トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

ダンプトラックなどのPTOって?その役割と種類を解説

ダンプトラックなどのPTOって?その役割と種類を解説

トラックには様々な部品やパーツが使われています。中には普段耳にしないような目立たないパーツも多く存在しますが、そのどれもがトラックがその機能を発揮するのに欠かせない重要な部分です。

今回取り上げる「PTO」もそうしたパーツのひとつ。PTOはダンプやミキサー車といったトラックでトランスミッションなどに付属しているパーツですが、一体どのような働きがあり、どんな種類があるのでしょうか。PTOのあれこれについて、詳しく見ていきましょう。

PTOとは?

PTOは「Power Take-Off(パワーテイクオフ)」の略で、簡単に言うと「トラックのエンジンのパワーを、その他の機能で使うために取り出すシステム」です。たとえばダンプなら荷台の部分を動かしたり傾けたりするのにパワーが要りますし、ミキサー車であればトラックの後部を常に回転させるためにパワーが必要ですよね。そうした様々な機能に必要な動力を、トラックのエンジンから取り出して使えるようにするのがPTOなのです。

PTOの役割

PTOは色々なトラックで使われています。先述したダンプやミキサー車のほかにも、トラクターや消防車など、PTOが入っているトラックは多種多様。しかしPTOの役割は一貫していて、それはまさに「走行以外の特殊な機能に必要な動力を、エンジンから取り出すこと」に尽きます。

PTOの種類

PTOにはいくつかの種類があり、代表的なものには3つのタイプがあります。1つ目は「トランスミッションサイドPTO」で、トランスミッションに付属している最も一般的な種類。2つ目は「フライホイールPTO」で、走行中でエンジンを使用しているときにも動力を取り出せるようにしたタイプです。そして3つ目は、特に大きなパワーを必要とするトラックで使われる「フルパワーPTO」になります。

PTOのしくみ

PTOは、トラックのエンジンの「回転」を「油圧」に変換することで、各種トラックの様々な機能に必要なパワーを取り出しています。もっともポピュラーなトランスミッションサイドPTOの場合、エンジンの横にあるトランスミッションにPTOが取り付けられ、そこから油圧ポンプへと動力が伝わっていく仕組みです。

PTOを採用しているトラックの種類

トラックの多くは走行以外の色々な働きを持っており、そのほとんどが必要なパワーを確保するための仕組みとしてPTOを採用しています。そのためPTOが使われているトラックの種類は実に様々です。すでにダンプ、ミキサー車、トラクター、消防車は挙げましたが、他にもゴミ収集車、レッカー車、保冷車、高所作業車といったトラックでPTOが活躍しています。

まとめ

多くのトラックの中で、目立たないながらも非常に重要な働きをしているPTO。私たちの暮らしを支えてくれている、なくてはならないトラックパーツだと言っても過言ではないかもしれません。

興味のある方は、ぜひこれを機に、PTOをはじめとするトラックのパーツやシステムに関する知識を深めてみてください!

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報