが断然おすすめ。デジタコのことをすでに知っていた方も、これまであまり知らなかったという方も、ぜひこれを機に設置を考えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報