トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

高収入ドライバーへの登竜門!フォークリフト免許の取得手順・費用・日数とは?

高収入ドライバーへの登竜門!フォークリフト免許の取得手順・費用・日数とは?パレットなどの貨物の下にフォークと呼ばれるツメを差し込み、貨物を持ち上げて運搬する昇降装置付運搬車両のフォークリフトは、取扱い貨物量が大きなトラックの荷役作業の効率向上が求められる物流業界にとって欠かせない存在だと言えます。フォークリフトの運転や操作にはフォークリフト免許と呼ばれる資格が必要で、トラックドライバーにとってフォークリフト免許は取得が必須な資格と言われています。高収入ドライバーへの登竜門的資格ともいえるフォークリフト免許の取得手順や費用・日数などを紹介します。

パレット積みパレット下ろしで効率的な荷役作業を実現させるフォークリフトとは?

パレット積みパレット下ろしで効率的な荷役作業を実現させるフォークリフトとは?
貨物が積み込まれたパレットに巨大なツメを差し込み、トラックの荷台に貨物をパレットごと積み下ろしを行う昇降装置付運搬車両のフォークリフトを「今まで1度も目にしたことがない」というトラックドライバーはいないのではないでしょうか?

ひと口にフォークリフトと言っても非常に多くのタイプが存在し、動力源にガソリンエンジンやディーゼルエンジンを使用するエンジン式と電気モーターで駆動するバッテリー式の2つに大別されます。

またJIS規格を取得し国内で活躍するフォークリフトは12種類存在しますが、フォークの昇降とフォークを搭載するマスト(支柱)を前後に傾け積み荷を平行に保つことができるカウンターバランス式と呼ばれるタイプが最も一般的で広く普及しています。

後輪操舵が一般的なフォークリフトの操作感覚は前輪操舵のトラックと大きく異なる

前輪が操舵輪となるトラックはハンドルを切った方向に旋回しますが一般的なフォークリフトは操舵輪が後輪となるため、ハンドルを切った方向とは逆方向に旋回するためフォークリフトの操作感覚はトラックと大きく異なります。

またホイールベースが短くハンドルの切れ角が大きいため最小旋回半径が非常に小さく、トラックと比べると驚くほど小回りが利くのもフォークリフトの特徴でトラックの操作感覚と大きく異なる点だと言えるでしょう。

フォークリフトは使用場所によって労働安全衛生法や道路交通法などの規制を受ける

フォークリフトはボディサイズや最高速度で小型特殊自動車・新小型特殊自動車・大型特殊自動車に分類されますが、私有地である事業所の敷地内で使用する場合は国土交通省や市区町村への登録を行う必要がありません。

しかし公道でフォークリフトを走行させる場合は道路交通法の規制を受けるため車両区分に合わせた登録を行いナンバープレートの交付を受ける必要があります。また私有地内で運転・操作する場合でも労働安全衛生法の規制が適用されるためフォークリフトの運転・操作資格を満たす必要があります。

複数法の規制を受けるフォークリフトの運転・操作に必要な免許や資格とは?

複数法の規制を受けるフォークリフトの運転・操作に必要な免許や資格とは?
フォークリフトの運転・操作は公道で行う場合は道路交通法、私有地内で行う場合も労働安全衛生法の規制が適用されるため、いずれの場合も無免許・資格で行うことができませんので道路交通法が適用される公道と労働安全衛生法が適用される私有地内でのフォークリフトの運転・操作に必要な免許や資格を紹介します。

フォークリフトの公道走行には特殊免許が必要

既述のとおりフォークリフトで公道を走行する場合は国土交通省や市区町村への登録を行い、ナンバープレートの交付を受ける必要があり、運転には小型特殊免許・大型特殊免許の保有が求められます

またフォークリフトの操作は労働安全衛生法が適用されるため、フォークリフト免許と呼ばれる操作資格の取得が必要ですが、運転免許・フォークリフト免許を保有していても貨物を積載した状態での公道走行や公道での荷役作業は禁止されています。

