土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

トラックドライバーを悩ませる激しい睡魔!運転中の眠気を飛ばす居眠り防止策とは?

トラックドライバーを悩ませる激しい睡魔!運転中の眠気を飛ばす居眠り防止策とは?

どんなに緊張感を持ちハンドルを握っていてもトラックの運転中に睡魔に襲われる経験をしたトラックドライバーは少なくないと言えるでしょう。特に長距離輸送を行う長距離ドライバーにとって睡魔との戦いは永遠のテーマなのではないでしょうか?

万一戦いに負けると重大事故に繋がりかねない非常に危険な睡魔に一度取り付かれてしまうと周期的に眠気に襲われるため、睡魔は非常に厄介な存在だと言えます。トラックドライバーの大敵である睡魔に勝ち運転中の眠気を吹き飛ばす効果的な居眠り防止を紹介します。

巨大なトラックを運転するドライバーに襲いかかる睡魔に負けると重大事故発生に繋がる

巨大なトラックを運転するドライバーに襲いかかる睡魔に負けると重大事故発生に繋がる

人間にとって睡眠は必要不可欠な生理現象で、人は睡眠欲求と覚醒力に従い日常生活を送っていますが、覚醒中の活動で脳に疲労が溜まり覚醒時間が長くなるほど睡眠欲求が強くなります。

生理的な睡眠欲求に従うと日常生活が困難となりますが、覚醒力で睡眠欲求に打ち勝つことで活動できるようになり、覚醒力は体内時計によって機能しています。長時間ハンドルを握り続ける長距離ドライバーが睡魔に襲われるのは体内時計が強く影響していると言えるでしょう。

体内時計が強く影響していると言ってもトラックのハンドルを握るトラックドライバーが睡魔に負け睡眠欲求に従い寝てしまうと、運行スケジュールに支障をきたすため多くのトラックドライバーが睡魔と戦いながらハンドルを握り続けています。

ドライバーがトラックを安全に運転している間トラックは日常生活を支える物流インフラとして機能しますが、ドライバーが睡魔に負け居眠り運転をすると巨大なトラックは走る凶器に変貌し重大事故の発生原因となりかねません

居眠り運転にならなくても意識レベルが低下すると正確な判断が難しくなる

ドライバーが居眠り運転に陥った状態だけではなく睡魔に取り付かれ、ドライバーの意識レベルが低下した場合もトラックは走る凶器になりかねません。運転中のトラックドライバーは常に状況確認と状況判断を繰り返しますが、意識レベルが低下し正確な判断力が失われると、走行中のトラックは危険な状態に陥ります。

トラックを安全に運行させるためにはドライバーが常に覚醒した状態で正確な判断を行いながら運転する必要があるため、トラックドライバーは効果的な居眠り防止策を掴んでおく必要があると言えます。

過労運転以外でもトラックドライバーに睡魔は襲い掛かる

トラックドライバーの居眠り運転というと「過労運転が原因なのでは?」と捉える方が少なくないかもしれませんが、既述のとおり睡眠欲求は体内時計によってコントロールされているので過労運転以外でも起こり得ます。

また高速道路の走行時に眠気を覚えるドライバーが少なくないのは視覚的刺激が少なくなる環境で緊張状態が続くことに起因しますので、過労運転でなければ居眠り防止ができるという訳ではないと捉えるべきでしょう。

多くのトラックドライバーが実践する伝統的な眠気を吹き飛ばす方法とは?

多くのトラックドライバーが実践する伝統的な眠気を吹き飛ばす方法とは?

