トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

トラックの重要部品!ブレーキの種類や上手な使用法、故障の際の対処法とは?

トラックの重要部品!ブレーキの種類や上手な使用法、故障の際の対処法とは?

トラックの基本性能として走る・曲がる・止まるが挙げられますが、特に曲がると止まるは安全運転に欠かせない性能だと言えます。荷物を積載して走るトラックにとって安全に曲がり、止まることができる性能は絶対条件として高い次元の性能が求められます。

安全に曲がり止まるために活躍するのがブレーキで、車両重量の大きなトラックは普通自動車よりも制動能力の高いブレーキが搭載されています。ブレーキの機能を十分に引き出しながらトラックを運転するためにはトラックに搭載されるブレーキの種類や特徴、上手な利用法、故障の際の対処法を掴んでおく必要があります。今回の記事ではトラックにまつわるブレーキの種類などをご紹介致します。

トラックを安全に減速・停車させるブレーキとは?

トラックを安全に減速・停車させるブレーキとは?
加速と減速を繰り返しながら走行するトラックの減速時に使用するのがブレーキで、ブレーキはトラックにとって欠かすことができない非常に重要なパーツです。ブレーキは自動車が発明される以前から馬車などにも使用されており、自動車の進化と共にブレーキの性能も改善され向上し続けています。

現在トラックに搭載されるブレーキはドラムブレーキとディスクブレーキの2つに大別され、ブレーキペダルを踏み込んだ力をブレーキに伝える手段として油圧式とエアー式が存在します。

また車両重量が大きなトラックは普通自動車よりも高い制動力が必要となるため、フットブレーキ以外にも補助ブレーキと呼ばれるブレーキが搭載されているものが多いのもトラックと普通自動車のブレーキシステムの違いだと言えます。

トラックは車両区分で搭載するブレーキシステムが異なる

トラックは車両区分で搭載するブレーキシステムが異なる

ひと口にトラックに搭載されるブレーキと言っても、トラックにはさまざまな車両区分やボディタイプのものが存在するため、車両区分やボディタイプによって採用されるブレーキシステムは異なります。

トラックのタイヤ部分に装着され直接制動力を発生させるブレーキの種類は、既に紹介したドラム式とディスク式のどちらかとなりますが、ブレーキペダルを踏み込んでブレーキをコントロールするシステムや搭載される補助ブレーキが車両区分によって異なります。

油圧式ブレーキ

油圧ブレーキは普通自動車にも広く採用される一般的なブレーキ制御システムで、ブレーキぺダルに加わった力をマスターシリンダー内で油圧に置き換えブレーキドラムやディスクキャリパーに伝達し制動力を発生します。

油圧ブレーキを採用するのは小型クラスのトラックに多い傾向があり、中型以上のトラックには油圧ブレーキは採用されません

エアブレーキ

エアブレーキはブレーキペダルとブレーキ部分を高圧の圧縮エアで連結しペダルに加わった力をエアによって伝達し制動力を発生させるブレーキシステムです。高圧のエアを用いることで油圧ブレーキよりも高い制動力を発生させることが可能で、中型クラス以上の大きなトラックに採用されています。

リターダー

車両重量が大きなトラックには高い制動力が求められるため補助ブレーキが搭載されています。補助ブレーキの総称がリターダーでトラックの減速をアシストしてフットブレーキの制動力の効果を高める働きを行います

主に中型クラス以上のディーゼルトラックに搭載されるものですが、小型クラスのトラックへの採用例も存在します。

トラックなどの大型車両に搭載される強力なブレーキリターダー

トラックなどの大型車両に搭載される強力なブレーキリターダー
トラックに搭載されるブレーキの中で独特の機能を持つのがリターダーと呼ばれる補助ブレーキです。補助ブレーキはフットブレーキのようにトラックを停車させる目的のものではなく、トラックの減速時に用いられるものですがトラックを効率良く運行させるために欠かすことができない制動装置だと言えます。

リターダーは3つのタイプに分類できる

トラックの搭載される補助ブレーキは排気ブレーキ・エンジンリターダー・リターダーの3つに分類することができ、それぞれ制動機能が異なりますが制動機能の目的が減速であるのが共通点だと言えます。

排気ブレーキ

構造の関係でガソリンエンジンのような強いエンジンブレーキ効果が得られないディーゼルエンジンにエンジンブレーキ効果を発生させるのが排気ブレーキと呼ばれるリターダーです。起動させると排気バルブが閉まり排気抵抗を発生させることでエンジンブレーキ効果を得ることができます。

エンジン・リターダー

排気バルブで排気抵抗を発生させる排気ブレーキはシリンダー内のピストンが上がる運動に対しては抵抗を発生させます。しかし下がる運動に対して補助効果を生じさせるためピストンが上死点に達した瞬間にシリンダー内の排ガスを排出して補助効果を消すのがエンジンリターダーです。

排気ブレーキとエンジンリターダーが1組となって作動することでトラックの補助ブレーキとしての効果を発揮します。

リターダー

永久磁石式や電磁石式、作動油などを利用してトラックの駆動を行うプロペラシャフトの回転に抵抗を発生させ減速効果を得るのがリターダーです。小型クラスや中型クラスのトラックに搭載されることはなく、大型クラスのトラックに搭載される減速装置です。

