トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

ダンプなどの作業車両のパワーの源!PTOの種類や役割とは?

ダンプトラックなどのPTOって?その役割と種類を解説

通常エンジン出力はトラックやダンプの走行のために使用されますが、ダンプ車のダンプ機能やミキサー車のミキサー機能、移動式クレーン付きトラックの小型クレーンなどを稼働させるのにも何かしらの動力源が必要となります。

これらの作業車にはPTOという機能が搭載されており、このPTOが作業車のダンプ機能やミキサー機能、クレーン機能などの動力をエンジン出力から分配することで作業車両の機能が稼働します。

作業車両の動力を稼ぎだすPTOとは?

ダンプなどの作業車両の動力源を確保するの「Power Take-Off(パワーテイクオフ)」ですが、一般的にはPTOと略して呼ばれます。PTOは通常走行に使用されるエンジン出力からダンプ車の場合は積荷のダンプ作業を行う際、ミキサー車はミキサー部を回転させた際、移動式クレーン搭載トラックはクレーンを稼働させる際の動力を供給します。

作業中のダンプ車やミキサー車、小型クレーン搭載トラックが停車中にも関わらずエンジンの回転数が変化するのは、PTOによって稼働する作業車両の機能に動力を供給しているためだと言えます。

作業車両の作業速度はエンジン出力に比例するので、ダンプ車が素早く積荷の土砂をダンプする場合やミキサー車がミキサーを高速回転させる場合、小型クレーン搭載トラックがクレーンを素早く操作するとエンジンの回転数が上がります。

作業車両に動力供給を行うのがPTOの役割

PTOの役割
PTOを装備するのは既に紹介したダンプ車やミキサー車、移動式クレーンを搭載するトラックだけではありません。PTOはトラクターや消防車、高所作業車など走行以外の機能を持つ一般的に作業車両と呼ばれるトラックの多くに装備されています。

本来走行を目的として発生するエンジン出力を、走行以外の作業機能の動力源に転換する機能としてPTOは非常に多くの車両に装備される機能です。

一般的にPTO機能は知名度が高い機能ではありませんが、身近な作業車両であるごみ収集車両のパッカー車などにも装備されているため、ダンプ以外にも意外とPTOの装備車両を目にしている機会は少なくないと言えます。

PTOにはいくつかの種類が存在し、用途によって使い分けられる

作業車両の動力源となるPTO機能ですが、PTOは作業車のタイプに合わせて次に挙げる3つに分けることができます。

  • トランスミッションサイドPTO
  • フライホイールPTO
  • フルパワーPTO

最も一般的なトランスミッションサイドPTO

トランスミッションサイドPTOは最も一般的なPTOのタイプで、トランスミッションに付属しエンジン出力を作業機能の動力をして使用する場合は停車状態である必要があります。移動式クレーン搭載トラックなどに用いられます。

中古クレーン付特選車両!

クレーン付大型  トラック H15 KL-CXM23R4

いすゞ/大型/ギガ/H15/3軸 4段 ラジコン フックイン セイコーラック ロープ穴9対

詳細を見る
中古 クレーン付小型 いすゞエルフ トラック H26 TKG-NPR85AR

いすゞ/小型/エルフ/H26/ワイドロング 全低床 2.93t吊4段 ラジコン フックイン 差し違いアウトリガー

詳細を見る

中古
クレーン付
一覧へ

走行と動力供給を同時に行えるフライホイールPTO

フライホイールPTOは走行中でもエンジン出力を機能の動力に取りだすことができ、ミキサー車などに用いられます。

力強さが求められるダンプなどに搭載するフルパワーPTO

フルパワーPTOは特に大きな力を必要とする作業車両に装備されるもので、積荷の土砂をダンプするのに力が必要なダンプ車などに装備されます。

このようにPTOに種類があるのは、PTOを装備する作業車両の使用用途に大きな違いがあるのが理由だと言えるでしょう。ダンプ車や移動式クレーン搭載トラックにフライホイールPTOを装備すると走行中に誤作動を起こすと大事故の原因にもなりかねません。

またミキサー車に停車時に動力供給を行うトランスミッションサイドPTOを装備したのでは搬送中の生コンが固まってしまいます。こうした作業車両の使用用途に合わせる形で最も適したタイプのPTOが開発され装備されています。

中古ダンプ特選車両!

