トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

事業用トラックと自家用トラックの違いとは?申請の方法まで解説!

事業用トラックと自家用トラックの違いとは?申請の方法まで解説!

基本的に仕事で使われる機会の多いトラック。小型トラックから大型トラックまで様々なトラックが色々な業界で活躍していますが、実はトラックは「事業用トラック」「自家用トラック」の2つに大きく分けることができます。

事業用トラックと自家用トラックはナンバー取得のために必要な条件も異なり、まったくの別物です。今回は、事業用トラックと自家用トラックの違いと、それぞれのナンバー取得の方法についてご紹介していきたいと思います。

事業用トラックとは

事業用トラックとは、対価を受け取って顧客の荷物を運ぶことのできるトラックのことを言います。ここでポイントとなるのは、「対価を受け取って」という部分。事業用トラックの登録が必要なのは、あくまで顧客の荷物を有料で運ぶ場合のみです。そのためたとえば、自分の会社の荷物を仕事で運ぶだけというような場合には、事業用トラックとして申請する必要はありません。

緑ナンバー、営業ナンバーとも呼ばれる事業用トラック

事業用トラックは一般的に、「緑ナンバー」や「営業ナンバー」などとも呼ばれます。緑ナンバーというのは事業用トラックのナンバーの色に由来した呼び名。事業用トラックのナンバーは緑のプレートに白い文字で書かれていることから、緑ナンバーと呼ばれるようになったのです。

自家用トラックとは

自家用トラックとは、簡単に言ってしまえば「事業用トラック以外のトラック」を指す言葉です。つまり、「対価を得て(有償で)顧客の荷物を運ぶ」という行為をしないトラックのことになります。先ほどもご説明したとおり、自社の荷物を業務で運ぶだけのような場合は、自家用トラックでも大丈夫です。「仕事で使うトラックはぜんぶ事業用トラック」というわけではないので注意が必要です。

白ナンバーとも呼ばれる自家用トラック

事業用トラックが緑ナンバーと呼ばれるのに対し、自家用トラックは「白ナンバー」と呼ばれます。これももちろん、自家用トラックのナンバーの色から来た呼び名。自家用トラックのナンバーは白地に緑の文字で書かれているので、白ナンバーと呼ばれるようになりました。

事業用ナンバーを取得するには?

事業用ナンバーを取得するためには、いくつかの条件があります。代表的な条件としては主に2つあって、ひとつは「ビジネスに使うトラックが5台以上あること」、もうひとつは「社員が6人以上いること」です。

条件を満たしたら、まず運輸局で運送業の許可を得るための申請をします。申請の際に運送業の法律に関わる試験が行われ、これに合格すると許可証が交付されます。許可証がもらえたら、免許登録に必要な税金を納めた上で、運行管理者と整備管理者を運輸局に届け出ます。この届出が受理されると、事業用自動車等連絡書というものがもらえるので大切に保管しておきましょう。

以上が終わったら、あとは運輸局に事業用ナンバー登録の申請をするだけ。運送業の許可証と事業用自動車等連絡書、それに事業で定める運送料金表を、申請書とともに提出します。

自家用ナンバーを取得するには?

自家用ナンバーの場合は、特別な取得条件などは存在しません。多くの場合、トラックを購入する時点で販売店などに手続きを代行してもらうことになると思いますので、その説明に従っていれば特に問題はないでしょう。

まとめ

ここまで事業用トラックと自家用トラックの違いについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?有償で荷物を運ぶ場合には必ず事業用ナンバーの取得が必要になりますので、気をつけるようにしてくださいね。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報