トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

乗り換え・買い替え時に現在使用車両はどうする?安心・満足出来るトラック売却法

使用車両はどうする?効率的なトラック乗り換え実現に必要な車両売却法とは?

トラック購入時には現在の使用車両以外に増車をするのか、使用車両を売却して乗り換えるのかの選択が必要となりますが、乗り換えを選択するケースが一般的だと言えるでしょう。

購入コストが決して小さくないトラックの乗り換えを効率的に行うためには、経済的負担が最も少なくなるような上手な売り方で使用車両を売りたいものですので、効率的なトラック乗り換えを実現できるトラック売却方法を紹介します。

乗り換え時の所有トラックの処理方法とは?

乗り換え時の所有トラックの処理方法とは?

新たなトラック導入は新車両の居住性や機能性、ビジネスチャンスの広がりへの期待などで心が躍るものですが、現在使用車両がある場合は保管スペースや維持費用が倍増することを意味しますので使用車両の処理方法が現実的問題として降りかかってきます。

特に長期間使用したトラックでは高額で売却することが難しいことが予想されるため、処分せずに保有し続けることも頭をよぎりますが、新車両導入後に使用しなくなると考えられるトラックは思い切って売却することをおすすめします。

使わないトラックは思い切って売却するべき

新車両導入時に問題となる使用車両の処理方法ですが、既にふれたとおり維持費用は既存車両と新車両双方に発生するため経済的負担が非常に大きくなります。維持費用節約のために一時登録抹消の手続きを行う方法もありますが、車両サイズが小さくないトラックが増えると保管スペースの問題が生じるため売却するべきだと言えるでしょう。

売却方法や売却先を選び上手な売り方をすれば使用車両の売却益で新車両の導入コストを削減する効果も期待できますので、使用車両は上手な売り方で売りたいものです。

どこに売るのが得?トラックの売却方法とは?

どこに売るのが得?トラックの売却方法とは?

ひと口にトラック売却と言っても多様化が進む現在は使用中のトラックの売り方にもさまざまな方法が存在しますので、使用車両で新車両の導入コスト削減が行えるかどうかは売り方次第だと言えます。

一般的なトラック売却方法としてディーラー下取り・個人売買やオークションでの売却・買取業者への売却・一括査定サイトを利用した売却が挙げられますので具体的に各方法での売り方を紹介します。

中古トラックの売却方法は4タイプ存在する

既に紹介したように現在トラックの売却方法には4つのタイプが存在し、各売却方法によって売り方や売却額が異なってきます。利用しやすい売り方でできれば高く使用車両を売りたいものですので4つの売却方法の特徴を比較してみましょう。

ディーラー下取り

最もオーソドックスなトラックの売却方法が、新車両を購入するディーラーや中古トラック販売店へ下取り車両として売却する売り方です。トラックの購入と売却を1つの業者で行えるため手続きを簡単に済ませることができます。

個人売買やオークションでの売却

現在個人売買やオークションサイトの利用が盛んとなっていますが、トラックも個人売買やオークションサイトで売却することが可能です。また中古トラック販売店専用オークションも存在し、業者に委託すればトラックを出品することも可能です。

買取業者への売却

高価買取や買取専門などの看板やポスターや雑誌などで目にする機会が多い買取専門業者は、店頭に車両を持ち込み査定を行い査定額に納得できれば売却する売り方です。大規模にチェーン展開する買取業者の存在などで近年存在がポピュラーになったと言えます。

一括買取査定サイトを利用した売却

公式サイトから申し込みを行えば加盟登録する複数の買取業者の査定を受けられ、最も条件の良い業者に売却できる新しい売り方が一括買取査定サイトを利用する売り方です。買取業者の無料出張査定を受けられるため急速に普及している売り方だと言えます。

各売却方法のメリットとメリットは?

各売却方法のメリットとメリットは?

さまざまなトラックの売り方が存在しますが、各売却方法にはメリットとデメリットが存在するので、メリットとデメリットを紹介します。

ディーラー下取りのメリットとデメリット

ディーラー下取りは特徴で紹介した通り乗り換えに関係する業者を一元化できるため、乗り換えに必要となる手続きが簡単な売り方であるのがメリットだと言えますが、下取りではトラックの高額売却が難しいのがディーラー下取りのデメリットだと言えます。

個人売買やオークションのメリットとデメリット

個人売買やオークションサイトは中間マージンである手数料が生じない又は少額であるのがメリットだと言えますし、中古トラック販売店専用オークションは委託業者が名義変更などの手続きを代行してくれるのも魅力だと言えます。

一方で個人売買やオークションサイトでは売却後のクレームなどのトラブル処理を自力で行う必要がありますし、中古トラック販売店専用オークションは個人出品ができない点や売却できなかった場合でも出品料が発生するのがデメリットだと言えるでしょう。