国内物流の大部分をトラックが担うようになり長距離輸送が増加した時代から、トラックドライバーと襲い掛かる睡魔との戦いが始まったと言えます。非常に多くのトラックドライバーが実践してきた原始的ではあるものの伝統的な居眠り防止策を紹介します。

体に刺激を与える居眠り防止策

非常に多くのトラックドライバーが実践してきた伝統的な居眠り防止策には体に刺激を与える方法と神経を刺激する方法がありますが、まず原始的な体に刺激を与える居眠り防止策を最初に紹介します。

軽い運動で体を覚醒させる

眠気を感じた際にトラックを安全に停車できるのであればトラックを停車させ、散歩やストレッチ・体操などの軽い運動を行なうことで体に刺激を与え体と脳を覚醒させる居眠り防止策です。

洗顔や目薬の使用で覚醒させる

パーキングエリアやサービスエリアが利用できる環境であればトイレで洗顔したり、停車時に刺激の強い目薬を点眼するなどで刺激を与えます。目薬は持続効果が高くないものの一時的な居眠り防止効果を得られます。

大声での独りごとや歌を熱唱して覚醒させる

大声で独り言を叫んだりお気に入りの歌を熱唱することも体に刺激を与える最も原始的な居眠り防止策ですが、比較的効果が高い居眠り防止策だと言えます。独り言が途切れたり歌の歌詞が思い出せなくなるようであれば危険な状態だと判断するべきでしょう。

神経を刺激する居眠り防止策

伝統的な居眠り防止策には神経を刺激することで眠気を吹き飛ばす居眠り防止策も存在しますので、神経を刺激する居眠り防止策を紹介します。

カフェインを含む飲料を摂取する

中枢神経系を興奮させ覚醒作用があるカフェインを含むコーヒーやお茶、眠気覚ましドリンクを愛飲するトラックドライバーは少なくありませんが、カフェインは摂取から20~30分後に効果が出るので早めの摂取が効果的です。

スルメやガムをかむ

ものを噛む咀嚼も中枢神経を刺激するため運転中に口を動かすのは居眠り防止に効果が期待できます。ガムが一般的ですがスルメを噛みながらトラックのハンドルを握るドライバーも存在します。

窓を開けて換気する

脳への酸素供給量が低下すると人体は眠気を感じますので、走行中にトラックの窓を開けて換気を行うのも効果的な居眠り防止策です。特に外気温が低い冬場には抜群の効果を発揮するおすすめの居眠り防止策だと言えます。

実は絶対的な効果が期待できる居眠り防止策は存在しない

実は絶対的な効果が期待できる居眠り防止策は存在しない

体や神経に刺激を与える伝統的な居眠り防止策は簡単に行える上に一定の居眠り防止効果が期待できるので是非挑戦してみてほしいものばかりですが、伝統的居眠り防止策で眠気を吹き飛ばせるのは一時的であるのも事実です。

伝統的な居眠り防止策で吹き飛ばしても脳が睡眠欲求を発信し続ける限り再び睡魔は襲いかかってくるため、実は絶対的効果が期待できる居眠り防止策は存在しないと捉えるべきでしょう。

睡魔に抗わず睡眠を取るのが最も確実で安全な居眠り防止策

トラックの運転中にどうしても吹き飛ばせないほどの眠気に襲われた場合、安全な場所に停車して睡眠をとるのが最も確実な居眠り防止策です。もちろん延着のリスクが高くなりますが眠気を我慢して意識レベルが低下した状態で運転を続け、万一事故を起こしてしまった場合は予定どおり納品を行うことが絶望的になりますので思い切って睡眠をとった方が安全です。

しかし居眠り対策で睡眠をとる場合は寝台で横になるのは時間通りに起きられなくなる危険があるので、運転席で仮眠をとる程度に留めておくのが居眠り防止策のポイントです。

仮眠は短時間でも大きな効果が期待できる

払いきれない睡魔に襲われた場合は思い切って仮眠をとることがトラックの安全な運行実現のカギとなります。例え10~15分の短時間でも仮眠を取るのと取らないのでは後の運行効率と安全性に大きな差が現れます。

