トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

中古トラックには安い時期が存在する!中古トラック販売店のより効果的な利用法とは?

中古トラックには安い時期が存在する!中古トラック販売店のより効果的な利用法とは?

トラック導入計画を立てる際、最初に新車を購入するか中古トラックを購入するかの選択を迫られますが、費用対効果の高い中古トラックを選択するケースが年々増加傾向にあります。

中古トラック販売店を利用したトラック導入が効率的であることが一般的に知られるようになったと考えられますが、実はさらに効果的に中古トラックを購入する方法が存在することは意外と知られていないようですので、中古トラック販売店のより効果的な利用法を紹介します。

トラック導入手段は新車購入と中古トラック購入の選択が必要

トラック導入手段は新車購入と中古トラック購入の選択が必要

かつて中古トラックに対して「安かろう悪かろう」というイメージを持つ方は少なくありませんでしたが、製造技術が劇的に向上した現在では中古トラック市場に流入する中古トラックのクオリティは飛躍的に上がっていると言えるでしょう。

導入コストや納車期間などトラック導入時に生じる諸問題も、中古トラック販売店を利用することで概ね解決できることから現在中古トラック購入は効果的なトラック導入手段として多くの利用者から高く評価されています

新車購入のメリットとデメリット

トラックは必要となる車両区分やボディタイプ、搭載する架装など利用者の求める仕様をオーダーメイドに近い形で製造されるため、新車購入を行う最も大きなメリットとして注文通りの車両が納車されることが挙げられます。

また新車の場合は搭載パーツが使用限度に達するまでの期間をフル活用することができるのも新車の魅力ですし、気持ちよく新車に乗れるのは精神的効果が高い点も新車のトラックを購入するメリットだと言えます。

しかしオーダーメイドで専用車両を製造するため、車両価格が高額となることや注文から納車まで時間がかかる傾向にある点などは新車購入のデメリットであると言えます。特に高額な車両価格に頭を抱える利用者は少なくないのではないでしょうか?

中古トラック購入のメリットとデメリット

中古トラックは既に完成した状態のものが中古トラック販売店で取り扱われるため、納車期間が短い傾向にあります。車両によっては契約完了後、即日納車で中古トラックを購入できるケースも存在するため短納期であることは中古トラック購入の非常に大きなメリットだと言えます。

また中古トラック販売店では新車同様の未使用車から低価格で購入できる低年式車両まで幅広く中古トラックを取り扱っており、予算に合わせた車両選択が行えることで新車購入の際に最大の問題点となる車両価格の面をクリアすることが可能です。

しかし中古トラックが完成車であることから、必要な装備を搭載することが困難であり仮に架装の追加を行うと中古トラックの魅力である納期や価格のメリットが損なわれる可能性があることを中古トラックのウィークポイントだと捉える方も存在します。

車両が使用限度に達する経年劣化を懸念する方も存在しますが、既に紹介したとおり製造技術の向上と共に中古トラックの耐久性能も高くなっていることから、新車に比べると中古トラックの寿命が極端に短いということは過去の話となったと言えるでしょう。

中古トラック販売店の利用で効率的なトラック導入を実現できる

中古トラック販売店の利用で効率的なトラック導入を実現できる

トラックを新車で購入する場合と中古トラックを購入するメリットとデメリットを比較した場合、中古トラック購入に魅力を感じる方は少なくないのではないでしょうか?中古トラックのクオリティが向上した現在では、中古トラックを購入することで効果的なトラック導入が行える時代になったと言えます。

中古トラックを利用したトラック導入数の推移は?

国内流通の要となるトラックに対するニーズは生活スタイルの多様化と共に高まりを見せており、トラックの導入が活発に行われています。減少傾向であったトラック導入数は2015年で下げ止まり、2016年以降増加傾向にあると言えるでしょう。

中古トラック販売店を利用することで得られる高い費用対効果に注目が集まり、現在中古トラックは活発に取引されている状態だと言えます。

中古トラック販売店を利用したトラック導入はさらに効率的にできる

中古トラック販売店を利用したトラック導入はさらに効率的にできる

トラックメーカー各社の製造技術の向上でトラックの耐久性が高まりトラックの寿命が延びていることが追い風となり、中古トラック販売店を利用することで得られる費用対効果の高さが評価されていますが、中古トラックをさらにお得に購入できることは意外と知られていません。

中古トラックの導入コストは値引き交渉が可能

中古トラック販売店で提示されている金額は基本的に中古トラックの仕入れ額に、販売店の人件費や利益を加算して算出されたもので、希望販売価格に分類されるものだと言えます。

中古トラック自体の車両販売価格に諸経費が加算されたものが中古トラックの導入コストとなりますが、既述のとおり車両販売価格は希望販売価格であるため値段交渉の余地があり、値段交渉を行うことで中古トラックをよりお得に購入することも大いに期待できます

同じ中古トラックでも購入時期で導入コストが異なる

同じ中古トラックでも購入時期で導入コストが異なる

中古トラックをさらにお得に購入するために、「購入時期の検討を行う」というのは非常に効果的だと言えます。中古トラックには安い時期というのが存在し、同じ車両でも購入時期が異なれば導入コストが大きく異なるケースは決して珍しくないのが事実です。

