トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

過積載に注意!ダンプカーの最大積載量と荷台寸法は要確認すべき!

過積載に注意!ダンプカーの最大積載量と荷台寸法は要確認すべき!

モノを一気に下ろすことを英語ではDump(ダンプ)と表します。荷台を持ち上げ積み荷をドサッと一気に下ろせる車両は積み荷をダンプすることからダンプカーと呼ばれ、貨物自動車であるトラックの1つとして扱われます。

土砂などを運搬し荷降ろしの作業効率の高いダンプカーは土木・建築業界には不可欠な貨物自動車として広く普及していますが、積み荷の比重が高いものが多く過積載のリスクが高い傾向にあると言えます。

過積載を避けるためにはダンプカーの車両区分ごとの最大積載量や荷台寸法をしっかりと掴んでおく必要がありますので、今回はダンプカーの最大積載量や荷台寸法などを車両区分ごとに紹介します。

作業効率に大きく影響するダンプカーの積載量とは?

作業効率に大きく影響するダンプカーの積載量

ひと口にダンプカーと言っても代表的なダンプカーだけでもリアダンプ・サイドダンプ・三転ダンプ・ローダーダンプ・重ダンプなどが挙げられ10種類以上が存在します。鉱山などで使用され一般道・高速道路を走行できない重ダンプは圧倒的な積載量ですが、公道を走行する一般的なダンプカーは車両区分に沿った最大積載量が設定されており、これを超過すると過積載となります。

ダンプカーは小型・中型・大型の3つに大別される

既に紹介したとおりダンプカーは荷台が持ち上がる構造の平ボディのトラックですので、他のトラック同様、小型・中型・大型の車両区分に分類され各車両区分の最大積載量は次の表内で確認できます。

車両区分 全 長 全 幅 全 高 最大積載量 車両総重量
小型ダンプ 4.7m以内 1.7m以内 2.0m以内 3.0t未満 5.0t未満
中型ダンプ 12.0m以内 2.5m以内 3.8m以内 6.5t未満 11.0t未満
大型ダンプ 12.0m以内 2.5m以内 3.8m以内 6.5t以上 11.0t以上

 

気になる車両区分別のダンプカーの積載量や荷台サイズは?

気になる車両区分別のダンプカーの積載量や荷台サイズ

ダンプカーは荷台が持ち上がる特殊な構造の車両ですが、道路交通法では平ボディのトラック同様に扱われるので積載量や荷台のサイズは各車両区分ごとの平ボディのトラックに準じると考えるべきでしょう。

車両区分別のダンプカーの積載量

ダンプカーの最大積載量は上記の表内で確認できるとおり小型(3.0トン以内)、中型(6.5トン以内)・大型(6.5トン以上)と積載上限が定められていますが、実際にはメーカーやモデルによって積載量が異なります。

国内で活躍する代表的なダンプカーを例に車両区分別のダンプカーの具体的な積載量を紹介します。

小型ダンプカーの積載量

ダンプカーの中ではミニサイズに該当するのが小型ダンプで、一般的には2~3トンの積載量が設定されています。小型ダンプカーとしてニーズが高いいすゞエルフ2トンダンプは最大積載量2.0トン、三菱キャンターダンプも積載量2.0トンとなっています。

中型ダンプカーの積載量

最大積載量は6.5トンですが一般的には4トンダンプと呼ばれるのが中型ダンプです。積載量4~5トン程度のダンプも4トンダンプと呼ばれ4トンの定義は明確ではありません。しかし、中型ダンプの中には最大積載量4トン・車両総重量8トン以上の増トンダンプが存在し、これらは4トンではなく6トン車・8トン車と呼ばれることもありますが、通常「増トン」と呼ばれます。三菱ファイターダンプは最大積載量3.5トン、日野レンジャーダンプも最大積載量3.5トンとなっていますが、4トンダンプと呼ばれています。

大型ダンプカーの積載量

大型ダンプは最大積載量6.5トン以上のものを指しますが、一般的には10トンダンプと呼ばれます。4トンダンプ同様積載量9~11トンのダンプも10トンダンプと呼ばれ最大積載量9.5トンのいすゞギガダンプや9.2トンの三菱スーパーグレートダンプも10トンダンプと呼ばれます。

車両区分によってダンプカーの荷台サイズも大きく異なる!