トラックメーカーなどのテクノロジーを結集した居眠り防止装置が存在する

トラックメーカーなどのテクノロジーを結集した居眠り防止装置が存在する

近年トラックに搭載される安全装備の充実が目覚しいと言えますが、トラックメーカーは居眠り防止策を安全装備のなかに含めたシステム開発を行っておりドライバーが居眠りを始めると警告音で居眠り防止を行う安全装置を実装したトラックが販売されています

ドライバー監視システムは居眠り防止機能との連携でドライバーをサポートする

ドライバーの顔や目の動きのモニタリングを行うドライバー監視装置はドライバーの瞬きの監視を行い、目を閉じた状態が一定時間を過ぎると居眠りだと判断し警告音で居眠り防止を行います。

またドライバー監視システムは居眠り防止だけではなくわき見運転も感知し警告を行うことでトラックの安全な運行実現をサポートしています。

最新テクノロジーを活用することで以前より居眠り防止策の質は向上している

かつてはドライバー自身がさまざまな居眠り防止策を取ることで運転中の眠気を吹き飛ばしながらトラックを運行していましたが、現在はトラックメーカーの開発した安全装備のなかに居眠り防止装置が含まれているものがあり、さらに安全な運行の実現が図られるようになっています。

ドライバー監視システム搭載車両は既に中古トラック市場に流入している

ドライバー監視システム搭載車両は既に中古トラック市場に流入している

最新テクノロジーでドライバーの居眠りを防止するドライバー監視装置は魅力的ですが、「最新モデルに搭載される新システムで導入には新車購入が必要なのではないか?」と感じる方がいるかもしれません。

しかし居眠り防止機能を持つドライバー監視システム搭載車は2000年代前半に開発され、実装が推し進められた安全装備で、既に中古トラック市場には居眠り防止装置搭載車両が数多く流入しています

中古トラック販売店で居眠り防止機能搭載車を効率的に購入できる

リーズナブルな低年式車から新機能を搭載する高年式車まで幅広く中古トラックを取り扱う中古トラック販売店では、居眠り防止装置を搭載した中古トラックも多数取り扱っています。

新車購入は予算や納車期間的に難しいと考える方でも中古トラック販売店を利用することで、居眠り防止装置を搭載した中古トラックを効率的に導入することが可能です。

伝統的居眠り防止策と居眠り防止機能を併用し事故発生リスクを引き下げよう

意識レベルが低下した状態や居眠りでの運転は重大事故に繋がりかねない非常に危険な行為ですので絶対に避けるべきですが、多忙な輸送業務スケジュールでトラックを運行するドライバーは睡魔との闘いが付きものであるのも事実です。

伝統的な居眠り防止策と最新テクノロジーを駆使した居眠り防止策の二刀流で、より安全なトラック運行を実現し、国内物流を力強く支えてください!

まとめ

睡眠欲求は人間の三大欲求の1つに数えられる程強力な欲求であり、トラックの運転中に襲い掛かる睡魔との戦いに勝つのは至難の業だと言えますが、トラックドライバーは必ず睡魔との戦いに勝ち残る必要があります。

次の3つのポイントを抑えながら多くのドライバーが実践してきた伝統的な居眠り防止策と最新テクノロジーを駆使した居眠り防止装置をフル活用して、必ず睡魔との戦いに勝ち残ってください。

伝統的居眠り防止策には体と神経を刺激する方法がある

ドライバー監視装置は瞬き監視で居眠りを感知すると警告する

居眠り防止装置搭載車両は中古トラック販売店で導入可能

 

中古トラックおすすめ車両!

トヨタ ダイナ 小型 平ボディ TKG-XZC600 H27|トラック 左前画像 トラックバンク掲載

小型平ボディ/トヨタ ダイナ/H27/積載2t/走行10万km/AT ETC

詳細を見る
中古 クレーン付小型 日野デュトロ トラック H26 TKG-XZU650M

小型/日野/デュトロクレーン付/標準ロング/H26/走行9.1万km/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ハイルーフ

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報