トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

生産技術の向上で長期化するトラックの使用限度!買い替えのベストタイミングとは?

生産技術の向上で長期化するトラックの使用限度!買い替えのベストタイミングとは?

頑丈に作られるトラックは自動車の中では高い耐久性を持つ車に分類されますが、トラックメーカーの製造技術の向上と共にトラックの耐久性能は更なる向上を見せています。トラックの耐久性能が往生することで以前のような明確な買い替えタイミングを提示することが難しくなり、最適なトラックの買い替えタイミングを掴みかねている方は少なくないのではないでしょうか?

またトラックの耐久性能の向上は中古トラック市場への流入車両にも変化を及ぼし、中古トラック販売店で取り扱われる中古トラックのコンディションは驚くほどの向上を見せています。最適なトラック買い替えのタイミングや買い替え時の検討ポイントなどを紹介します。

普通自動車よりも長いトラックの寿命(使用限度)

普通自動車よりも長いトラックの寿命(使用限度)
車体が大きく過酷な状況での使用を前提に製造されるトラックは、普通自動車よりも頑丈に作られているため一般的に寿命と呼ばれる使用限度に達するまでの期間が長い傾向にあります。

これはトラックの基本構造が頑丈であることやシンプルなデザインや構造が整備作業性を高くすること、トラックを運転するのがプロドライバーであることなどが複合的に影響を及ぼしていることに起因すると考えられます。

トラックの使用限度を期間で測るのは難しい?

トラック購入の際に「このトラックは何年使用できるのか?」が気になるところですが、トラックの使用限度は年数ではなく走行距離によって測られます。

仮に10万kmがトラックの使用限度であった場合、年間1万kmの走行なら10年間使用可能ですが、年間走行距離が1.5万kmであれば約6年半、2.5万kmであれば4年で使用限度に達します。

トラックの寿命である使用限度の目安は新車登録から経過した時間ではなく、製造後何km走行しているのかを基準に測るべきだと言えます。

またトラックが金属製部品を多く搭載することから保管環境も使用限度に達する期間に影響を及ぼします。屋根付き駐車場を含む屋内で保管する場合と、露天駐車場などの屋外で保管する場合では、屋外保管のトラックが使用限度に達する期間が短いのは明らかですので、トラックはできるだけ屋根付き車庫を含む屋内で保管したいものです。

新車登録後10~15年がトラック使用限度の一応の目安

一般的に普通自動車の年間走行距離は1万km・使用限度は10万kmであると言われていますが、商用車両であるトラックの走行距離はその何倍にもあたると言えます。

トラックは頑丈に作られているために使用限度に達するまでの期間が長いことは既にふれましたが、年間走行距離が大きいため通常トラックの寿命、使用限度に達するまでの期間は10~15年が目安だと言われています。

大型クラスのトラックの使用限度距離が70~100万kmと言われていますので、少ない場合でも年間4.7~6.7万km、多い場合では7~10万kmもの距離を走っていることが分かります。

トラックの使用限度が10~15年と言われる理由は?

トラックの使用限度が10~15年と言われる理由は?
トラックの寿命である使用限度はどのように判断されるのかが気になりますが、トラックに主要搭載パーツの経年劣化が大きく影響すると言え、トラックの寿命に影響する主要搭載パーツとしてエンジンやトランスミッションが挙げられます。

高額パーツの経年劣化でメンテナンスコストが高騰する

トラックの寿命である使用限度がエンジンやトランスミッションなどの主要搭載パーツの経年劣化に影響されることは既にふれました。主要搭載パーツの経年劣化がトラックの使用限度に影響する理由として、主要部品はメンテンナンスコストが高価であることが挙げられます。

エンジンやトランスミッションは交換パーツが高価であり、交換にはそれぞれを分解する必要が生じるため交換工賃も高額化する傾向にあります。場合によってはメンテナンス費用が数十万円から100万円を超えるケースもあるため、主要パーツの寿命がトラックの寿命になると考えられています。

走行距離の増加で下取り査定の下落が予想される

トラックの買い替えコストを抑えるために使用中のトラックはできるだけ高値で売却したいものですが、トラックの使用限度は走行距離に影響されるため走行距離が伸びたトラックは使用限度が近づいていることを意味するため買取価格が下落します。

運送業などではトラックを走らせることで運送代金を稼ぐことができますが、一方ではトラック自体の資産価値を減らしていくというジレンマが発生します。過走行となる前にトラックの買い替えを行うことが効率的なトラックの買い替えだと言えるでしょう。

トラックの買い替えを検討すべき使用限度が近いことを意味する症状は?

