トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

中古トラック購入時に支払うリサイクル料金とは?リサイクル券は再発行されない?

トラックリサイクル券
参照元:環境省自動車リサイクル関連

中古トラック購入時の諸経費にもリサイクル料金はしっかりと含まれます。今回のコラムでは、リサイクル料金のシステムやリサイクル券の取り扱いなどを解説します。

新車購入時だけでない!中古トラック購入時にも発生するリサイクル料金とその内訳は?

解体処分されるトラックからはシュレッダーダストやフロン類、エアバッグなど適正に処分しなければ環境に悪影響を及ぼす廃棄物が大量に発生します。しかしこれらの処分には少なくないコストがかかることから、処理を行わない不法投棄や放置車両が増加し社会問題となりました。

このことから政府は自動車メーカーや輸入業者が廃車されたトラックを引き取り適正な処理を行うことを義務付ける「自動車リサイクル法」を制定し、2005年1月1日から施行されています。

リサイクル料金の内訳

  • シュレッダーダスト
  • エアバッグ類(シートベルトプリテンショナー含む)
  • フロン類の処分
  • 情報管理料金
  • 資金管理料金

メーカーや輸入業者に処理を義務付ける一方で、2005年1月1日以降に新車登録したトラックや車検を受けたトラックの所有者には処理費用の負担が義務付けられています。自動車リサイクル料金を納付するとリサイクル券が発行され、トラックの所有者変更の際には車検証などトラックの必要書類と共にリサイクル券が引き継がれます。

このリサイクル券は廃車手続きを行う際に必要となるものなので、厳重な保管が必要となります。

気になるトラックのリサイクル料金の相場は?

リサイクル料金
現在国内に登録され車検を受けている全ての車両に自動車リサイクル法が適用されていますが、普通自動車とトラックのリサイクル料金にあまり価格差は存在しません。これは適正な処分を必要とするのが、エアバッグやエアコンであり普通車とトラックのサイズが大きく異なるシャーシやボディといった部分が影響するものでないことが理由だと考えられます。

車両サイズ別のリサイクル料金は下記となっています。

  • 小型トラック:5000~10000円
  • 中型トラック:6000~15000円
  • 大型トラック:8000~20000円

購入予定のトラックのリサイクル料金を具体的に知りたい場合は自動車リサイクルシステムの公式サイト内で公開されているリサイクル料金検索を利用すれば知ることができます。

リサイクル料金納付義務の対象者とは?

リサイクル料金納付義務の対象者
リサイクル料金の納付義務は既述した通り2005年以降に新規登録や車検を受けたトラックの所有者となっています。リサイクル料金の納付は1台に付き1度だけとなっており、中古トラックの場合は既にリサイクル料金の納付が行われているケースが圧倒的多数だと考えられます。

中古トラックのリサイクル料金納付のタイミングは?

自動車リサイクル法の施工から10年以上経過する現在、流通しているほぼ全ての中古トラックはリサイクル料金の納付が行われていると考えられます。このためトラックに付帯する書類の中にはリサイクル券が含まれていることが予想されますので、購入する中古トラックにリサイクル券が付帯する場合は中古トラックの購入代金と共にリサイクル料金を支払いリサイクル券を譲り受ける必要があります。

仮にリサイクル料金未納のトラックでリサイクル券が付いていない場合は、車検時に陸運支局や車検業者にリサイクル料金を納付し、リサイクル券の発行を受ける必要があります。

トラック売却時にリサイクル料金は返却される?

リサイクル料金返却
自動車リサイクル法で定められるトラックの所有者に対するリサイクル料金の負担は、トラックを廃車にする最後の所有者が負うことになります。リサイクルシステム運営のために便宜上トラック購入時にリサイクル料金の納付を行いリサイクル券の発行を受けますが、リサイクル券はトラック売却時に車両と共に売却できるので、廃車にしない場合は納付したリサイクル料金は戻ってきます。

トラックの売却時にはリサイクル券が必要!

トラックの売却時にリサイクル料金を取り戻すためにはリサイクル券をトラックと共に売却する必要がありますが、リサイクル券を紛失してしまった場合再発行を受けることができませんので管理には注意が必要です。

仮にリサイクル券を紛失してしまった場合は、自動車リサイクルシステムの公式サイトからリサイクル料金の預託状況を確認し、印刷することでリサイクル券の代用が行えますがリサイクル券は車検証などと一緒に管理することをおすすめします。

自動車リサイクルシステムの公式サイト内でリサイクル料金の預託状況を確認するのには、車検証に記載されている車台番号と登録番号かリサイクル券番号の入力が求められます。万一の際に備えリサイクル券番号の控えを取っておくべきだと言えるでしょう。

リサイクル料金納付済トラックを輸出した場合は?

リサイクル料金の納付を行ったトラックを国内の中古トラック市場へ売却せず、海外に輸出した場合は自動車リサイクルシステムにリサイクル料金返還の手続きを行うことで納付したリサイクル料金が返還されます。

しかし輸出に伴うリサイクル料金返還手続きは輸出日から2年以内に行う必要があるので、注意が必要です。しかし、個人輸出を行うケースは稀であると考えられるため輸出を行う場合は仲介業者とリサイクル料金の返還に付いて打ち合わせる必要があると言えるでしょう。

中古トラックおすすめ車両!

車輌重機運搬大型 三菱スーパーグレート トラック H30 2PG-FS70HZ

大型/車両重機運搬/セルフローダー/三菱/スーパーグレート/2.93t吊4段 ラジコン フックイン ウインチ 歩み板

詳細を見る
クレーン付小型 いすゞエルフ トラック H30 TRG-NPR85AR

小型/クレーン付/ワイドロング/いすゞ/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ロープ穴4対 フック2対

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報