トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

進行すると廃車の可能性も?ハイリスクなトラックのトラブルエンジン焼き付きとは?

進行すると廃車の可能性も?ハイリスクなトラックのトラブルエンジン焼き付きとは?

トラックの出力を発生させるエンジンはトラックにとって重要なパーツである上、構成パーツが高価なことや修理には高い技術力が求められることなどからダメージを受けるとトラックが廃車になりかねない、まさに心臓部分と言えるでしょう。しかしトラックの稼働中のエンジンは高温・高圧・高回転という非常に過酷な状態となり、ちょっとしたきっかけでトラブルを発生させます。

トラックのエンジントラブルのなかでも発生率が高く、トラックが廃車となる可能性をはらんだハイリスクなトラブルのエンジン焼き付きに注目し掘り下げて紹介します。

深刻なエンジントラブルとして知られるエンジン焼き付きとは?

深刻なエンジントラブルとして知られるエンジン焼き付きとは?

トラックのエンジンは燃焼室で燃料を燃焼させる内燃機関で、稼働中は大量の熱を発生させます。金属パーツの塊であるエンジンは温度が上昇すると各パーツが熱膨張を起こし、高速で稼働するパーツに設定されているクリアランスを保つことができなくなります

エンジンを良好な状態で稼働させるためには温度コントロールが必要となるため、トラックにはさまざまなエンジン冷却機能が搭載されています。エンジンの焼き付きはトラックに搭載された冷却機能が正常に機能しなかった場合などに発生するエンジントラブルです。

悪化すると最悪廃車の可能性もあるエンジン焼き付きの症状とは?

危険なエンジントラブルである焼き付きですが、高温・高圧・高回転で稼働するトラックのエンジンは常に焼き付きが発生しないギリギリのラインを保ちながら稼働していると言えるでしょう。

ちょっとしたきっかけでギリギリのラインを踏み越えてしまうとエンジンの焼き付きが発生し、焼き付きには軽度のものから廃車の可能性が視野に入ってくるほどの深刻なものまで存在します。

軽度のエンジン焼き付きはエンジンオイルの熱ダレなどが挙げられます。熱ダレはエンジンオイルが異常加熱して粘度が低下しオイル特性である潤滑や冷却機能の効果を得られなくなる状態です。

エンジン内部の金属パーツの摩擦抵抗が増加するとエンジン温のさらなる上昇の原因となりますが、この時点で焼き付きに気が付けばリカバリーは難しくないと言えるでしょう。摩擦抵抗が増えるためエンジンからカンカン・ガチャガチャと言った異音の発生や、加速が鈍くなる、ゴムの焼けるような臭いがするなどの症状が見られます。

軽度の焼き付きを発見できなかった場合は焼き付きが進行、エンジンの燃焼室内でピストンの抱きつきなどが発生してエンジンが停止します。高速で稼働するエンジンが突然止まることでクランクシャフトなどへ悪影響が生じエンジンブローに陥ると考えて下さい。

エンジン焼き付きの発生原因は?

既にふれたとおりエンジンの焼き付きはエンジンオイルの機能低下で生じますが、焼き付きの原因となるエンジンオイルの機能低下は次に挙げる条件などで発生します。

  • エンジンオイル量の不足
  • エンジンオイルの劣化
  • エンジンオイルの選択ミス
  • 冷却装置の不具合による冷却不足

エンジン焼き付きの原因となるエンジンオイルの機能低下は、十分なオイル管理が行われていないことから生じるケースが圧倒的に多いと言えるでしょう。

エンジン焼き付きは早期発見で被害を最小に抑えられる

エンジン焼き付きは早期発見で被害を最小に抑えられる

エンジン焼き付きは段階的に進行することを既に紹介しました。エンジン焼き付きが発生しないようなオイル管理を行うことが重要ですが、残念ながら焼き付きが発生した場合は被害を最小限に抑えるためには、エンジン焼き付きをいかに早期発見するかがポイントとなります。

軽度のエンジン焼き付き発生時の症状を見逃すな!

軽度のエンジン焼き付きである熱ダレの時点でエンジンの不調を察知することができれば、たとえ焼き付きが発生したとしてもエンジンへのダメージを最小限に抑えることができます。

エンジンで軽度の焼き付きが発生した際の症状をしっかり掴んでおくことで、エンジン焼き付きを初期の状態で察知することができますので紹介します。

加速が鈍くなる

エンジンが良好な状態であればアクセル開度と比例してトラックがスムーズに加速しますが、熱ダレを起こした状態のエンジンは抵抗が増えるためレスポンスが悪くなり加速が鈍くなります。

エンジンから異音や異臭がする

既にふれたとおりオイルは高温になることで粘度の低下と共に潤滑機能が損なわれるため、エンジンから異音が発生します。またエンジンの温度が上がることでゴム製パーツが溶解し異臭を発生させます。

オイル圧が上がらない

エンジンオイル量の不足が原因で温度上昇を招いている場合は、エンジンオイルのオイル圧を示すオイルプレッシャーゲージが上昇しません。熱ダレ発生前にオイルプレッシャーゲージを確認して焼き付きを未然に防ぎたいものです。

エンジン焼き付きに大きく関係するエンジンオイル

エンジン焼き付きに大きく関係するエンジンオイル

エンジンの焼き付きと非常に深い関係性を持つのがエンジンオイルです。逆説的に考えれば、エンジンオイルの管理をしっかり行えばエンジンの焼き付きはほぼ回避できると言っても過言ではないでしょう。

エンジンオイルの働きとは?

