トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

中古トラックの車検証の見方と手続きについて

中古トラックの車検証の見方と手続き

トラックや自動車を持っているなら忘れてはいけないのが、「車検」の存在ですよね。中古トラックを購入するときにも、その車両の車検の状況をよく確認しておかなければなりません。中古トラックを買うのであれば、誰でも一度は車検証を目にすることになるでしょう。

ところがこのトラックの車検証、パッと見ると少し難しそうで、どこに何が書いてあるのか、やや分かりづらいですよね。特に初めてトラックを使う方なら、なおさらのことだと思います。そこで今回は、中古トラックの車検証(自動車検査証)の見方や、中古トラック購入時に気をつけておきたい車検の状況について、ご紹介していきます!

中古トラックの車検証の見方をチェック!

まずは、中古トラックの車検証の見方を、主な項目別に見ていきたいと思います。中古トラックの車検証を見ていていまいちわからない項目があったら、下記のリストをチェックしてみてくださいね。

自動車登録番号又は車両番号

これは車両のナンバーのことです。簡単ですね。

登録年月日/交付年月日

車両を登録した日(中古トラックなら、名義変更をした日)の日付です。

初度登録年月

車両が初めて登録された年月。中古トラックの場合、前の所有者(あるいはそのさらに前の所有者)が新車として登録した年月になります。

車名

これはトラックのタイプや車種などではなく、メーカーの名前が登録されます。

車台番号

法律によって登録が義務化されているその車両固有の番号ですが、ナンバーとは異なります。

型式

該当する車両の型式が、アルファベットと数字の組み合わせで表されています。

有効期間の満了する日

車検の期限です。この日の前に車検を更新する必要があります。

中古トラックが車検切れだった場合と車検ありの場合の対応

購入する中古トラックの車検がまだ残っていれば特に問題はありませんが、やはり中古ですので、車検切れとなっていることも珍しくはありません。その場合は、中古トラックの販売店側で必要な手続きをして、納車前に車検を通すことになります。特に購入者側で何か特別な対応が必要になるわけではありませんが、車検がある場合と比べて納車までの日数が数日程度伸びてしまうので注意してください。

なお車検の期間が残っている場合は、そのまま納車となりますので、何も問題はありません。ただし残り期間が短い場合は、購入後すぐに車検が必要になってしまう可能性もあるので、必ず有効期間を確認しておいてくださいね。

中古トラックの「一時抹消登録」って?

さて、中古トラックを購入する際、「車検切れ」「車検あり」ではなく、車検が「一時抹消登録」という状態になっている場合があります。これは一定期間車両を使わない際に中古トラックの登録を一時的に抹消する手続きのことで、前の所有者がこの「一時抹消登録」をしているケースもあるでしょう。

その場合は、陸運局で一時抹消登録を解除し、新規登録する手続きが必要になります。ただしこの手続きは大抵の場合販売店側で代行してくれるので、心配はいりません。代行してもらうために「委任状」の提出が必須となるので、その点だけ留意しておきましょう(委任状も販売店側で用意してくれるので、事前準備は不要です)。

まとめ

中古トラックの購入にまつわる手続きや書類の中でも、一番注意が必要だと言える車検。購入時には中古トラック販売店が色々とサポートしてくれるのであまり心配はいりませんが、それでも自分でもある程度理解しておくのは重要です。

中古トラックの車検証の見方や、車検の手続きでわからないことがあったら、ぜひこの記事の内容を一度見直してみてくださいね!

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報