トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

強力な駆動力を発揮する4WDとは?駆動システムやメリット・デメリットを大解説!

強力な駆動力を発揮する4WDとは?駆動システムやメリット・デメリットを大解説!

ジャングルのドロドロの未舗装路やサラサラでグリップしづらい砂漠、摩擦係数が低下する凍結した道路など4WD駆動システムを搭載した車両が活躍するのは道路コンディションが極端に悪い悪路をイメージします。

しかし4WDは高い走破性と共に強力な駆動力を発生させる特徴も備えているため、高性能スポーツ車やトラックに搭載される駆動システムでもあると言えます。駆動システムとしての4WDの特徴やメリット・デメリットを紹介します。

駆動システム?車を駆動させる基本メカニズムとは?

駆動システム?車を駆動させる基本メカニズムとは?

自動車はエンジン出力をタイヤに伝えることで走行し、エンジンの出力を受けて駆動力を発生させるタイヤは駆動輪と呼ばれます。またエンジンと駆動輪の位置関係を駆動システムと呼び、エンジン形式にさまざまなタイプが存在するように駆動システムも5つのタイプが存在します。

自動車の駆動システムは5つのタイプに分類される

エンジンで発生させた出力で駆動輪を回転させることにより走行する自動車は、エンジンと駆動輪の位置関係によって次に挙げるFF・FR・RR・MR・4WDの5つの駆動システムに分類されます。

FF

FFはフロントエンジン・フロントドライブと呼ばれる駆動システムで車両前部にエンジンを設置し、前輪にエンジン出力を伝えることで前輪が駆動輪となる駆動システムです。一般的な乗用車に採用される駆動システムで現在最も普及している駆動システムだと言えるでしょう。

FR

FRはフロントエンジン・リアドライブと呼ばれる駆動システムで車両前部にエンジンを設置し、後輪にエンジン出力を伝えることで後輪が駆動輪となる駆動システムです。トラックに採用される駆動システムであり、国内で運行するすべてのトラックがFRで駆動していると言えます。

RR

RRはリアエンジン・リアドライブと呼ばれる駆動システムで車両後部にエンジンを設置し、後輪にエンジン出力を伝えることで後輪が駆動輪となる駆動システムです。現在国内現行モデルで駆動システムにRRを採用するトラックは存在しませんが、大型バスに多く採用される駆動システムだと言えます。

MR

MRはミッドシップエンジン・リアドライブと呼ばれる駆動システムで車両後部にエンジンを設置し、後輪にエンジン出力を伝えることで後輪が駆動輪となる駆動システムです。RRの駆動システムに類似していますが、エンジンの設置位置が後輪よりも後部であればRR、後輪よりも前部であればMRと捉えれば良いと考えられます。現在国内現行モデルで駆動システムにMRを採用するトラックは軽トラック1車種しか存在しません。

4WD

4WDはフォー・ホイール・ドライブと呼ばれる駆動システムで車両前部にエンジンを設置し、前輪・後輪にエンジン出力を伝えることで4つのタイヤ全てを駆動輪にできる駆動システムで四輪駆動とも呼ばれます。類似した駆動システムに3つ以上の車軸を搭載する車両の総輪駆動を行う全輪駆動 (AWD) が存在し、3軸車両の6×6や4軸車両の8×8などが該当します。

駆動システムごとの特性とは?

駆動システムごとの特性とは?

5つに分類される自動車の駆動システムですが、各システムの特徴によって駆動システムの採用車両が異なってきますので、各駆動システムの特徴と採用される車両を紹介します。

FF

前輪が駆動することで車両を引っ張りながら走行するため直進安定性に優れる点や、後輪を駆動させるドライブシャフトが存在しないことから室内空間の確保が行えるFFは、コンパクトカーや普通乗用車に採用されるケースが多い駆動システムです。

FR

前輪は操舵専用・後輪は駆動専用と役割分担がなされ軽快なハンドリングの実現が行えるものの、トランスミッション・デフ・ドライブシャフトなどで室内空間が犠牲になる点やリア・サスペンションの構造が複雑化するFRは大型セダンやスポーツカー、トラックなどに採用されるケースが多いと言えます。

RR

駆動輪となる後輪に直接エンジン出力を伝えやすいことや、前輪と後輪の機能を分離することでハンドルの操作性向上が望めることから1960~1970年代の小型車両に数多く搭載されてきたものの現在では珍しい駆動システムとなったRRですが、室内空間の確保が行えることから大型バスなどには採用されています。

MR

最も理想的だと言われている50:50に近い前輪と後輪の重量配分を実現できるMRは運動性能に優れることからスポーツカーに多く採用される駆動システムだと言えます。現在国内のトラックへの採用例は軽トラック1車種のみとなっています。

4WD

エンジン出力を無駄なく前後の車輪へ伝えることができる4WDは、駆動性能・走破性・走行性能に優れるため、ジープやSUV、スポーツカーや乗用車の上級グレードに採用されるケースが多い駆動システムですが、高い駆動力を必要とするトラックへの採用例も多く見られます

駆動輪の多い4WDはトラックの駆動システムに適している?

駆動輪の多い4WDはトラックの駆動システムに適している?

