トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

荷物の積み下ろしの作業性を劇的に向上させる!ウイングボディとは?

荷物の積み下ろしの作業性を劇的に向上させる!ウイングボディとは?

荷室の側面を大きく開いた状態で、荷物の積み下ろしを行う風景を見た経験がある方は少なくないのではないでしょうか?箱車と呼ばれるパネルバンやアルミバン搭載車両は荷物の積み下ろしの作業性を向上させるため、側面が大きく開く構造になっているものが多く存在します。

ウイング車は側面開閉車などと呼ばれるウイングボディですが荷室を構成する素材やウイングボディの開閉方法などで種類が分かれ、用途に合わせたタイプを選ぶことができます。

トラックは搭載する特殊機能や架装でさまざまなボディタイプに分類される

トラックは搭載する特殊機能や架装でさまざまなボディタイプに分類される

さまざまな輸送業務に活用される貨物自動車のトラックは小型クラス・中型クラス・大型クラスの各車両区分のものが製造され、輸送業務にマッチした多種多様な特殊装置や架装が搭載されています。

搭載する特殊装置や架装によってトラックは多くのボディタイプに分類でき、代表的なものだけでも

などが挙げられ同じ年式やモデルのトラックでも搭載する特殊装置や架装によって特性が大きく異なります

荷室を搭載する箱車は風雨の影響を受けない高い輸送品質を実現する

荷台を露出した構造の平ボディは最も原始的なデザインのトラックですが、荷台部分が解放されていることから荷役作用の作業性が高く、積み荷の形にとらわれることなく貨物の積載が行えるためトラックの代表的な存在に位置付けられています。

しかし荷台が露出していることで輸送中に積み荷が風雨の影響を受けやすいことや、荷崩れによる積み荷の落下や盗難による積み荷の紛失リスクなどが存在し、輸送品質の向上が困難であるもの事実で、高い輸送品質を実現させるボディタイプのニーズが高まっています

荷台部分に密閉構造の荷室を搭載した箱車は、輸送中に風雨の影響を受けない点や施錠すれば盗難リスクを低下できる防犯性能の高さが評価され、高い輸送品質を実現できるボディタイプとして現在多くの運送事業者が導入を行う人気の高いボディタイプです。

箱車はアルミバンとウイングボディに大別できる

荷台部分に荷室を搭載するボディタイプは「箱車」の通称で呼ばれますが、箱車は開口部が限定的でより密閉性の高いパネルバンと荷室側面を大きく開口できるウイングボディの2つに大別でき、パネルバンはアルミ製パネルを使用するケースが多いことからアルミバンとも呼ばれます。

荷室にウイングボディを採用する理由とは?

フォークリフト荷下ろし

箱車は荷台を囲い荷室にすることで積み荷の汚れや破損、飛散などを防止できるメリットがありますが開口部が荷室後部のみの場合、荷物の積み下ろしの作業性が低下します。またフォークリフトを利用したパレット積みも後部からしか行えないため、側面が大きく開くウイングボディが採用されるケースが多いと考えられます。

積み荷の種類やトラックの使用用途でウイングボディの採用が検討されますが、近距離や比較的少量の荷物を取り扱う用途が多い小型トラックには、ウイングボディが採用されるケースが少ない傾向にあります。

高い輸送品質と荷役性を両立させたウイングボディには派生車種が存在する

高い輸送品質と荷役性を両立させたウイングボディには派生車種が存在する

ウイングと呼ばれる荷室側壁を解放すれば荷室左右の側面を完全に開口することが可能で荷役作業効率の向上が行えるうえ、荷室側壁を閉鎖すればアルミバン同様に密閉構造の荷室を出現させられるウィングボディは高い輸送品質と荷役性を両立させたボディタイプだと言えます。

荷主企業や運送事業者から非常に強く求められる高い輸送品質と荷役性の両立を実現したウイングボディに対するニーズは非常に高く、ウイングボディをベース車両に使用した次のような派生車種が開発・製造され販売されています。

ウイングボディの荷室に断熱処理を施し冷却装置を搭載した冷凍・冷蔵車

一般的なウイングボディの荷室はアルミ製パネルで製造された外壁とべニア製の内壁、木製の床で構成されていますが、天井・側壁・床の各部に断熱処理を施し外気温の影響を受け難くしたウイングボディに冷却装置を搭載したのが冷凍・冷蔵車です。

  • 氷点下30~40度の定温輸送ができる低温冷凍車
  • 氷点下5度前後の定温輸送ができる中温冷凍車

の2つのタイプが存在し、冷蔵車は冷凍車の冷却装置の温度を高く設定して使用するものです。

保冷車同様フォークリフトでパレットの積み下しを行い荷役作業を向上させたい場合にウイングボディをベース車両とした冷凍・冷蔵車が使用されます。

荷室側面を開放するウイングボディでもクレーンでの荷役作業は苦手

荷室側面を開放するウイングボディでもクレーンでの荷役作業は苦手

荷室の側壁を解放し荷室側面に巨大な開口部を出現させることで荷役作業の作業性を飛躍的に向上させられるウイングボディですが、ウイングを開放することで出現する開口部は側面に限定されるためクレーンを使用する荷役作業は苦手で適していないと言えます。

