トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

効率的車両導入を実現できる中古トラック販売所!高コスパの上手な中古トラックの選び方とは?

効率的車両導入を実現できる中古トラック販売所!高コスパの上手な中古トラックの選び方とは?

新たなトラック購入やトラックの乗り換えを行うことで積極的に事業効率化を推し進めようと計画した際に、トラックの車両価格や納期の問題が計画実現の障壁となるケースは珍しくありません。

そんなときには中古トラック販売店を利用することで事業効率化に弾みをつけることが可能で、中古トラック販売店は効率的な車両導入が行える車両調達先だと言われています。しかし実は中古トラック販売店でさらに高い費用対効果を得ることができる方法が存在しますので、中古トラック販売店を利用した上手な中古トラックの選び方を紹介します。

トラック購入検討時に中古トラックを視野に入れると選択肢が大きく広がる

トラック購入検討時に中古トラックを視野に入れると選択肢が大きく広がる

新たにトラックを購入し増車を行ったり、現在使用しているトラックから新たなトラックへの乗り換えを行うことは事業効率化に大きく貢献する建設的投資だと言えますが、トラックの車両価格は決して安くないためトラック導入を躊躇することは珍しくありません。

また新車購入時の納車期間がネックとなり乗り換えに踏み切れない方もいるのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが中古トラック販売店利用で、購入対象に中古トラックを加えるだけで選択肢が大きく広がると共に導入計画実現のハードルが劇的に下がります

搭載装備や架装が既に施されているのが中古トラックの魅力

中古トラック販売店の魅力として多くの方が「車両価格の安さ」を思い浮かべるかも知れませんが、中古トラックには特殊装備や架装が既に搭載されている点も注目に値する魅力だと言えるでしょう。

特殊装備の搭載や架装を施すためには少なからぬ費用と施工期間が必要となるため、新車では平ボディよりも装備や架装を搭載した車両は価格的にも納期的にも不利になりますが、既に完成状態で取り扱われる中古トラックであれば両問題をクリアできます。

完成車両の中古トラックは短期間納車が可能な点も評価されている

中古トラックの魅力として特殊装置の搭載や架装が施されている点は高く評価できると言えますが、さらに短納期での納車が可能であることも大きなポイントであると言えます。

中古トラック販売店では即日納車が可能な状態の中古トラックの取り扱いも行っているので、緊急事態で即日に車両手配を完了させる必要があるケースなどでも対応が期待できます。

現在の中古トラックは高品質?中古トラックが高く評価される理由とは?

現在の中古トラックは高品質?中古トラックが高く評価される理由とは?

中古トラック販売店や中古トラックに対してあまり良い印象を持たない方は一定数存在しますが、多くの方が「中古トラックは壊れやすい」というイメージから中古トラック販売店や中古トラックを低評価しているのではないかと考えられます。

確かに古い時代の中古トラックは老朽化が進んだものが少なくなく、残念ながらいわゆるポンコツトラックが流通していたのも事実です。しかし現在国内の中古トラック市場で取り扱われる車両のコンディションは大きく向上し、壊れるほど老朽化したものは取り扱われなくなっています

なぜ中古トラック市場で流通する車両コンディションが向上したのか?

国内の中古トラック市場からポンコツトラックが姿を消したのには、いくつかの理由が存在します。ます最初に挙げられるのがトラックメーカーの生産技術の向上で従来よりもトラックの耐久性が向上したことが挙げられます。

また賢い消費者が増加した現在ではコンディションの悪い車両を販売するのは中古トラック販売店にとって大きなリスクとなることから、コンディションの悪い車両は商品価値が低い車両として国内の中古トラック市場でのニーズが低下したことも影響しています。

さらに国内のニーズ低下と共に新興国で日本製の中古トラックに対するニーズが高まったことも国内の中古トラック市場の品質向上に大きく貢献しており、国内で流通できない車両を海外市場に流出させることで国内市場には良質な車両が残る傾向に拍車をかけています。

厳しく賢い現代の消費者ニーズが中古トラックのクオリティを引き上げた

国内の中古トラックに対する海外市場からのニーズの高まりが国内中古トラック市場に大きく影響を及ぼしていることは間違いない事実だと言えます。しかし中古トラック販売店で取り扱われる中古トラックの品質向上の最大の理由は消費者ニーズの変化だと考えられます。

購入商品に対し厳しい目で判断ができる賢い消費者が増加したことで「高品質車両でなければ高い商品価値は生まれない」という意識が中古トラック市場に定着し、中古トラックの品質向上を強く推し進めていると言えます。

中古トラック市場で取り扱われる中古トラックは使用ニーズに沿ったものが多い

中古トラック市場で取り扱われる中古トラックは使用ニーズに沿ったものが多い

ひと口に中古トラックと言っても車両区分や搭載する特殊機能、架装によるボディタイプなどでトラックの特徴は大きく異なるのも事実で、どのような運行業務に用いる車両であるかを見据えた選び方を行う必要があります。

必然的に同業者の使用経歴がある中古トラックを選択するケースが圧倒的に多くなりますが、新車購入時に搭載すると高額な特殊装備や架装を搭載した車両を遥かにリーズナブルな価格で購入できる中古トラックは理想的なトラックの選び方だと言えるでしょう。

搭載装備や架装の変更が難しい中古トラック選びは慎重に行う必要もある

希望するボディタイプのトラックを予算に合わた選び方で購入できる中古トラック販売店の利用は理想的なトラックの選び方を実現できる魅力的な存在ですが、中古トラックには搭載装備や架装の変更が困難である側面も存在します。

