トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

トラクタやクレーン付きは運転免許だけでは運転できない!運転に必要な免許とは?

トラクタやクレーン付きは運転免許だけでは運転できない!運転に必要な免許とは?

2007年と2017年に行われた道路交通法改正で自動車運転免許区分が細分化され、現在国内には普通免許・準中型免許(5トン限定)・準中型免許・中型免許(8トン限定)・中型免許・大型免許の6つの免許区分が存在します。

全ての免許区分で一応トラックの運転が行えることにはなっていますが、普通免許では運転可能なトラックが非常に限られることから、トラックを運転するには5トン・8トン限定の準中型免許・準中型免許・中型免許・大型免許の取得が必要となります。

しかしトラクタなど一部のトラックの運転には運転免許以外に特別な免許が必要となりますし、クレーン付きトラックのクレーンの操縦にも特別な免許が必要となるなど、運転免許以外に特別な免許や資格が必要となる車両は少なくありません。

トラクタの運転やクレーン付きトラックのクレーン操縦時に必要となる運転免許以外の特別な免許や資格を紹介します。

改正道路交通法で免許区分が細分された免許区分で運転可能なトラックとは?

トラック免許
トラックを運転する際に運転するトラックの車両区分の運転資格を有する運転免許を取得していない場合は道路交通法違反として処分の対象となります。改正道路交通法によって特に中型トラックの運転が可能な免許区分が複雑化していますので以下の表で各免許区分の運転可能なトラックを確認してください。

免許区分 車両総重量 最大積載量 乗車定員
普通免許 3.5トン未満 2.0トン未満 10人以下
準中型免許(5トン限定) 5.0トン未満 3.0トン未満 10人以下
準中型免許 7.5トン未満 4.5トン未満 10人以下
中型免許(8トン限定) 8.0トン未満 5.0トン未満 10人以下
中型免許 11.0トン未満 6.5トン未満 29人以下
大型免許 11.0トン以上 6.5トン以上 30人以上

許可された車両区分以上の運転は条件違反?無免許運転?

取得した免許区分以上のトラックを運転した場合、道路交通法違反として処罰されることは既に紹介しましたがこの処分にも条件違反と無免許運転が存在し、処分が大きく異なることも免許区分と運転可能なトラックの関係を複雑にしています。

運転免許の条件違反とは?

運転免許の交付の際には条件付き交付があり「眼鏡等」や「中型車(5トン・8トン)に限る」などが知られています。条件付きの交付を受けているにもかかわらず、メガネを忘れたり、仮に8トン限定の交付で積載量5トン以上の中型車を運転した場合は「免許条件違反」として処罰されます。

無免許運転とは?

自動車運転免許を取得し更新し続けている場合でも無免許運転で処分されるケースも存在します。判りやすい例を上げれば2017年の法改正後に普通免許を取得したドライバーが積載量4トンのトラックを運転した場合は、運転資格を持たずに運転したこととなるため「無免許運転」として処罰されます。

トラクタの運転やトレーラーでの移送に必要となる特別な免許とは?

トレーラー運転免許
トラクタと呼ばれる車両には農作業に用いられる農耕車両と、トレーラーを牽引する車両が存在します。農地などの私有地内であればトラクタの運転に免許の取得は必要ありませんが、公道を走る場合には次に挙げる特別な免許が必要となります。

公道で大型トラクタを運転するのに必要な大型特殊免許

小型トラクタであれば普通免許に付帯する小型特殊免許で公道を運転することは可能ですが、トラクタが下記のいずれかに該当する場合は大型特殊免許が必要となります。

  • 最高速度15km/h以上
  • 高さ2m以上
  • 幅1.7m以上
  • 長さ4.7m以上

運送業務に用いられる大型トレーラーを牽引するトラクタ(トレーラー・ヘッド)の場合は特殊車両ではないためトラクタのみの走行であれば、大型免許を取得していれば運転可能です。

大型特殊は特殊車両の運転が対象となるためホイールクレーン・ホイールローダー・フォークリフト・ターレット・トラック(ターレー)・田植機など一般的に作業車両・特殊車両と呼ばれるものの運転が該当します。

中古トラクタ特選車両!

トラクタ大型 三菱スーパーグレート トラック H24 QKG-FP54VGR

三菱/大型/スーパーグレート/H24/1デフ エアサス 積載9.8t 41.3万km

詳細を見る
トラクタ大型 三菱スーパーグレート トラック H23 LKG-FP54VDR

三菱/大型/スーパーグレート/H23/1デフ 一括緩和11.5t

詳細を見る

中古トラクタ
一覧へ

自走できないトレーラーを引きながら公道を走る際にはけん引免許が必要!

