トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

大型トラックなのに2階建て?その正体とは!

スーパーハイルーフアイキャッチ画像

大型トラックにはキャビンが2階建てになっている構造のものが存在するのをご存知ですか?
今回は、2階建て構造の大型トラックの天井部分には何が入っているのか?どのような役割を果たしているのか?などを解説していきます。

2階建ての大型トラックって?

スーパーハイルーフの画像

出典:日野自動車

少数派ですが、スーパーハイルーフ(日野)やマキシルーフ(いすゞ)、スーパーマルチルーフ(三菱)と呼ばれるモデルが2階建て構造の大型トラックです。
天井付近に一つカプセル状の空間がひろがっており、サイド部分に窓ガラスがはめ込まれています。
この中は実は寝台と呼ばれているベッドスペースになっていて、ドライバーが仮眠するための空間を確保しているわけです。

なぜ2階建て構造になっているのか、そのメリットとは

通常、大型トラックにベッドがついている場合は、キャビンと言われている居住空間の後方がベッドスペースになっています。
ではなぜこのスーパーハイルーフはわざわざ2階建て構造になっているのか?
運転席の後ろにベッドがあった方が、あえて高いところに移動して寝るよりも快適なんじゃないかと疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、実はこれはドライバーの睡眠スペースを確保するという意味よりも、大型トラック全体の積載重量、つまり荷物が載るスペースを通常の大型トラックよりも多く確保するための工夫になっているのです。

一般的な大型トラックの形態だと、大型トラックの積載重量、つまり荷物を載せる箱の部分を大きくしようとすると、上に大きくするか長さを大きくするか、どちらかしか選択肢がありません。
ところが大型トラックというのは全長が12メートル以下、横幅が2.5メートル以下、高さが4.1メートル以下でないといけないと法律で決まっています。
そのため市販のトラックというのは、少しでも荷物を多く積むためにその指定サイズギリギリの大きさで製造されているので、荷台の部分をこれ以上大きくすることは規定上不可能です。

そこでトラックメーカーが目を付けたのが、通常の大型トラックのキャビン後部に装着されているベッドスペース。このベッドスペースを犠牲にすることで、ベッドスペース分、荷台の箱の部分を前に移動させることができ、その最大積載容量を大きくすることができるということに気づいたわけです。
スーパーハイルーフ型の寝台付き大型トラックというのは、少しでも荷物を積む空間を確保するための工夫であったといえます。

2階建て大型トラックの寝台内部はどうなっている?

このタイプのトラックの内部はちょっとしたカプセルホテルのような感じになっていて、閉所恐怖症の人にはちょっと厳しいかもしれません。

四方が壁に囲まれる狭い空間に押し込められるような形になってしまうのですが、蓄冷式の冷房や空調が備わっているので夏場でも安心です。これはエンジンをかけなくても冷風が出てきてくれるというものなのですが、直射日光ガンガンのところで停めているとあまり効きません。

そのほかメーカーによってコンセントや蛍光灯、カップホルダーなどがついているので装備としては割と過ごしやすい形になっています。

中古大型アルミバンおすすめ車両!

アルミバン大型 日野プロフィア トラック H18 BKG-FR1EXYG

日野/プロフィア/H18/3軸 プロシフト ラッシング2段 エアサス ジョルダー ベッド

詳細を見る
アルミバン大型 三菱スーパーグレート トラック H23 LKG-FS54VY

三菱/スーパーグレート/H23/4軸低床 ラッシング2段 排気ブレーキ2段 エアサス ベッド センターローラー

詳細を見る

中古大型
アルミバン
一覧へ

2階建て大型トラックのデメリット

また、何よりも一番気になるのが、雨の時の雨音。天井スレスレなところに自分の体を置かなければならないので、雨音が直接耳の中に入っていきます。

通常の大型トラックよりも消音材のようなものを入れているらしいのですが、それでもやっぱり寝付けない人もいると思います。このあたりは個人差はあると思いますが、お世辞にも居住性が良いとは言いづらいタイプのトラックですね。

また、このスーパーハイルーフタイプの大型トラックで一番ドライバーにとって嫌なのは、後ろへリクライニングができないこと。
運転席が通常のキャビン型の大型トラックであればある程度の角度まで椅子を後ろに倒すことが出来るのですが、こちらの大型トラックはベッドスペースが天井についている分、リクライニングするスペースが後方にありません。
ですので仮眠とまではいかなくても、ちょっと椅子を倒して横になりたいなっていうようなときに休ません。これはいわゆる絶壁型の大型トラックの泣き所になりますが、休む時は上に行って横になるしかない、というような、少し運転手としては使い勝手が悪いタイプの車になります。

何時間か寝るような長距離の仕事であれば、むしろ上にこういったスペースがあったほうがある程度の広さが確保できるので逆に居住性は良くなるかもしれません。
ただ、ちょっとした配送などで、荷降ろしでちょっと疲れたから少し横になるか、というような時に、後ろに椅子が倒れないのは辛いものがあります。

まとめ

さて、今回は2階建て構造の大型トラックの天井部分には何が入っているのかについて、解説してきました。中古などで大型トラックの購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

中古トラックおすすめ車両!

ダンプ中型  トラック H30 2KG-FC2ABA

中型/ダンプ/日野/レンジャー/H30/積載3.55t/走行1.6万km/コボレーン ETC

詳細を見る
クレーン付小型 いすゞエルフ トラック H30 TRG-NPR85AR

小型/クレーン付/ワイドロング/いすゞ/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ロープ穴4対 フック2対

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報