トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

多発するトラック追突事故!追突事故の発生原因やすぐ始められる回避策を徹底究明!

多発するトラック追突事故!追突事故の発生原因やすぐ始められる回避策を徹底究明!

自動車メーカー各社が積極的に研究開発を行い自動車への安全機能を推し進めたことから、国内の交通事故発生件数は減少傾向を続けていると言われていますがトラックが関係する事故発生件数は依然高い数値を保つ傾向にあるようです。

安全機能搭載が進みトラックの安全性能は以前と比べると遥かに向上しているなかで、現在でも追突事故は数多く発生しています。代表的なトラック事故である追突事故の主な発生原因やハンドルを握るドライバーがすぐに始められる事故回避策を紹介します。

交通事故発生件数が低下するなかトラックの関係する事故発生件数は低下が進まない

交通事故発生件数が低下するなかトラックの関係する事故発生件数は低下が進まない

ドライバーを守る安全機能がシートベルトだけであった時代が長く続き、1980年代初頭ごろからABSやエアバッグの搭載がはじまり自動車の安全性能改善が推し進められ始めました。2000年代に突入後からは急激に安全機能の充実が図られ、交通事故発生件数は安全機能の普及と反比例するように減少を始めます。

しかし国内の交通事故発生件数が減少ポジションにシフトした現在でもトラックの関係する事故発生件数は自家用車の減少率とかけ離れた動きを見せ、事故発生率の低下が思うように進んでいないと言えるでしょう。

トラックの関係する交通事故の大部分が追突事故

交通事故は物損事故と人身事故の2つに大別され事故の種類には衝突・追突・接触・道路外逸脱・車両横転・車両転落などが存在しますが、トラックの関係する事故では追突事故の発生件数が最も多く、追突事故は代表的なトラック事故だと言えます。

トラックの関係する追突事故の主な発生原因は?

貨物自動車であるトラックは運送業務などに用いられるケースが多いため、年間走行距離が他の車両と比較しても非常に多く事故発生リスクが格段に高くなる傾向にあると言えます。

また走行中のすべての車両は慣性の法則の影響を少なからず受けますが、慣性エネルギーは車両重量や車速と比例関係にあるため車両重量が大きい上に大量の積み荷を積載して走行するトラックには非常に大きな慣性エネルギーが影響を及ぼすことも事故原因として挙げられます。

しかしトラックには強力な制動システムが搭載されていおり、最大積載量以内の積み荷を積載し法定速度内で走行している限り安全に減速・停車ができるように製造されているので事故発生の主な原因はドライバーの人的ミスによるものが大部分を占めると言えるでしょう。

現在のトラックは追突防止機能搭載などで安全性能が飛躍的に向上した?

現在のトラックは追突防止機能搭載などで安全性能が飛躍的に向上した?

乗用車への安全機能搭載と比較するとトラックへの安全機能搭載は後れを取っている印象を受ける方は少なくないのではないでしょうか?しかし近年トラックへの安全機能搭載が急速に推し進められ、従来と比較するとトラックの安全性能は驚くほど向上していると言えるでしょう。

トラックメーカーはトラックの安全性能・環境性能の向上に力を入れている

トラック事故を防止する安全性能として安全な減速・停車を実現する高性能制動装置や走行中の挙動管理を行う挙動制御装置などが挙げられますが、国内トラックメーカー各社は既に多くの車両への搭載を行っています。

また車載センサーを利用した高性能な追突事故防止機能やドライバーの視線を監視しわき見や居眠りに対して警告音を発する機能搭載なども推し進められ、予防安全性能向上が進むなど現代のトラックの安全性能は非常に高いレベルにまで引き上げられたと言えるでしょう。

トラック搭載の安全機能は万能ではなく最終的な安全運転はドライバーに託される

さまざまな安全機能が搭載されたことで現代のトラックは非常に高い安全性能を備えていると言えますが、トラック搭載の安全機能は決して万能なものではなくあくまでサポート機能として位置付けられています。

トラック事故の回避はトラックのハンドルを握るドライバー自身が行うものであり、トラック搭載の安全機能はドライバーのサポートを行うことで安全運転実現のハードルを下げる補助機能として捉えるべきでしょう。

トラックドライバーが置かれる過酷な労働環境が事故発生に大きく影響している

トラックドライバーが置かれる過酷な労働環境が事故発生に大きく影響している

トラックドライバーの仕事はトラックの運転を中心に、荷物の積み下ろし作業など多岐にわたる重労働だと言えます。また運転中は緊張状態が続くため肉体的にも精神的にも疲弊する上に長距離輸送に従事するドライバーは拘束時間が長時間に及ぶため労働環境は非常に過酷である傾向が強いと言えるでしょう。

過酷な労働環境下でトラックの運転を行うことで疲労が蓄積したドライバーが無意識のうちに漫然とした運転に陥るケースは珍しくなく、漫然とした運転が追突事故の発生に繋がるとも考えられます。

トラックドライバー自身が行える追突事故予防策とは?

