トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

1軸と2軸が存在するトラクタの駆動方式!1デフ・2デフの違いとは? 

1軸と2軸が存在するトラクタの駆動方式!1デフ・2デフの違いとは?

トラックの王者的な存在であるトレーラーを力強く牽引する牽引車両が、トレーラーヘッドやトラクタヘッドとも呼ばれるトラクタですが、トラクタヘッドの種類や構造については詳しく知られていないと言えるのではないでしょうか?トラクタヘッドはトレーラー同様2つに分類され、国内で運行するトラクタの大多数を占めるセミトラクタは駆動輪の数で1デフ・2デフと呼ばれ区別されています。セミトラクタを分類する駆動輪の数に注目し1軸(ワンデフ)と2軸(ツーデフ)違いを紹介します。

トレーラーを牽引するトラクタは2つに大別できる

トレーラーを牽引するトラクタは2つに大別できる

トレーラーは前後に車輪を搭載し解結しても自走できるフルトレーラーと後輪しか搭載しておらず解結すると自立できないセミトレーラーの2つに大別できます。既にふれたとおり国内で運行するトレーラーはセミトレーラーが中心で、牽引車両のトラクタ後部に背負われるように緊結され走行する姿を目にする機会は少なくありません。

駆動機能を持たないトレーラーを牽引・走行するトラクタもトレーラー同様フルトラクタとセミトラクタが存在し、セミトラクタには駆動輪数が1軸と2軸のものがありそれぞれワンデフ・ツーデフと呼ばれています

セミトラクタは後輪が1軸と2軸の2つのタイプが存在する

一見同じように見えるトラクタですが、よく見ると駆動輪である後輪が1軸のタイプと2軸のタイプが存在します。共に巨大なトレーラーを牽引するトラクタとしての機能は同じですが、駆動輪数が異なることでトラクタの主要機能である牽引能力や特徴が異なりますので、駆動軸数の影響を受ける牽引能力や特徴を紹介します。

トラクタの走行性能や牽引能力に大きく影響する軸数とは?

セミトラクタには後輪数が1軸タイプと2軸タイプが存在しますが、駆動輪である後輪の軸数はトラクタの走行性能や牽引能力に大きく影響を及ぼします。後輪軸数によるワンデフとツーデフのトラクタの特徴は次のとおりです。

1軸のセミトラクタの特徴

ワンデフと呼ばれる1軸トラクタは高速トラクタと呼ばれ高い走行性能を持ち、高速道路移動を伴う海上コンテナ・ウィング車・キャリアカーなどの長距離移動の牽引に用いられます。

トラクタの牽引能力を示す第5輪荷重は9~10トン前後のものが多く、最も目にする機会の多いセミトラクタだと言えるでしょう。

2軸のセミトラクタの特徴

ツーデフと呼ばれる2軸トラクタは重量トラクタと呼ばれ、ショベルカーやブルドーザーなどの建設用重機や砂・砂利・産業廃棄物・原木・鉄・コンクリート製品などの重量物を積載したトレーラーの牽引に用いられます。

駆動軸が多いため第5輪荷重は約18トン前後のものが多く、高速道路移動を伴う長距離移動にはあまり用いられない傾向にあります。

トラクタの軸数が牽引能力に影響する理由とは?

トラクタの軸数が牽引能力に影響する理由とは?

トレーラーを牽引するトラクタの強力な駆動力は、駆動軸のタイヤで発生させていますので、駆動軸の数が多ければ駆動力を発生させるタイヤの数が増えトラクタに搭載されるエンジン出力が同じでもトラクタの駆動力が向上します。

また国内の公道は道路法車両制限令の規制を受けセミトレーラーは一般道路で最大27トン、高速道路で最大36トンの車両総重量の規制と共に、車軸1軸に掛かる軸重は10トン・タイヤにかかる輪荷重は5トンまでに規制されています。

ツーデフの2軸トラクタは軸数が増えることで1軸あたりの軸重や輪荷重を減らすことができるため、高い牽引能力を発揮できると言えるでしょう。

駆動輪の回転差を調整するディファレンシャルギア

1軸や2軸のトラクタをワンデフ・ツーデフと呼ぶことは既に紹介しましたが、デフは正式名称をディファレンシャルギア(差動歯車)というパーツのことで、左右の駆動輪に発生する回転差を調整する働きを行います。

トラクタの駆動輪は一見左右対称に回転するように見えますが、片輪だけギャップを踏んだ時やカーブや曲がり角などでハンドルを切った際に左右のタイヤに回転差が生じます。カーブの外輪はトラクタの車幅分だけ内輪よりも長い距離を回転するため駆動輪が直結している状態では内輪のスリップや外輪の引きずりが生じます。

デフは左右の駆動輪に回転差が生じると外輪の回転数を上げることで駆動輪の回転差を調整し、安定した走行を実現するパーツです。

1軸トラクタのメリットとデメリットは?

1軸トラクタのメリットとデメリットは?