トラクタの搬送やトラクタにトレーラーを付けて走行する際に、総重量が750kg未満であれば必要ありませんが、750kgを超えるトレーラー(被けん引車)の場合は牽引するためにけん引免許が必要となります。

運送業務に用いられるトレーラーは通常750kg以上であるため、トレーラーを牽引したトラクタの運転には大型免許と牽引のための特別な免許であるけん引免許の取得が必要となります。トレーラーが小型や中型の場合は普通免許や準中型、中型免許でもけん引免許を取得することでけん引は可能となりますが、トレーラーは大型トラックでなければ牽引できないため大型免許とけん引免許のセットが一般的です。

中古トレーラー特選車両!

海コン(40ft)トレーラ 国内・その他 H25 KFKGG340W

海コン(40FT)/H25/第五輪10.92t以上/3軸

詳細を見る
ウイングトレーラ 国内・その他 H15 NT19V008

ウイング/H15/第五輪荷重9.42t以上/2軸/ラッシング2段

詳細を見る

中古
トレーラー
一覧へ

運転免許では運転のみ!クレーンの操縦には特別な免許や資格が必要!

クレーンの操縦免許
身近な作業車両としてユニック車と呼ばれるクレーン付きトラックが挙げられますが、クレーン付きトラックの運転とクレーンの操縦は異なる免許や資格が必要となります。また大型クレーン車も同様に運転とクレーン操作は異なる免許や資格が必要となります。

クレーン付きトラックやクレーン車の運転に必要となる免許とは?

トラックの荷台にクレーンを搭載したクレーン付きトラックの運転は、トラックの車両区分にあった運転免許が必要となり、現実的には中型免許・大型免許の取得が条件となると言えます。

またクレーン車を搬送するだけであれば既述した大型特殊免許を取得していれば、公道走行が可能です。しかしクレーン付きトラックもクレーン車も現場での作業が求められるため次に挙げる特別な免許や資格が必要となります。

移動式クレーン運転特別教育

操作するクレーンの吊上げ荷重が1トン未満の場合「移動式クレーン運転特別教育」を受け修了証を取得すればクレーンの操縦を行える有資格者となります。

移動式クレーン運転技能講習

操作するクレーンの吊上げ荷重が1トン以上5トン未満の場合「移動式クレーン運転技能講習」を受講し修了証を取得すればクレーンの操縦を行える有資格者となります。

移動式クレーン運転士免許

上記2つの資格と異なり学科試験と実技試験の合格者にのみ交付される国家資格で、吊上げ荷重が5トン以上のクレーンを操縦できる免許です。クレーンオペレーターは大型特殊免許と移動式クレーン運転士免許の取得が必須だと言えます。

中古クレーン付特選車両!

クレーン付小型 三菱キャンター トラック H30 2PG-FEB90

三菱/小型/キャンター/H30/超ロング/2.9t吊4段 ラジコン フックイン 差し違いアウトリガー 未使用車

詳細を見る
クレーン付中型 三菱ファイター トラック H25 TKG-FK61F

三菱/中型/ファイター/H25/床鉄板 4段 ラジコン フックイン セイコーラック 差し違いアウトリガー

詳細を見る

中古
クレーン付
一覧へ

まとめ

道路交通法改正によって免許区分が複雑になりましたが、次のポイントを押さえておけば条件違反や無免許運転で処罰を受けることを回避できます。

  • トラックの運転には準中型免許・中型免許、大型免許など車両区分にあった免許の取得が必要
  • 小型トラクタ以外の特殊車両の運転には大型特殊免許の取得が必要
  • 750kgを超えるトレーラーのけん引にはけん引免許の取得が必要
  • クレーン付きトラックの運転は中型免許、大型免許で行える

またクレーン付きトラックやクレーン車のクレーンの操縦には特別な免許や資格が必要となり、自動車運転免許の取得だけではクレーンの操縦が行えません。

  • クレーンの操縦には吊上げ荷重によって移動式クレーン運転特別教育、移動式クレーン運転技能講習の異なる資格取得が必要
  • 吊上げ荷重5トンを超えるクレーンの操縦には移動式クレーン運転士免許という特別な免許の取得が必要

しかし必要とされる上記条件を満たせばトラクタやクレーン付きトラックの運転、クレーンの操縦などが可能となるので、積極的に免許や資格の取得に挑戦してみるべきではないでしょうか。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報