トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

トラクタとトレーラーの連結

トラクタとトレーラーの連結が何でどのように行われているかご存知ですか?中古トラックの基本的な知識としてご説明していきます。

トラクタとトレーラーの連結

トラクタヘッドとトレーラーは、カプラーとキングピンというもので繋がれています。
これらを用いた連結方法を第五輪と呼びます。

カプラーとは?

トレーラーとトラクタヘッドを連結させる部品のことです。
中古トラクタの連結部分
[“中古トラック買いたい”HPより引用] 大きな台座のような形をしていて、キングピンが入りやすいようにV字にカットされています。
中心でキングピンがはまるようになっており、キングピンがはまったらロックをします。

キングピンとは?

中古トレーラーのキングピン
[“中古トラック買いたい”HPより引用] トレーラーについているピンで、カプラーに装着します。
強度がものすごく高いので高額です。

トラクタとトレーラーの連結方法

■連結の流れ

1.キングピンとカプラーを連結…トラクタをバックさせて連結
2.連結の確認
3.カプラーのロック
4.ホース類の連結
5.ランディングギア※を格納
6.連結の確認
※ランディングギア…トレーラーを駐車しておくための足

カプラーの種類

1軸カプラ 2軸カプラ
1軸カプラ 2軸カプラ
ピッチング(前後方向の制御)のみを行います。高速輸送に適しており、ドライバーに与える衝撃を緩和するよう配慮しています。
走行時の安定性、乗り心地を重視しています。
ピッチング、及びローリング(前後、左右方向の制御)を行います。悪路走行における重量物運搬に優れています。またローリングの揺れ量をアジャスティングウェッジで調整すると、1軸型としても使用できます。
不整地走行と高重心の重量運搬に最適です。
許容五輪荷重: 13t 20t 許容五輪荷重: 20t 25t
[株式会社ソーシンHPより引用]

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報