トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

運転免許以外に必要な免許って?トラクタやクレーン付きは別で免許が必要?

運転免許以外に必要な免許って?トラクタやクレーン付きは別で免許が必要?

トラックを運転するときに必要となるのが、当たり前ですが運転免許ですよね。トラックの重量によって、大型免許や中型免許、あるいは準中型免許などが必要になってきます。少しでもトラックの運転をしたことがある方なら、これらの免許のいずれかを取得していることでしょう。

ところがトラクタなど一部のトラックは、こうした普通の運転免許に加えて、特別な資格や免許が必要になることもあります。知らずに運転免許だけで作業していたら、いつの間にか法律違反になっていたという事態になってしまいかねません。そこで今回の記事では、トラクタとクレーン付きトラックの運転・操作に必要となる免許について、詳しく見ていきましょう!

トラクタを公道で運転するときに必要な免許・資格

まずは農作業などで大活躍するトラクタですが、基本的に私有地の中で運転をする場合には、特別な免許を取得する必要はありません。しかし公道で運転するのであれば下記で取り上げる大型特殊免許が必要になる可能性が高くなるので、注意しましょう。

大型特殊免許

一定以下の大きさのトラクタなら、普通免許の取得時に付属してくる小型特殊免許で対応できます。しかし運転するトラクタが「最高速度15km/h以上」「高さ2m以上」「幅1.7m以上」「長さ4.7m以上」のいずれかを満たすのであれば、大型特殊免許の取得が必須です。上記の項目にひとつでも該当するなら大型特殊免許を取らなければいけないので、気を付けてくださいね。

けん引免許

トラクタを移動させる場合、トレーラーなどに載せて目的地まで運ぶケースも多いでしょう。その際注意したいのが、トラクタを含めたトレーラーの全体的な重量が750kgを超えるのであれば、別途「けん引免許」が必要になるという点です。大抵の場合この750kg以上という条件に該当するかと思いますので、「基本的に、トラクタをトレーラーでけん引するならけん引免許が必要」と覚えておきましょう。

クレーン付きトラックを現場で操作するときに必要な免許・資格

続けて今度は、クレーン付きトラック(いわゆるユニック車)を現場で操作するときに必要な免許と資格について確認していきます。

小型移動式クレーン運転の業務に係る特別教育

操作するクレーンの吊り上げ荷重が0.5t?1t未満なら、「小型移動式クレーン運転の業務に係る特別教育」という資格がいります。学科と実技からなる指定の講習を受講すると修了証が発行されるので、それで資格取得ということになります。特に試験などはありません。

小型移動式クレーン運転技能講習

操作するクレーンの吊り上げ荷重が1t?5t未満の場合、「小型移動式クレーン運転技能講習」という資格が必要になります。こちらも先ほどの資格と同様、講習を受けることで修了証をもらえるシステムです。

移動式クレーン運転士免許

上記2つの資格と少し異なるのがこちらの「移動式クレーン運転士免許」で、こちらは学科試験と実技試験を受験し、それに合格する必要があります。れっきとした「免許」になりますので、当然合格するまでは運転資格をもらえません。操作するクレーンの吊り上げ荷重が5t以上なのであれば、必ず移動式クレーン運転士免許を取得しましょう。

まとめ

ここまでご紹介してきたように、一部のトラックは運転免許以外の特殊な免許が必要になります。これまで扱ったことのない新たなタイプのトラックを運転したり操作したりする場合は、こうした特別な資格が必要かどうか、事前にしっかり確認することを心掛けるのが大切です。

そしてトラクタとクレーン付きトラックの運転や操作を検討している方は、ぜひ今回の内容を参考に、必要な免許を取得するようにしてくださいね。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報