後述する「ウイングボディの構造」で確認できるとおりウイングボディの開放システムには2つのタイプが存在しますが、いずれのタイプも開放した側壁が天井部に残されるためクレーンでの荷役作業には天井部分が最大135度まで開口しさらに大きな開口部を出現させるターンオーバーやオーバーウイングと呼ばれるタイプのみが対応できます。

パレットの積み下ろしをフォークリフトで行う現場に適したウイングボディ

荷室の側壁を開放し荷室側面を大きく開口できるウイングボディですが、既にふれたとおりターンオーバーやオーバーウイングのウイングボディ以外はクレーンを使用した荷役作業に適していませんので、ウイングボディはフォークリフトでの荷役作業に適したボディタイプだと捉えるべきでしょう。

荷室側面を大きく開口することでフォークリフトが荷室に直接アクセスすることが可能となり、パレット上に積載した貨物をパレットごと積み下ろしできるので荷役作業効率が向上します。

ウイングボディの搭載メリットは中型クラス以上のトラックに多く見られる

箱車は小型・中型・大型の各車両区分に用意されていますが、荷室側面を開放できるウイングボディは中型以上の車両区分に分類されるトラックに多く採用されます。荷室側面の開閉装置の重量で最大積載量が減少することや積載量が少ない小型トラックではフォークリフトを使用した荷役作業を行うことが少ないことなどが理由として挙げられます。

トラックの荷室を形成する種類と素材とは?

トラックの荷室は下記の3つの種類に大別することができます。

荷室の種類

  • 荷台をアオリで囲んだ「平ボディ
  • 荷室をゴム引きシートで囲った「幌車」
  • 強固な素材で密閉性の高い荷室を形成する「箱車」

この中でウイングボディの構造を持つのは箱車で、箱車にはアルミニウムや炭素繊維強化プラスチック、ゴム引きシートなどが箱車の素材として使用されますが、一般的にはアルミニウムを用いたアルミバンが普及しています。

ウイング車のメリット

平ボディは荷物の積み下ろしが簡単な反面、搬送中の積み荷の汚れや破損、飛散が心配です。幌車や開口部が後方のみのアルミバンは搬送中の積み荷の汚れや破損、飛散の心配はないものの荷物の積み下ろしの作業性が悪いのが欠点だと言えます。

荷室の側面が開くことでアオリを切りフォークリフトでの積み下ろしを実現するウィングボディは平ボディとアルミバンの長所を合わせ作業性と積み荷の安全を実現したトラックだと言えるでしょう。

荷室重量分の最大積載量が減少する箱車にとって荷室素材は重要なポイントとなる

荷室重量分の最大積載量が減少する箱車にとって荷室素材は重要なポイントとなる

同年式・同モデルのトラックでも搭載する特殊装置や架装の影響で最大積載量が異なり、最もシンプルな構造の平ボディと荷室を積載した箱車では平ボディの方がより多くの貨物を積載することができます。

トラックの最大積載量は車両総重量から車両重量と乗車定員の人数に55kgをかけた重量の合計を差し引く「車両総重量-(車両重量+(乗車定員数×55kg))」で算出されるため荷室重量分だけ車両重量が大きくなる箱車は平ボディより最大積載量が減少します

開閉装置を搭載するウイングボディは同サイズのアルミバンより積載量が少ない

箱車はアルミバンとウイングボディの2つに分類することができますが、アルミボディには存在しない開閉装置を搭載する分ウイングボディの車両重量は大きくなり最大積載量が減少します。

またアルミバンやウイングボディをベース車両に使用する保冷車は断熱処理分の重量の影響で通常のアルミバンやウイングボディより最大積載量が減少しますし、冷凍冷蔵車は冷却装置の重量が加わるためさらに最大積載量が少なくなります。

軽量なアルミ板に強度を発生させる加工がアルミ製荷室には施されている

荷室や開閉装置の重量の影響で最大積載量が減少するのは貨物自動車の輸送能力の低下を意味しますので、ウイングボディを製造する架装メーカーは少しでも軽量なウイングボディの研究を行っています。

ウイングボディの荷室の外壁にはアルミ製パネルが使用されるのが一般的ですが軽量化と強度の確保を両立するために、箱車の外壁に用いられる多くのアルミパネルはコルゲート加工が施され波打ったアルミパネルが使用されています。

ウイングボディの構造や操作方法とは?

トラックの荷室の側面が大きく解放されるウイングボディですが、可動部のウイングは天井と側面が一体型になった「天井側面一体型」と側面だけが稼働する「天井固定型」の2つの種類に分けられます。

天井側面一体型ウイングボディの特徴や使用用途とは?

