トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

車の下でオイルがポタポタ…エンジンオイル漏れ!修理費用はどのくらい?

中古トラックを購入するにあたり、要チェック項目の一つがオイル漏れです。そもそもオイル漏れってどういう状態?エンジンオイル漏れの修理費用は?の疑問にお答えしていきます。

オイル漏れとは

エンジンオイルについての説明は、中古トラック基礎知識のエンジンオイルでご覧ください。
オイル漏れには、
・外部漏れ
・内部漏れ

の2種類があります。
どちらも放置してしまうと大変危険です。

外部漏れ

外部漏れの症状

駐車したとき車輌の下に水たまりのようにオイルが漏れる症状のことです。
見ればすぐにわかります。

外部漏れの原因

外部漏れの原因は、そのほとんどがオイル下がりです。

オイル下がりとは

エンジンのヘッド部分を潤滑しているオイルが燃焼室に入り込み、爆発時にガソリンと一緒に燃えてしまう現象のことです。ヘッドカバーパッキン(またはヘッドカバーガスケット)というゴム部分の劣化によって起こります。

オイル下がりを放置してしまうと、エンジンオイルが減少してエンジン内部の潤滑が出来なくなり燃焼室にダメージを与えて、最終的にはエンジンが焼き付き故障してしまいます。オイルに引火すると火災の危険性もあります。

内部漏れ

内部漏れの症状

内部の漏れは見た目ではわかりませんが、排気ガスが青白い煙になっているのが内部漏れのサインです。
オイルの減りがやけに早いな、と感じたら注意してください。

外部漏れの原因

内部漏れの原因はオイル下がり・オイル上がりです。

オイル上がりとは

エンジンオイルが燃焼室に侵入してしまうという点ではオイル下がりと同じですが、オイル上がりの場合は、ピスロンリングの固着やシリンダの傷によってオイルが侵入します。

エンジンオイル漏れの応急処置

修理するほどでもない初期段階の場合は、自分で応急処置を施すことができます。
何よりも優先してやらなければならないことは、減った分のオイルを補充することです。その次に漏れている原因に対する対策をします。

エンジンオイル漏れ止め剤を使用する

エンジンオイル漏れ止め剤

エンジンオイルの漏れ止め剤を、エンジンオイルに混ぜて入れておくと、劣化していたゴム類を回復させ、オイルの漏れを止めることができます。
こちらはものによりますが、数千円~二万円ほどで購入することができます。
オイルと混ぜて使うので、オイル交換をしてから使用した方が良いです。とても安価に対応することが可能ですが、残念ながら即効性がなく、効果が出るまである程度の走行や時間が必要になります。

エンジンオイル添加剤を使用する

オイルの粘度を上げたり、金属部分に被膜を作ることでオイルの漏れを防止しますが、効果は長持ちしないものが多いです。
原因を改善することはできません。

エンジンオイル自体を変える

違うエンジンオイルを使用

オイルの粘度を上げたり、金属部分に被膜を作ることで漏れが止まる場合もあります。
車種によって使えるオイルはある程度決まっているので、燃費の悪化やエンジンへの負担のないようにきちんと確認をしてから対応してください。

エンジンオイル漏れの修理

上にご紹介した方法はあくまでも応急処置です。気づいたときにはエンジンが…なんてことにならないよう、早めにオイル漏れの修理を行うことをオススメします。
修理費用は基本的には数千円~一万円程度です。
修理しにくい場所であったり、大掛かりな部品交換が必要になる場合は数万円~数十万円程になってしまうこともあります。
莫大な修理費用が必要な事態に陥ってしまう前に、少しでもおかしいなと感じたら早急な対応が必要です!

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報