トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

廃棄物回収車両パッカー車とは?パッカー車の種類や廃棄物回収装置のしくみを大紹介!

廃棄物回収車両パッカー車とは?パッカー車の種類や廃棄物回収装置のしくみを大紹介!

可燃ごみや不燃ごみなどの家庭系や事業所から出される事業系の一般廃棄物回収や産業廃棄物回収などの廃棄物回収に広く用いられる廃棄物回収車両のパッカー車は最も身近な存在の特殊車両だと言えます。

しかしパッカー車の種類や廃棄物回収、排出のしくみは意外と知られていないのではないでしょうか?日常生活や社会生活に欠かすことができない廃棄物回収車両のパッカー車とはどのような特殊車両なのかを掘り下げながら紹介します。

塵芥車・ゴミ収集車などの名称で呼ばれるパッカー車とは

塵芥車・ゴミ収集車などの名称で呼ばれるパッカー車とは

家庭系一般廃棄物の回収を行うパッカー車を目にしたことはない方はいない程、パッカー車は身近な特殊車両であり、我々の生活を支える重要な存在ではあるものの、廃棄物回収作業中は危険が伴うためパッカー車をジックリと観察する機会は意外と少ないと言えます。

廃棄物回収用に製造されるパッカー車は一般的な貨物自動車とは異なる特殊車両にカテゴライズされ業界によって呼び名が異なりますので、業界ごとのパッカー車の呼び方や車両登録区分からパッカー車とはどのような車両なのかを紐解いて紹介します。

パッカー車は業界によって呼び名が異なる

一般的にはゴミ回収車と呼ばれることが多いパッカー車ですが、塵芥車・塵芥収集車とも呼ばれており正式名称が何であるかの判断が難しいと言えます。パッカー車の製造メーカーは塵芥収集車と表記していますが、車検証の表記は塵芥車となっています。

パッカー車の由来となっているのは英語で詰め込むを意味するPackだと言われていますが、英語圏ではゴミ回収車をパッカー車と呼んでいないことからパッカー車は和製英単語だと推測できます。

パッカー車の登録区分は8ナンバーの特種用途自動車

一般的な貨物自動車であるトラックは車両サイズが全長4.7m・全幅1.7m・全幅2.0m以下のものは4ナンバー、全長12.0m・全幅2.5m・全幅3.8m以下のものは1ナンバーで登録されます。

しかし4ナンバーや1ナンバーの車両サイズであっても廃棄物回収車両として製造されているパッカー車は特殊車両となり8ナンバー登録されます。ベース車両が4ナンバーや1ナンバーの車両でも、荷台部分に廃棄物回収機能を架装することでパッカー車は貨物自動車ではなく特殊車両にカテゴライズされます。

パッカー車は積載方法で3種類に分類される

パッカー車は積載方法で3種類に分類される

廃棄物回収を目的に開発・製造されているパッカー車ですが、どの車両も同じ構造という訳ではなく廃棄物回収時の積載方法が異なりパッカー車は廃棄物回収時の積載方法で3つのタイプに分類されます。

パッカー車に採用される3種類の積載方法とは?

パッカー車の廃棄物回収方法であるパッカー方式にはプレス式・巻き込み式・荷箱回転方式の3タイプが存在し、パッカー車は廃棄物回収時の積載方法で次の3つに分類されます。

プレス式パッカー車

圧縮板方式とも呼ばれるプレス式は廃棄物を圧縮盤で圧縮しながら回収するしくみのパッカー車で最も一般的なパッカー車だと言えます。

巻き込み方式パッカー車

回転板式とも呼ばれる巻き込み式は廃棄物を回転版で書き込むように回収するしくみのパッカー車で家庭系一般廃棄物の回収などに用いられます。

荷箱回転方式パッカー車

ロータリー式とも呼ばれる荷箱回転方式は回転する円柱ドラムで廃棄物を荷室へ送り込むしくみのパッカー車で家庭系一般廃棄物の回収などに用いられます。

パッカー車の排出方法は3種類存在する

パッカー車の排出方法は3種類存在する
パッカー車が廃棄物を回収するしくみで3つに分類されますが回収した廃棄物を廃棄物処理所に下す際の排出方法も異なり、荷室に回収した廃棄物の排出方法でも3つに分類されます。

パッカー車に採用される3種類の排出方法とは?

パッカー車が荷室に回収した廃棄物の排出方法には押し出し式・ダンプ式・荷箱回転式の3つのタイプが存在し、パッカー車は回収した廃棄物の排出方法で次の3つに分類されます。

押し出し式排出法

回収作業中は荷室前部に収納されている排出版が、開口した荷室後部にピストン運動するしくみで回収した廃棄物を排出するのが押し出し式排出法です。

ダンプ式排出法

荷室後部を開口し荷室前部を持ち上げダンプするしくみで回収した廃棄物を排出するのがダンプ式排出法です。

荷箱回転式排出法

回転する円柱ドラムで廃棄物を荷室へ送り込むしくみの荷箱回転方式は回収時と円柱ドラムを逆回転させることで回収した廃棄物の排出を行います。

小型~大型までの各車両区分のパッカー車が存在する

小型~大型までの各車両区分のパッカー車が存在する

廃棄物回収機能を架装したパッカー車は一般的なトラックのような貨物自動車としてではなく特殊車両として8ナンバー登録が行われることや各メーカーの各車両区分のトラックシリーズがベース車両に用いられることは既にふれました。

