トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

走行不能リスクも!トラックのミッション故障の主な原因や対処法、修理費用目安とは?

走行不能リスクも!トラックのミッション故障の主な原因や対処法、修理費用目安とは?

トラックは約4,000種類、数万個の部品によって構成されていますが搭載パーツのなかでも群を抜いて部品数が多いのが、心臓部と呼ばれるエンジンとエンジン出力を駆動力に転換させるトランスミッションです。

一般的にミッションと呼ばれるトランスミッションは非常に多くのギアや軸で構成され、搭載するギアの組み合わせで前進・後退の切り替えやエンジン出力を効率的に駆動輪に伝え駆動力を発生させる働きを行う重要パーツだと言えます。故障するとトラックの基本性能が損なわれ自走不能リスクも生じるミッションの、主な故障原因や故障時の対処法・ミッション修理の目安額などを紹介します。

効果的な変速でエンジン出力を効率的に駆動力に転換するトランスミッションとは?

効果的な変速でエンジン出力を効率的に駆動力に転換するトランスミッションとは?

変速機付きの自転車を思い浮かべると、トラックのミッションシステムのイメージが掴みやすいと言えます。出力を発生させるエンジンの役割は両足が行い、出力を駆動力に転換するミッションがペダルのギアと駆動輪である後輪のギアで、組み替えることによって軽負荷で発車でき、ペダルは重くなるものの少ない運動で高速走行を行うことができます。

トラック搭載のミッションは自転車のギアよりもはるかに精密で堅牢に製造されていますが、ミッション内のギアの組み合わせでエンジン出力を最適な駆動力に置き替える基本性能は同じです。

トラックに採用されるミッションシステムは3タイプが存在する!

ギアの組み合わせでエンジン出力を最適な駆動力に転換する装置のミッションですが、ミッションにはMT(マニュアル・トランシスミッション)・AT(オートマチック・トランスミッション)・AMT(セミオートマチック・トランスミッション)の3つのタイプが存在します。

トラックに搭載されるミッションシステムはMTが中心でしたが、トラックメーカーの技術革新によってATやAMTのミッションを搭載するトラックも現在増加傾向にあります。

MT(マニュアル・トランスミッション)

アクセル・クラッチ・シフトレバーをドライバーが操作しながら任意のギア段に変速するミッションシステムがマニュアルとも呼ばれるMTで、非常に多くのトラックに採用される代表的なトラックのミッションシステムだと言えるでしょう。

AT(オートマチック・トランスミッション)

P(パーキング)・R(リバース)・N(ニュートラル)・D(ドライブ)のレンジをドライバーが選択し前進レンジであるDを選択すれば車速・エンジン回転数などに合わせ自動的に変速を行ってくれるミッションシステムです。

AMT(セミオートマチック・トランスミッション)

前進レンジのDで自動変速を行うこともドライバーが任意のギア段へシフトチェンジすることもできるMTとATの中間に位置するのがAMTです。トラックに搭載するAMTにはクラッチ操作だけを自動で行う機械式セミオートマも存在します。

過酷なコンディションで使用されるトラックのミッションに生じる故障とは?

過酷なコンディションで使用されるトラックのミッションに生じる故障とは?

貨物自動車であるトラックは荷台に多くの貨物を積載した状態で走行することが大前提となる車両であり、車両サイズも大きなことから総重量は非常に大きくなる傾向にあります。

またトラックは長距離運送を行うケースが珍しくなく、トラックのミッションは非常に大きな負荷がかかった状態でトラックを走行させるために機能します。エンジン同様重要パーツであるミッションは非常に堅牢な構造で高い耐久性を備えて製造されていますが、工業製品であるため故障リスクが潜んでいるのも事実です。

トラック搭載の各ミッションシステムで生じる故障とは?

