トラックのお役立ち情報

土日祝 営業[営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

「新古車」と「新車」の違いって?どっちで買うのがオススメなの?

「新古車」と「新車」の違いって?どっちで買うのがオススメなの?

仕事などでトラックが必要になったとき、中古での購入を検討される方も多いと思います。何と言ってもコストが安くて済みますし、今はインターネットで自分にぴったりな車両を探すのも簡単になりました。実際に中古トラック販売店に足を運んで、購入するトラックを比較検討しているという方もいるかもしれません。

中古トラック販売店に行ってみると、時折「新古車」という表示の車両を目にすることがあるでしょう。トラックだけではなく、乗用車の中古車販売店でも見かけるこの「新古車」という区分。一体新車や普通の中古車とは何がどう違うのでしょうか? 今回は、新古車の概要と、新車などとの違いについてご紹介していきたいと思います!

新古車とは? 未使用車や新車との違いは?

新古車というのは、簡単に言うと「ナンバー登録まではされているけれど、ほとんど走行されておらず、使用実績のない車」のことを指します。ナンバー登録は済んでいるので「新車」ではありませんが、ほぼ使用されていないので、車両自体はほとんど新車と同じです。新車との違いは、「ナンバー登録されているかどうか」という点ですね。

ちなみに「未使用車」という表示を目にしたことのある方も多いかと思いますが、これは基本的に新古車とまったく同じ意味です。以前は新古車という表示が広く使われていたのですが、最近業界団体である自動車公正取引協議会がこの「新古車」という表示を禁止したので、その代わりとして「未使用車」が利用されるようになりました。

新古車が出回る理由とは

それではなぜ、ほぼ未使用なのにナンバー登録だけされている新古車が市場に出回っているのでしょうか? これには大きく2つの理由があります。ひとつは「販売店の試乗車が役目を終えて売りに出された」というケース。この場合試乗によって多少は走行実績がありますが、それ以外で使用されていたということはありません。

もうひとつ多いのが、「ディーラーが販売ノルマを達成するために関係者名義などで購入したあと、売りに出される」ケース。業界の販売ノルマはメーカーによる奨励金などとも関係しており、ディーラー内では非常に重要度が高くなっています。そのため、そのノルマ達成のためだけにナンバー登録だけしてしまい、あとで新古車として売るという現象が発生するわけです。

新古車のメリット

新古車の一番のメリットは、やはり新車に比べて価格が安いという点です。ほぼ未使用なので車両のコンディションはほとんど新車と同じなのに、「新車ではない」というだけで値段はだいぶ下がります。

もうひとつのメリットは、新車に比べて納車までのペースが早いという点です。新古車はすでに車両がすべて完成して準備が完了し、ナンバー登録まで済んでいる状態なので、納車が早くなります。

新古車のデメリット

一方、新古車のデメリットとしては「オプション追加などのカスタマイズができない」という点が挙げられます。新車と違って、新古車はすでに完成されている状態での販売になるので、希望のオプションを追加したりすることはできません。

また、ナンバー登録されてからどれくらい経っているのかにもよりますが、「車検の残り期間が短い」というのも新車にはないデメリットだと言えるでしょう。

まとめ

ほぼ未使用の状態なのに値段が新車よりお手頃ということもあり、人気が高い新古車。「新車は高いからちょっと悩んでしまうけど、中古車を買うのにも抵抗がある……」という方には、まさにぴったりの選択肢だと言えます。

中古車トラック販売店でも新古車(あるいは未使用車)を販売しているところは多いので、見かけたら要チェックですよ!

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報