トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

普通免許で乗れるトラック乗れないトラック

普通免許で乗れるトラック乗れないトラック

これからトラックに乗ってみようと思い立ったときに考えなければいけないのが、免許の話。運転するトラックの種類によって必要な免許が変わってきますから、事前にトラックの免許制度について知っておかなければいけません。

トラックの免許というと、必ず専用の免許を新たに取得する必要があるのではないかと思いがちですが、実は一部のトラックは、皆さんの持っている普通免許でも運転することができます。そこで気になるのが、「普通免許で運転できるのはどんなトラック?」という点ですよね。今回は、普通免許で運転できるトラックの要件、そしてそれと密接に関わる新免許制度の話について、詳しくご紹介します!

道路交通法の改正によって、普通免許で運転できるトラックに変化

普通免許とトラック運転の関係について見ていくとき、どうしても避けて通れないのが、2017年の3月12日に実施された、道路交通法の改正です。この最新の改正によって、普通免許で運転できるトラックの範囲に大きな変更がありました。さらに付け加えると、道路交通法は2007年にも改正されていて、このときの改正でも普通免許で運転可能なトラックの要件が変わっています。

そのため、「2017年の最新の改正時以降に取得した普通免許」「2007年の改正後から2017年の改正前までに取得した普通免許」「2007年の改正より前に取得した普通免許」の間で、運転できるトラックが異なるのです。ちょっとややこしいですが、法律なので仕方がありません。

なのでまずは、自分がいつ普通免許を取得したのか、免許証などを見て取得時期を確認してみましょう。取得時期が2017年3月12日以降であれば下記の①、2007年6月2日?2017年3月11日の間であれば②、2007年6月1日以前であれば③の項目を参照してくださいね。

①2017年の改正後に取得した普通免許で運転できるトラック

2017年3月12日以降に普通免許を取得した場合、この免許で運転できるのは「車両総重量が3.5トン未満」かつ「最大積載量が2トン未満」のトラックです。

②2007年の改正後から2017年の改正までに取得した普通免許で運転できるトラック

普通免許の取得時期が2007年6月2日?2017年3月11日の間である場合、この免許で運転できるのは「車両総重量が5トン未満」かつ「最大積載量が3トン未満」のトラックです。

③2007年の改正前に取得した普通免許で運転できるトラック

2007年6月1日よりも以前に普通免許を取得したのであれば、この免許で運転できるトラックは「車両総重量が8トン未満」かつ「最大積載量が5トン未満」のものになります。

普通免許の取得時期別!運転可能なトラックの条件一覧

さて、上記でご紹介したように、免許取得時期によって普通免許で運転可能なトラックには違いがあります。その要件はすでにご説明したとおりですが、文章だけだと少し分かりづらいかもしれませんので、一目で確認できるよう、普通免許で運転できるトラックの条件を表にまとめてみました。迷ったらこちらを確認してみてください!

普通免許の取得時期 トラックの車両総重量 トラックの最大積載量
2017年3月12日? 3.5t未満 2.0t未満
2007年6月2日?2017年3月11日 5.0t未満 3.0t未満
?2007年6月1日 8.0t未満 5.0t未満

最大積載量と車両総重量って何?

普通免許で運転可能なトラックの範囲を決める基準となるのが「最大積載量」と「車両総重量」ですが、それぞれの意味や定義の記憶があやふやな方もいるかもしれませんね。そこでこの2つの用語について、再確認してみたいと思います。

最大積載量とは

最大積載量というのは、その車両に積み込める貨物量の最大値を指します。たとえば最大積載量が2トンのトラックであれば、荷台に積み込める貨物の合計重量が最大で2トンまで、ということです。

車両総重量とは

車両総重量とは、積み込める貨物を最大限積み、定員いっぱいに乗員を乗せたときの、車両の総重量を指します。つまり「車両自体の重量+最大積載量+乗車定員分の体重」ということですね。この際、乗員の体重は1人55kgとして計算します。

新制度の普通免許で運転できるトラックのタイプ

最後に、2017年の改正後に取得した普通免許ではどのようなタイプのトラックが運転できるのか、具体例を2つ見ていきましょう。

軽トラック

最新の改正後に取得した普通免許でもまず間違いなく運転できるのが、いわゆる「軽トラ」、軽トラックです。軽トラックは最大積載量が350kgまでに設定されていますし、車両総重量が基準の3.5トンを上回ることもありえません。「普通免許でトラックを運転したい!」と思ったら、とりあえず軽トラックの利用を考えてみましょう。

1.5tトラック

「1.5tトラック」と呼ばれる小型トラックも、新制度の普通免許で運転できる可能性が高いです。1.5tトラックはその名の通り最大積載量が1.5トン以下となりますので、新基準の2トンをしっかりクリアしています。ただし注意を要するのが車両総重量です。最大積載量の基準を満たしていても、車種や架装によっては車両総重量が基準を超えてしまうことがあるので、運転する前には必ず車両総重量をチェックしておきましょう。

まとめ

普通免許で運転できるトラックの範囲は、近年の度重なる道路交通法改正によって徐々に狭まってきているのが現実。しかしそれでも軽トラックであれば問題なく運転できますし、「普通免許でも運転できるトラックがある」ということを知っておけば、引っ越しのときなどに役立つかもしれません。

「大型免許や中型免許は持っていないけれど、トラックを使う機会があるかもしれない」という方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報