買取業者のメリットとデメリット

買取業者は独自の販売ルートを持っていたり、既述の中古トラック販売店専用オークションへの出品などで販路を確保しているので、ほどんどのトラックを売却することができる点や名義変更手続きの代行を行ってくれるのがメリットだと言えます。

しかし業者によって買取価格が異なる点や複数業者の査定を受けるために何店舗にも足を運ぶ必要がある点、悪質な業者の存在などがデメリットとして挙げられます。

一括査定サイトのメリットとデメリット

サイトにトラックの基本データを入力すれば概算の査定額が確認できることや、無料出張査定を行った複数の買取業者の中から最も好条件の業者内に売却できる売り方がメリットだと言えます。

しかし多くの一括査買取サイトは乗用車の査定を行うもので、トラックの査定に対応するサイトが少ない点や、買取業者からの営業の電話が頻繁にかかってくるケースが存在するなどがデメリットに挙げられます。

所有トラックを少しでも高額で売却するポイントは?

所有トラックを少しでも高額で売却するポイントは?

4つのトラックの売却方法の特徴やメリット・デメリットを紹介しましたが、どの売り方を利用する場合でも重要なのは「いかに高額で売却できるか?」だと言えますので、トラックを少しでも高く売却するための売り方のポイントを紹介します。

合い見積りは必須

トラック購入の際にいくつかのディーラーをまわることや、複数の中古トラック販売店の取り扱う中古トラックを比較することは常識化していると言えますが、トラック売却の際に複数業者の査定を受ける方は未だに多くはないようです。

導入コストを抑えるために車両価格を下げることも重要ですが、売却額を少しでも高くすることも導入コスト削減に繋がりますので買取査定の合い見積もりを取り最も高額査定を提示する業者に売りたいものですね。

査定前にはトラックを綺麗に洗車しよう

複数の買取業者の査定を受ける場合でも査定を受けるトラックが余りにも汚れた状態では、査定員に「大切に乗られていないトラック」をいう印象を持たれてしまいます。

査定員も人間ですので大切に乗られている車両に対しては「できるだけ良い査定を」という気持ちになりますし、そうでない車両には「どこか壊れていたりしないか?」という気持ちが生じるものです。

査定に臨む前にトラックを綺麗に洗車するだけ効果が期待できるのであれば、洗車を行うのは上手な売り方だと考えられますので、綺麗にしたトラックで査定を受け高額で売りたいものですね。

所有トラックを高額売却し中古トラックへの乗り換えが効率的!

所有トラックを高額売却し中古トラックへの乗り換えが効率的!

上手な売り方でトラックを売却できれば、「どのようにして効果的に新車両を購入するか?」が気になります。トラックの購入方法として新車購入と中古トラック購入が挙げられますが、使用車両を上手な売り方で売却した売却益を効果的に転嫁できるのは中古トラック販売店での中古トラックの購入だと言えるでしょう。

メリットを多く持つ中古トラック!

ひと口に中古トラックと言っても国内の中古トラック市場にはさまざまな車両が流入してくるため、トラックのコンディションは千差万別だと言えます。新車同様の未使用車両から低価格のトラックまで予算に合わせた車両選びができるのが中古トラックの魅力だと言えます。

また注文契約を交わし名義変更を行えばすぐに使用できるのも中古トラックのメリットで、最短即日納車を受けることも不可能ではありません。中古トラック販売店はさまざまな購入スタイルに対応できる多様性の高い存在だと言えるでしょう。

トラック乗り換えは中古トラック販売店の利用がおすすめ!

トラック乗り換え時に生じる新車両導入コストの経済的負担を少しでも軽減するためには、「いかにして使用車両を高額で売却するか?」と「無理のない購入計画を実現できる販売店から購入する」が非常に重要なポイントとなります。

既にふれたとおり中古トラック販売店では予算に合わせた車両選択が行える上、トラックの運行計画に支障をきたさない納車タイミングで新たなトラックを受け取ることが可能ですので、効率的なトラック乗り換えに必要な条件を満たす購入先としておすすめです!

まとめ

使用車両の売却時は買取査定額が気になるものですが、買取額ばかりに注目することなく緒手続きを業者が行ってくれるのかなども重要となります。高額査定で効率的なトラック乗り換えを行うためには次の3つのポイントに気を付けてくださいね。

売却前に必ず複数店舗で査定を受け合見積りを取る!

査定前に洗車を行い綺麗な状態で査定を受ける!

中古トラック購入で使用車両の売却益が有効活用できる!

中古トラックおすすめ車両!

ダンプ中型  トラック H30 2KG-FC2ABA

中型/ダンプ/日野/レンジャー/H30/積載3.55t/走行1.6万km/コボレーン ETC

詳細を見る
クレーン付小型 いすゞエルフ トラック H30 TRG-NPR85AR

小型/クレーン付/ワイドロング/いすゞ/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ロープ穴4対 フック2対

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報