つまり購入時期を選ぶことで中古トラック販売店を利用するトラック導入の費用対効果を、さらに向上させることが可能となると言えるでしょう。

中古トラック販売店でお得にトラック購入が行える時期とは

中古トラック販売店をさらに効果的に活用することができる中古トラックが安い時期がいつなのかが気になるところですので、値段交渉がさらに効果的となる中古トラックが安い時期を紹介します。

売り上げが低下する時期は中古トラックが安い時期

中古トラック販売店としては1年を通して安定した売り上げの確保を行いたいところですが、残念ながら中古トラックの取引が活発に行われる時期と売り上げが低下する時期が存在します。

事業用車両として購入されるケースが多い中古トラックは、ゴールデンウィークやお盆休みなどの長期休暇のある月の売り上げが低下します。特に8月は一年のなかでも最も中古トラック販売店にとって厳しい月だと言われており、8月は少しでも売り上げを確保するために割安でも中古トラックを販売しようという気持ちが働くため、中古トラック購入にはねらい目の月だと言えるでしょう。

決算シーズンの中古トラック販売店は値段交渉に応じやすい?

自動車購入は決算シーズンを狙うべきでは?と考える方が非常に多く存在しますが、決算シーズンはトラックメーカーが積極的に値引きを行い新車登録台数が増加する時期だと言えます。

新車への乗り換えが活性化するため中古トラック市場への車両流入数は決算シーズンが最も多く、値下げの必要のない優良車両が増加するため中古トラック販売店での値段交渉は難航する傾向にあります。

新車市場で発生する乗り換えによって多くの中古トラックが発生する背景から、決算シーズンは中古トラックも安い時期だと思われがちですが、実際には市場が活性化する決算シーズンは値段交渉には不向きなシーズンだと捉えるべきだと言えます。

中古トラックの安い時期以外でも値段交渉は可能

中古トラックの安い時期以外でも値段交渉は可能

中古トラック販売店で提示されている車両販売価格が販売店の希望販売価格であり、値段交渉の余地がある価格であることは既に紹介しました。値段交渉を有利に運びやすい中古トラックの安い時期は存在するものの、安い時期を逃したからと言って中古トラック販売店が値段交渉に応じないことはありませんので、中古トラックの安い時期と言われる8月以外のタイミングでも積極的に値段交渉を行うべきだと言えるでしょう。

値段交渉を有利に運ぶ方法とは

中古トラックの購入時には値段交渉を行うべきですが、かといって「安くして!」を繰り返してもあまり効果を得ることができないと考えられます。値段交渉はネゴシエーションやディールとも呼ばれ、交渉を有利に運び効果を得るための交渉術が存在します。

中古トラックの導入コストを抑えるための値段交渉に効果が期待できる交渉術として、代表的なものを紹介します。

指値で勝負!予算上限を正直に伝える

値段交渉の相手である中古トラック販売店のスタッフは利用者の敵ではありませんので、人間関係を構築することで思わぬ値引きを受けられることも珍しくありません。正直者は得をするという言葉もありますが、中古トラック販売店の担当者とある程度打ち解けたタイミングで予算を正直に伝えることで店内の車両では難しくても予算に合わせた車両を探してもらえることも珍しくありません。

担当者を味方に付ければ権限の範囲で最大限に譲歩してもらえることも期待できますので、「いくらの予算でこのような車両を探している」と打ち明けるのは効果的だと言えるでしょう。

折り合いが付かなければ日を改める

希望通りの中古トラックが見つからない場合や値段交渉が不調の場合は結論を急がず、日を改めるのも効果的な交渉術の1つです。中古トラック市場は生き物ですので、今日希望車両が見つからなくても数日後に最適な車両流入があるケースも数多くあります。

一旦冷却期間を置くことで中古トラック販売店側が値段交渉の条件を受け入れることもありますので、じっくりと交渉に臨むことも費用対効果の高い中古トラックを購入する秘訣だと言えるでしょう。

まとめ

効率的なトラック導入を実現できるのが中古トラック販売店の魅力ですが、販売店の希望販売価格通りに購入する必要はありませんので、積極的に値段交渉は行うべきだと言えます。

中古トラックの購入をより効果的に行うためには次に挙げる3つのポイントを掴んでおくことが重要だと言えるでしょう。

中古トラックが安い時期は売り上げの下がる8月である

取引が活性化する決算シーズンは中古トラック購入には不向き

予算上限を正直に伝え値段交渉が難航した場合は日を改める

 

中古トラックおすすめ車両!

中古 トレーラ 国内・その他 H18 DFPTF241BN改

コンテナシャーシ/フルハーフ/H18/31FT/積載31t/第五輪荷重9.27t以上/エアサス

詳細を見る
クレーン付小型 いすゞエルフ トラック H30 TRG-NPR85AR

小型/クレーン付/ワイドロング/いすゞ/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ロープ穴4対 フック2対

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報