トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

大型トラックで狭い路地から抜け出せない!そんなときの対処法

狭い路地に入り込んでしまったらどうする

今回の記事のテーマですが、大型トラックで狭い路地に入り、身動きが取れなくなった場合の対処法について詳しく解説をしていきます。

皆さんも街中を歩いていると、非常に大型のトレーラーやトラックなどに遭遇されることがあると思います。
こういった大型トラックで、例えば狭い路地に誤って入ってしまったりとか、その結果トラックが抜け出せなくなってしまったりしたようなときは一体どうしたらいいのかということですね。

自分だけで解決しようとしないことが大事

無理に脱出するのは危険
結論から言いますと、まずそういった前後不覚の状態に陥ったときは、自分ひとりの力で何とかしようと考えないことが重要です。
例えば大型トラックなどで狭い住宅街などに迷い込んでしまった時は非常に焦ります。

それで自分の力で何とかしようとして無理にバックをしたりとか、狭いカーブを曲がろうと思ったりすると、車をぶつけたり周囲の建造物などを破壊したりといった事故に結びつく可能性も。
プロドライバーならそんなことは起きないんじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、実はこれはトラックに乗る人だったら誰しも経験して通る道の一つだと言えます。

一人だけでなんとかしようとすると、事故の恐れも

狭い路地といってもバックができればまだ救いようがありますが、例えば狭いトンネルに入ってしまって身動きができなくなってしまったようなときは、運転手1人で脱出するのは非常に難しい状態になります。

特に後ろが見えないほど狭い路地でバックすることは大変危険です。
後ろに歩行者や自転車などがいたとしたら焦って無理やりバックさせることで引っ掛けてしまったり、最悪巻き込んで死亡させてしまうといったような交通事故に発展するケースも考えられます。

まずは「諦める」ことを選択しよう

諦めましょう
こういった後方の視界が全く見えない状態でバックするしか抜けられない状態や何百メートルも住宅街をバックしなければならいような状態など、この状態から抜け出すのは不可能だと思ったときは、まず「諦める」決断をしましょう。
自分自身を落ち着いて客観的に見ることによって、はっきりと無理だという結論に至ったら、ステアリングから手を離して運転することをやめましょう。

無理に車を動かして事故を起こす可能性があるのであれば、その時点で運転を放棄する必要があります。
かといって、そういった状態でそのままトラックを放置していても通行の邪魔になりますので、速やかにそのトラックを移動させる必要が出てきます。
その場合どうしたらよいのか?対処方法をご紹介します。

警察官を呼ぶのが賢い選択

路地に入り込んだら警察官を呼ぼう
狭い路地に入り込んでしまった車をどうにかしたい時に登場するのは、なんと正義の味方の警察官です。
まず運転が無理だと思ったら、落ち着いて車をその場に停止しておまわりさんに電話しましょう。
あなたが110番通報すると「事件ですか事故ですか」というような問いかけを警察官の方からされますので、素直に自分の置かれている状態を話します。

警察官が到着したら、交通誘導をしてくれます。
そのトラックが閉じ込められている路地に車が入ってこないように誘導してくれたりとか、トラックのバック自体も誘導しながら助けてくれますので、警察官を恥ずかしがらずに呼ぶという選択を行うことが重要です。

基本的に違反に問われることはない

大体こういったパニックに陥っているときに自分で何とかしようとすると、必ず事故が起こります。
そういった危険を犯すのであれば、警察官を呼べば必ず来てくれますので、呼んでしまいましょう。お金を請求されることもありません。
当然、大型車両通行禁止の道路に頭から入っていれば違反切符を切られることになりますが、大型通行禁止の表示がないにもかかわらず狭い道路に潜り込んでしまった場合は、特に基本的にはお咎めはありません。

当然、「以後気をつけるように」というような注意は受けますが、何らかの違反に問われるということは基本的にはありません。
なので長時間その場で身動きが取れず他の人に通報されてしまうぐらいであれば、自分から警察官を呼んで誘導をお願いし、トラックの脱出を手伝ってもらうほうがいいでしょう。

脱輪してしまったときや、雪道でスリップしたときも警察へ連絡!

警察官としても、こういったような事案は緊急事態の一つですので、例えば車が田んぼに脱輪して落ちてしまった場合や雪道でスリップして車が登れなくなってしまったときと同様に、こういった車を安全に脱出させるのも警察官の重要な仕事の一つなんですね。
ですので決して恥ずかしがらず、パトカーを呼ぶというのは少し勇気がいるのですが、自分で無茶をして何とかしようとして事故に繋がるよりは、警察官を呼んでしまうことが重要になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
大型トラックで狭い道にハマってしまったときの対処法は、

  • まずは落ち着く
  • 警察を呼ぶ
  • 誘導してもらいながら脱出

です。

基本的に、自分で何とかしようとすると非常に混乱してパニック状態に陥りますので、正常な判断ができなくなりがちです。
まずは落ち着いて自分の置かれている状態を分析し、いかに安全な方法で切り抜けるかということから考え始めるのが大切です。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報