トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

現場ニーズの高いユニック車!クレーン付きトラックの特徴・用途・耐用年数を紹介!

現場ニーズの高いユニック車!クレーン付きトラックの特徴・用途・耐用年数を紹介!さまざまなフィールドで活躍する作業車両の1つに、荷役性の高い平ボディに車載クレーンを搭載したクレーン付きトラックが挙げられます。中古トラック市場への収入台数も非常に多く、中古トラック販売店で取り扱われる中古車両の中でもタマ数が多い人気の高いボディタイプだと言えるでしょう。

そんなユニック車ですが、車両価格や納期の課題を解決するためには、中古クレーン付トラックの購入がおすすめですので、中古車両購入の際に参考となるユニック車とも呼ばれるクレーン付きトラックの特徴や使用用途、気になる耐用年数などを紹介します。

汎用性が高く現場でのニーズが高いユニック車とは?

汎用性が高く現場でのニーズが高いユニック車とは?

平ボディトラックの荷台に車載クレーンを搭載した作業車両が、クレーン付きトラックと呼ばれる特殊車両です。シンプルな構造ですが、開放された平ボディの荷台と自力で荷物の積み下ろしや現場への設置が行えるクレーン機能を搭載した、非常に汎用性の高い車両だと言えます。

クレーン付きトラックはなぜユニック車と呼ばれるのか?

クレーン付きトラックはなぜユニック車と呼ばれるのか?

車載クレーンを搭載した特殊車両の正式名称は「搭載型トラッククレーン」ですが、一般的にはクレーン付きトラックやユニック車と呼ばれる傾向にあります。クレーン付きトラックは車両の形状そのものを指す呼び名ですが、同様に広く普及するユニック車の呼称は車載クレーンを製造するクレーンメーカーの商標に由来しています。

日本で最初に車載クレーンを開発しクレーン付きトラックを製造販売したのが、古河ユニック社で、国内初のクレーン付きトラックのモデル名が「UNIC100(ユニック100)」であったことから、現在でも車載クレーンを搭載する車両がユニック車と呼ばれています。

搭載クレーンによるユニック車の分類

クレーン付きトラックの車載クレーンは吊り下げ重量や作業範囲を決定するブーム長などで能力が異なり、クレーンの能力にはクレーン付きトラックのベース車両の車両区分なども影響します。

ベース車両の車両区分で小型・中型・大型に大別されるクレーン付きトラックですが、搭載する車載クレーンによっても次の3つに分類されます。

クレーン付き

クレーン付き

ベース車両のキャブと荷台の間にクレーンが搭載されているベーシックなタイプがクレーン付きと呼ばれ、中古トラック市場で最も取り扱い台数が多いタイプです。

簡易クレーン付き

簡易クレーン付き

小型クレーン付きトラックに多く平ボディの荷台内部に車載クレーンが搭載されています。クレーン作業を行う際に車両を支えるアウトリガーは、荷台の床板を貫通するかたちで搭載されています。

ハイジャッキ付き

ハイジャッキ付き

一般的なクレーン付きトラックに搭載されるものよりも長めのアウトリガーを搭載するのがハイジャッキ付きタイプです。キャブを高く持ち上げ荷台後部を下げることで車両積み込みに対応できる車両重機運搬車両として活用されます

ユニック車が活躍するフィールドは?

ユニック車が活躍するフィールドは?

汎用性の高い作業車両のクレーン付きトラックは運送業・引越し業などの物流業界のみならず、さまざまな業種の現場で広く活用されています。土木・建築業では材料や機材の積み下ろしにユニック車を利用する業者が多数存在しますし、設備業界でもユニック車は活発に活用されています。

また植木や庭石を扱う造園業や墓石の設置に車載クレーンを使用する墓石店、看板板の設置をユニック車で行う広告業者など、クレーン付きトラックの活躍するフィールドは実に多種多様でバラエティに富んでいると言えるでしょう。

移動式クレーンやラフタークレーンなどの大型クレーン車も存在しますが、低予算で利用できないケースや大型特殊車両では作業困難な狭い現場などでの作業にクレーン付きトラック・ユニック車は大活躍しています。

クレーン付きトラックの運転や搭載クレーンの操作に免許や資格は必要?

クレーン付きトラックの運転や搭載クレーンの操作に免許や資格は必要?

車載クレーンを搭載したクレーン付きトラックのドライバーは、現場到着後に車載クレーンの操縦を行うオペレーター業務を兼任するのが一般的ですが、クレーン付きトラックの運転や車載クレーンの操縦にはそれぞれ異なる資格や免許が必要となります。

クレーン付きトラックの車両区分別運転資格

クレーン付きトラックの運転にはトレーラーのように自動車運転免許以外の免許の取得の必要はありませんが、クレーン付きトラックの車両区分の運転資格を満たす免許区分の運転免許の保有者である必要があります。

一般的にトラックの車両区分は最大積載量2~3トンのものを小型クラス・4トン前後のものを中型クラス・10トン前後のものを大型クラスとして分類されます。各車両区分のクレーン付きトラックの運転資格は次のとおりです。

クレーン付き小型トラック

最大積載量2~3トンの小型クレーン付きトラックの運転は準中型免許で運転可能ですが、準中型免許の運転資格は車両総重量7.5トン未満までに制限されているため、車載クレーンの重量で車両総重量が7.5トンを超過していないかを確認する必要があります。

