トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

中古トラックでよく見る低床・高床とは?

中古トラックを探していると低床・高床というワードが出てきます。このページでは中古トラックの荷台の高さについて説明していきます。

低床・高床とは?

荷台の床の、地面からの高さが、低いか高いかで低床・高床と呼ばれます。
その違いはというと、通常よりも小さいタイヤであれば低床、大きいタイヤであれば高床となります。
低床には、全低床と低床(超低床)の2種類があります。
順番に説明していきましょう。

高床について

メリット

大きなタイヤを使っている分、振動が減り走行安定性が高いです。積み荷やドライバーにとって優しい仕様です。
回転回数が少ないためタイヤへの負担も少なく、スペアも1本で済みコストの低減が出来ます。

デメリット

荷台の高さが少し高いため、荷役作業が大変です。
また通常のトラックの荷台より高めの設定となっているため、配送所などのプラットホームとの段差が生まれやすいです。

全低床について

全てのタイヤを薄いもの(低扁平タイヤ)やホイールを小さくしたものです。

メリット

フロントタイヤも小さくなっているのでキャビンが低く、乗り降りが楽です。
また、低床(超低床)と比べてタイヤが小さすぎないので、走行時の乗り心地も比較的良好です。

デメリット

低床(超低床)と比べると荷台が高くなるため、荷役作業は少し大変になりがちです。

低床(超低床)について

全低床よりもさらに床の高さを低くしたものです。
フロントタイヤは通常の大きさのままに、リアタイヤ(ホイール含む)のみを小さくするため、キャビンよりも明らかに荷台の方が低くなります。

メリット

荷台がとても低いので、地面からの荷役作業が楽に行えます。
使う人によっては、とにかく低いものが理想的ということもあるようです。

デメリット

リアタイヤが小さすぎるため、走行時の振動がダイレクトに響き、乗り心地は悪くなりがちです。
前後でタイヤのサイズが異なるため、フロント用とリア用の2種類のスペアタイヤが必要になります。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報