トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

中古トラックのリサイクル料金ってなぜ・いつ支払うの?ちゃんと教えます!

中古トラックを購入する際に諸費用として発生するリサイクル料金。これってどのようなものかご存知ですか?

リサイクル料金とは?

平成17年1月1日から施行された「自動車リサイクル法」によって、前払いで納付することを義務づけられている、車の廃棄処分のための費用です。
車には、シュレッダーダストやフロン類、エアバッグなど、廃棄処理時に適正に処分しなければ環境に悪影響を及ぼす物が使用されています。
これらを適正に廃棄処理するための費用に圧迫された業者等が、不法投棄や適性でない処理を多発させたことで、大きな社会問題となり、政府は改善のために、事前に「リサイクル料金」として、車の所有者にも廃棄処分にかかる費用の負担を義務付けました。
車の所有者がリサイクル料金を納付すると、リサイクル券というものが発行され、車の所有者が変わる場合は、この「リサイクル券」も同時に引き継がれるというしくみになっています。リサイクル券は、車を廃車にするときに必要な書類ですので、大切に保管する必要があります。

リサイクル料金の対象者は?

リサイクル料金は、新車、中古車に関わらず流通している車を所有するすべての方に納付の義務があります。
納付は1台につき1度だけですが、中古車の場合は、必ずしも購入時に納付しなければならないわけではないので、購入時のリサイクル券の有無によって、納付する場所やタイミングが異なるため注意が必要です。

リサイクル料金を支払うタイミングは?

中古車の購入時にリサイクル料金が発生しなかった場合は、車検時に運輸支局や車検業者で、リサイクル料金を納付する必要があります。
購入時に中古車にリサイクル券が付いている場合は、以前の所有者がリサイクル料金を納付しているということになります。しかし、売却時にリサイクル券も同時に売却することになりますので、次の所有者となる方は、その中古車を購入すると同時にリサイクル料金を納付することになります。
中古車販売店など、車を販売する側では、リサイクル料金は、車両本体価格とは別の「諸費用」として計上されますので、諸費用にリサイクル料金が含まれている場合は、リサイクル券が付いているかどうか、きちんと確認しておきましょう。

車を手放す場合

リサイクル料金は、最終的に、車の最後の所有者が負担することになります。
このことはあまり知られておらず、購入時にリサイクル料金を納付して負担するのみだと考えている方が多くいらっしゃいますが、車を売却する場合には、リサイクル券も同時に売却することになりますので、リサイクル料金は手元に戻ってきます。
購入時だけでなく売却時にも、車両本体価格とは別にきちんとリサイクル料金が計上されているかどうか、確認しましょう。
リサイクル券のない車を次の車検前に廃車にする場合には、自治体に登録されている整備工場や解体業者にリサイクル料金を納付して、リサイクル券を発行してもらった上で、廃車の手続きを行う必要があります。リサイクル券がある場合は、そのまま廃車の手続きを行うことができます。

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報