運転するトラックが追突事故を発生させた瞬間から、ハンドルを握るドライバーは事故当時者となります。他者を死傷させ自らが負傷するリスクが生じますし、積み荷を予定どおり目的地に輸送することも不可能となると言えるでしょう。

ハンドルを握るトラックが追突事故を起こさないようにドライバーが行える予防策は、常に適切な判断と操作を行える状況を保つことです。一般定にトラックドライバーは運転練度が高く、高い運転技術を習得していることが予想されますので本来の判断力と運転技術でトラックを運転することができれば追突事故発生回避が可能ではなかと考えられます。

健康管理の徹底がドライバーの行える最大の事故発生予防策

追突事故を回避するためには常にドライバーが持つ本来の判断力と運転技術でトラックを運転する必要がありますが、肉体的・精神的な疲労が蓄積しやすい労働環境で運転するトラックドライバーが本来の判断力と運転技術を常に保ち続けるのは困難であるのも事実です。

健康状態に問題がある場合はトラックの運転中に本来の注意力や運転技術を保つことが特に困難となるため、疲労を感じた場合は適度な休憩を取り疲労回復を図るなどの健康管理がトラックドライバーには強く求められます。

ドライバーの高い安全意識とトラック搭載の安全機能充実が追突事故防止に有効!

ドライバーの高い安全意識とトラック搭載の安全機能充実が追突事故防止に有効!

トラックの追突事故防止はドライバーが本来持っている判断力と運転技術で回避することが可能ですが、過積載や速度超過など慣性エネルギーが増加する走行を行っていると回避できる追突事故でも回避不能となってしまいます

追突事故回避はドライバーが安全意識を高く持つことが非常に重要であり、より効率的に追突事故を回避するために追突事故防止装置などの安全機能が効果を発揮すると言う認識を強く持つことが求められます。

トラック搭載の安全装置はトラックドライバーの負担軽減に高い効果が期待できる

ドライバー自身が高い安全意識を持つことが追突事故防止には重要ですが、過酷な環境でハンドルを握るドライバーにさらなる負担を強いることになっては本末転倒になってしまいます。

そこでトラックメーカー各社が研究開発を行い、搭載することで追突事故防止に高い効果が期待できる安全機能の存在に高い注目が集まっていると考えられます。トラック搭載の安全機能はドライバーへの負担増を行うことなく、追突事故を回避しトラックの安全な運行実現を支えます。

高い安全性能を搭載するトラックは車両価格が高額であるのがデメリットとなる

過酷な環境でトラックのハンドルを握るドライバーに対する負担増を行うことなく、追突事故回避をサポートする安全機能ですが、開発コストや製造コストが高価なため搭載車両の車両価格が高額となるのがデメリットであると言えます。

高年式トラックほど高い安全機能を搭載、安全性能が高い車両であるのも事実!

高年式トラックほど高い安全機能を搭載、安全性能が高い車両であるのも事実!

さまざまな安全機能が搭載されトラックの安全性能は驚異的に向上していますが、残念ながら追突事故防止装置などの高い安全性能を持つトラックは高年式車両であるのも事実です。

高い安全性能が搭載された現行モデルは非常に魅力的であるものの、高性能な追突事故防止装置などは高価であり車両価格が高額となるため導入に二の足を踏んでいる方も少なくないのではないでしょうか?

中古トラック市場への流入車両には高い安全機能を搭載した車両が増加している

追突事故を回避するために追突事故防止装置などの安全機能は非常に効果的で、搭載車両の導入を強く望む方が少ないことは予想できますが、導入コストが導入コストがネックとなり導入に踏み切れない方におすすめしたいのが中古トラック販売店での中古トラック購入です。

既に中古トラック市場には追突事故防止装置などの安全機能を搭載した中古トラックが数多く流入し、多くの中古トラック販売店で取り扱われています。中古トラックとは言っても最新機能を搭載する高年式車両は車両価格が高額となりますが、新車で購入することを考えれれば中古トラック販売店では安全機能搭載車両を高い費用対効果で導入することが可能です。

中古トラック販売店で高い安全性能の搭載トラックへの乗り換えを効率的に行おう!

一瞬の不注意で追突事故を発生させるとその瞬間から人生設計が大きく狂い始めることは珍しくありませんので、トラックのハンドルを握るドライバーにとって追突事故は絶対に避けて通りたい鬼門であると言えます。

ドライバー自身がどんなに安全意識を高く持ち健康管理を行っていても、一瞬のスキを突くように追突事故は発生しますので、中古トラック販売店で追突事故防止装置を搭載した中古トラックをリーズナブルに購入し追突事故防止の負担を軽減することを強くおすすめします。

中古トラックおすすめ車両!

三菱 キャンター 小型 クレーン付 3段 ラジコン|トラック 左前画像 トラックバンク掲載

小型クレーン付/三菱キャンター/H26/積載3.65t/走行3.3万km/2.9t吊3段 ラジコン フックイン ロープ穴3対

詳細を見る
中古 クレーン付小型 日野デュトロ トラック H26 TKG-XZU650M

小型/日野/デュトロクレーン付/標準ロング/H26/走行9.1万km/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ハイルーフ

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

まとめ

トラックドライバーの一瞬のスキを突き発生する追突事故には、事故当時者となるドライバーや事故関係車両の乗員のみならず、事故当時者の家族の人生をも狂わせかねない残酷な結果に繋がるリスクが潜んでいます。

加害者・被害者を発生させないために全力で追突事故防止に努めたいもので、追突事故防止装置搭載車両の導入は非常に高い効果が期待できる事故防止策の1つだと言えます。追突事故防止装置のサポートを受けながら充実した追突事故防止策を実現するためのポイントは次の3つです。

追突事故に繋がる疲労運転は厳禁!適度な休憩と健康管理が重要!

追突事故防止装置は心強い味方!安全機能搭載車導入で事故防止を

安全機能搭載車両の購入は中古トラック販売店がおすすめ!

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報