トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

運転中に大きな揺れが!巨大地震に襲われた時の対処法

運転中の大地震

運転中に大地震が起こった時、最初にすることは?

車を運転中に巨大な地震に襲われた時の対処法について詳しく解説をしていきます。
まず車を走行中に大きな揺れを感じたときは、大体の場合タイヤがバーストしたか地震が起こったかのどちらかです。

徐々にスピードを落とし停止する

そういった場合は、まずハザードのスイッチを入れて徐々にスピードを落としながら路肩に停止するという手順を踏む必要があります。
例えば、高速道路の本線上などを走行中に揺れに襲われた場合に急ブレーキを踏んで停止したり、本線上にとどまるような形で車を止めると後続車から突っ込まれる恐れがあります。
そのため必ずハザードランプを点灯し、自分がこれから減速に入るというような意思を周囲に伝えてから減速を開始します。
それから速やかに道路の一番左側に車を寄せるような形で停止させます。
高速道路の場合はこのように路肩が存在しますのでこういった路肩や非常駐車帯というようなスペースに車を収めるような形で停止させます。

車外に出るのはNG!

続いて、すぐにAMラジオを入れて地震の速報が出ていないか、避難に関する情報が出ていないかを確認します。そして、その状態で揺れが治まるまで車内に留まって待つということが重要です。
もし慌てて車の外に出たりすると後続車にはねられる可能性があり非常に危険です。

車をシェルターにして待機

車の屋根の部品というのは非常に強度があります。
例えば上から降ってくるガラスや建物の外壁といったような破片などから身を守るということも可能です。
このように車の屋根を有効に利用することでヘルメットをかぶるよりもはるかに頑丈な保護スペースとなりますので、車をまずはシェルターにして揺れが収まるのを待つということが重要です。

揺れが治まったら?

車は無理に移動せず、場合によってはキーごと置いていく

揺れが収まった後は、大規模な地震の場合、道路が陥没していたり亀裂が入っていたり断層になってしまっていたりと、道路自体が車が走行するに耐えないような状態になっている可能性が高いです。
そういった場合は無理に車を動かすというようなことは考えず車を置いて逃げるという選択肢を考える必要が出てきます。
もし車を置いて避難する必要がある場合は車の窓を閉め鍵を開けた状態で、車のキーをダッシュボードやシートの上に置いた状態で避難します。
なかなか自分の車を手放して非難するというのは抵抗感もあり精神的にも非常につらいところではありますが、自分の命を守るためと思って決断する必要があります。
大災害では自衛隊や消防隊などの車が救助活動を行う際に邪魔になってしまう可能性がありますので、自分の車を簡単に動かせるような状態にして避難する必要があるわけです。
これらは国家公安委員会が告知した「交通の方法に関する教則」という項目で定められています。

大丈夫そうでも無理に走行しない

ここで注意しなければならないのは例えば道路の亀裂や段差などをある程度車でも越えられそうだと思ったとしても、無理を犯して走行するということは控えなければならないということです。
その亀裂というのは今後の余震や地盤沈下などで拡大する可能性があります。
そして大きな揺れが加わったことで地盤が脆弱になっている可能性がありますので、特に山間部の道路などでは地滑りが発生し車ごと谷底へ落下してしまうというような危険性もあります。
その他山間の道路ですと土砂崩れ、崖崩れといったような現象が地震の揺れをきっかけに起こる可能性がありますので、道路の状況が悪い時は無理に車で移動しようと考えず、最悪車を置いて徒歩で逃げるというような選択肢も頭の中に入れておく必要があります。

大型トラックを運転中だった場合

またこういった大きな地震の際は特に大型のトラックなど重量のある荷物を積んでいる車は非常に大きな揺れに襲われる可能性があります。
そしてそのまま走行を続けると最悪横転をしたり、コントロールが効かなくなり他の車を巻き込んだ大事故に発展する可能性がありますので、まずは車を速やかに止めて路肩に避難するという対応を取る必要があります。
特に液体のタンクローリーなどですと一度地震によって揺れが発生するとなかなか車体の揺れが収まらないというような現象が起こりますので、なおさら速やかに車を停止させる必要があります。

日頃からシミュレーションを!

万が一大きな地震が起こった際には以上のようなことを念頭に行動しましょう。
頭の中で自分でシミュレーションしておくだけでも、もし災害が起きた時にスムーズに行動することができます。
強い揺れが起きたときにはどうしたらいいのかをまず頭の中でシミュレーションをしてみてください。

くれぐれも車内から飛び出したりしないように

キーポイントとして抑えておきたいのが、高速道路などで地震に見舞われたときに急に車から飛び出したり、走って道路を横断し避難するというようなことは避けるということです。
まずは揺れがおさまるまで車の中にとどまって、身を守りながら揺れが治まるのを待つ。揺れが治まり車から脱出する際は絶対に後続車から目を離さないよう常に後方の警戒を行いながら足元に注意をして脱出をしてください。
高速道路の本線上にいきなり飛び出しますと後続車にひかれてしまう可能性が非常に高いのでこの点においては十分に注意しましょう。

まとめ

いかがでしょうか。
運転中に地震が起こったらどうすればよいか、頭の中で想像できたでしょうか。
災害は突然起こります。いざというときに自分の身を守れるよう、地震に限らず災害への対策はできる限りしておきましょう。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報