ワンデフの1軸トラクタの特徴として走行性能が高く高速道路を使用した長距離移動に用いられることが挙げられることは既にふれましたが、ツーデフの2軸トラクタと比べると牽引能力に劣ると言えます。ワンデフの1軸トラクタのメリットとデメリットを紹介します。

1軸トラクタのメリット

高速トラクタとも呼ばれるワンデフの1軸トラクタの特報として挙げられる高い走行性能はワンデフの1軸トラクタの大きなメリットです。走行性能が高いと言われる理由として、車両重量が軽く低燃費であることが影響していると言えるでしょう。

巨大なトラクタの駆動力を生み出す車軸は重量が大きいため、車軸が少ないことが低燃費に繋がっています。

1軸トラクタのデメリット

ワンデフの1軸トラクタのデメリットは駆動軸が少ないことでトランクションを稼ぎ駆動力を生み出すタイヤの数が少なくなることが挙げられます。トランクションを稼ぐタイヤの数が少ないことでトラクタに求められる牽引能力が小さくなると共に、接地抵抗の少ない未舗装路や雪道の走破性が低くなります。

2軸トラクタのメリットとデメリットは?

2軸トラクタのメリットとデメリットは?

ツーデフの2軸トラクタの特徴として牽引能力が高く重量物積載トレーラーの牽引に用いられることが挙げられることは既にふれましたが、ワンデフの1軸トラクタと比べると走行性能に劣ると言えます。ツーデフの2軸トラクタのメリットとデメリットを紹介します。

2軸トラクタのメリット

重量トラクタとも呼ばれるツーデフの2軸トラクタの特報として挙げられる高い牽引能力は、ツーデフの2軸トラクタの大きなメリットです。車軸数が多く駆動輪が多いことで生じる高い駆動力が牽引能力を向上させています。

またトランクションを稼ぐ駆動輪が多いことで接地抵抗の少ない未舗装路や雪道の走破性が高まることもツーデフの2軸トラクタのメリットだと言えるでしょう。

2軸トラクタのデメリット

ツーデフの2軸トラクタのデメリットとして駆動軸が多いため車両重量が大きくなることが挙げられます。車両重量が大きいと燃費の悪化を招きワンデフの1軸トラクタと比べると走行性能に劣ります

トラクタが牽引するトレーラーの軸数を変化させるリフトアクスル機能

トラクタが牽引するトレーラーの軸数を変化させるリフトアクスル機能

セミトラクタはワンデフの1軸トラクタとツーデフの2軸トラクタに分類されますが、セミトラクタが牽引するセミトレーラーは自走機能を搭載していないものの、車軸数を変化させる機能を持つタイプが存在します。

リフトアクスル機能はトレーラーの車軸数を変化させる機能ですが車軸の取り外しを行う訳ではありません。荷物を積載していない空車時や軸重が9,500kgを超えない程度の少量の荷物の積載時には自動的に後輪を持ち上げ車軸数を減らし、軸重が9,500kgを超えると自動的に後輪が下がり車軸数を増やすことで軸重規制をクリアします。

リフトアクスル機能が効果的な理由とは?

リフトアクスル機能を搭載するセミトレーラーの登録台数は増加傾向にあることから、リフトアクスル搭載トレーラーに対するニーズが高まっていることが量れます。これはリフトアクスル機能搭載トレーラーの経済効果が高いことが大きく影響していると考えられます。

ワンデフの1軸トラクタもツーデフの2軸トラクタも、高速道路料金はトレーラー部後輪の車軸数で決定します。トレーラー部の後輪が1軸であれば大型車、2軸以上は特大車に区分され、大型車の高速料金は特大車より四割安く設定されています。

特大型車で15,000円かかる高速料金が大型車の場合は9,000円となるため、片道空車で高速道路を走行する場合、リフトアクスル機能を使用することで6,000円の高速料金を節約することが可能です。

またリフトアクスル機能で後輪を持ち上げることによりタイヤの転がり抵抗が減少し、燃費向上が図れることやタイヤやブレーキパッドの摩耗を抑え交換コスト圧縮を図れるなどの経済効果が期待できます。

ワンデフの1軸トラクタもツーデフの2軸トラクタも、リフトアクスル機能搭載トレーラーと連結組み合わせを行い運行コストを圧縮した経済的な運行を行いたいものですね。

まとめ

トレーラーはフルトレーラーとセミトレーラーに大別され、国内で運行される大部分のトレーラーはセミトレーラーです。つまりトラクタもセミトラクタが国内で運行するトラクタの中心となりますが、セミトラクタもワンデフと呼ばれる1軸トラクタとツーデフと呼ばれる2軸トラクタに分類されます。

トラクタの選択の際は次に挙げるワンデフの1軸トラクタとツーデフの2軸トラクタの特徴を考慮して選択することをおすすめします。またワンデフ1軸トラクタとツーデフ2軸トラクタ共に牽引組み合わせを行うトレーラーの車軸構造もチェックすべきだと言えるでしょう。

ワンデフ1軸トラクタは高速トラクタ、軽量で走行性能に優れる

ツーデフ2軸トラクタは受領トラクタ、第5輪荷重が大きい

リフトアクスル機能搭載トレーラーとの牽引組み合わせが経済的

中古トラクタ特選車両!

トラクタ大型 三菱スーパーグレート トラック H24 QKG-FP54VGR

三菱/大型/スーパーグレート/H24/1デフ エアサス 積載9.8t 41.3万km

詳細を見る
トラクタ大型  トラック H18 AKG-GK4XAB

日産UD/大型/クオン/H18/積載9.2t/1デフ エアサス ベッド

詳細を見る

中古トラクタ
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報