土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

三方向に荷下ろしできるマルチトラック!三転ダンプを掘り下げながら大紹介!

三方向に荷下ろしできるマルチトラック!三転ダンプを掘り下げながら大紹介!

荷台に積み込んだ大量の土砂を力強く荷台を持ち上げ一気に荷下ろしするダンプカーは働くクルマの代名詞と言っても過言ではない存在で一般的に広く知られた知名度の高いボディタイプのトラックです。

世界中には多くのダンプが存在し、国内でも各メーカーが各車両区分にさまざまなダンプを用意し普及してしているなかで三転ダンプの存在は意外と知られてないのではないかと考えられます。車両の左右側面と後方の三方向に荷下ろしができるマルチ車両「三転ダンプ」の特徴やメリット・デメリットなどを掘り下げながら紹介します。

荷台部分のベッセルを持ち上げ一気に荷下ろしを行えるダンプカー

荷台部分のベッセルを持ち上げ一気に荷下ろしを行えるダンプカー

多くの方がイメージするダンプの姿はベッセルと呼ばれる荷台部分を高々と持ち上げ、車両後方に力強く荷下ろしを行うリアダンプではないでしょうか?リアダンプが国内で最も普及するダンプであることはいうまでもなく、リアダンプがダンプの代名詞として位置付けられるのは当然の流れだと言えます。

しかしベッセル前部を持ち上げ車両後方に荷下ろしを行うことからリアダンプと呼ばれるリアダンプ以外にもダンプは存在し、車両の左右側面と後方の三方向に荷下ろしができる特徴的な荷下ろしシステムを搭載するダンプとして三転ダンプが挙げられます

ダンプは荷下ろし方法で3つのタイプに分類できる

国内で運行するダンプの多くがベッセル前部を持ち上げ車両後方に荷下ろしを行うリアダンプのためリアダンプがダンプのステレオタイプのイメージとなっていますが、ダンプは荷下ろし方法によって次に挙げる3つのタイプに分類することができます。

  • リアダンプ:ベッセル後部から荷下ろし
  • サイドダンプ:ベッセルの左右から荷下ろし
  • 三転ダンプ:ベッセル左右と後部から荷下ろし

高い場所への荷下ろしが可能なリフトダンプなども存在しますが、荷下ろし方向では既述の3つのタイプでダンプは分類されます。

側面と後方の三方向へ荷下ろしが可能な汎用性の高い三転ダンプ

前項で紹介した3種類のダンプの中でリアダンプは車両後方への荷下ろし、サイドダンプは車両の側面への荷下ろししか行えないのに対して車両後方と左右の両側面への荷下ろしが可能なのが三転ダンプで、三転ダンプは最も汎用性の高いマルチなダンプだと言えます。

汎用性の高い三転ダンプが活用されるフィールドとは?

汎用性の高い三転ダンプが活用されるフィールドとは?

荷下ろし方法でリアダンプ・サイドダンプ・三転ダンプに分類されるダンプですが、「リアダンプ以外見たことがない!」という方も少なくないのではないでしょうか?特に最も汎用性の高いマルチなダンプの三転ダンプがどのようなフィールドで活躍しているのがは気になるところですので、三転ダンプが活躍するフィールドを紹介します。

側面・後方の三方向に荷下ろしができる三転ダンプは制限の多い現場に最適

縦方向に荷下ろしを行うリアダンプは前部の積み荷を下すためベッセルを高々と持ち上げる必要があり高さに制限がある場所では使用が困難ですし、一方通行の道など狭い場所で荷下ろしを行うと荷下ろしした土砂などが道を塞ぐことになりかねません。

縦方向・横方向で自在に荷下ろしが可能な三転ダンプであれば高さが取れない場所や狭い場所でも効果的に荷下ろしを行うことが可能ですので、高さや広さに制限がある場所での作業で活躍します。交通量が多く作業スペースが確保できない現場でも三転ダンプであれば荷下ろしが可能となります。

造園業でも活用される三転ダンプ

砕石や玉砂利、ビリ砂利などを広い範囲に敷き詰める作業にも三転ダンプが用いられ、造園業などでは三転ダンプが広く活用されています。砂利が敷き詰められた日本庭園のメンテナンス現場に行き会った際などは実際に三転ダンプが砂利を荷下ろしする姿を目にすることができるチャンスだと言えるでしょう。

ベッセルを自在に動かせる三転ダンプは一般的なダンプよりも複雑な構造を持つ

ベッセルを自在に動せる三転ダンプは一般的なダンプよりも複雑な構造を持つ

ベッセル前部を持ち上げるだけのリアダンプや左右の両側面だけに荷下ろしを行うサイドダンプはベッセルの可動域が限定されますが、リアダンプとサイドダンプ両タイプの動きを行う三転ダンプはベッセルの可動域が大きく複雑な構造が必要となります。

左右の両側面と車両後方に自在に荷下ろしが行える汎用性の高いマルチな三転ダンプの荷下ろしを実現する荷下ろしシステムを紹介します。

ボールジョイント搭載でベッセルの自在な動きを実現する三転ダンプ

三転ダンプの高い汎用性は自在に荷下ろし方向を変更できる点にありますが、ベッセルのマルチな動きを実現するために三転ダンプに搭載されるのがポールジョイントと呼ばれるパーツで、ポールジョイントを搭載することで三転ダンプの高い汎用性が確立されています。

ボールジョイントは故障発生リスクが高くメンテナンスが大変な側面を持つ

三転ダンプのベッセルに自在な動きを実現させるポールジョイントですがポールジョイントは複雑な動きの実現が可能である反面、リアダンプやサイドダンプに搭載される荷下ろし機能より遥かにデリケートで故障発生リスクが高くメンテナンスが大変であるのも事実です。

しかしメンテナンスが大変であることがメンテナンス頻度を高める効果もあり、三転ダンプに発生する深刻な故障の抑止に繋がっているという側面もあることから三転ダンプのポールジョイントのメンテナンスは大きな意味を持つと捉えることもできます。

三転ダンプのメリットとデメリットとは?