トラックの基本性能を担う重要パーツミッションは精密構造でありながら堅牢で高い耐久性を備えたパーツとして製造されますが、既述のとおり工業製品であることや非常に大きな負荷がかかることから故障リスクも潜んでいます。

ミッションシステムによって故障の症状は異なりますが、ミッションが故障するとトラックの基本性能である走行性能に支障をきたし最悪の場合自走不能に陥るリスクもあるので各ミッションシステムに生じやすいミッショントラブルを紹介します。

MT(マニュアル・トランスミッション)

ドライバー自身がクラッチの操作を行う必要があるMTトラックはミッション本体の故障とクラッチ部分の故障が主なミッショントラブルでは次に挙げる症状が発生するケースがあります。

  • ギアが入らなくなり変速できなくなるクラッチ部分の故障
  • 特定のギアにシフトできなくなるミッション本体の故障

AT(オートマチック・トランスミッション)

自動変速を行うATトラックでは次に挙げる症状が発生するケースがあります。

  • 加速時にエンジン回転数ばかりが上昇しスピードが上がらない
  • 異臭発生

AMT(セミオートマチック・トランスミッション)

MTシステムがベースとなりクラッチ操作が自動で行われるAMTを搭載するトラックでは次に挙げる症状が発生するケースがあります。

  • ギアが入らなくなり変速不能となるクラッチ部分の故障
  • 特定のギアにシフトできなくなるミッション内部の故障

超精密構造のミッションシステム!トラックのミッション故障の主な原因とは?

超精密構造のミッションシステム!トラックのミッション故障の主な原因とは?

トラックを走行させるという基本性能をつかさどるトランスミッションは超精密な構造と高い耐久性が求められ、トラックメーカーの製造技術の向上と共にミッション故障の発生率は大きく低下しています。

しかしミッションが工業製品である以上「絶対に故障しない」という保証がされるものでもなく、重要パーツのミッション故障は残念ながら現在も存在するのが事実ですので各ミッションシステムで生じる故障の主な原因を紹介します。

MTトラックのミッショントラブルはギアチェンジ方法が主な原因で生じる

MTはマニュアルトランスミッションの名称どおりドライバー自身がアクセル・クラッチ・シフトレバーを操作して変速を行う最も原始的なミッションシステムで、乱暴なギアチェンジやシフトミスで生じるミッション故障が多いと言えます。

丁寧なクラッチワークと確実なシフトチェンジを行うことでMTトラックのミッション故障の大半を回避することが可能ですので、MTトラック運転時にはアクセル・クラッチ・シフトレバーの操作を慎重に行うことをおすすめします。

ATトラックのミッショントラブルはオイル管理不足で引き起こされる

トラックのミッションは超精密構造であることは既にふれましたが、AT・AMTのミッションシステムはMTよりも複雑であるためミッション内に封入するオイルが非常に重要な機能を果たします。

すべてのミッションシステムにはオイルが封入されており、オイルによってミッションの冷却やギアの潤滑が確実に行われることで正常に機能します。構造の複雑なATやAMTは特にオイルの量やコンディションが重要で、オイル管理を怠ることでATやAMTのミッション故障が発生しやすくなります

経年劣化によって生じるミッショントラブルも存在する

走行中は常に搭載されたギアや軸が高速で稼働するミッションには非常に大きな負荷がかかるため、ミッションには非常に高い耐久性が求められますが金属パーツが擦れあうため使用と共にギアや軸に摩耗が生じ経年劣化することは避けられません。

金属パーツの摩耗が進むとパーツ間のクリアランス(隙間)が正常値を保てなくなり、ミッション故障に繋がります。クリアランスが大きくなった金属パーツ同士は正常な噛み合わせができなくなるため摩耗速度が向上し老朽化が加速します。

MTトラックのミッション故障はダブルクラッチで対処できるものもある

MTトラックのミッション故障はダブルクラッチで対処できるものもある

既述のとおり変速の自動化が行われているAT・AMTのミッションは複雑な構造であるため故障した場合の対処法は整備工場に持ち込むことだけになります。原始的なミッションシステムであるMTトラックは、ニュートラルで一度エンジンを煽ってギアの回転数を同期させるダブルクラッチを使用すればシフトチェンジが可能な故障も存在します。

ミッションはエンジンと並ぶ高額部品!修理費用の経済的負担も大きい?

