トラックのお役立ち情報

土日祝 営業 [営業時間 9:00-21:00]

0120-918-101

トラックのエアサス故障の主な症状・発生原因・修理費用目安額・予防策を大紹介!

トラックのエアサス故障の主な症状・発生原因・修理費用目安額・予防策を大紹介!

トラックの車両重量や積載する積み荷の重量などトラックの全ての重量を支えるサスペンションは安全で快適な走行の実現はもちろん、積み荷への衝撃緩和を行う重要パーツだと言えます。一般的なトラックのサスペンションシステムはリーフサスと呼ばれるシステムが採用されますが、高性能サスペンションとして近年搭載率が高くなっているのがエアサスです。

金属製の板バネではなく圧縮エアを利用したエアサスの故障の主な症状や故障発生原因、故障したエアサスの修理費用目安額や故障の予防策を紹介します。

トラックに搭載される高性能サスペンション「エアサス」とは?

トラックに搭載される高性能サスペンション「エアサス」とは?

トラックのサスペンションには金属製の板バネを使用するリーフサスが搭載されるケースが多く、リーフサスは代表的なトラックのサスペンションシステムだと言えますが、近年ではより高性能なサスペンションであるエアサスの搭載率が向上しています。

エアサスは名前どおり圧縮エアを利用した衝撃緩和装置で、ベローズと呼ばれるゴム製パーツに圧縮エアを充填し路面からの衝撃を緩和することで板バネよりも高次元な衝撃緩和を実現するサスペンションシステムです。

エアサスは多くのトラックに搭載されるリーフサスより衝撃吸収性能が高い

リーフサスは長さの異なる複数の金属製板バネを重ね応力分散を行い、板材同士が接触・摩擦することで衝撃吸収を行うのに対し、エアサスは既述のとおり圧縮エアを充填したゴム製のベローズが変形することで衝撃吸収を行うサスペンションシステムです。

空気圧の低いタイヤは大きく変形して衝撃吸収性能が高いのに対して高圧のタイヤは衝撃吸収性能が低くなることはイメージしやすいのではないかと考えられますが、エアサスはベローズ内の圧力を変更することで衝撃吸収性能をコントロールできます。

リーフサスの場合は積み荷の重量に合わせて板バネの能力を変更できませんが、エア圧力調整で積み荷の重量に合わせてフレキシブルに衝撃吸収能力を変化させられるエアサスは、高い衝撃吸収性能の実現が可能な高性能サスペンションだと言えるでしょう。

高性能である反面エアサスは搭載コストが高額となる

貨物自動車のサスペンションに求められる高い衝撃吸収性能を持つエアサスペンションは非常に魅力的なサスペンションシステムだと言えますが、実際にシェアが高いのはリーフサスペンションであるもの事実です。

高性能で理想的なサスペンションシステムと言っても過言ではないエアサスですが、普及率を阻む障壁として「導入コストの高さ」が大きく影響していると考えられます。

エアサス搭載車の車両価格はリーフサス車よりも高額となる傾向にありますが、メーカー各社は高価なエアサスの耐久性を向上させ半永久的に使用できるものが開発されていると言われています。

トラックに搭載するエアサスは耐久性の高い丈夫なパーツ

トラックに搭載するエアサスは耐久性の高い丈夫なパーツ

金属製の板バネと比べるとゴム製のベローズを使用するエアサスに対して「耐久性に問題があるのでは?」と感じる方もいるのではないでしょうか?確かにゴム製品は紫外線や熱の影響で劣化が生じる特徴がありますが、重要パーツであり高額パーツでもあるエアサスのベローズは既にふれたとおり何万何十万回もの耐久試験を繰り返して開発・製造されています。

リーフサスに使用される金属製の板バネが融雪剤の影響で腐食したり、長年の使用で金属疲労が発生し使用限度に達するのに対し、エアサスのベローズの耐久性は半永久近くにまで引き上げられていると言われています。

トラックのエアサスの主な故障原因とは?