トラックの最大積載量が車両区分で異なるのと同様にパッカー車も車両区分で回収できる廃棄物の積載量が異なります。

ニーズの高いパッカー車は小型~中型クラスのパッカー車

廃棄物回収用に開発・製造された特殊車両パッカー車ですが、一般的なトラック同様最大積載量は車両区分によって異なります。各車両区分の最大積載量は次に挙げるとおりですが、圧倒的に家庭系一般廃棄物回収に用いられるパッカー車が多いため、狭い道の廃棄物回収が行える小型クラスや中型クラスのパッカー車のニーズが高い傾向にあると言えます。

中古トラック市場への流入数も多く中古トラック販売店では多くの小型・中型のパッカー車が取り扱われていますが、産業廃棄物回収に活躍する大型クラスも中古トラック販売店で購入することができます。

小型パッカー車の積載量

狭い道や集合住宅の奥まった場所にある廃棄物集積所の廃棄物回収が行えるのが、小型クラスのパッカー車の魅力で、小型クラスのパッカー車のニーズは中古トラック市場でも高い位置で安定していると言えるでしょう。

小型クラスのパッカー車では約2トン分の廃棄物回収が行え、一般的なゴミ袋1,000袋分に相当すると言われています。

中型パッカー車の積載量

ベース車両に中型トラックを使用した中型クラスのパッカー車ですが、回収できる廃棄物の最大積載量は小型クラス同様約2トンとなっています。空型クラスのパッカー車は家庭系一般廃棄物回収以外にも事業系一般廃棄物や産業廃棄物回収にも活躍しています。

中古トラック市場でも人気の高い三菱・ファイター日野・レンジャーいすゞ・フォワードなどがベース車両として多く用いられています。

大型パッカー車の積載量

1度に多くの廃棄物回収が行えるため産業廃棄物回収などで活躍するのが大型クラスのパッカー車ですが、ベース車両によって最大積載量が異なる傾向が強いと言えます。中古トラック市場で人気の高い三菱ふそうの大型トラックシリーズ「スーパーグレート」をベース車両に用いたパッカー車の場合は最大積載量7.4トンと小型・中型クラスのパッカー車の約4倍近い廃棄物を回収することが可能です。

特殊車両パッカー車の運転に求められる資格や免許とは

特殊車両パッカー車の運転に求められる資格や免許とは

小型クラスから大型クラスまで各車両区分のパッカー車が存在し小型・中型と大型の車両区分では回収できる廃棄物の量が異なることを紹介しました。また既述のとおりパッカー車は8ナンバー登録される特殊車両にカテゴライズされるため運転に必要な資格や免許を紹介します。

パッカー車の運転資格は車両区分の必要な運転免許

パッカー車は8ナンバー登録される特殊車両ですがパッカー車の運転や操作には特別な資格や免許は必要ありません。しかし小型クラスから大型クラスまでの各クラスのパッカー車が存在するため運転するパッカー車の車両区分の運転資格を満たす免許区分が必要となります。

現実的にはパッカー車の運転は準中型免許以上の免許区分の取得が求められると言えますので、パッカー車の運転前に保有免許区分で運転できる車両であるかを確認しておく必要があります。

高額なパッカー車は中古トラック販売店での購入がおすすめ

国内の廃棄物排出量は年々増加する傾向にありパッカー車に対するニーズは高まり続けていると言えますが、特殊な架装を施したパッカー車を新車で購入すると車両価格は決して安いものではありませんし納車にも時間がかかります。

しかし既にふれたとおり中古トラック市場には中古トラック同様、多くのパッカー車が流入しているため、パッカー車の購入は中古トラック販売店を利用することをおすすめします。中古トラック販売店であれば比較的タマ数が数ないと言われる大型クラスのパッカー車でも、独自のネットワークで探し出し費用対効果の高いパッカー車導入をサポートすることが可能です。

中古パッカー車特選車両!

中古 パッカー車小型 三菱キャンター トラック H31/R1 2PG-FEB90

三菱/小型/キャンター/H31(R1)/走行0.1万km/プレス式 6立米 連単スイッチ 未使用車

詳細を見る
中古 パッカー車小型 いすゞエルフ トラック H24 SKG-NMR85N

いすゞ/小型/エルフ/H24/10.3万km/回転ダンプ式 4.1立米 連続積込 バックカメラ

詳細を見る

中古
パッカー車
一覧へ

まとめ

可燃物や不燃物などの家庭系一般廃棄物から産業廃棄物まで、廃棄物拐取業務にはパッカー車は不可欠な存在だと言えます。廃棄物回収の中心となる家庭系や事業系の一般廃棄物回収に小型・中型クラスのパッカー車が活躍しており、産業廃棄物回収には大型クラスのパッカー車が活躍しています。

パッカー車導入の際には次に挙げる点に注意しながら車両選択を行うと失敗しない車両選択が実現しますのでおすすめします。

小型・中型クラスのパッカー車の最大積載量は共に約2トン

大型クラスのパッカー車の最大積載量は7トン以上

パッカー車購入は中古トラック販売店での導入がおすすめ!

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報