積み荷の比重が高いことがダンプの過積載の原因となりますので、ダンプの積載容積に関係する荷台寸法は重要なポイントです。仮に長さ1m・幅1mアオリ高さ0.5mの荷台は積載容積が0.5立米となり比重1の積み荷をアオリの高さまで積み込むと積み荷の重さは500kg(0.5トン)となります。

乾燥した砂の比重は1.9ですので、比重1の積み荷で500kgと同じ量を積み込むと積載量は950kg(0.95トン)となります。

荷台寸法を掴んでおけば積載容量が算出できるので、積み荷の比重を乗算すればおおよその積載重量が割り出せます。過積載を避けるためにも荷台寸法の把握は重要なポイントですが、最大積載量同様メーカーやモデルで荷台寸法も異なります。

小型ダンプカーの荷台サイズ

最大積載量2.0トンのいすゞエルフダンプの荷台寸法は全長3.05m・全幅1.6m・アオリ高さ0.32mでアオリの高さまでの積載容量は約1.56立米、三菱キャンターダンプの荷台寸法もエルフと同サイズで積載要領は約1.56立米です。

比重1の積荷でもアオリの高さまで積めば1.56トンとなるので比重の高い土砂などをアオリ高さまで積み込むと過積載のリスクがあると考えられます。

中型ダンプカーの荷台サイズ

共に最大積載量3.5トンの三菱ファイターダンプと日野レンジャーダンプも荷台寸法は全長3.4m・全幅2.06m ・アオリ高さ0.34mです。アオリの高さまでの積載容積は約2.38立米となるので比重1の積荷をアオリの高さまで積めば2.38トンとなります。

最大積載量にまで約1トンの余裕がありますが、土砂などは濡れると重くなるのでやはり注意が必要です。

大型ダンプカーの荷台サイズ

10トンダンプと呼ばれる大型ダンプの荷台寸法はいすゞギガダンプ・三菱スーパーグレートダンプ共に全長5.1m・全幅2.26mですがアオリの高さが異なりギガが0.33mでスーパーグレートが0.52mです。

積載容積はギガが約3.8立米、スーパーグレートが約6.0立米とアオリの高さが190mm違うだけで積載容積が大きく異なります。注意すべきは積載容積が小さなギガは最大積載量9.5トンですが、積載容積がギガの1.5倍以上あるスーパーグレートは9.2トンしか積めません。

中古ダンプ特選車両!

ダンプ小型 三菱キャンター トラック H27 TKG-FEBM0

三菱/小型/H27/6.1万km/ワイドロング 積載4t コボレーン

詳細を見る
ダンプ中型  トラック H31/R1 2KG-FK62FZ

三菱/中型/ファイター/H31/増トン7t 電動コボレーン ベッド

詳細を見る

中古ダンプ
一覧へ

運転できるダンプカーは保有免許の免許区分で異なる!

運転できるダンプカーは保有免許の免許区分で異なる

作業車両の代名詞と行っても過言ではないダンプカーだけに、ダンプカーの運転には「特別な資格や免許が必要なのではないか?」と感じる人もいるかもしれませんが、既にふれたとおり道路交通法ではダンプカーは貨物自動車に区分され自動車運転免許で運転可能です。

しかし現在の運転免許証は免許区分で運転可能な車両区分が細かく規定されているので、運転するダンプカーを運転できる免許区分の保有が求められます。

法改正で細分化され複雑になった免許区分

2007年・2017年の2度にわたり道路交通法が改正され、国内の自動車運転免許の細分化が推し進められました。現在国内には普通免許・準中型免許(5トン限定)・準中型免許・中型免許(8トン限定)・中型免許・大型免許の6つの免許区分が存在します。

6つの免許区分の中で5トンと8トンの限定免許区分は法改正前に普通免許を取得している人たちの救済措置として設置されているもので、新たに取得することができない免許区分です。

6つの免許区分保有者が運転できるダンプは次の表内で確認することができます。

免許区分 車両総重量 最大積載量
普通免許 3.5トン未満 2.0トン未満
準中型免許(5トン限定) 5.0トン未満 3.0トン未満
準中型免許 7.5トン未満 4.5トン未満
中型免許(8トン限定) 8.0トン未満 5.0トン未満
中型免許 11.0トン未満 6.5トン未満
大型免許 11.0トン以上 6.5トン以上

小型ダンプカーの運転に必要となる免許区分は?

