トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

道路法改正で誕生した「準中型免許」!乗れるトラックや中型免許との違いとは?

準中型免許と中型免許違い

かつて自動車運転免許は普通免許と大型免許の2つの区分に分けられていましたが、2007年に中型免許、2017年に準中型免許が新設され現在新たに取得できる自動車運転免許には普通免許・準中型免許・中型免許・大型免許の4つの区分が存在します。

正確には準中型(5トン限定)免許・中型(8トン限定)免許が存在するため6つの区分が存在しますが、この2つの免許区分は道路法改正以前に普通免許を取得しているドライバーの救済措置として設けられた区分であるため新規取得はできません。

複雑化する免許区分の中から新設された「準中型免許」に注目し、乗れるトラックや中型免許との違いを紹介します。

2017年に新設された「準中型免許」とは?

準中型免許とは
2度目の法改正となる2017年に新設された自動車運転免許区分が「準中型免許」です。既に紹介したとおり2007年と2017年の2度行われた法改正で現在国内には以下の表に示す6つの免許区分が存在します。

免許区分 車両総重量 最大積載量 乗車定員
普通免許 3.5トン未満 2.0トン未満 10人以下
準中型免許(5トン限定) 5.0トン未満 3.0トン未満 10人以下
準中型免許 7.5トン未満 4.5トン未満 10人以下
中型免許(8トン限定) 8.0トン未満 5.0トン未満 10人以下
中型免許 11.0トン未満 6.5トン未満 29人以下
大型免許 11.0トン以上 6.5トン以上 30人以上

最大積載量の数値的には普通免許でも2トントラックに乗れることになりますが、普通免許では車両総重量が3.5トン未満のトラックでないと運転できないため、現実的には1.0~1.5トンのトラックしか乗れない状況だと言えます。

1.0~1.5トンのトラックは商店が近所の配達などに使用するのには用いられますが、運送業務に従事する運送業の現場では、まず用いられることがない車両区分だと言えるでしょう。

準中型免許で乗れるトラックとは?

上記の表でも判るとおり準中型免許は新規取得が可能である普通免許と中型免許の中間に位置する運転資格で、車両総重量7.5トン未満・最大積載量4.5トン未満のトラックを運転できる免許区分です。

最大積載量は文字どおり「トラックに積み込める荷物の量」を指し、車両総重量は「トラック自体の重量+最大積載量+1人55kgで計算したトラックの定員分の体重合計」を指します。

準中型免許で乗れるトラックの具体例とは?

車両総重量7.5トン未満・最大積載量4.5トン未満のトラックと言ってもイメージしにくいものですが、一般的に2トンや3トンと呼ばれるトラックで具体的にはコンビニへの配送業務などに用いられることが多いトヨタ・ダイナや三菱ふそう・キャンターなどが該当します。

準中型免許の取得資格とは?

準中型免許は若年層の雇用促進の目的で設置されたため、準中型免許の取得条件は「年齢18歳以上・運転経験:不問」と普通免許と同条件で取得可能になっています。既述のように準中型免許の取得によって2トンや3トンと呼ばれ近距離の運送業務に多く用いられるトラックの運転が可能となり、若年層が運送業に従事しやすい環境整備の後押しとなると言えるでしょう。

準中型免許と中型免許の違いとは?

準中型免許と中型免許の違い
中型免許も2007年の道路交通法改正の際に新設された免許区分で、比較的新しい免許区分だと言えます。上記の表内の記載内容どおり中型免許は車両総重量11.0トン未満、積載量6.5トン未満のトラックの運転資格を有する免許区分です。

運送業務に従事するのに必要となる現実的な免許区分だと言えますが、取得条件として運転歴2年以上が求められるため取得年齢は20歳以上となるのが準中型免許との大きな違いだと言えるでしょう。

普通免許同様18歳から取得できる準中型免許で2年間実務経験を重ね、2年以上の運転経験を得られる20歳で中型免許の取得を行うことで、乗れるトラックの幅が広まりますので準中型、中型とステップアップすることをおすすめします。

まとめ

乗れるトラックの幅が広い中型免許は魅力的ですが、取得条件に2年以上の運転経験が求められるため実質20歳以上ではなければ取得できません。準中型免許は乗れるトラックは車両総重量7.5トン未満・最大積載量4.5トン未満という規制があるものの、取得資格は普通免許同様18歳以上で運転経験は不問で2トンや3トンと呼ばれるトラックに乗れるなどのメリットがあります。

中型トラックは最大積載量6.5トン未満、車両総重量11.0トン未満のトラックに乗れるため仕事の幅が広がりますが、取得資格に2年以上の運転経験が必要となるため事実上20歳以上でなければ取得できない免許区分だと言えるでしょう。

しかし準中型免許を取得すれば2トンや3トンと呼ばれるトラックに乗れることからコンビニ配送などの運送業務に就くことが可能となります。普通免許を取得するよりもトラックに乗れるチャンスが大きく広がる準中型免許の取得をおすすめします。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報