ダンプ小型 三菱キャンター トラック H27 TKG-FEBM0

三菱/小型/H27/6.1万km/ワイドロング 積載4t コボレーン

詳細を見る
ダンプ中型  トラック H31/R1 2KG-FK62FZ

三菱/中型/ファイター/H31/増トン7t 電動コボレーン ベッド

詳細を見る

中古ダンプ
一覧へ

走行のための出力を機能の動力に転嫁するPTOのメカニズムとは?

PTOはエンジン出力を機能の動力に転換する機能であると紹介しましたが、転換されるエンジン出力は回転です。PTOはエンジンの回転を油圧に変換することで機能の動力に転換しています。

最も一般的なPTO機能であるトランスミッションサイドPTOはその名のとおりトランスミッションに取り付けられ、油圧ポンプに動力が伝わり機能を稼働させます。

このためトランスミッションサイドPTOで機能を稼働させる場合は停車中である必要があり、作業時はPTOを起動させ作業終了後はPTOを停止させます。起動と停止はワンタッチのボタン式のタイプもあれば、スティックレバー式でレバーの操作時にクラッチ操作が必要となるものも存在します。

PTO以外にも作業車両の動力源は存在する?

PTO以外の動力
PTOがダンプ車やミキサー車、移動式クレーン搭載トラックなど屋外の建築現場などで活躍する作業車両の原動力をエンジン出力から稼ぎ出す働きを行っていることは既に紹介しました。しかし屋内作業車などに使用される作業車両の原動力としてエンジン出力が必要となるPTOは不向きであるのも事実ですし、動力源の故障が作業員の空中での閉じ込めに繋がる高所作業車などは一般的に2つの動力源を装備しています。1つはダンプ車など他の作業車両の動力源として採用されているPTOで、もう1つがバッテリーに蓄えられた電力です。

配線工事などに用いられる高所作業車の場合は専用の小型エンジンと専用の大型バッテリーを装備し、動力源のトラブルによる事故の発生を予防しています。

中古高所作業車特選車両!

高所・建柱車小型  トラック H21 PDG-FE73DY

三菱/小型/キャンター/H21/3.2万km/作業高12.3m/アワメーター2912h アウトリガーその場張出

詳細を見る
高所・建柱車小型  トラック H25 TKG-NKR85N

いすゞ/小型/エルフ/H25/アワメーター2131h ETC

詳細を見る

中古
高所作業車
一覧へ

まとめ

内蔵されているため決して存在が目立つことのないPTO機能ですが、ダンプ車などの作業車両には必ずPTOが装備されています。PTOの機能には次に挙げる特徴が存在します。

  • PTOはダンプやミキサー車などの社業車両に動力を供給している
  • PTO が供給する動力はエンジンの回転から得られる
  • 作業車両のタイプによってPTOの種類が異なる
  • 高所作業車などはバックアップの動力源としてバッテリーも装備している

目にする機会が少なくない作業車両にもPTOが採用されていると考えると、作業車両を見る目が変わってくるのではないでしょうか。

中古トラックおすすめ車両!

ダンプ中型  トラック H30 2KG-FC2ABA

中型/ダンプ/日野/レンジャー/H30/積載3.55t/走行1.6万km/コボレーン ETC

詳細を見る
クレーン付小型 いすゞエルフ トラック H30 TRG-NPR85AR

小型/クレーン付/ワイドロング/いすゞ/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ロープ穴4対 フック2対

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報