トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

このトラックもそろそろ替え時…中古トラックの売却方法と注意点

中古トラック売却したい

使っている中古トラック、そろそろ替え時…長年愛用してきたトラック、廃車にするのではなくできれば売りたい!という方多いのではないでしょうか?その方法は様々ですが、果たしてどんな方法が一番良いかを考察していきます。

中古トラックを売る方法

昔は中古車を売りたいと思っても、顔見知りや知り合いの紹介、のような形で個人間でのやり取りをするには限界がありました。
現代はインターネットの普及により、調べればいくらでも売買方法は知ることができます。例えば取引サイト、オークション、買取業者など。
どの方法にもメリット・デメリットがそれぞれあると思いますので、ご自身の目的に合った売買方法を見つけていきましょう。

オークションへの参加

中古トラックの流通において最も大きな割合を占めているのが、オートオークションへの出品です。
日本各地でさまざまな団体が開設しており、年間で200万台以上がオークション会場で取引されています。

オークションのメリット

・個人は参加できないが、業者に委託という形で参加できる
・希望販売価格を設定できる
・業者相手の取引となるので名義変更などの手続きを安心して任せられる
・マージン発生率が低い

オークションのデメリット

・参加できるのは古物商許可を持つ中古自動車販売・買取の出来る業者のみなので、個人は参加できない
・希望販売価格に達しなかった場合、何度も参加しなければならずその都度出品料がかかる

ディーラーに下取り

ディーラーに下取りさせることは新車購入時であれば最もポピュラーな売却方法だと言えます。

下取りのメリット

・新車を購入する場合は車検や修理・整備などのメンテナンスを一括で任せられる
・新車を購入する場合は、下取りの分を加味して新車の価格から値引きしてもらえる

下取りのデメリット

・マージンが発生するため低額である
・新車購入予定がない場合は査定額がさらに大幅に低額になる

中古トラック個人売買

文字通り個人間でのやり取りのことです。買い手さえ見つかれば一番手っ取り早い売却方法かもしれません。

個人売買のメリット

・希望販売価格を設定できる
・中間マージンが発生しない

個人売買のデメリット

・販売が決定するまでの手間はすべて自己負担
・販売先が信頼できる相手かどうか判別できない
・名義変更などの手続きが滞ったりクレームをつけられるなどのトラブルが起こる可能性もある

買取業者に依頼

買取を専門とする業者に依頼する売却方法です。

買取業者のメリット

・買取業者は販売ルートも確保しているので買取してもらえる場合がほとんど
・複数社から見積をもらって比較検討することが出来る
・自社で販売できる業者は中間マージンが発生せず高値の買取額が出る
・名義変更などの手続きも安心

買取業者のデメリット

・業者によって査定額がまったく異なる場合があるため、複数の業者に依頼するのが大変
・ものによっては飽和状態の車種もあるため買取不可と言われてしまうことも

まとめ

いかがでしたでしょうか?
人によってこだわりたい箇所というのは違うと思いますので、どの売却方法が適しているかはきちんと比較したうえで判断したいものですね。
中古トラックは売却方法によって損得が別れます。また売却したい中古トラックの形状や状態によってももちろん全く違います。
所有している中古トラックが、どれほど出回っているか、どういった方法でアプローチするのが最適なのか、まずは市場調査を行ってみると良いかもしれません。

トラック流通センターでも独自の買取サービス、乗ったまま高額買取を行っています!
普通の買取とはまた違う、売りたい人と買いたい人を繋げてなるべく高額で中古トラックを売ることのできるサービスです。
買取を検討している方は是非、乗ったまま高額買取を利用してみてくださいね!

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報