エンジンオイルの温度が上昇することでエンジン焼き付きが発生することを紹介してきましたので、エンジンオイルの機能をここで確認してみます。エンジンオイルは次に挙げる5つの機能を果たすように合成されています。

  • 潤滑:金属パーツの接合部の抵抗を軽減する特性
  • 清浄:燃料燃焼や金属パーツの擦れで生じる汚れを吸収する特性
  • 防錆:金属パーツをサビや腐食から保護する特性
  • 密閉:金属パーツの接合部に気密性を持たせる特性
  • 冷却:発熱した金属パーツを冷却する特性

エンジンの焼き付きを防止する機能には潤滑と冷却が該当し、この2つが正常に機能しなくなれば焼き付きが発生します。

エンジンオイルの管理がエンジン焼き付きの唯一の予防策

エンジン冷却装置の故障でもエンジン焼き付きが発生しますが、エンジン冷却装置は基本構造がシンプルなため比較的丈夫なパーツだと言えます。事実エンジン焼き付き発生例はオイルの管理不足によるものが大多数ですので、トラックのエンジン焼き付きを防止するためにはエンジンオイルの管理を徹底することが最も効果的だと考えられます。

また化学技術の向上と共にエンジンオイル添加剤の性能が向上していることから、使用するトラックのエンジンオイルに添加剤を投入してみるのも効果が期待できるといえます。添加剤はさまざまなメーカーから発売されており、期待できる効果や価格帯も多種多様ですが一般的にエンジン音や振動の減少、エンジン部品の摩耗軽減、燃費向上などが期待できる添加剤が多い傾向にあります。

焼き付いたエンジンの修理内容や費用の目安は?

焼き付いたエンジンの修理内容や費用の目安は?

既に紹介したようにエンジンの焼き付きは段階的に進行するため、軽度であればエンジンの焼き付きを起こした場合でもリカバリーの可能性が残っていますが、深刻な焼き付きの場合は大規模修理が必要となります。

エンジン焼き付きは進行状況で修理費用が異なる

深刻なトラブルであるエンジンの焼き付きが発生した場合の修理費用は気になりますが、ひと口に焼き付いたエンジンの修理と言っても焼き付きの症状によって修理費用は大きく異なります。

軽度のエンジン焼き付きの場合

熱だれを起こしている程度の焼き付きであればオイル交換を行うことでリカバリーが行えますし、ガスケットの交換で修理が済めば5~7万円程度で収まるケースもあります

重度のエンジン焼き付きの場合

焼き付きが重度で深刻なものでも症状によって20~60万円程度でリカバリーが完了するケースもあります。しかし手の施しようがないほど焼き付きの症状が進行している場合はエンジンの載せ替えが必要なりこの場合は数百万円の費用が発生すると言えます。

深刻なエンジン焼き付きの場合はトラック乗り換えが効果的?

深刻なエンジン焼き付きの場合はトラック乗り換えが効果的?

軽度のエンジン焼き付きであるエンジンオイルの熱ダレよりも症状が進行し本格的に焼き付きを起こしてしまったトラックは残念ながらリカバリーに大きな経済的負担と長期間の修理期間を費やすことになります。

トラックが深刻なエンジン焼き付きを起こした場合は、高額な修理費と時間を投入して修理を行うよりも、思い切ってトラックの乗り換えを行った方が効率的であるケースは珍しくありません。

高額な修理費用の支払いより中古トラック購入は高コスパ!

トラックの乗り換えと言ってもトラックは車両価格が決して安いものではないため、「新車購入費用よりも焼き付きを起こしたエンジンを修理した方が安いのでは?」と考える方は少なくないでしょう。

また半受注生産のような体制で生産され新車トラックの納車には時間がかかることから、苦渋の選択で修理を行う方も居るのではないでしょうか?そこで提案したいのが中古トラック販売店での中古トラック購入という乗り換え手段です。

中古トラック販売店では未使用車から低価格のものまで、多彩な中古トラックが取り扱われていますので、予算に合わせた車両選択が可能となりますし、即納対応可能な車両も数多く存在します。

中古トラック購入を選択することで、コスパの高い効率的なトラック乗り換えを実現することが可能となります。

エンジン焼き付きのリカバリーは中古トラック販売店で行える

トラックのエンジン焼き付きを確認した瞬間は誰しも放心状態となり、「修理しなくては!」と考えるものですが、稼働中のトラックが運行不能となるエンジン焼き付きを起こしてしまったのですから、冷静に効果的なリカバリー手段を検討するべきでしょう。

コスト的にも時間的にも最も効率的なリカバリー手段は、中古トラックへの乗り換えだと考えられます。中古トラックへの抵抗を持つ方も少なくないようですが、現在中古トラック市場に流入する車両のコンディションは年を追うごとに向上していますので、是非一度中古トラック販売店に足を運び、取り扱われている車両を確認してみて下さい。

中古トラックおすすめ車両!

中古 トレーラ 国内・その他 H18 DFPTF241BN改

コンテナシャーシ/フルハーフ/H18/31FT/積載31t/第五輪荷重9.27t以上/エアサス

詳細を見る
クレーン付小型 いすゞエルフ トラック H30 TRG-NPR85AR

小型/クレーン付/ワイドロング/いすゞ/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ロープ穴4対 フック2対

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

まとめ

エンジンの焼き付きは進行すれば最悪の場合エンジン載せ替えか廃車の選択を迫られることがあるほど深刻なトラブルだと言えますが、早期に発見すればオイル交換でリカバリーできる可能性もあります。

エンジン焼き付き前兆を見逃さないためにも次に挙げるエンジン焼き付きの初期症状をしっかり掴んでおいて下さいね。

アクセルを踏み込んでも突然加速が鈍くなる

エンジンから異音や異臭が発生する

オイルプレッシャーゲージが上がらない

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報