セミオートマのトラックが増加中?人気の理由とメリット・デメリット|中古トラック販売のトラック流通センター

年中無休[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

セミオートマのトラックが増加中?人気の理由とメリット・デメリット

セミオートマのトラックが増加中?人気の理由とメリット・デメリット

一般車においてはオートマが主流になっているなか、トラック業界では長年ミッションのトラックが根強い人気を誇ってきました。

しかし近年、そんなトラック業界も変化の兆しを見せています。というのもオートマとミッションの合いの子である「セミオートマ」のトラックの人気が高まりつつあるのです。

ここではセミオートマのトラックとはどんなトラックなのかをはじめ、そのメリットとデメリット、業界の動向について紹介します。

セミオートマのトラック=クラッチ操作のないトラック

セミオートマのトラックを端的に説明すると、ミッションのトラックからクラッチペダルを取り除いた「2ペダル」のトラックです。

シフト操作は基本的に自動で行われますが、だからといってシフト操作が全くできないわけではありません。シフトレバーを使えば、シフトアップとシフトダウンを任意に行うことは可能です。

ちなみに、シフト操作をコンピュータ制御により自動で行う装置の呼び名は各メーカーによって異なります。

国内メーカー大手4社でいえば、日野自動車が「Pro Shift」、いすゞ自動車が「スムーサー」、三菱ふそうなら「DUONIC」もしくは「INOMAT」、日産ディーゼルなら「ESCOT」と呼ばれます。

セミオートマのトラックのメリット

トラックにおけるセミオートマのメリット

各社のセミオートマにはそれぞれ細かい違いはありますが、ここではセミオートマのトラック全般のメリットについて解説します。

セミオートマのトラックの第一のメリットは「操作性」にあります。

シフトに関する操作は基本的にコンピュータがやってくれて、ドライバーが行うのはシフトレバーの操作だけです。そのためミッションのトラックでは必須のクラッチ操作に煩わされず、比較的簡単にトラックを運転できます。特にクラッチ操作が頻繁になる市街地など信号の多い場所では、セミオートマが大きな価値を持ちます。

第二のメリットは「ドライバーの技術に燃費が左右されない」という点です。

「オートマよりもマニュアルの方が燃費効率は良い」と言われるのは、マニュアルではドライバーの任意でシフトチェンジを行なってエンジンの回転数を調整できるからです。

しかしこれは適切なシフトチェンジができる技術を持ったドライバーありきの話。その技術がないドライバーが運転するのであれば、ある程度コンピュータが制御してくれるセミオートマの方が、安定した燃費効率を維持できるのです。

第三のメリットは「普通オートマ免許でも運転できる」という点です。

近年のマニュアル免許取得率は年を経るごとに低下しており、オートマ免許しか持っていないドライバーが増えています。そのような中でオートマ免許でも運転できるセミオートマのトラックは、トラックドライバーへの道を多くの人に開くきっかけになっています。

セミオートマのトラックのデメリット

セミオートマのトラックはベテランドライバーには必要がない

続いてはセミオートマのトラックのデメリットについて解説します。

第一に、技術のあるドライバーが運転した場合は「ミッションのトラックのほうが燃費効率を良く出来る」というデメリットがあります。

したがってミッションのトラックのクラッチ操作に慣れているドライバーが全体のドライバーの多数を占める場合は、セミオートマのトラックよりもミッションのトラックの方が運用コストを低く抑えられるというわけです。

これは操作性や馬力に関しても同様で、熟練のドライバーが運転するとミッションのトラックの方が高い性能を発揮するとされています。

ただこの点に関しては現在ではかなり改善されており、セミオートマ車の性能面での欠点は徐々に克服されつつあります。

第二のデメリットとして「修理費の高さ」が挙げられます。

セミオートマのトラックはミッションのトラックと比べて、より複雑な構造をしています。そのため修理をするにも手間がかかります。この手間の分だけ、修理のコストもかさんでいくのです。

第三のメリットは第二のメリットと関連しています。それはすなわち「壊れやすい」という点です。

中でもセミオートマのトラックが販売され始めた1980年代から1990年代の年式のトラックは、特に壊れやすいとされています。修理費が高いうえに壊れやすいとなれば、どうしても運用コストは膨らんでしまうでしょう。

運送業界でセミオートマのトラック導入が進む背景とは?

運送業界ではセミオートマトラックが人気

こうしたメリットとデメリットを持つセミオートマのトラックですが、運送業界でも徐々に導入が進行しています。中には全車を完全なオートマもしくはセミオートマに移行しているという企業もあります。

この背景には、運送業界における慢性的なドライバー不足があります。確かにミッションのトラックを好むドライバーは多いものの、そうした熟練者だけでは業務をさばききれなくなっているのです。

セミオートマであれば運転は難しくなく、オートマ免許しか持っていない人でも仕事ができます。

今後も人材不足が続くとすれば、段階的なオートマもしくはセミオートマを導入せざるを得ないのかもしれません。

まとめ

トラックは誰が運転するのかで変わる

運転が楽で便利なセミオートマのトラックですが、同時にデメリットもあります。

ポイントとなるのは「誰が運転するのか」。これを考慮したうえで購入を検討するべきでしょう。それでも「セミオートマのトラックが必要だ」と判断するのであれば、中古ならリーズナブルに購入できます。

ただしその場合も、年式による耐久性の違いなどセミオートマのトラックならではの問題が残っています。またセミオートマではない完全なオートマのトラックもあるため、間違えてしまう可能性もあります。したがって最後の決断の前には、くれぐれも専門家に相談するようにしましょう。

自分に合った種類のミッションを探してみましょう!

特定のミッションを探したい場合はスタッフにご相談ください!