通称2トンダンプと呼ばれる小型ダンプカーは普通免許で運転できそうですが、車両総重量が3.5トン以上の小型ダンプカーは準中型免許でなければ運転できませんので現実的には準中型免許以上の免許が必要となると考えるべきでしょう。

中型ダンプカーの運転に必要となる免許区分は?

通称4トンダンプと呼ばれる中型ダンプカーは積載量3.5トンの車両が主流ですので普通免許では運転できません。準中型免許以上の免許が必要となりますが、中型ダンプにカテゴライズされる増トン車を運転するのには大型免許が必要となります。

大型ダンプカーの運転に必要となる免許区分は?

10トンダンプと呼ばれる大型ダンプカーは6.5トン以上の積載量がありますので、大型ダンプの運転には大型免許が必要となります。また、既述した中型増トンダンプも中型車と呼ばれますが、運転に大型免許が必要となる区分に該当します。

絶対にしてはいけない過積載!ダンプカー積載量の目安とは?

絶対にしてはいけない過積載!ダンプカー積載量の目安

運送業界が過当競争に巻き込まれ、近年過積載による事故の発生件数が増加していると言われています。過積載に対する罰則の強化と共に警察による幹線道路や高速入り口などでの検問も頻繁に行われ、過積載撲滅を目指した動きが活性化していると言えるでしょう。

過積載のダンプカーを運転しているドライバーに対しては違反点数と罰則金が科せられ、ドライバーが所属する運送会社に対しては運行管理者資格者証の返納命令が下され、資格取消となります。

また過積載となることを知りながら積み込みを容認した荷主に対しても、管轄警察署長から再発防止命令が下され悪質だと判断された場合は罰金刑や懲役刑が科せられるケースも存在します。

過積載に対する量刑は最大積載量に対してどの位の割合で過積載が行われているかで異なります。超過重量が最大積載量の5割未満の場合、違反したダンプカーのドライバーには反則点数1点と反則金30,000円が科せられます。

5~10割の過積載に対しては違反点数3点と反則金40,000円、10割以上の場合は反則点数6点となり10万円以下の罰金が科せられます。また大型ダンプで10割以上の過積載を行った場合は6ヶ月以下の懲役が科せられる場合や悪質な過積載だと判断されれば即時告発の対象として罰金額が100万円以下に跳ね上がります。

普通自動車の過積載に対するよりも貨物自動車の過積載は厳しく取り締まられ、違反点数・反則金共に貨物自動車に対するものが点数と金額が高めに設定されています。交通事故のリスクが上がり想定外の出費に迫られる過積載は絶対にするべきではないと言えるでしょう。

注意!積載物によって重さが大きく異なります!

不本意な過積載を回避するためにはダンプカーの荷台寸法から積載容積を算出し、積み込めば何トンになるかをドライバー自身が掴んでおく必要があります。また同じ現場からの搬送でも土砂などは水分を含むと驚くほど重くなりますから、積み荷の比重も意識することが重要だと言えるでしょう。

まとめ

荷降ろしの作業効率が高く土木・建築の現場でのニーズが高いダンプカーですが、貨物自動車にカテゴライズされ車両区分ごとに厳格に最大積載量が設定されています。またダンプカーの運転に特別な資格や免許は必要ありませんが、車両区分によって必要となる運転免許区分が異なるので注意が必要です。

またダンプカーを運転する際に注意すべきポイントは次に挙げるとおりです。

ポイント1ダンプカーは小型・中型・大型の3つの車両区分に分類される。

ポイント2小型・中型ダンプは準中型以上、大型ダンプは大型の免許保有が必要。

ポイント3ダンプカーの荷台寸法から積載容量を算出すれば積載重量が掴める。

ポイント4過積載は絶対にダメ!事故原因となるばかりか想定外の出費リスクも!

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報