トラックに搭載する特殊装備や架装の変更は車検証の記載事項に影響を及ぼす大きな変更に繋がるケースが珍しくないため、搭載装備や架装の変更には構造変更手続きや構造変更車検通過が必要となるのが一般的だと言えますので慎重な選び方が求められます。

新車購入よりコストを抑えられるがトラック購入の経済的負担は小さくない

トラックの新車購入よりも導入費用や納期などのコストを大きく抑えることができる中古トラック購入は非常に魅力的な車両購入手段だといえますが、トラックは新車価格が高額であることから中古トラックであっても経済的負担は決して小さなものではありません。

しかし相対的な導入コストが新車よりも有利であることは間違いなく、短期間での乗り換えに迫られたケースなどでは大きな効果を得ることが可能ですし、中古トラックを定期的に乗り換えると言う車両導入計画も可能です。

1台毎に車両コンディションが異なるのも事実、失敗しない中古トラックの選び方は?

1台毎に車両コンディションが異なるのも事実、失敗しない中古トラックの選び方は?

中古トラック販売店で取り扱われる中古トラックの高品質化が進んでいることは既に紹介しましたが、新車同様のコンディションが得られるものではないことも事実で中古トラック購入時には失敗しない中古トラックの選び方を実践することをおすすめします。

年式・走行距離・修復歴など中古トラックの基本情報の確認は必須

中古トラックは既に輸送業務に使用された車両であるものが一般的であるため、どの程度の車歴であるのか、走行距離、修復歴はどうなのかを確認しながら購入を検討する壁だと言えますので、これらの情報を掴んだ上で車両を確認するトラックの選び方が効果的です。

中古トラックの実車確認では外装チェックも重要となる

上手なトラックの選び方のポイントとして外装確認をしっかり行うことも挙げられます。外装チェックでは次のポイントを重点的に確認することをおすすめします。

  • ボディ表面:ボディに大きな傷やヘコミがないか、ねじれや変形がないかを確認
  • フロントガラス:フロントガラスに傷やヒビ割れがないかを確認
  • タイヤ:溝の残りやヒビ割れの有無、偏摩耗が生じていないかを確認
  • 下回り:大きな傷やヘコミ、変形やオイル漏れや滲みの有無を確認
  • エンジン:エンジン稼働時の振動や異音、オイル漏れや滲みの有無を確認

長時間トラックドライバーが乗車するキャビンの居住性も重要ポイント

上手なトラックの選び方の最後のポイントは、1日のなかの多くの時間をドライバーが過ごすキャビン内の確認です。キャビンの居住性はドライバーの疲労状態のみならず健康状態にも大きく影響を及ぼすため居住性の高い車両を選ぶのも上手な中古トラックの選び方だと言えます。

キャビン内のチェックポイントはトラックの操作に関係する各種計器類や電気系統の作動確認と、シートのヘタリ具合やエアコンのコンディションの確認が中心となります。シートやエアコンのコンディションは居住性に直結しますので、しっかり確認することをおすすめします。

効率歴なトラック導入手段としてニーズの高まりを見せる中古トラック

効率歴なトラック導入手段としてニーズの高まりを見せる中古トラック

中古トラック販売店では新車購入よりもはるかにコストを抑えながら中古トラックの購入が行えるため、費用対効果の高い効率的なトラック導入手段として中古トラック市場では活発な取引が行われています。

しかし上手なトラックの選び方を実践することでさらにコスパの高い中古トラック販売店の利用を実現できると考えられますので、中古トラックの選び方は非常に重要だと言えるでしょう。

短納期で予算に合わせた車両選びが行えるのが中古トラック販売店利用のメリット

既に紹介したとおり完成した中古トラックを取り扱う中古トラック販売店では、車両価格や納車期間などのトラック導入コストを大きく抑えたトラック導入が可能です。多彩な車両区分やボディタイプのなかから予算に合わせた選び方ができるのが中古トラック販売店利用のメリットであり魅力だと言えるでしょう。

実車確認をしっかり行うことで費用対効果の高いトラック導入の実現が可能となる!

中古トラック販売店の利用は理想的なトラック導入を実現させられる車両導入手段ですが、上手な選び方に成功することでさらにコスパの高い中古トラック導入が行えますので、どのような用途に使用するトラックであるのかを踏まえた上手な選び方でお得なトラック導入を実現して下さい!

中古トラックおすすめ車両!

三菱 キャンター 小型 クレーン付 3段 ラジコン|トラック 左前画像 トラックバンク掲載

小型クレーン付/三菱キャンター/H26/積載3.65t/走行3.3万km/2.9t吊3段 ラジコン フックイン ロープ穴3対

詳細を見る
中古 クレーン付小型 日野デュトロ トラック H26 TKG-XZU650M

小型/日野/デュトロクレーン付/標準ロング/H26/走行9.1万km/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ハイルーフ

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

まとめ

中古トラック市場で取り扱われる中古トラックの高品質化が進むことで、中古トラック販売店の利用価値は一段と高くなっていると言えますが、上手なトラックの選び方を実践することでさらに費用対効果の高いトラック導入が行えます。

次に挙げる3つの上手なトラックの選び方のポイントをしっかりと確認して、コスパの高いトラック導入を実現して下さい。

年式・走行距離・修復歴などのトラック基本情報確認を徹底する

外装チェックでトラック基本性能の確認を徹底的に行う

内装チェックで操作性や居住性の確認を徹底的に行う

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報