トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

エンジンブローに繋がる!ファンベルトの主な故障原因と対処法・修理費用目安とは?

エンジンブローに繋がる!ファンベルトの主な故障原因と対処法・修理費用目安とは?トラックのエンジンルームには実にさまざまなパーツが組み込まれていますが、その大部分が稼働している状態を目視することはできない密封構造になっています。そんなトラックのエンジンルームのなかで稼働状態が手に取るように判るパーツが、ラジエーターに付帯するパーツのファンベルトではないでしょうか?

ラジエーターを強制冷却するためのファンに動力伝達を行うベルト状のゴム製パーツがファンベルトで、消耗部品の1つですが不具合が生じるとエンジンブローに繋がりかねない重要パーツでもありますので、トラックのファンベルトに着目し主な故障原因と対処法、修理費用目安などを紹介します。

トラックのエンジン冷却・電力供給を担うファンベルトとは?

トラックのエンジン冷却・電力供給を担うファンベルトとは?

トラックにはさまざまな素材や形状のパーツが搭載されていますが、Vベルトやファンベルトと呼ばれるゴム製で輪のようなベルト状のパーツも動力伝達用に使用されています

ベルトによって動力供給を受けるパーツには発電を行うオルタネーターやエアコンのコンプレッサー、冷却液の循環を行うウォーターポンプ、パワステオイルポンプなどが存在します。

最も目に付きやすい場所にあるラジエーターの強制冷却を行う冷却ファンの動力供給にもベルトが使用されたため一般的にはファンベルトと呼ばれています。

トラックに搭載される多くのベルトの総称であるファンベルト

既述のとおりトラックのエンジンルームにはファンベルト以外にも多くのゴム製ベルトが使用されており、個別の名称が存在しますがベルトで動力供給が行われる代表的なパーツがラジエーターの強制冷却を行う冷却ファンであったためベルト類の総称にファンベルトが使われています

電動式ファンが普及した現在でもファンベルトの呼称が用いられている

現在は電動モーターを動力源とする電動ファンが搭載されているトラックが増加傾向にありますが、従来の名残でファンを回転させる電気モーターもファンベルトと呼ばれることが珍しくありません。

エンジンブローリスクも!ファンベルト故障でトラックに発生する症状は?

エンジンブローリスクも!ファンベルト故障でトラックに発生する症状は?

トラックのエンジンルームに搭載されるファンベルトと呼ばれるベルト類で、動力供給を受けるパーツのなかにはトラックの走行性能に大きく影響を及ぼす重要なパーツも含まれていますので、ベルト類の故障によって引き起こされる症状は深刻なものが多いと言えます。

ファンベルトと呼ばれるベルト類で動力供給を受けるパーツのなかでも、ベルト類の故障が深刻なトラブルに繋がりかねないパーツである冷却系統と発電系統に着目し、ファンベルト故障で生じる症状を紹介します。

エンジン冷却系統のファンベルトが故障すると最悪エンジンブローの発生も!

トラックのエンジンは稼働中に大量の熱を発生させるため高度な温度管理が必要となり、冷却系統のトラブルはトラックに致命的なダメージを与えかねない深刻なトラブルだと言えます。

既にふれたとおり、冷却液を循環させるウォーターポンプや熱交換後に高熱となった冷却液を強制冷却させるラジエーターファンの動力は、ファンベルトと呼ばれるベルト類で供給されていたため冷却系統のベルトに裂断などの故障が生じるとオーバーヒートします

オーバーヒートに気付かずトラックの運行を続けるとさらに深刻なエンジンブローの発生に繋がり、異常加熱したエンジンが火元となり車両火災のリスクも発生しますので、ファンベルトを代表とする冷却系統のベルト類のトラブルは深刻です。

オルタネーター系統のファンベルト故障では電力供給がストップする

トラックに搭載される発電機のオルタネーターも、一般的にファンベルトと呼ばれるベルト類で動力供給を受け発電を行います。多くのトラックに搭載されるディーゼルエンジンは点火プラグを使用しないため稼働に電気が必要ないエンジンシステムとして知られていますが、現代のディーゼルトラックは多くの電気制御部品を搭載しているため走行時には電気が必要となります。

