トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

作業性を向上させるトラックの人気装備PG!その種類や金額とは?

トラックの人気装備パワーゲート
PGは非常に実用的な装備であり、トラックの人気装備として知られています。中古車両の場合希望する車種に希望するタイプのPGが搭載されているとは限りませんが、新車購入のトラックにPGを搭載するより遥かにローコストであるため中古トラックの中でもゲート車は人気車種だと言えるでしょう。

※PGはパワーゲートと表記されることもあります。

またPGのニーズは非常に高いことから新車のトラックをゲート車にするケースも非常に多く、PG搭載車両は中古トラック市場の中で数多く流通しているのも事実です。人気装備PGを搭載したゲート車について解説します。

トラックの人気装備PGとは?

PGはトラックの荷台後部に搭載され荷物の積み下ろしに使用されるエレベーター(昇降機)で、PGを搭載したトラックは通称「PG車」や「ゲート車」と呼ばれます。未使用時は荷台後部に垂直に立てた状態で固定される後部格納式と折りたたんで荷台の下に格納する床下格納式の2つのタイプが存在します。

一般的にゲート車に搭載するエレベーターはPGと呼ばれていますが、PGは1964年に国内で最初にPGを商品化した極東開発工業が商標登録を行っています。現在国内には主要メーカーだけで9社がPGの製造を行っており、次に挙げるような様々な名称でPGの製造販売を行っています。

  • パワーゲート – 極東開発
  • マルチゲート – 新明和
  • フルゲートリフター – 日本フルハーフ
  • バーチカルゲート – ケーテー自動車工業
  • リフトゲート – 日本リフト
  • トレクスゲート – 日本トレクス
  • テールリフト – 日本リフト

これらのトラック用エレベーターの総称としてPGが用いられています。

PGの構造や種類とは?

すでに紹介した通り国内には主要メーカーだけで9社がPGの製造販売を行っており、独自の技術でPGを開発しています。しかしトラックに搭載すると言う制限があることからPGの差別化は難しく、既に紹介した後部格納式と床下収納式の2つの格納方式と次に挙げる昇降方式がPGの主流になっています。

跳ね上げ式パワーゲート

跳ね上げ式パワーゲート
最も一般的なパワーゲートです。普段は後部ドアにくっつくようにして装備されています。

格納式パワーゲート

格納式パワーゲート

荷台の下部に格納されているパワーゲートです。後部ドアを開けたい時や、パワーゲートを使わないで荷役作業を行いたい時に動かす必要がないため、臨機応変に対応できます。

垂直式パワーゲート

垂直式パワーゲート
参照:極東開発
左右にあるガイドレールに沿って昇降版が上下するPGです。設計次第で荷台より高い場所に昇降版を持ち上げる設定も可能となります。

アーム式パワーゲート

アーム式パワーゲート
参照:極東開発
カンチレバー式ゲートとも呼ばれ昇降版の下部を金属製アームが支えアームの動きで昇降します。アームの動きで昇降版を水平状態やスロープの状態に固定できるのが特徴です。

気になるPGの価格は?

荷物の積み下ろしの作業性を向上させるPGですが、トラックにPGを搭載しゲート車へ変更させるコストは決して安いものではありません。

メーカーやPGの昇降方式やサイズなどで若干価格が変わるものの、一般的には下記のコストを予定しておくべきだと言えます。

  • 垂直式ゲートの場合:500,000円~
  • アーム式ゲートの場合:1,000,000円~

PG搭載車両のお得な購入方法は?

既に紹介したとおりトラックにPGを搭載するコストは決して安くはありませんが、作業性を格段に向上させるPGはトラックに搭載したいものです。中古車市場には既にPGを搭載したトラックが流通しているため、ゲート車の購入はPGを搭載していないトラックの購入よりもお得感があると言えます。

トラックの車両コンディションと共にPG搭載の有無をトラック選定の条件に入れ中古トラックを選んでみてはいかがでしょうか?

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報