土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

ローン返済中のトラックでも乗り換えは可能?売却方法と具体的な手順とは

ローン返済中のトラックでも乗り換えは可能?売却方法と具体的な手順とは

車両購入は現金一括払いとローンを利用した分割払いの2つの方法で行われますが、車両価格が非常に高額な傾向にあるトラックの購入はローンを利用した分割払いで行われるのが一般的だと言えます。

しかし乗り換えなどさまざまな理由でローン返済中にトラックの売却に迫られるケースが存在するのも事実ですので、ローン返済中のトラックを効率的に上手く売却する方法について掘り下げながら紹介します。

ローン返済中のトラックでも条件が揃えば売却は可能

ローン返済中のトラックでも条件が揃えば売却は可能
ローンを利用してトラックを購入した場合、毎月決まった金額を分割払いしながら借入額の返済を行いますが、ローン返済中に使用しているトラックを売却する必要に迫られるケースが存在します。

仮に60回分割の契約を結び既に55回の返済が完了している場合でも、借入額を完済するまではローンで購入したトラックの売却が行えないのが基本的なローンのシステムですのでローン返済中のトラックの売却に迫られ頭を抱えてしまう方も少なくありません。

しかし条件さえ揃えば例えローン返済中であっても使用しているトラックを売却することは不可能ではなく、使用中のトラックの売却を行い運送事業から撤退することも新たなトラックへの乗り換えを実現することも可能です。

ローン返済中のトラックを売却するための条件とは?

ローンを利用して購入したトラックがローン完済まで売却できないのは、トラックの所有権がローン会社に帰属していることに起因するのが一般的です。車検証にはトラックの所有者と使用者が明記されていますが、ローン返済中のトラックは車検証内の所有者欄にローン会社の社名が記載され、利用者の名義は使用者欄に記載されます。

利用者が問題なくローン返済を行えば使用権を行使しトラックを使用することができますが、複数回返済が滞るなどでローン契約不履行と判断された場合はローン会社が所有権を行使します。

所有権を行使することでトラックが引き上げられ、引き上げたトラックを売却することでローン会社は残金清算を行い、売却額で残金清算できない場合は利用者に差額の一括清算を求められるほど所有権は強い権利を持っています。

ローン返済中のトラックを利用者が売却するためにはトラックの所有権を利用者が持つ必要があり、所有権がローン会社にある場合は利用者がローン返済中のトラックを売却することはできません

所有者が誰になっているかがローン返済中のトラック売却のポイントとなる

ローンの契約約款にはローンで購入したトラックの所有権はローン完済までローン会社に帰属することが明記されていますので、ローン返済中のトラックを売却するためにはローン会社が所有解除を行う必要があり所有権解除はローン完済時に行われるのが一般的です。

トラックを売却するために返済中のローンをどのように完済するか

トラックを売却するために返済中のローンをどのように完済するか
既述とおりローン返済中のトラックの所有権がローン会社に帰属している限り利用者がトラックを売却することはできませんので、ローン返済中のトラックを売却するためにはローン会社が所有権解除を行う必要があります。

しかし通常所有権解除はローン完済時に行われるため、ローン返済中の場合はローン残金を清算する必要がありますが、ローンの返済が進み残高が少ないトラックでない場合はローン完済を行う費用の金策が問題となります

返済中のローンの借り換えを行い完済する

ローン会社がトラックの購入資金を建て替えて車両購入を行い、建て替えた車両購入資金を月々ローン会社に返済しながらトラックを使用するのがローンを利用したトラック導入ですが、返済中のローンを他社で借り換えて一括返済することも可能です。

ローン会社の金利よりも低金利の銀行ローンなどを使用できればローン返済中のトラックを売却できる上、月々の返済額を圧縮できるのでローンの借り換えが可能な場合は活用することをおすすめします。

ローン残金を乗り換えるトラックのローンに上乗せし完済する

ローン返済中のトラックが輸送業務にマッチしないなどの理由での乗り換えが必要となりローン返済中のトラックを売却する場合は乗り換えを行うトラックのローンに現在返済中のローンを上乗せしてローン返済中のトラックの所有権解除を行う方法があります。

乗り換えるトラックの購入費用と売却するトラックのローン残額が合算されるので借入額が大きくなりますが、利用者は売却したトラックの売却資金を手にすることができますので乗り換えるトラックの返済に売却資金を充てることも可能です。

ローン完済後でもトラックが売却できない?売却には所有権解除手続きが必要

ローン完済後でもトラックが売却できない?売却には所有権解除手続きが必要
ローンを利用してトラック購入を行うとローンを完済するまでトラックの所有権がローン会社に帰属することは既に紹介しましたが、無事にローンを完済した場合でもトラックを売却できないケースが存在するので注意が必要です。

国内で運行する全てのトラックは国土交通省への登録が義務付けられており各地の陸運支局でトラックの登録を行いますが、ローン会社が所有権解除を行っても陸運支局で手続きを行わない限り車検証の所有者名義がローン会社のままとなり利用者が売却することができません

