トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

中古マイクロバスを購入する際の4つのポイントと人気の車種

中古マイクロバスを購入する際の4つのポイントと人気の車種

新品で買うととても手が出ない価格のマイクロバスも、中古なら比較的リーズナブルに手に入ります。しかし中古マイクロバスならではの注意点もあります。

ここでは特に注意すべきポイントと、人気の車種のスペックや人気の理由を紹介します。

中古マイクロバスを買うときに注意するポイント

中古マイクロバス購入の注意点

まずは中古マイクロバスの購入を検討する際のポイントについて解説します。

<ポイント1>仕入れルート

たとえば、ある中古車ショップで中古マイクロバスが置いてあったとします。これがこのマイクロバスを使っていた○○観光から直接仕入れたものなのか、あるいは中古車を仲介販売している△△自動車販売から間接的に仕入れたものなのか、いずれの仕入れルートなのかを確認しましょう。

直接仕入れであればそのマイクロバスが、どんなオーナーにどんな使われ方をしてきたのかが判明しやすくなります。

しかし間接仕入れの場合はそうした情報が曖昧になる危険があるのです。

もちろん間接仕入れ=NGではありませんが、そうした危険性を理解しておいて損はありません。

<ポイント2>年式・走行距離

いつから乗られていてどれだけ走ってきたのかという情報は、マイクロバスの状態にダイレクトに影響します。また年式は新しければ新しいほど、走行距離は短ければ短いほど、販売価格が高くなる傾向にあります。事前に予算を決めておいて、市場価格との妥協点を測るようにしましょう。

ただし年式や走行距離がマイクロバスの状態の全てを表しているわけではありません。年式が新しくてもメンテナンスがされていないマイクロバスもあれば、走行距離が長くてもメンテナンスがきっちりされているマイクロバスもあるからです。あくまでも年式と走行距離は目安として活用しましょう。

<ポイント3>定期点検記録簿

中古マイクロバスの定期点検記録簿

定期点検記録簿とはマイクロバスのメンテナンスの履歴です。これが残されていればある程度「どんな使われ方をしてきたのか」を把握できます。ただし残されていないこともあるので、その場合はメンテナンス状況を自分の目で確かめるほかありません。

<ポイント4>どこで何の用途で使われていたか

たとえばそのマイクロバスが温泉観光地で使われていた場合、硫黄などの被害を車が受けている可能性がありますし、海辺で使われていれば潮風の塩害を受けている可能性があります。そうした一見関係がない点も、中古マイクロバスでは重要になります。

またそのマイクロバスが個人所有のものだったのか、あるいは旅館やホテルの送迎車として使われていたのか、レンタカーとして使われてのかなども中古マイクロバス選びの基準になります。使用頻度が高い用途であるほど、状態も劣化している可能性が高くなるからです。

これら4つのポイントに注意しながら、安全安心な中古マイクロバスを選ぶようにしましょう。

以下ではその際に参考になる、人気の5車種を紹介します。

日産自動車「シビリアン」の魅力

日産のマイクロバス シビリアン

1973年に誕生し、1982年と1999年にフルモデルチェンジを行いながら現在に至るまで愛されているマイクロバス、それが日産自動車の「シビリアン」です。

収容人数は標準モデルで26人、ロングモデルなら29人となっています。「SX」「SV」「GL」と3つのグレードに分かれており、それぞれドアの開閉機構やシートやガラスのスペック、乗り心地などが異なります。

シビリアンの特長は「環境性能」と「安全性能」にあります。

黒煙がほとんど出ず、温室効果ガスの排出を従来エンジンから大幅にカットしたTB45Eガソリンエンジンや、リサイクル性の高い材料はその証です。またグレード問わず搭載されているアンチブロックブレーキシステムや、全座席に装備されたELR付き3点式シートベルトなども安全性能の高い評価につながっています。

いすゞ自動車「ジャーニー」の魅力

いすゞ自動車「ジャーニー」の魅力

いすゞ自動車の「ジャーニー」は1970年代に登場し、1993年からは日産自動車のシビリアンのOEM車として販売されています。1993年にフルモデルチェンジ、2008年には環境性能を強化したディーゼルエンジンを追加しました。

OEM車なのでスペックなどはシビリアンと同じですが、グレードの名称が「DELUXE E」「DELUXE G」「CUSTOM」となっており、この順にドアの開閉機構などの差がつけられていきます。エンジンやアンチブロックブレーキシステムなどの機能も同じです。

ただし、これはシビリアンにも言えることですが、年式によってスペックには違いが生じます。中古市場でシビリアンやジャーニーを見つけたら、その点にも注意して比較検討するようにしましょう。

トヨタ自動車「コースター」の魅力

トヨタ自動車「コースター」の魅力

トヨタ自動車の「コースター」は1969年に誕生し、今なお愛され続けるロングセラーマイクロバスです。その人気は日本国内にとどまらず、世界110カ国以上累計販売台数55万台以上を記録しています。また2017年1月23日には24年ぶりにフルモデルチェンジが行われています。

コースターの最大の魅力は「空間の広さ」にあります。今回のフルモデルチェンジではこれまで以上に室内空間を拡大していますが、従来モデルからコースターの室内空間の広さは人気を集めていました。

また24人乗りのロングモデルには、座席後部にラゲッジスペースを確保。スーツケースなどを置くことができます。

フルモデルチェンジが行われたことで、旧型の中古車の価格が値崩れする可能性もあります。その意味ではコースターは注目株と言えるでしょう。

日野自動車「リエッセII」の魅力

日野自動車「リエッセII」の魅力

「リエッセII」の原型となる日野自動車の「リエッセ」は1995年に誕生したモデルです。その後継モデルとなるリエッセIIは、現在トヨタ自動車から日野自動車へOEMされているマイクロバスで、スペックなどはほぼ同じとなっています。

2017年1月6日にはコースターと同様フルモデルチェンジを行い、室内空間の拡張やボディの剛性強化、計器盤のアップデートなどを施しています。

中古市場においてもコースター同様、旧モデルの値崩れが期待できます。

三菱ふそう「ローザ」の魅力

三菱ふそう「ローザ」の魅力

三菱ふそうの「ローザ」は1960年に誕生しました。1986年にマイクロバスで初のグッドデザイン賞を受賞したり、1997年の4代目ローザではマイクロバスで初となる運転席へのエアバッグ搭載など、マイクロバスの歴史に残る挑戦をしてきたモデルでもあります。

現在のラインナップは25人乗りの「ショートボディ」、29人乗りの「ロングボディ」、33人乗りの「スーパーロングボディ」(大きさでは中型バスに相当)で構成されています。

特長は三菱ふそうの最先端クリーンディーゼル技術を採用した、高度な環境性能。ディーゼルエンジンにもかかわらず、温室効果ガス排出量がポスト新長期規制値よりも30%低い数値をマークしています。また新エコカー減税の対象にもなる高い燃費性能も大きな魅力です。

まとめ

中古マイクロバスの購入についてのまとめ

中古マイクロバスには観光地などで運用されやすい性質上、中古車を選ぶ際には他の車種とは違う点に注意する必要があります。各自動車メーカーが販売するモデルの中から納得の一台を選ぶだけでなく、数ある中古マイクロバスの中から粗悪な中古マイクロバスを選んでしまわないように注意しましょう。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報