土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

Nシステムの使用目的は犯罪捜査。速度違反に使用するオービスとの違いとは?

主に高速道路で見かけるNシステムですが、使用目的は犯罪捜査とのことなので、スピード違反で捕まえるための物ではないと言われています。

しかし、Nシステム(自動車ナンバー自動読取装置)は多く設置されている上に、速度を計測するオービスと形が似ているため、運転中に見分けることは簡単ではありません。

そのため、「速度が気になり集中できない」「急ブレーキで危険な思いをした」という経験を持ってる人もいることでしょう。

ただ、Nシステムとオービスには違いがあるので、見極めることは可能です。

今回はNシステムの役割やオービスとの違いに詳しくお話しします。

Nシステムはナンバープレートを撮影している

全国の道路の1500カ所以上に設置されており、通過した車両すべてのフロントナンバープレートを撮影しているというのがNシステム。
正式名称は「自動車ナンバー自動読取装置」で、以前は車のナンバーしか読み取れませんでしたが、最新のNシステムではオービス同様、運転している人の顔の撮影も可能となりました。

高速道路では目立つので分かりやすいですが、他にも主要な国道や空港、原子力発電所の付近などにも設置されています。

使用目的は犯罪時の無人検問

Nシステムは犯罪捜査に使用されてますが、無人検問を目的として開発されました。

有人で検問を行うこともありますが、人の力だけでは全車両を確認できません。

しかし、それでは事件に対応できないため、無人でなおかつすべての車両を見逃さないようにとNシステムを導入することになりました。

また、警察の手配車両リストと撮影したナンバー(車両の形状や色などの情報も)を自動的に照会することで、即座に該当の車両を発見し速やかな事件解決に繋げる役割もあります

実際に、2017年に起きた「東名高速夫婦死亡事故」や2020年以降、社会問題ともなりつつある「あおり運転」の捜査に使われたことからも、無人検問として十分機能していると言えます。

路肩を含む道路すべてが撮影されている

Nシステムはカメラの眼下だけではなく、路肩を含む道路上のすべての車両が撮影されています。

オービスの撮影範囲は割と狭く、運転席や助手席の撮影がメインですが、犯罪捜査を目的としたNシステムでは、車両が通行する場所以外もすべて撮影されているので、覚えておきましょう。

データは蓄積されている可能性が高い

Nシステムは撮影後、転送されたデータの内、違法性のないナンバーに関しては蓄積せずにすべて消去しているとのことです。

しかし、事件が起きたときには証拠としてNシステムの映像を使用していることから、一部では「データは蓄積されているのでは?」という声が上がっています。

ナンバーだけであれば特に問題ありませんが、現在のNシステムは運転席や助手席を撮影することも可能なので、見方を変えれば常に監視されている状態とも言えます。

Nシステムの使用目的は犯罪捜査という名目になっていますが、監視システムとしても機能してる可能性があるので、通過するときの行動には十分注意しましょう。

出典元
第189回衆議院法務委員会 議事録
富士通公式HP
朝日大学機関リポジトリ 自動車ナンバー自動読み取りシステム管見より
Moter-Fan 東新宿交通取締情報局より

Nシステムとオービスの違いは速度計測のみ

Nシステムはオービスとは違いはスピードをデジタル化する機能がありません。

そのため、Nシステムでは速度を計測できず、スピード違反で検挙することはないと言われています。また、Nシステムは全車両、オービスはスピード違反の車両のみと撮影の仕組みも少しだけ違います。

他の機能はほとんど変わりませんが、オービスに関してはNシステムとは違い設置場所を通過する前に看板が設けてあるので、設置場所を事前に把握することが可能です。

オービス設置を伝える看板

また、設置台数に関しては、Nシステムが約1,700台に対してオービスの設置台数は約400台と圧倒的にNシステムが多く設置されていますが、オービスに関しては抜き打ちで移動式を使用することもあるため、実際はここまでの差はないとされています。

Nシステムは撮影時に光ることはない

オービスは撮影するときに、赤もしくは白の強い光を放ちますが、Nシステムは光を放つことなく撮影しているため、どのような状態で通過しても何も起こりません。

Nシステムが光らない理由は、フラッシュを必要としない赤外線カメラを使用しているからで、目には見えませんが、ドライブレコーダーには光が映ることもあります。

そのため、Nシステムの眼下を通行しても何も起こらず、疑問に思うかもしれませんが、しっかり撮影されてるので、覚えておきましょう。

ちなみに、知人の話によるとオービスの光は他とは明らかに違うため、撮影されたときは必ず分かるとのことです。

そっくりに見えるけどよく見ると形が違う
Nシステムとオービスはそっくりな形をしていますが、Nシステムにはカメラの横にパトライトが付いていないという大きな違いがあります。

