トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

中型・大型トラック免許取得方法

中古トラックを購入するにあたり、免許は中型でいいのか大型が必要なのか、悩んだことはありませんか?このページでは中型・大型免許の説明をしていきます。

各種免許区分

トラックを運転できる免許区分

[合宿教習所ガイドより引用]

■大型一種免許

●乗車定員30名以上
●最大積載量6.5t以上
の車を運転できる免許です。

年齢制限 満21才以上
取得条件 普通車免許または、中型免許か大型特殊免許を取得していてその免許経歴(免許停止期間を除く)が通算3年以上の方
身体条件 視 力 両眼0.8以上、片眼0.5以上(眼鏡、コンタクトレンズ使用可)。深視力検査で誤差が平均2センチメートル以下であること。
色彩識別 交通信号機の色の識別が出来ること。
聴 力 10mの距離で、90dbの警音器の音が聞こえること(補聴器により補われた聴力を含む)。
身 体 自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないこと。

■中型一種免許

2007年6月2日より新設された免許で、大型免許と普通免許の中間に位置づけられる免許です。
●車両総重量:5トン以上11トン未満
●最大積載量:3トン以上6.5トン未満まで
●11人以上29人までのマイクロバスタイプまで
を運転できます。
法改正前の普通免許は、中型車8t限定免許とみなされるので、限定解除を行うと中型免許を取得できます。

年齢制限 満20歳以上
取得条件 普通車免許または、大型特殊免許を取得していてその免許経歴(免許停止期間を除く)が通算2年以上の方
身体条件 視 力 両眼0.8以上、片眼0.5以上(眼鏡、コンタクトレンズ使用可)。深視力検査で誤差が平均2センチメートル以下であること。
色彩識別 交通信号機の色の識別が出来ること。
聴 力 10mの距離で、90dbの警音器の音が聞こえること(補聴器により補われた聴力を含む)。
身 体 自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないこと。

■大型特殊免許

フォークリフトやクレーンなどの特殊な車を公道で運転するために必要な免許です。
工事現場や建設現場、工場内などでの作業をするためには、改めて運転免許とは別の資格が必要になるので注意してください! 無資格のままで工事現場などで作業を行うと罰金を課せられますので大型特殊の免許と作業を行うための免許の両方を取ってください。

年齢制限 満18歳以上
取得条件
身体条件 視 力 両眼で0.7以上、片眼で0.3以上(眼鏡、コンタクトレンズ使用可)。
色彩識別 交通信号機の色の識別が出来ること。
聴 力 10mの距離で、90dbの警音器の音が聞こえること(補聴器により補われた聴力を含む)。
身 体 自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないこと。

■けん引免許

自走しない状態の被けん引車(750kgを超える車)を乗用車に連結して目的地までけん引する場合には「けん引免許」が必要です。
被けん引車の重量が750kgまでであれば「けん引免許」がなくてもけん引することができます。ただし、運転する車の免許を持っていなくてはなりません。
大型自動車で引っ張るのでしたら当然、大型免許が必要になります。

年齢制限 満18歳以上
取得条件
身体条件 視 力 両眼で0.8以上、片眼で0.5以上(眼鏡、コンタクトレンズ使用可)。深視力検査において誤差値が2cm以内であること。
色彩識別 交通信号機の色の識別が出来ること。
聴 力 10mの距離で、90dbの警音器の音が聞こえること(補聴器により補われた聴力を含む)。
身 体 自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないこと。

各種免許まとめ

いかがでしたか?乗りたいトラックに必要な免許は、それだけで大丈夫なこともあれば、組み合わせて必要なものなど様々ですね。
それぞれの免許区分をしっかりと理解し必要な免許を取得しましょう♪

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報