トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

4WDのメリット、デメリット

4WDのメリット、デメリット

乗用車やトラックなど、自動車を選ぶときには様々な要素から検討しますよね。大きな買い物ですから、購入する前に気になることや不明なことは解決して、自分にとってベストな自動車を選びたいところです。

自動車を比較検討する際の判断材料は多種多様ですが、そんな中でもよく悩みのタネとして耳にすることの多い「駆動方式」。自動車に詳しくない方でも、「4WD」「2WD」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

今回は、そんな駆動方式の基本、そして4WDの自動車を選択するメリットとデメリットについて解説していきます!

そもそも4WDとは? 駆動方式の基本

まずは駆動方式の基本となる、「4WDって何?」「2WDとの違いは?」という点について見ていきましょう。
4WDというのは「4 Wheel Drive」の略で、自動車の駆動方式のひとつ。4輪駆動とも呼ばれ、車の前後4つの車輪すべてにエンジンの力が伝わり、4輪全体で駆動するシステムのことを指します。
一方2WDとは、前か後ろどちらかの2輪のみがエンジンによって駆動する方式のこと。前輪にエンジンの駆動力が伝わる「FF」と、後輪にエンジンの駆動力が伝わる「FR」があります。FFには自動車が軽量化しやすいというメリットがあり、FRには運転の安定性が高いというメリットがあるのが特徴です。

4WDのメリット

それではここからは、本題となる「4WDのメリット・デメリット」について見ていきましょう。まずは4WDのメリットからです。

4WDの何よりのメリットとして挙げられるのは、雪道や舗装状況の良くない悪路での走行性に優れているという点です。2WDの自動車だと前輪か後輪のみの駆動となるため、特に雪道などでは安定性が悪く、運転性能も落ちてしまいます。4WDであればそのような悪路でもタイヤの空転やスリップなどのリスクが減り、安定的に走行することが可能です。
また、すべての車輪が駆動することでパワーが上がるため、加速力にすぐれているのもメリットのひとつ。エンジンのパワーを余すことなく活用できるのが魅力です。

4WDのデメリット

それでは逆に、4WDにはどのようなデメリットがあるのでしょうか? 私たちにとって一番気になるデメリットとしては、「値段が高くなってしまう」という点が挙げられます。4WDの駆動を実現するためには2WDとは異なる特別な駆動機構が必要になるので、2WDの車と比べると価格は高めになってしまいます。それに購入時だけではなく、メンテナンス時にも割高なコストがかかってしまうことがあるでしょう。

また動かす車輪が多くなる分ガソリンも多く消費するため、燃費性能は2WDの自動車より落ちることが多いです。さらに2WDにはない部品も多数使用されるため、車両の重量はより重くなります。

トラックはFRがメイン!?

さて、乗用車よりもパワーが必要で、車両のサイズも大きいトラックには、なんとなく4WDを使っているようなイメージがありますよね。ところが実は、トラックの駆動方式は2WDのFRがメイン。4WDのトラックというのは非常に数が少ないんです。

4WDのデメリットの項目でも触れた通り、4WDはコストが高く燃費も悪いため、あまりトラックで採用するメリットがないというのが現実。FRであれば十分に運転時の安定性も高いですし、FFよりも車体が扱いやすいので、大型のものも含めてトラックではFRが圧倒的な主流です。
ただ東北地方や北海道など、冬に積雪がある地域では降雪時に4WDに切り替えられるトラックも使われている他、除雪車などで4WDが使用されているケースも多くなっています。

まとめ

今回は、自動車の駆動方式である「4WD」「FR」「FF」の基本と、4WDのメリットやデメリットなどについて見てきました。
基本的には2WDの車を選ぶことが多いと思いますが、積雪のある地域で使用する場合や悪路を走ることが多い場合には、4WDも有力な選択肢になります。購入する自動車の駆動方式を4WDにしようかと考えている方は、ぜひ今回ご紹介した内容も参考にしてみてくださいね。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報