トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

新免許制度の話 準中型免許で乗れるトラック乗れないトラック

新免許制度の話 準中型免許で乗れるトラック乗れないトラック

トラックを運転するのに欠かせないものと言えば、何と言っても免許ですよね。トラックの重量によって必要な免許の種類が変わってきますので、これから「トラックを運転したい」と考えている方は、注意しなければいけません。

トラックの免許でおなじみなのは大型免許と中型免許ですが、2017年に道路交通法が改正されたことによって、新たに「準中型免許」が誕生しました。今回は、この準中型免許で乗れるトラックの条件についてご紹介します。

道路交通法の改正で新設された「準中型免許」

これまで基本的な自動車の免許として存在していたのは、「普通免許」「中型免許」「大型免許」の3種類。ところが2017年3月12日より道路交通法の改正が実施されたことで、ここに新たに「準中型免許」が加わりました。

道路交通法は2007年にも改正されていて、その際は中型免許が新設されています。そのため近年の2度にわたる免許制度の変更によって、それぞれの免許で運転できるトラックの範囲に関する取り決めは少し複雑になっているのが現実です。

準中型免許や中型免許で運転できるトラックは?

それでは、今回新設された準中型免許や、前回の改正で追加された中型免許では、どのようなトラックが運転できるのでしょうか? 以下より具体的に見ていきましょう。

準中型免許

まず準中型免許ですが、「最大積載量4.5t未満、車両総重量7.5t未満」のトラックなら運転できます。最大積載量というのはそのトラックに積み込める貨物の最大重量のこと。車両総重量とは、「車両自体の重量+最大積載量+定員いっぱいに乗ったときの合計体重(1人55kgとして計算)」を指します。

準中型免許(5t限定)

2007年の改正時から2017年の改正時までの間に普通免許を取得した人には、この「5t限定準中型免許」が自動的に付与されます。この免許では「最大積載量3t未満、車両総重量5t未満」のトラックが運転可能です。

中型免許

2007年に導入されて今やすっかりおなじみとなった中型免許。この中型免許では「最大積載量6.5t未満、車両総重量11t未満」のトラックが運転できます。ちなみに中型免許は、普通免許を2年以上保持していないと取得ができません。

中型免許(8t限定)

2007年の道路交通法改正以前に普通免許を取得した人向けに付与されるのが、「8t限定中型免許」です。こちらは「最大積載量5t未満、車両総重量8t未満」のトラックが運転可能。あくまで2007年の改正以前に普通免許を取った人向けの区分なので、新たに取得することはできません。

準中型免許で運転できるトラックの具体例

準中型免許の「最大積載量4.5t未満、車両総重量7.5t未満」という条件では、どのようなトラックが運転できるのか、気になりますよね。

準中型免許で運転できるトラックの代表例が、よく「2tトラック」や「3tトラック」と呼ばれるようなタイプのトラック。トヨタのダイナや三菱ふそうのキャンターなどがこれにあたります。コンビニなどに商品を運ぶトラックをイメージしてみると、そのサイズ感が把握しやすいかもしれません。

たとえば4tトラックなど、これ以上の規模のトラックを運転するのは準中型免許では難しいので、必要であれば中型免許を取得するようにしましょう。

まとめ

さて、ここまで道路交通法の改正に関する話や、新たな免許区分として誕生した準中型免許について一通り見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

中型免許は20歳以上でないと取得できませんが、準中型免許であれば18歳から取得できるので、トラックを使用する仕事への裾野は広がったと言えるかもしれません。準中型免許の取得を検討している方は、ぜひ今回の内容を参考にしてください!

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報