クレーン付き中型トラック

4トン前後の中型トラックは非常に多くのモデルがラインナップされており、法的には準中型免許や中型免許で運転することができるカテゴリーです。しかし既にふれたとおり準中型免許は運転資格が車両総重量7.5トン未満・最大積載量4.5トン未満に制限されているため、現実的には中型クレーン付きトラックの運転には中型免許の保有が求められます

クレーン付き大型トラック

大型クレーン付きトラックの運転には大型免許の保有が求められます。また6~8トンに増トンされた増トン車も運転には大型免許が必要となります。

クレーン付きトラックの車載クレーンの操縦資格

クレーン付きトラックに搭載された車載クレーンの操縦には労働安全衛生法で定める資格が必要となりますが、車載クレーンの吊り下げ荷重によって必要となる資格や免許が異なります。車載クレーンを操縦できる資格や免許ごとの操縦資格は次のとおりです。

移動式クレーン運転特別教育

移動式クレーン運転特別教育の修了者は吊り下げ重量1トン未満の車載クレーンを搭載する、クレーン付きトラックのクレーン操縦が可能となります。

移動式クレーン運転機能講習

移動式クレーン運転機能講習の修了者は吊り下げ重量1~5トン未満の車載クレーンを搭載する、クレーン付きトラックのクレーン操縦が可能となります。。

移動式クレーン運転士免許

国家資格である移動式クレーン運転士免許の保有者は吊り下げ重量5トン以上の車載クレーンを搭載する、クレーン付きトラックのクレーン操縦が可能です。

中古クレーン付きトラックは使える?ユニック車の耐用年数とは?

中古クレーン付きトラックは使える?ユニック車の耐用年数とは?

クレーン付きトラックの車両価格には搭載する車載クレーンの代金が加算されるため一般的なトラックよりも高価になる上、クレーンメーカーでの架装作業が必要な分、納期が長引く傾向にあります。

中古トラック販売店で取り扱われる中古クレーン付きトラックには既に車載クレーンが搭載され短期間での納車が可能です。また車両価格がリーズナブルなものから新車同様の新古車まで幅広い品揃えがあるので予算に合わせた車両選びができるのもメリットです。

しかし「中古で購入したクレーン付きトラックが何年程度使えるものなのか?」は非常に気になるところですので、中古クレーン付きトラックの耐用年数の目安を確認してみましょう。

法定耐用年数の算定法は異なる

一般的に対応年数と呼ばれるものには減価償却期間を指す「法定耐用年数」と、実際の車両使用限度を指す「耐用年数」があります。

新車と中古車の耐用年数が異なるのは減価償却期間が新車と中古車では異なることや、一般的に寿命と呼ばれる使用限度距離に達するまでの期間が中古車両は購入時の走行距離によって異なることなどが理由に挙げられます。

クレーン付きトラックが使用限度に達するのは小型クラス約20万キロ・中型クラス約40~50万キロ・大型クラス70~80万キロと言われていますが、例えば小型クレーン付きトラックの場合、新車の場合と走行距離10万キロや15万キロの中古車両では、使用限度に達する年数は異なるのでそれぞれ対応年数が異なります。

既述のとおり減価償却期間に関する法定対応年数は算出方法が異なるので、次項で具体的に紹介します。

新車で購入したユニック車の法定耐用年数

国税庁では貨物自動車の減価償却期間を新車登録から4年に定めており、クレーン付きトラックは貨物自動車にカテゴライズされるので、新車購入したクレーン付きトラックの法定耐用年数は4年となります。

中古で購入したユニック車の法定耐用年数

中古トラック販売店で取り扱われる中古クレーン付きトラック新車同然のものから低年式のものまでさまざまですが、貨物自動車の法定耐用年数は新車登録から4年に定められているため中古車両でも登録から4年以上か以下かで法定耐用年数の算出方法が異なります。

新車登録後4年未満のクレーン付きトラックの法定耐用年数の算出は次のように算出します。

新車登録後4年未満の場合
(法定耐用年数-経過した年数)+経過年数の20%に相当する年数

仮に登録後1年半が経過している車両であれば(48ヶ月-18ヶ月)+12ヶ月の20%=32.4ヶ月(2.7年)となりますが、端数は切り捨てられ2年の法定耐用年数が適用されます。

新車登録から4年以上経過しているクレーン付きトラックの法定耐用年数の算出は次のように算出します。

新車登録から4年以上経過している場合
法定耐用年数の20%に相当する年数

貨物自動車の法定耐用年数4年(48ヶ月)の20%は9.6ヶ月と耐用年数は1年に満たない期間となりますが、耐用年数が2年を下回る場合は2年の耐用年数が適用され、低年式のクレーン付きトラックを購入しても法定耐用年数は2年になります。

まとめ

汎用性の高い特殊車両クレーン付きトラックの導入は、中古トラック販売店で取り扱われる中古車両を活用するのが上手な導入方法だと言えますが、中古ユニック車購入の際には次の3つがチェックポイントになります。

ユニック車の運転には各車両区分を満たす運転資格が必要

車載クレーン操縦には吊り下げ荷重で規制される資格や免許が必要

低年式の中古ユニック車も2年の減価償却期間が設定される

 

中古クレーン付特選車両!

クレーン付大型  トラック H15 KL-CXM23R4

いすゞ/大型/ギガ/H15/3軸 4段 ラジコン フックイン セイコーラック ロープ穴9対

詳細を見る
中古 クレーン付小型 いすゞエルフ トラック H26 TKG-NPR85AR

いすゞ/小型/エルフ/H26/ワイドロング 全低床 2.93t吊4段 ラジコン フックイン 差し違いアウトリガー

詳細を見る

中古
クレーン付
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報