構内でトラックへの貨物の積み下ろし作業に必要な資格とは

私有地である事業所の構内だけで使用する場合は国土交通省や市区町村への登録義務の対象外となりますので、ナンバープレートのない状態でフォークリフトを使用しても問題ありませんし、小型特殊免許・大型特殊免許も必要ありません。

しかしフォークリフトの操作には労働安全衛生法が適用されるためトラックの荷役作業などを行うためにはフォークリフト免許の取得が必要となり、私有地内であっても無資格での作業は違法行為となります。

フォークリフト運転資格を取得しても運転免許への記載はされない

フォークリフトの操作に必要となるフォークリフト免許ですが、自動車運転免許制度の根拠法が道路交通法であるのに対しフォークリフト免許は根拠法が労働安全衛生法であることから、フォークリフト免許は取得しても運転免許証に記載されるものではありません。

また一般的にフォークリフト免許と呼ばれていますが、正式にはフォークリフト運転技能講習修了証やフォークリフト運転特別教育修了証と呼ばれ、免許ではなく資格に分類されます。

フォークリフトの運転資格は最大積載荷重1トンを境に異なる

フォークリフトの運転資格は最大積載荷重1トンを境に異なる
道路交通法ではボディサイズや最高時速でフォークリフトを小型特殊自動車・新小型特殊自動車・大型特殊自動車に分類し、小型特殊免許・大型特殊免許の2つに運転資格を分類しています。

労働安全衛生法ではフォークリフトの最大積載荷重でフォークリフト免許を2つに区分しており、保有するフォークリフト免許の資格に該当するフォークリフトしか運転・操作できません

最大積載荷重1トン未満のフォークリフトの運転資格

最大積載荷重1トン未満のフォークリフトはフォークリフト運転特別教育を受講し「フォークリフト運転特別教育修了証」を取得していれば運転・操作を行えます。また1トン以上のフォークリフト免許を取得している場合も1トン未満のフォークリフト免許保有者と同等に運転・操作資格を有します。

最大積載荷重1トン以上のフォークリフトの運転資格

最大積載荷重1トン以上のフォークリフトはフォークリフト運転技能講習を受講し「フォークリフト運転技能講習修了証」を取得していれば運転・操作を行えます。1トン未満のフォークリフト免許のフォークリフト運転特別教育修了証を保有していても1トン以上のフォークリフトを運転・操作することはできません。

無資格でのフォークリフトの運転や操作は違法行為として処罰される

フォークリフトの運転・操作は危険が伴うことからフォークリフト免許と呼ばれる資格を保有していることが運転・操作条件となり、無資格でフォークリフトの運転・操作を行うことは違法行為となり処罰されます。

処罰対象となるのは

  • 無資格でフォークリフトを運転・操作した本人
  • フォークリフトの管理を行う会社(フォークリフトの保有者)
  • フォークリフトの管理を行う会社の代表者

となり処罰内容は

  • 無資格運転・操作を行った本人:50万円以下の罰金または6ヶ月以下の懲役
  • フォークリフトの管理会社と代表者:50万円以下の罰金または6ヶ月以下の懲役

ですのでフォークリフト免許を保有しない無資格者の運転・操作に対しては非常に厳しい処置がとられると言えます。

フォークリフト運転資格の取得方法や取得手順・日数・費用とは?

フォークリフト運転資格の取得方法や取得手順・日数・費用とは?

フォークリフトの運転・操作に必要なフォークリフト免許はトラックドライバーにとって不可欠な資格であると言えますので、フォークリフト免許の取得方法・取得手順、取得にかかる日数・費用を紹介します。

取得する運転資格区分で取得手順・日数・費用は異なる

既に紹介したとおりフォーリフト免許には2つの資格区分が存在し、取得方法・取得手順、取得にかかる日数・費用は次に挙げるように異なります。

最大積載荷重1トン未満のフォークリフト運転資格取得の取得

最大積載荷重1トン未満のフォークリフト免許であるフォークリフト運転特別教育修了証の取得条件のフォークリフト運転特別教育はフォークリフトメーカーや一般社団法人で行われています

フォークリフト運転特別教育を実施している団体に申し込み、修了すれば1トン未満のフォークリフト免許であるフォークリフト運転特別教育修了証を取得できます。修了証取得までの日数や費用は次のとおりです。