トラックのブレーキシステム使用のコツやブレーキが故障した場合の対処法

トラックのブレーキシステム使用のコツやブレーキが故障した場合の対処法

トラックに搭載されるブレーキ制御システムのエアブレーキについては既にふれましたが、一般的な制御システムの油圧ブレーキと異なりエアブレーキは使用方法にコツがあり、使用方法を誤ると思わぬ事態に陥る可能性があります。

エアタンクのエア切れに注意が必要なエアブレーキ

ブレーキペダルに加わった力を高圧の圧縮エアで伝達するのがエアブレーキですが、ブレーキ制御に使用されるエアはトラックのエアタンクに溜めてある圧縮エアを使用します。ペダルを踏み込んだ力をブレーキに伝達したエアはペダルを離すとエアブレーキ特有の「プシュッ」という音と共に排出されるので、ブレーキペダルを何度も踏みなおすバタ踏みを行うとエアタンクのエアを使い切る可能性があります

エアタンクの圧縮エアを使い切ってしまった状態をエア切れと呼び、コンプレッサーでエアが充填されるまでの間はペダルを踏んでも制動力を得られない危険な状態に陥りますので、エアブレーキ搭載車の運転時にはブレーキを細かく踏み直すバタ踏みは厳禁です。

エアドライヤーは定期的な交換が必要な消耗品

トラックに搭載されるエアブレーキにはコンプレッサーで作られる高圧の圧縮エアに含まれる水分や油分を取り除くためのエアドライヤーが装着されています。エアドライヤーは内臓される乾燥剤で圧縮エアに含まれる水分や油分を取り除きブレーキシステムへ水分や油分が混入するのを防止します。

コンプレッサーを使用するたびに乾燥剤は汚れていきますので、定期的に点検を行い必要に応じて交換する必要があります。

ブレーキ故障が発生した場合は「焦らずに減速する」が鉄則

ブレーキの故障はトラックドライバーにとって悪夢のような状態ですので絶対に避けたいものですが、車両重量が大きなトラックでフットブレーキを多用するとフェード減少やベーパーロック現象が発生しやすいのも事実です。また既述のバタ踏みによるエア切れが発生した場合もエアタンクに圧縮エアが充填されるまでの間、ブレーキが利かなくなる状態に陥ります。

制動装置であるブレーキが故障すると減速や停車ができなくなる非常に危険な状態に陥りますが、ブレーキに故障が発生した時の鉄則は「焦らずに減速する」です。「ブレーキが故障しているのにどうやって減速するのか?」と疑問に思う方も居るかも知れませんが、トラックに搭載されている補助ブレーキを活用して速度を落とすと共にシフトダウンを行いさらに速度を落とします。

速度が落ちたところでパーキングブレーキを使用してトラックを停車させることができれば一安心です。しかしこの方法は直線道路で回りに走行車両が少ない場合に効果を発揮する方法であるとも言えます。

通行人や周辺の車を巻き込む事故の可能性を感じた場合は、最終手段としてガードレールや路肩にトラックを擦り付けたりぶつけるなどしてトラックを停車させます。この方法を取らざるを得ない場合でも速度は低いに越したことはないので、補助ブレーキとシフトダウンを活用して速度低下に努めて下さい。

ブレーキトラブルが発生すると危険!乗り換えが安全性を高める

ブレーキトラブルが発生すると危険!乗り換えが安全性を高める
制動機能のブレーキはトラックの命綱ともいえる非常に重要な機能です。ブレーキトラブルは事故に直結すると言っても過言ではないほどリスクの高いものですから、ブレーキトラブルが発生したトラックや発生しそうな気配がするトラックは乗り換えを検討するべきだと言えるでしょう。

乗り換え費用や納車期間などの面で有利な中古トラック販売店の利用がおすすめ

ブレーキトラブルが発生したトラックや発生しそうな気配がするトラックは乗り換えるのがおすすめですが、トラックの乗り換えには少なからぬ費用が必要となり注文から納車まで時間がかかるのが問題です。

そこで費用面や納車までの時間の問題を解決できる乗り換え方法として、中古トラック販売店の利用がおすすめです。中古トラック販売店は中古ではあるものの多くの完成車を取扱っており納車期間を大幅に短縮することが可能ですし、新車同然のものから低コストで購入できるものまでの取り扱い車両の中から予算に合わせたトラックを選べるのも魅力です。

ブレーキトラブルを発生させたトラックからの乗り換えを中古トラック販売店を利用して行うのは費用的にも時間的にも非常に効率的ではないでしょうか?

中古トラックおすすめ車両!

ダンプ中型  トラック H30 2KG-FC2ABA

中型/ダンプ/日野/レンジャー/H30/積載3.55t/走行1.6万km/コボレーン ETC

詳細を見る
クレーン付小型 いすゞエルフ トラック H30 TRG-NPR85AR

小型/クレーン付/ワイドロング/いすゞ/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ロープ穴4対 フック2対

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

まとめ

トラックには高い制動力が求められるため、独特のブレーキシステムが搭載されていると言えますが、トラックを安全に運行させるためにはこれらのブレーキシステムの特徴を掴み上手に利用する必要があります。

中型クラス以上のトラックに搭載されるエアブレーキは使用にコツがあり、メンテナンスの必要もありますが高い制動力を発揮させる効果的な制動装置だと言えるでしょう。エアブレーキの使用は次の3つのポイントを抑えておく必要があります。

エアブレーキ搭載トラックはブレーキのバタ踏みを行わない

エア切れで制動力が消えてもエアの充填後に制動力は復活する

エアブレーキのエアドライヤーは定期的な点検と交換が必要

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報