トラックの買い替えを検討すべき使用限度が近いことを意味する症状は?
トラックの使用限度が搭載主要パーツの経年劣化に影響され、主要パーツの経年劣化の度合いは走行距離で測られること、使用方法や状況によっては使用限度に達する一般的な距離よりも早くトラックが寿命を迎えてしまうことなどは既に紹介しました。

使用限度に達してしまう前にトラックの買い替えを行うことが効率的なトラックの買い替えですから、主要パーツのコンディションはしっかりと掴んでおきたいものです。主要パーツのコンディションが使用限度に近づくと次に挙げるような症状が見られます。

エンジン系統に発生する症状

トラックの心臓と言われるエンジンは使用限度が近づくとさまざまな症状が現れますが、エンジンに現れた症状を見逃してしまうと必要な深刻なトラブルの発生に繋がり、高額なオーバーホールを行うか廃車にするかを迫られることになります。

エンジンの使用限度が近づいたことを知らせる症状として次のようなものが挙げられます。

  • エンジンからの異音や異臭の発生
  • 加速の鈍化
  • 排ガスが白くなる
  • オイルプレッシャーが上がらない

トランスミッション系統に発生する症状

トラックのエンジン出力を駆動力に置き換えるのがトランスミッションですが、トランスミッションはエンジンの出力とトラックの車両重量によって大きな負担が発生する非常に過酷な環境で稼働する機関だと言えます。

数多くのギアを複雑に組み合わせて構成されるトランスミッションもトラブルが生じると高額なオーバーホールを行うか廃車にするかを迫られることになります。トランスミッションの使用限度が近づいたことを知らせる症状として次のようなものが挙げられます。

  • トランスミッションからの異音
  • 変速時のギア鳴り
  • シフトチェンジが行えない
  • 加速の鈍化

トラック買い替えのタイミングとは?

トラック買い替えのタイミングとは?
寿命を迎える前に効率的なトラックの買い替えを行いたいものですが、いくら効率的と言われても買い替えの経済的負担は小さくない上に頑丈に作られているトラックに対して「まだ使えるのでは?」と感じてしまうのも事実です。実際にトラックはどのタイミングで買い替えを行うのが効率的なのかを紹介します。

フルモデルチェンジのタイミングは買い替え検討のタイミング

トラックの使用限度の目安が10~15年であることは既にふれましたが、機械としての使用限度以外に「登録後7年目まで」という市場価値の限度が存在し、この期限を過ぎればトラックの資産的価値が下落します。

トラックは7年を目安にフルモデルチェンジが行われ、型落ちしたトラックは中古トラック市場での販売価格が下落する傾向にあるため下取り価格も下がります。フルモデルチェンジのサイクルをトラック買い替えタイミングの目安として捉えるのは有効だと言えます。

オーバーホールが視野に入ったら具体的な買い替えの検討が必要

トラックの搭載主要パーツであるエンジンやトランスミッションが経年劣化するとトラックの走行機能に支障をきたしますので、乗り続けるためにはオーバーホールを行う必要があります。

しかし既にふれたとおり主要パーツのオーバーホールに必要となる費用は決して小さなものではないため、オーバーホールの必要に迫られる前、視野に入ったタイミングでトラックの買い替えを行うのも効率的なトラック買い替えタイミングだと言えるでしょう。

買い替えコストと納車期間の面で非常に有利な中古トラック

買い替えコストと納車期間の面で非常に有利な中古トラック
トラックの使用限度が迫ると、「オーバーホールか買い替えか?」という非常に頭の痛い選択を迫られます。新車への買い替えの場合は車両費用と注文から納車までの期間という2つの大きな問題が生じますが、中古トラック販売店を利用して中古トラックを購入するという選択を加えることで費用と納期の問題が解決するのではないでしょうか?

新車同様車両から低年式車まで幅広く取り扱う中古トラック販売店

製造技術の向上によって中古トラックのコンディションが向上していることは既に紹介しましたが、中古トラック販売店では新車同様のものから低価格のトラックまで幅広い中古トラックを取り扱っています。

あまりにも低価格なトラックの場合は車両コンディションに不安があるケースも存在しますが、一定の予算を立てれば上質な中古トラックを購入することが可能だと言えるので、トラック乗り換え時コストの問題は中古トラック販売店で解消すると言えるでしょう。

中古トラックおすすめ車両!

ダンプ中型  トラック H30 2KG-FC2ABA

中型/ダンプ/日野/レンジャー/H30/積載3.55t/走行1.6万km/コボレーン ETC

詳細を見る
クレーン付小型 いすゞエルフ トラック H30 TRG-NPR85AR

小型/クレーン付/ワイドロング/いすゞ/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ロープ穴4対 フック2対

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

買い替えリスクの1つ納車期間の問題も中古トラックが解消する

トラックは受注生産に近い形で製造されるため新車への買い替えの場合は納車期間の問題が生じますが、中古トラック販売店で取り扱う中古トラックは既に完成している完成車ばかりですので、納車期間は新車と比べものにならないほど短縮することができます。

買い替えリスクの1つ納車期間の問題も、中古トラック販売店で解消することができると言えますので、効率的なトラックの買い替えを実現するためには中古トラック販売店の利用が非常に効果的だと言えます。

まとめ

製造技術の向上でトラックの使用限度までの期間が長期化することはトラックドライバーにとって非常に喜ばしいことだと言えますが、買い替えタイミングを掴むのが難しくなるという側面も存在します。

効率的なトラックの買い替えを実現するためには次の3つがポイントとなります。

フルモデルチェンジサイクルの7年を目安に買い替えを検討する

使用限度前のオーバーホールが視野に入れば買い替えを検討する

トラック買い替えは中古トラック販売店の利用で効率的に行える

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報