4WDは常時四輪駆動のフルタイム式と任意に駆動システムを切り替えられるパートタイム式が存在し、トラックに搭載される4WDはFRベースのパートタイム式が一般的で、高い駆動力が必要となる際に2WDのFRから4WDへの切り替えを行えます

どのようなトラックに4WDの設定が用意されているか

4WDの駆動システムを搭載する車両は軽トラックや小型クラス・中型クラスのトラックに多く見られます。運送業務に用いられる小型トラックで4WDの駆動システムを搭載する人気モデルを紹介します。

三菱・キャンター

三菱ふそうの小型トラックシリーズ、キャンターには1986年に投入された5代目4WD搭載モデル以降、全てのモデルに4WDモデルが用意されています。現行モデルは2010年に発売された8代目モデルとなりますが、2011年に標準キャブ車全車に全低床フルタイム4WD、ワイドキャブ車全車にパートタイム4WDが用意されました。

いすゞ・エルフ

いすゞの小型・中型トラックシリーズ、エルフには1986年に投入された4代目4WD搭載モデル以降、全てのモデルに4WDモデルが用意されています。現行モデルは2006年に発売された6代目モデルとなりますが、2019年のマイナーチェンジで4WDモデルのシングルキャブの標準キャブ・ハイキャブ・ワイドキャブを平成28年排出ガス規制に適合させています。

日産・アトラス

日産の小型・中型トラックシリーズ、アトラス は1982年発表の1.0~1.5トンクラス・1981年発表の2.0~4.0トンクラスの各初代モデルから4WD搭載モデルが投入され、現在全てのモデルに4WDモデルが用意されています。

1.0~1.5トンクラスの現行モデルは2007年に発表された3代目ですが、2019年にいすゞ小型トラックのOEM供給で合意しエルフの1.5トンモデルの供給を受ける見込みとなりました。また2.0~4.0トンクラスの現行モデルは2013年に発売された5代目となりますが、三菱からOEM供給を受けたキャンターが使用されています。

日野・デュトロ

日野の小型・普通トラックシリーズとして1999年に発売されたデュトロは初代モデル・2011年に発表された現行モデルの2代目共に4WDモデルが用意されています。初代モデル・2代目モデル共に共同開発を行ったトヨタにもダイナ・トヨエースとしてOEM供給が行われています。

4WDのメリットとデメリットとは?

4WDのメリットとデメリットとは?

トラックの前輪・後輪に駆動力を発生させる四輪駆動の4WDは完成度の高い駆動システムだと言えますが、もちろんメリットとデメリットも存在しますので4WDのメリットとデメリットを紹介します。

4WDのメリット

4WDのメリットとして真っ先に挙げられるのが走破性の高さだと言えるでしょう。四輪駆動車である4WDは前後すべての車輪で駆動力を発生させられるため、悪路走行に必要となる安定したトランクション発生が行えます。

トランクション発生が安定は悪路走行中での車両の挙動安定に繋がることが4WDの高い走破性を実現させています。またすべてのタイヤで駆動力が発生することはエンジン出力のロスを抑え加速性能の向上や力強い走りにも繋がるため、貨物自動車であるトラックにとって効果的な特徴をもつ駆動システムだと言えます。

4WDのデメリット

高い走破性や走行性能を実現させる4WDですが、駆動系等が2WDの倍となるため車両価格が高額になる傾向にあります。また駆動輪が増加することはデフの数が増加することを意味するため、車両重量の増加やメンテナンスコストの上昇がみられるのも4WDのデメリットと捉えられるケースは数なくありません。

車両重量の増加によって最大積載量が2WDモデルより減少することや燃費の悪化は避けられませんし、4WD走行時は抵抗が増加するためさらに燃費の悪化が見られるのも4WDの弱点だと考えられます。

4WDトラックの購入は中古トラック販売店がお得!

4WDトラックの購入は中古トラック販売店がお得!

機能性の高い駆動システム4WDですが、車両価格が高額化する側面を持つことが新車の4WDトラックの購入の際に問題になると言えるでしょう。4EDのトラック購入は中古トラック販売店を利用することをおすすめします。

豊富なバリエーションの車両を取り扱う中古トラック販売店

中古トラック販売店は新車同然の未使用車から低価格な車両まで、多彩な中古車両の取扱いを行っています。4WDトラックは一般的な2WDのトラックよりも登録台数が少ない傾向にありますが、中古自動車市場へは一定数が流入していますので中古トラック販売店で予算に合わせた4WDトラックを短納期で購入することができます

中古トラックのコンディションは向上している!

中古トラックの車両コンディションは生産技術の向上と共に年々向上している状況で、メンテナンスコストが高くなる4WD車も良好なコンディションの車両が取り扱われています。

車両価格が高額な4WDトラックの購入は、実車を比較しながら予算に合わせた車両を選ぶことができる中古トラック販売店の利用がおすすめです。

おすすめ4WD中古トラックはこちら!

中古 アルミバン小型 いすゞエルフ トラック H23 SKG-NHS85AN

小型アルミバン/いすゞ/エルフ/H23/走行9.2万㎞/積載1.5t

詳細を見る
中古 ダンプ小型 三菱キャンター トラック H21 PDG-FG70DD

ダンプ/三菱/キャンター/H21/走行5.6万km/積載2t

詳細を見る

4WD
中古トラック
一覧へ

まとめ

一般的なトラックに比べると4WDトラックの存在は余り知られているものではありませんが、機能性が高く完成度が高い駆動システムだと考えられる4WDを搭載するトラックは非常に魅力的な存在だと言えるでしょう。

車両価格が高額な傾向になるのが4WDトラックの弱点ですが、中古トラック販売店を利用して次に挙げる機能を搭載する4WDトラックを購入してみるのはいかがでしょうか?

四輪駆動が実現する走破性の高さ

前輪・後輪が駆動することで得られる駆動性能の高さ

4WDだけが実現できる高い走行安定性

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報