ローン返済中のトラックは完済後に名義変更を行う必要がある

既述のとおりローン返済中のトラックを売却するために金策を行いローンを完済しても陸運支局で手続きを行わない限りトラックの所有権はローン会社に帰属していると判断され利用者はトラックの売却を行えません。

トラックを売却するためには利用者が所有権を行使できるように所有権が移転したことを示す「移転登録手続き」を行う必要があります。移転登録手続きは一般的に名義変更届と呼ばれるもので、名義変更を行うためには旧所有者(ローン会社)の所有権解除の書類が必要となります。

名義変更には所有権解除の手続きが必要となる

ローン契約書類や返済記録などからローンで調達したトラックの購入資金を完済したことを確認することは可能ですが、陸運支局で名義変更手続きと呼ばれる移転登録を行うためにはローン会社の所有権解除の書類が必要となるのでローン返済中のトラックを売却する際はローンを完済しローン会社に所有権解除を行ってもらう必要があります。

効率的なトラック乗り換えを実現するためにはトラックの高額売却が絶対条件!

効率的なトラック乗り換えを実現するためにはトラックの高額売却が絶対条件!
使用中のトラックを「いかにして高額で売却できるか?」で効率的なトラックの乗り換えを実現できるか否かが決まりますので、売却するトラックをできるだけ高値で売り渡したいものです。

返済中のローンの借り換えや乗り換えるトラックの購入資金に使用中のトラックのローン残金を上乗せする場合でも、売却したトラックから得られる金額が高額であるほど乗り換え後のトラックの維持が楽に行えます。

トラックはどこに売却するのが最も高額で売却できるのか?

非常に多くの現金買取業者の広告を目にする機会がありますが一般的な現金買取業者は乗用車を中心に取引を行っているので、トラックの売却先としては適当ではないと言えます。

商用自動車で貨物自動車でもあるトラックを取り扱う中古トラック市場は、中古乗用車市場と全く異なる独特の査定で買取価格を決定します。頑丈に製造され耐用年数が長いトラックの資産価値下落速度は乗用車よりも緩やかであることや、ボディタイプに対する需要の違いなどが存在することなどからトラック専門業者にトラック売却を行う方がお得だと言えます。

買取査定が特殊なトラックはトラック専門店に売却するのが最も効率的

独特の査定法で査定が行われるトラックは、トラックに対する知識が必要となるため一般的な現金買取業者では手に負えないと言うのが実情です。効率的なトラック乗り換え実現のためには少しでも高額でトラックを売却したいものですから、トラック専門店で査定を受け売却することを強くおすすめします。

トラック高額売却と乗り換えコスト圧縮が効率的なトラック乗り換えのカギとなる

トラック高額売却と乗り換えコスト圧縮が効率的なトラック乗り換えのカギとなる
ローン返済中のトラックを売却して行う乗り換えはできるだけ効率的に行いたいものですが、効率的なトラック乗り換え実現のためには「高く売って安く買う」の原則をどれだけ忠実に守れるかがカギとなります

中古トラック販売店は車両価格と納車期間を圧縮できる

多くの中古トラック販売店では中古トラック販売と共にトラック買取を行っており、中古トラック販売店で乗り換えを完結することも可能です。ローン返済中のトラックの査定を受ける際に乗り換え車両の下見や実車確認を行えるのは効率的だと言えるのではないでしょうか?

またローン返済中のトラック売却と乗り換えトラックの購入を同じ店舗で行う利用者は中古トラック販売店にとって「絶対取引成立させたい見込み客」ということになりますので通常より有利な条件を引き出せる可能性が高くなる傾向にあるのも事実です。

乗り換えコストを抑えられる中古トラック販売店で理想的な乗り換えを!

ローン返済中のトラックを売却し別のトラックに乗り換えなければならなくなるのは気が重くなるものですが、高値で売却しリーズナブルな中古車を購入することで効率的な乗り換えが可能となります。

ローン返済中のトラックを中古トラック販売店に持ち込んで査定を受け、高額買取とリーズナブルな乗り換え車両購入を行いコスパの高い乗り換えの実現を図ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

さまざまな事業でローン返済中のトラックを売却する必要に迫られるケースが存在しますが、通常ローン完済までのトラックの所有権はローン会社に帰属しますので簡単に売却することができません。

ローン返済中のトラックを売却し効率的な乗り換えを行うポイントは次の3つですので、全ての要件を満たして理想的なトラック乗り換えを実現してください。

返済中ローンを完済しローン会社にトラックの所有権解除をさせる

陸運支局で移転登録(名義変更)を行い所有者欄の名義人となる

中古トラック販売店で高額売却とお得な中古トラック購入を行う

 

中古トラックおすすめ車両!

トヨタ ダイナ 小型 平ボディ TKG-XZC600 H27|トラック 左前画像 トラックバンク掲載

小型平ボディ/トヨタ ダイナ/H27/積載2t/走行10万km/AT ETC

詳細を見る
中古 クレーン付小型 日野デュトロ トラック H26 TKG-XZU650M

小型/日野/デュトロクレーン付/標準ロング/H26/走行9.1万km/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ハイルーフ

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報