ミッションはエンジンと並んで使用部品点数の多いパーツであり、構造の複雑な重要パーツであることなどから修理工賃は高額な傾向にあります。使用部品も高い耐久性が求められることから高額となり、オーバーホールを行う場合は数十万円の修理費用が発生するのが一般的ですし、載せ替えを行うと百万円単位の大きな出費となるのが一般的です。

ミッション修理は高額!乗り換えが効果的なケースも珍しくない

堅牢な構造で非常に高い耐久性を持つミッションが故障したトラックの修理費用の経済的負担は決して小さくなく、ミッション故障が経年劣化によるものの場合トラック本体の老朽化が相当進んでいることが推測されます。

トラックの老朽化はミッションのみではなく高額パーツのエンジンやそのたの付帯パーツも同様に進行していますので、高額な費用を負担しミッション故障の修理を行うよりも新たなとトラックへの乗り換えを行った方が費用対効果は高いと考えられます。

共に高額なミッション修理とトラック乗り換えコスト!どちらがお得なのか?

共に高額なミッション修理とトラック乗り換えコスト!どちらがお得なのか?

トラック乗り換えの際に新車への乗り換えをイメージする方が少なくないかも知れませんが、新車のトラックは車両価格が非常に高額であるため乗り換え実現が困難であるのも事実です。

そこで注目したいのが中古トラック販売店を利用した中古トラックへの乗り換えで、新車のトラックへの乗り換えと比較すると車両価格や納車期間などの乗り換えコストを大きく節約することが可能です。

コストを抑えた理想的なトラック乗り換え手段とは?

使用中のトラックでミッション故障が生じると現実的に直面するのが代替車両の問題で、注文から数ヶ月程度の納車期間が必要な新車のトラックでは突然降りかかったミッショントラブルを解決することは難しいと言えます。

中古トラック販売店では最短即日乗り出しを行うことも可能な状態の良い車両も多く扱っていますので、中古トラック販売店を有効活用することでミッションの故障で生じる運行スケジュールの乱れを最小限に抑えることができると言えるでしょう。

中古トラック販売店の有効活用でトラック乗り換えコスト削減が可能!

長年使用し老朽化したトラックでミッションの故障が発生した場合、新車への乗り換えをイメージし「修理か?乗り換えか?」に頭を悩ませることになると思います。しかし中古トラック販売店を利用した中古トラックへの乗り換えを選択肢に加えることで、トラックにミッション故障が生じた場合でも慌てることなく効率的にトラックの乗り換えを行うことが可能となります。

トラックの乗り換えを躊躇させる車両価格と納車期間の時間的コストを大きく引き下げ理想的なトラック乗り換えを実現できるのが中古トラック販売店です。

まとめ

現在国内で運行するトラックの大部分はMTトラックですが、AT限定免許で運転できるATトラック・AMTトラックも増加傾向にあります。トラックの基本性能を司さどるトランスミッションは本来非常に高い耐久性能を持つパーツですが、残念ながら故障リスクをゼロにするには至らずトラックのミッション故障が存在するのも事実です。

非常に高額なパーツであるトラックのミッション故障の回避方法や故障が発生した際の効果的な対処法として次の3つが挙げられますので、故障発生を極力回避すると共に老朽化したトラックでミッション故障が発生した場合は効果的に対処してください。

MTトラックの変速操作は慎重かつ確実に行う

ミッション故障の効果的な回避策はオイル管理にかかっている

ミッション故障発生時は中古トラックへの乗り換えが効果的

 

中古トラックおすすめ車両!

三菱 キャンター 小型 クレーン付 3段 ラジコン|トラック 左前画像 トラックバンク掲載

小型クレーン付/三菱キャンター/H26/積載3.65t/走行3.3万km/2.9t吊3段 ラジコン フックイン ロープ穴3対

詳細を見る
中古 クレーン付小型 日野デュトロ トラック H26 TKG-XZU650M

小型/日野/デュトロクレーン付/標準ロング/H26/走行9.1万km/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ハイルーフ

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報