三転ダンプのメリットとデメリットとは?

高い汎用性を持つマルチな三転ダンプには多くのメリットが存在するようですが、メリットと共に三転ダンプに潜むデメリットの存在も気になるところですので三転ダンプのメリットとデメリットを紹介します。

高い汎用性を持つ三転ダンプのメリット

三転ダンプの最大のメリットは高い汎用性の源となる「多彩な荷下ろしスタイルの実現」が可能である点だと言えます。作業性向上のために用いられるダンプですが荷下ろし方向の制限があることで使用できないケースが発生するとダンプの魅力が半減しますので、ポールジョイントの搭載で制限のある場所への荷下ろしに対応できるのが三転ダンプの最大のメリットだと言えるでしょう。

また車両後方と左右の両側面に荷下ろしが行えることでリアダンプとサイドダンプの機能を兼ね備えている三転ダンプを購入すれば1台でリアダンプとサイドダンプ2台分の働きが可能であるのも三転ダンプのメリットです。

高い汎用性の実現のために三転ダンプに生じるデメリットとは?

既に紹介したとおり荷台部分のベッセルの自在な動きを実現するために三転ダンプにはポールジョイントが搭載されており、ポールジョイントはデリケートで故障発生リスクが高いためメンテナンスが必要となります。

故障発生リスクの高さやメンテナンス頻度が高くなるのは三転ダンプのデメリットだと言えますが、既述のとおりメンテナンスを行うことで三転ダンプに深刻な故障が発生することを回避できるため大きな問題ではないとも捉えることができます。

また複雑な構造を搭載する三転ダンプは製造コストが高額となり車両価格が高く、製造期間が長期化する傾向にある点もデメリットの1つに挙げることができます。

三転ダンプに潜むデメリットは中古トラック販売店の利用でリカバリー可能

三転ダンプに潜むデメリットは中古トラック販売店の利用でリカバリー可能

三転ダンプは導入すればリアダンプとサイドダンプを導入するのと同じ効果を得ることができる、非常に魅力的なダンプだと言えますが車両価格が高額で注文から納車まで時間がかかるデメリットが存在します。

高額な車両価格と納車まで時間がかかることを考え、三転ダンプの導入を躊躇している方に三転ダンプに潜むデメリットを解消する方法として提案したいのが中古トラック販売店を利用した中古三転ダンプの購入です。

中古トラック販売店の活用で高額な三転ダンプを効率的に導入できる

三転ダンプは中古トラック市場にも一定数の流入がありますが、流通量は決して多くはない希少車種であるのも事実です。しかし三転ダンプを新車購入する際の購入コストや納車期間を考えると、中古トラック販売店の利用を視野に入れることで三転ダンプ購入が具体的なものになることは間違いありません。

三転ダンプ購入希望の方は中古トラック販売店に問い合わせることで、現在中古トラック市場にどのような三転ダンプが流通しているのかを掴むことができますし、希望の車両区分の三転ダンプをすぐに購入し導入できるケースも存在します。

完成車両を取り扱う中古トラック販売店なら架装を待たず即時導入できる

中古トラックの特徴は取り扱われるすべてのトラックが完成車両である点だと言えます。完成車両ですので短時間の納車実現が可能で車両によっては購入即日納車が可能なケースも存在します。

三転ダンプは中古トラック市場でも人気の高いボディタイプのため驚くほど安い車両価格での購入は非現実的ですが、新車購入と比較すると短期間でお得に三転ダンプを導入できる可能性が高いと言えるでしょう。中古トラック販売店を利用して効率的に汎用性の高いマルチな三転ダンプ導入を行ってみてはいかがでしょうか?

中古ダンプ特選車両!

三菱 ファイター 中型 ダンプ Lゲート コボレーン|トラック 左前画像 トラックバンク掲載

三菱/中型/ファイター/H18/12.4万km/積載3.05t/Lゲート / コボレーン

詳細を見る
中古 ダンプ中型 日野レンジャー トラック H29 TKG-FD9JDAA

日野/中型/レンジャー/H29/積載3.6t/走行0.3万km/Lゲート ベッド フック4対

詳細を見る

中古ダンプ
一覧へ

まとめ

ベッセルを自在に稼働させることでダンプの荷下ろし方向を自在に変化させられる三転ダンプは作業効率を飛躍的に向上させること可能なマルチなダンプだと言えます。ベッセルの動きが限定的なリアダンプやサイドダンプより遥かに汎用性が高い三転ダンプの特徴や効率的な導入のポイントは次に挙げる3つです。

三転ダンプはポールジョイント搭載で自在な荷下ろしを実現する

三転ダンプ整備頻度を高くすることで深刻な故障を回避できる

三転ダンプは中古トラック販売店での購入がおすすめ!

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報