トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

トラックのメッキパーツのお手入れ方法は?磨き方と注意点を総チェック!

トラックのメッキパーツのお手入れ方法は?磨き方と注意点を総チェック!
トラックドライバーにとって欠かせない日課のひとつが、トラックのお手入れですよね。とくにメッキパーツは見た目に結構影響するので、入念にお手入れをしている方が多いのではないかと思います。

でもトラックのメッキパーツは、お手入れ方法を間違えると汚れがひどくなってしまったり、傷がついてしまったりする、難しいパーツでもあります。今回は、そんなメッキパーツのお手入れ方法を、基礎からチェックしていきましょう!

メッキパーツの磨き方と注意点

まずはメッキパーツの基本の磨き方を確認していきます。メッキパーツのお手入れの第一ステップはもちろん洗浄。洗うときは、優しく傷をつけないように、スポンジなどで丁寧に洗いましょう。水で流すときは、洗剤を残さずにきっちり落とします。

次に洗った後の磨き方ですが、基本的に他のパーツと同じです。ただしメッキパーツ専用のクリーナーが売っているので、できればそれを使用するのがベスト。注意したいのは、酸性ケミカルのクリーナーを使用しないという点。酸性ケミカルのクリーナーはメッキを剥がしてしまう可能性があるので、避けてくださいね。

メッキパーツが錆びていた場合は?

メッキパーツでやっかいなのがサビですが、サビがついてしまった場合は、通常の洗剤やクリーナーではきちんと落とすことができません。メッキパーツがさびてしまったら、必ずメッキ専用のサビ取り剤を使用して丁寧に落としましょう。

ブラシなどでこすって落とそうとするのは絶対に避けたいNGな方法です。ブラシを使ったり強くこすったりするとメッキが剥げてしまうので注意してください!

メッキパーツについた水垢をキレイに落とす方法

メッキパーツでサビと同様に面倒で見た目に影響するのが、水垢ですよね。水垢も、丁寧に優しく落としていくのが基本。まずはクロスなどにメッキ専用のクリーナーをつけて、あまり強くこすらずに、優しく磨いていきます。しつこい水垢も、決して力は入れすぎず、優しく何回も磨きましょう。

水垢が落ちたら、最後に別のクロスで軽く乾拭きすれば完了です。メッキが落ちてしまわないよう、磨くときの力の入れ具合には気をつけましょう。

普段でも簡単に出来るお手入れ方法

メッキパーツの汚れや劣化を防ぐには、やはり日頃からこまめにお手入れをすることが大切。定期的に洗車用のシャンプーとスポンジで優しく力を入れずに洗い、最後に洗車用シャンプーを残さないように十分に水で流すだけでも、だいぶ違いますよ。

メッキパーツは結構デリケートなので、普段のお手入れのときから、「メッキパーツは優しく洗う」ということを意識するようにしましょう。

まとめ

今回はトラックのメッキパーツの磨き方やお手入れ方法などについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?
トラックをできる限り長くきれいに使うためには、メッキパーツのお手入れが重要な鍵になります。ぜひ皆さんもこれを機に、メッキパーツを正しい方法でしっかりお手入れするようにしてみてください!

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報