燃焼室に軽油を噴霧する燃料供給装置も電動ポンプを使用しているため、オルタネーターに動力供給を行うベルト類で裂断などの故障が発生するとトラックは自走不能の状態に陥るのでやはり深刻なトラブルだと言えます。

ファンベルトはトラック稼働に欠かせない重要部品

ゴム製のベルトであるファンベルトは決して大掛かりな装置でも大きなパーツでもありませんが、巨大なトラックを運行させるのに欠かすことができない重要パーツだと言えますので、次項ではトラックでファンベルト故障が発生した際の対処法を紹介します。

ファンベルト故障が生じた際の対処法は?

ファンベルト故障が生じた際の対処法は?

走行中のトラックに搭載しているファンベルトをはじめとするベルト類に断裂など故障が発生した際は、どのように対処するかでトラック本体へのダメージの大きさが異なりますので、ベルト類故障発生時の対処法は非常に重要だと言えます。

ファンベルト故障が発生したトラックはエンジン停止が大原則

走行中にファンベルトなどのベルト類に故障が発生した場合、多くのケースでは計器類で異常が確認できます。冷却系統のベルト類の故障の場合は温度計に異変が生じますし、発電系統のベルト類の場合は電圧計に変化が現れます。

計器類に異常を確認した場合は速やかに安全に停車できる場所を探し、停車後にエンジンを停止するのがファンベルトに代表されるベルト類の故障対処法の大原則です。

多くの店舗がファンベルト交換に対応しており大きな費用はかからない!

トラックを停車させエンジンを停止した後にエンジンルームの確認を行いますが、どのベルト類が故障したのか判断が難しい場合はロードサービスの手配を行います。ファンベルトなどのベルト類は、整備工場はもちろんガソリンスタンドや大型カー用品店などでも取り扱われていますので、ベルト交換は比較的軽微な修理に分類されます。

交換費用もベルト代込みで15,000~20,000円程度で行えるのが一般的ですので、故障が発生した場合は無理に走行せずにベルト交換を行うことを強くおすすめします。

ファンベルトの故障防止策は適切な張力への調整が効果的

ファンベルトに代表されるゴム製のベルト類は適正な張力を持たせておかなければ摩耗速度が高くなり、裂断などの故障が発生しやすくなるので定期的にファンベルトの張力が適正であるかを点検する必要があります。

張力が強すぎても弱すぎてもベルト類には悪影響を及ぼすので、張力が適正値でない場合は調整を行なうことでファンベルトの使用限度を延ばすことができます。

ファンベルト故障の主な原因は?

ファンベルト故障の主な原因は?

ファンベルトに代表されるゴム製パーツのベルト類の故障の典型的で最終的な症状は断裂ですが、断裂に至る状態ではないものの故障の発生が近いことが確認できる症状が存在しますので紹介します。

割れ・切れ・ひび割れがゴム製のファンベルト故障の主な原因

繰り返しになりますが、ファンベルトに代表されるベルト類は主原料にゴムを使用して製造されていますので、ベルト類の劣化原因や劣化の症状はゴム製品の劣化原因や症状と同様です。

ゴムは紫外線や熱の影響を受けると本来の柔軟性が失われ硬化しますが、エンジンルーム内では紫外線の影響を受けにくいのでファンベルトなどのベルト類の劣化原因はエンジンルームの熱だと考えられます。

またゴム成品は油分に弱いのでオイル交換の際にこぼれたオイルがベルト類に付着すると劣化が進みますので注意が必要です。硬化したベルトに負荷がかかるとベルトに割れ・細かな切れ・ひび割れなどが発生し、これらが大きくなると裂断に至ります

ファンベルト故障には前兆がある!ベルトの鳴きは見逃せない

ファンベルトなどのベルト類が本来の柔軟性を持っている場合は金属製プーリーに密着し本来の機能を果たしますが、経年劣化で柔軟性が失われると摩擦係数が低下し滑りが生じますので張力を高くする必要があります

