トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

中古トラックの維持費はどのくらい?新車の場合と比較してみた!

トラック中古と新車の維持費はどのくらいか比較
仕事で新たなトラックが必要になった場合、中古トラックの購入を検討される方は多いでしょう。中古トラックであれば何と言っても費用が安くて済みますし、最近はインターネットでの在庫確認なども簡単になり、購入の手間は少なくなってきています。

中古トラックを買うとなると、気になるのがその後にかかってくる維持費ですよね。果たして中古トラックにはどのような維持費がかかり、それぞれどれくらいの値段になるのでしょうか。今回は、気になる中古トラックの維持費について見ていきたいと思います!

中古トラックの維持にかかる主な費用一覧

それでは早速、中古トラックの維持にかかる主な費用を、一覧でざっと確認していきましょう。各項目の大まかな相場の目安も併せて記載しておきますので、参考にしてみてくださいね。

自動車税

中古トラックの維持費の中でも決して忘れられないのが、税金ですよね。自動車税の費用は自家用か事業用かなどによって変わってきますが、およそ15,000円?20,000円程度です。

自動車重量税

中古トラック維持のための税金としてもうひとつかかってくるのが、自動車重量税になります。こちらも自家用か事業用かによって金額が異なり、だいたい20,000円?33,000円ほどです。

自賠責保険料/その他の任意保険料

トラックを運転するなら、自賠責保険も欠かせませんよね。自賠責保険料の相場はおよそ35,000円?50,000円ほど。さらにその他の任意保険にも加入する場合、トラックだと20万円?40万円程度の保険料が必要になることもあります。

車検費用

車検費用も、トラックを維持する上で必ずかかってくるお金ですよね。トラックの重量や検査する業者などによって値段はだいぶ変わってきますが、およそ10万円?20万円程度の価格になることが多いようです。

その他

その他の維持費用として計算に入れておきたいものとしては、燃料費や駐車場代などが挙げられます。中古トラックをローンで購入した場合、そのローン費用のことも忘れずに考えておかなければなりません。

中古トラックと新車の維持費の違い

中古トラックの購入を検討したときに気になるのが、「中古のトラックと新車のトラックだと、維持費に違いはあるの?」という点だと思います。これは個別の車両の状況によっても異なるので一概には言えませんが、概ね中古トラックのほうが若干、新車よりも維持費がかかる傾向にあるようです。

これにはメンテンナンス費用の違いが大きく関係しています。当然中古トラックのほうが走行距離は長いので、エンジンオイルの交換など、諸々のメンテンナンス費用がより多くかかってくるというわけです。また中古トラックの場合、新車についてくる保証期間・保証距離が終わっていることが多いので、部品交換などが必要になってきた際、その分の高いコストがかかってしまうことも考えられます。

ただその一方でメンテンナンス費用以外の面を見てみると、車検費用などは同じですし、税金もより年数の経過した中古トラックのほうが安く済むことが多いでしょう。そのためトータルで見てみると、世間で言われているほど中古トラックの維持費が大幅に高いというわけでもなさそうです。

まとめ

中古トラックを買うときは、やはり購入代金だけではなく、その後の維持費もかなり気になりますよね。トラックの維持費はやはり普通の乗用車よりも高くなりますので、年間でかかる維持費もしっかり計算した上で、購入する中古トラックを決定することが大切です。

これから中古トラックを買ってみようと考えている方は、ぜひ今回の記事の内容を参考に、トータルの維持費を前もってある程度計算しておくようにしてみてくださいね!

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報