左がNシステムで右がオービス。正面から見るとカメラの形や角度はそっくりだが、パトライトを見れば一目で判別できる。

オービスの形は数種類あり、中にはNシステムとの違いがはっきりしている物もあります。

しかし、ここ数年の間はNシステムに似ているLHシステム型のオービス(画像のオービス)が増えつつあるので、形ではなくパトライトで判別するのが一番分かりやすい方法です。

ただ、道路脇に設置する移動式のオービスに関しては見分けることは不可能なので、心配な方は警察のホームページで取り締まりの事前告知を確認しましょう。

Nシステムで速度を測ることも可能?

Nシステムはオービスと違い速度のデジタル化する機能はありませんが、連続撮影ができます。

そのため、撮影した時間と車間距離を計算することで、実際どの程度の速度で運転していたのかを割り出せると言われています。

Nシステムはあくまでも犯罪捜査に使用するという名目ではありますが、場合によってはスピード違反での検挙となる可能性も0%ではありません

Nシステムとオービスの判別ができたとしても、むやみにスピードを出すのは控えましょう。

出典元
朝日大学機関リポジトリ 自動車ナンバー自動読み取りシステム管見より
Moter-Fan 東新宿交通取締情報局より
WEB CARTOP より

Nシステムは突然現れる

Nシステムはオービスとは違い事前告知は一切ありません。

突然Nシステムが目の前に現れるので、オービスと勘違いして慌ててしまう可能性も十分考えられます

運転中に慌てた場合、一番怖いのが事故です。

特に高速道路ではスピードが出てるので、慌てないためにもNシステムは突然現れるということを認識しておきましょう。

急ブレーキによる事故に注意

Nシステム付近にはブラックマーク(急ブレーキの痕跡)を良く見かけます。

多くのドライバーが、Nシステムをオービスと勘違いして急ブレーキを踏んだものと思われますが、中には付近の壁に車両がこすったとされる跡が残っていることも多々あります

ただ、スピードが出てなければ慌てて急ブレーキを踏むこともなく事故を防げるので、特に慣れない道路ではスピードを抑えて運転することをおすすめします。

また、自分が気を付けたとしても別の車に巻き込まれる可能性もあるので、良く通る場所でNシステムの設置場所を理解してるときは、スピードを落として安全を確保しましょう。

速度違反で捕まるケースもある

Nシステムでの捜査でスピード違反として捕まるということは今の所ありません。

ただ、Nシステム通過後に警察が待ち構えていて捕まる場合もあります。

Nシステムとオービスの機能や形の違いが分かると「Nシステム=捕まらない」となりスピードを気にしなくなる方も中にはいるかもしれません。

しかし、「Nシステムが設置してある少し先で白バイやパトカーが待機していた」という話も聞きます。

実際に、自身がよく通行する国道にもNシステムがありますが、地元の人達の間ではスピード違反を行ってる取り締まりスポットとしても有名なので、待機している可能性は高いと言えます。

Nシステム付近では急ブレーキによる事故が起こりやすいという理由かもしれませんが、スピード違反をしていれば間違いなく捕まります。

直接的にNシステムで捕まるわけではありませんが、Nシステム付近に警察が待機していることは良くあるので、Nシステムの知識があってもスピードの出し過ぎには十分注意しましょう。

出典元
千葉県警察公式HP
WEB CARTOP より

まとめ

Nシステムは犯罪捜査に活用され国民の安全確保に役立っています。

しかし、それと同時に常に監視されている状態でもあると言えます。

そのため、安全というよりは「捕まるかも」と思ってしまう方のほうが多くいるかもしれません。

ただ、Nシステムの役割やオービスとの違いが分かれば安心して運転できます。

スピードを出し過ぎず、安全運転を心掛けていれば、Nシステムは何かあったときに強い味方にもなります。

日頃からスピードには気を付けて運転しましょう。

  • 1987年に設置以来、Nシステムは無人検問として事件の解決に役だっている
  • Nシステムはスピードの計測機能はないが、連続撮影によりスピードを割り出せる
  • オービスにはパトランプがあり、Nシステムにはパトランプがない
  • Nシステム付近では事故が多発するため、警察が待機している

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報