  • 受講資格:18歳以上
  • 教育科目:学科(6時間)及び実技(6時間)
  • 教育日数:最短2日
  • 取得費用:約15,000円

最大積載荷重1トン以上のフォークリフト運転資格取得の取得

最大積載荷重1トン以上のフォークリフト免許であるフォークリフト運転技能講習修了証の取得条件のフォークリフト運転技能講習は各都道府県の労働局長の指定を受けた教習所などの教習機関で行われています

フォークリフト運転技能講習を実施している教習機関に申し込み、修了後に行われる試験に合格すれば1トン以上のフォークリフト免許であるフォークリフト運転技能講習修了証を取得できます。

受講資格は18歳以上で基本講習科目は学科(11時間)・実技(24時間)ですが、保有免許や資格によって運転技能講習が免除され修了証取得までの日数や費用が次に挙げるように異なります。

保有免許や資格 講習時間 講習日数 取得費用
無免許・無資格 35時間 平均約5日 約50,000円
自動車免許・大型特殊自動車(限定)免許 31時間 平均約4~5日 約40,000円
運転特別教育修了証取得者(実務経験3ヶ月以上) 15時間 平均約2~3日 約25,000円
大特車免許及び自車免・大特車(限定)免許と
転特別教育修了証取得者(実務経験3ヶ月以上)
11時間 最短2日 15,000円

フォークリフト免許取得後のキャリア充実で独立トラックドライバーに成れる!

フォークリフト免許取得後のキャリア充実で独立トラックドライバーに成れる!

フォークリフト免許取得はトラックドライバーのスキルアップとして最もポピュラーな方法であると共に、高収入ドライバーへの登竜門として取得が不可欠な資格だと言えます。将来的な独立を目指しながらトラックのハンドルを握る現役トラックドライバーは少なくありませんが、フォークリフト免許は独立には不可欠な資格だと言えるでしょう。

トラックドライバーとして独立するためには自前トラックが必要となる

トラックドライバーの独立は運送業法人の設立と個人事業主の2つの方法が存在しますが、個人事業主として独立するケースが一般的だと言えます。法人設立の場合は5台以上、個人事業主の場合でも最低1台は自前のトラックを用意する必要があり、個人事業主として独立を目指す場合でもトラックの購入が必要となります。

車両価格が高額なトラックの購入が独立の障壁となり独立を見送るドライバーの存在は少なくないのではないかと推測しますが、中古トラック販売店を有効活用することで、希望の中古トラックが手に入り、夢の独立ドライバーへの一歩を大きく踏み出すことができます。

着実なスキルアップと中古トラック販売店有効活用で独立・高収入を実現しよう!

運送業者に属するサラリーマンドライバーも独立ドライバーの場合も効率的な荷役作業を実現するフォークリフト免許の取得は、高収入が見込めるドライバーの絶対条件だと言えますので早いタイミングでのフォークリフト免許取得をおすすめします。

フォーク免許を取得し実務経験を重ねスキルアップすることで、将来的な独立ドライバーとしてのビジョンが少しずつハッキリと見えてくるのではないでしょうか?

まとめ

荷役作業効率を劇的に向上させることができるフォークリフト免許はトラックドライバーの必須取得資格だと言えますし、高収入ドライバーへの登竜門と言っても過言でない資格に位置付けられると言えます。

フォークリフト免許は次の2種類に区分され独立ドライバーを目指すなら最大積載荷重1トン以上のフォークリフト免許を取得すべきだと言えます。

最大積載重量1トン未満の運転資格は運転特別教育修了証

最大積載重量1トン以上の運転資格は運転技能講習修了証

独立ドライバーを目指すなら運転技能講習修了証の取得が効果的

 

中古トラックおすすめ車両!

中古 トレーラ 国内・その他 H18 DFPTF241BN改

コンテナシャーシ/フルハーフ/H18/31FT/積載31t/第五輪荷重9.27t以上/エアサス

詳細を見る
中古 クレーン付小型 日野デュトロ トラック H26 TKG-XZU650M

小型/日野/デュトロクレーン付/標準ロング/H26/走行9.1万km/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ハイルーフ

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報