トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

AT車のニュートラルの意味は?どんな場面で使うの?

ニュートラルとは

ATのトラックも近頃増えてきました。AT車のシフトレバーにあるNの位置、ニュートラルは一体どのような時に使うべきものなのかご存知でしょうか?今回の記事ではこのニュートラルについて解説していきます。

基本的には非常走行を行うときのシフトポジション

結論から言うと、非常走行を行うときに用いるべきシフトポジションです。

例えば、

  • エンジンが故障し人力で押して動かしたいとき
  • 車輪をすべて接地させたままけん引するとき

などの場合にニュートラルにします。

ニュートラルの意味

ニュートラル(neutral)とは「中立」という意味で、一方に偏らない様子を表します。
車の場合のニュートラルは「ギアが完全に切り離され、動力が伝わらない状態」を差し、パーキング(P)でもドライブ(D)でもない、言葉通り”中間”の状態となっています。

ニュートラルに入れると車はエンジンから駆動系が切り離されて、アクセルを踏んでもエンジンの回転数が上がるだけで車は動かないという状態になります。

ニュートラルの活用方法

緊急時にはニュートラルに!

最初に述べたように、何らかの原因で車がエンジンで動かせない状態にあるとき、ニュートラルにすると人力で動かすことが可能です。
線路の溝にハマってしまってどうにも抜けられない、エンジンが故障してしまったので路肩まで移動させたい、などといった緊急事態のときにはニュートラルにします。

信号待ちのとき勝手に動かないようにする

例えばエンジンの排気量が大きくトルクの大きい車の場合は、信号待ちなどの時に少しでもブレーキを緩めてしまうと、車が勝手に動き出してしまう状態になることもあります。
悪路を走行することを目的に製造された車はトルクが非常に大きいので、通常よりもクリープ現象がかなり強力になっているため、このような車である程度の時間、信号等で停車する場合は、DのレンジからNのレンジに入れることで、車が勝手に動き出す危険性を排除することができます。

ウインチングの際に使うケースもあり

特殊な事例としては、悪路を走行するためにウインチを装着している車の場合は、いわゆるマスター巻きという作業を行うときにもこのNのレンジに入れてハンドブレーキを引いて車に若干の抵抗を残した状態でウインチングし、ウインチ本体のロープがキンクしたりねじれたりしないようにします。

最近のウインチはほとんどが電動化されているので、一見するとエンジンをかけた状態で回さなくてもいいのでは?と思われる方が多いですが、電動のウインチは非常に大きな電力を用いるので、やはり理想は車をアイドリングした状態で行うというのが基本です。

NG!「走行中にニュートラルにすると燃費が良くなる」は間違い

そしてよく言われるのが燃費を稼ぐためとして、高速道路や一般道の坂道などでニュートラルの状態にして走行することで燃費を稼ぐという方法。
アクセルオフの状態であればそれだけでエンジンの燃料の節約ができているように思えますが、実際はニュートラルでもエンジンはアイドリングを維持するために回転し続けているので燃費は変わりません。

しかも、ニュートラルの状態だとエンジンブレーキが一切効かなくなるため、二次作用的にフットブレーキを多用することになりますが、そうすると最終的にフェード現象やペーパーロック現象が起こり重大な事故を起こしてしまう危険性もあります。

フェード現象とは…摩擦ブレーキの摩擦材が過熱されることで摩擦係数が低下し、ブレーキが効かなくなる現象のこと。

ペーパーロック現象とは…自動車の摩擦ブレーキが過熱した際に制動力を伝えるブレーキフルードが沸騰し、ブレーキ配管内に蒸気による気泡が生じることでブレーキが全く効かなくなる現象のこと。

最悪の場合エンジンが焼き付いてしまう

AT車にはATF(オートマチックフルード)という液体が使われており、ATFの役割の一つにギアの冷却があります。
ニュートラルに入っている状態が続くとATFによるギアの冷却ができなくなるため、最悪の場合ギアが焼き付いてしまいます。
エンジンやギアが焼き付いてしまうと修理には多額の費用がかかってしまうことになりますので、必要な時以外はニュートラルの多用は避けましょう。

まとめ

今回は、AT車のシフトレバーにあるニュートラルはどういったときに使うのか、その意味や役割についてご紹介しました。
普段はあまり使う機会がないかもしれませんが、ちゃんとその機能を知っておくことは大切です。AT車を運転している方やこれから購入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

中古トラックおすすめ車両!

ダンプ中型  トラック H30 2KG-FC2ABA

中型/ダンプ/日野/レンジャー/H30/積載3.55t/走行1.6万km/コボレーン ETC

詳細を見る
クレーン付小型 いすゞエルフ トラック H30 TRG-NPR85AR

小型/クレーン付/ワイドロング/いすゞ/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ロープ穴4対 フック2対

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報