一体型ウイング

天井側面一体型のウイングボディは開口面積が大きく、一般的に普及しているウイングボディのタイプだと言えるでしょう。天井側面一体型のウイングボディを搭載する車両は自動車部品や家電製品などのパレット搬送に使用されるほか、多くの用途に広く使用されています。

天井と側面が90度開くタイプはフォークリフトを使用した荷物の積み下ろしが効率的に行えます。また「オーバーウイング」と呼ばれるタイプは、クレーンを利用した積み下ろしに対応できるように天井と側面が約135度の開口ができる構造となっています。天井と共に側面が開口する構造のため、架装重量が重くなる点と天井の低い場所では開口できない点が天井側面一体型の弱点だと言えるでしょう。

天井固定型ウイングボディの特徴や使用用途とは?

天井固定型ウイングボディ

天井固定型ウイングは側面のみが稼働して開口する種類のウイングボディです。天井部分は固定されているため天井が低い場所でも開口することが可能で、開口時には荷室の天井に加えて開口した側面が屋根となるために雨や雪の影響を受けずに作業することが可能です。しかし側面開口時に開口部上部に側面が存在するため、フォークリフトなどの作業が困難になるのが弱点だと言えます。

ウィングボディの操作方法とは?

ウィングの開閉の動力は手動・油圧・電動モーターなどで行うタイプが存在しますが、天井側面一体型・天井固定型の両タイプとも操作手順は共通していると言えるでしょう。ウィングボディの一般的な操作方法は次のとおりです。

  • キャビン内のウィングボディ操作ボタンを起動させる
  • 操作するウィング面のアオリに付けられたウィングボディのフックを解除する
  • 荷室後方に付けられたウィングボディ操作リモコンの開閉ボタンで操作する

ウィングボディ開閉時には操作するウィングボディ面のフック解除を忘れないようにするほか、開閉操作するトラック上空に障害物がないことを確認する必要があります。

ウイングボディのお得な入手手段とは?

トラックの架装をウイングボディに載せ替えるコストは4トン車でも100万円を優に超えてしまうため、決して安いものではありませんが、搬送する荷物の安全性を考慮するとウイングボディは非常に魅力的な架装だと言えます。

新車購入したトラックを改造するよりも既にウイングボディを搭載した車両を中古で入手することで、様々な用途に対応できる魅力的な種類の車両をお得に手に入れることができると言えるでしょう。

ベース車両や上物の架装メーカーで同じウイングボディでも違いが存在する

ベース車両や上物の架装メーカーで同じウイングボディでも違いが存在する

中型トラック大型トラックに採用されるケースが多いウイングボディですが、ウイングボディは架装メーカーが製造・取付けを行う上物の部分を指すためベース車両となるトラックでウイングボディのトラックの走行性能は異なります。

またウイングボディを製造取付けする架装メーカーとしてパブコや日本フルハーフ、矢野特殊自動車などが広く知られていますが現在国内にはウイングボディの製造メーカーは10社以上存在しメーカーごとに異なるウイングボディが製造されています

中古トラック市場には非常に多くのウイングボディが流入している

運送事業者に高い輸送品質の実現が強く求められるようになりウイングボディに対するニーズが高まり続けることで中古トラック市場へ流入するウイングボディの台数が増加しています。

新車の車両価格が高額で注文から納車まで時間がかかることでウイングボディ導入に二の足を踏んでいる方は少なくないかも知れません。しかし中古トラック販売店を利用すれば低コスト・短納期でウイングボディ導入を行い輸送品質の向上を図ることが可能です。

新車価格が高額なウイングボディは中古トラック販売店での購入がおすすめ

ウイングボディ導入で輸送品質向上を行いたくても新車の車両価格などの問題で導入を見送っている運送事業者の方にとって中古トラック販売店で取り扱われる中古ウイングボディは非常に魅力的な存在なのではないでしょうか?

中古トラック販売店で理想的な中古ウイングボディを購入し輸送品質向上を実現することで、今後さらに高まることが予想されるトラック輸送業務に対するニーズに対応し運送事業で多くの収益を獲得してみてはいかがでしょうか?

まとめ

密閉構造の荷室を搭載することでトラックの輸送品質を大きく向上したと言えますが、開口部が限定的なアルミバンは荷役作業の作業性に劣るのも事実ですが、荷室側壁を開放することで荷室側面の全面開口が行えるウイングボディは高い荷役作業性も実現しています。

輸送品質と荷役作業効率の向上を両立するウイングボディは荷主企業にも運送事業者にも非常に魅力的なボディタイプだと考えられますので、次の3つのポイントに注意しながら理想的な中古ウイングボディを導入することをおすすめします。

ウイングボディの派生車種には保冷車や冷凍冷蔵車が存在する

オーバーウイングはクレーンの荷役が可能なウイングボディ

ウイングボディは中古トラック販売店で効率的に購入できる

中古ウイング特選車両!

中古 ウイング大型 日野プロフィア トラック H29 QPG-FW1EXEG

日野/大型/プロフィア/H29/積載13.6t 走行9.5万km/4軸低床/ハイルーフ エアサス ベッド 要構変

詳細を見る
中古 ウイング大型 三菱スーパーグレート トラック H25 QKG-FS54VZ

三菱/大型/スーパーグレート/4軸低床/積載13.5t/走行79.5万km/ラッシング2段 セイコーラック2対 ETC2.0

詳細を見る

中古ウイング
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報