またベルトの張力が適正でない場合も滑りが発生しベルトが鳴くと言う症状が生じます。いずれの原因にしろ、鳴きが発生している状態はベルト類が理想的な状況で使用されていないことを意味しますので、調整を行い適正な張力を保つ必要があります。

本来高い耐久性を持つファンベルトも使用と共に劣化する

トラックに搭載されるファンベルトは消耗部品の1つですが、故障するとトラックの基本性能に大きく影響を及ぼす重要パーツでもあるため一般的に50,000km程度の耐久性は備えています。

しかし既述のとおり高熱のエンジンルーム内で使用することで経年劣化が生じ、ゴム本来の柔軟性が失われ硬化し最終的には故障が発生しますので、定期的な点検は非常に重要だと言えます。

高い耐久性を備えたファンベルトのトラブルはトラックの経年劣化の目安となる

高い耐久性を備えたファンベルトのトラブルはトラックの経年劣化の目安となる

既述のとおりトラックに搭載されるファンベルトは消耗部品ではあるものの故障するとトラックが自走不能となるケースや、異常加熱状態に陥りエンジンブローに繋がるケースなど深刻なトラブルの原因になりかねないため50,000km程度の耐久性は備えています。

使用状況によっては100,000kmの使用に耐えることもあるため、ファンベルトは高い耐久性を持つ消耗部品に分類されると言えます。

ファンベルトトラブルが生じるほどの老朽化トラックは乗り換えの検討が必要?

50,00~100,000kmもの使用に耐えうる耐久性を持ったファンベルトの裂断などのトラブルの発生はトラックの使用歴が長くなっていることを意味し、ファンベルト以外のパーツでも経年劣化が進みトラックが老朽化していることが予想できます。

ファンベルト交換の経済的負担は大きくありませんが、交換後に使用を続けることで他の重要パーツが使用限度に達し非常に高額な修理費用を負担することになりかねませんので、ある程度使用歴の長いトラックでファンベルト故障が発生した場合は乗り換えを視野に入れるべきでしょう。

ファンベルトの交換を行えば一旦は元通りにトラックを運行させられますので、トラックの運行を行いながら効果的な乗り換え計画を立て、深刻なトラブルが発生する前に新たに導入したトラックに乗り換えることをおすすめします。

効果的なトラック乗り換えは中古トラック販売店の利用で実現できる

トラックの乗り換えには車両購入費用や納車までの時間的コストなどの乗り換えコストの問題が発生しますが、リーズナブルな購入費用や短納期での納車でこれらの問題を解決するのは中古トラック販売店が取り扱う中古トラックです。

中古トラック販売店ではトラック導入時に検討するあらゆる車両区分・ボディタイプ・年式などに対応できる幅広い車両取扱いを行っており、予算や納期に合わせて最適な中古トラックを選ぶことができます。

中古トラック販売店で取り扱う中古車両に対して「耐久性が心配」と感じる方は、中古トラック購入後にファンベルトをはじめとするベルト類の交換を行うことで安心して中古トラックを使用することができるのではないでしょうか?

中古トラックおすすめ車両!

中古 トレーラ 国内・その他 H18 DFPTF241BN改

コンテナシャーシ/フルハーフ/H18/31FT/積載31t/第五輪荷重9.27t以上/エアサス

詳細を見る
中古 クレーン付小型 日野デュトロ トラック H26 TKG-XZU650M

小型/日野/デュトロクレーン付/標準ロング/H26/走行9.1万km/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ハイルーフ

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

まとめ

ファンベルトなどのベルト類はゴム製でシンプルな形状であることから一見重要なパーツには見え難いものですが、万一故障するとトラックに深刻なダメージを与えかねない非常に重要なパーツです。

しかしファンベルトは消耗部品でもあり使用と共に経年劣化が生じ使用限度に達すると裂断などの故障が発生するため次の3点を念頭に置きながら点検やメンテナンスを行う必要があります。

ゴム製品のファンベルトは経年劣化で硬化し柔軟性を失う

硬化したファンベルトは鳴きと呼ばれる異音を生じる

適正な張力で使用することでファンベルトの寿命が延びる

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報