エアサスの主要パーツであるベローズの耐久性が半永久に近い非常に高い者であるとすればエアサスに故障は発生しないことになりますが、現実的にはエアサスでの故障発生例は残念ながら存在しています。

トラックを支える高性能サスペンションシステム、エアサスに発生する故障の主な発生原因を紹介します。

コンプレッサーやエア供給ラインのトラブルによるエアサス故障

エアサスはコンプレッサーで圧縮しエアタンクに充填される高圧エアを使用して機能するため、コンプレッサー本体やエアタンクにトラブルが生じて高圧エアが供給されないと機能が停止します。

何万何十万回もの耐久試験を行い半永久に近い非常に高い耐久性を持つベローズであっても、圧縮エアが封入されなければ空気の抜けたタイヤのようなものですのでエアサスの衝撃吸収性能を発揮することができません。

エアサスの要となるベローズのトラブルによるエアサス故障

エアサスの主要パーツであるベローズが半永久に近い非常に高い耐久性を持つ丈夫なパーツであることは既に紹介しました。高圧エアの封入と荷重による収縮運動に対する耐久性は向上していますがゴム製品だけに傷が発生すると耐久性が損なわれ、パンクしたタイヤのような状態になってしまうケースが存在します。

穴が開いてベローズが膨らんだ状態を保てなくなるのも困りますが、傷付いたエアサスに荷重がかかるとベローズが破裂するケースも存在するので、エアサスに傷が付いている場合は早急に修理することを強くおすすめします。

トラックに搭載されたエアサス故障の修理費用目安と故障の予防策とは?

トラックに搭載されたエアサス故障の修理費用目安と故障の予防策とは?

エアサス搭載車両は車両価格や修理費用が高額となることは既に紹介しましたが、トラックに搭載するエアサスが交渉した場合の修理費用も高額となる傾向にあるためトラックのエアサスが故障した場合の経済的負担は決して小さくないと言えるでしょう。

高額となるトラックのエアサス故障の修理費用の目安額

エアサスの故障原因がどの部分になるのかでエアサスの故障修理費用は異なりますが、エア供給ラインの代表的なトラブルと言えるエアドライヤーが原因の場合エアドライヤー交換を行うケースもあり4~5万円が修理の目安額だと言えます。

主要パーツであるベローズが原因となるエアサス故障でベローズ交換を行った場合は、1ヶ所あたり10万円前後の修理費用が発生しますのでエアサス故障の修理費用の経済的負担は小さなものではないと言えるでしょう。

トラックのエアサス故障の効果的な予防策とは?

エアサス故障の予防策として効果的だと言えるのは、エアサスへの負担を軽減した状態を保つことだと考えられます。エアサスが高い耐久性を持つ丈夫なパーツであると言っても、高負荷の状態で変形を繰り返すことで少なからずとも経年劣化が生じますので過積載などで過度な負荷をかけないことがエアサス故障の効果的な予防策だと言えます。

トラックのエアサス故障が発生した場合は乗り換えの検討も必要?

トラックのエアサス故障が発生した場合は乗り換えの検討も必要?

新しいトラックのベローズに傷が付いて破裂したなどのエアサス故障の場合はベローズ交換で対応するのが効果的だと言えます。しかし長期間使用し経年劣化が進み老朽化したトラックのエアサスが故障した場合は修理よりも乗り換えを検討した方が結果的には効率的で経済的となるケースは珍しくありません

老朽化が進んだトラックはエアサス以外の主要パーツの経年劣化が進んでいることが推測されるため、高額な修理費用を支払って故障したエアサスを修理しても修理費用を償却する前にトラックが寿命に達する可能性も否定できません。

耐久性の高いエアサスの故障はトラックの老朽化を示すサイン

本記事内で何度もふれたとおりエアサスのベローズは基本的に半永久的な使用に耐えられるような仕様で製造されていますが、荷物を積載した状態で長期間使用したエアサスはメーカーの想定以上に劣化が進む可能性があることも否定できません。

しかし外部因子の影響を受けベローズに傷が付くトラブルが発生するのは、製造直後よりもベローズの強度が低下している可能性があることを否定することは難しいと言えるでしょう。

長期間使用したトラックはエアサスシステム以外のパーツにも経年劣化が生じますので、長期間使用したトラックのエアサスに故障が発生した場合は経年劣化が進みトラックが老朽化していることを示すサインだと捉えるべきだと言えるでしょう。

老朽トラックはエアサス故障を修理後も他のパーツ交換が続発するリスクが潜む

既にふれたとおりせっかく高額なエアサスの修理を行っても、他に使用限度に達するパーツ交換が頻発するとトラックの運行効率が低下しますので、エアサス修理費用の償却に時間がかかるようになります。

老朽化したトラックの調子を伺いながら運行する状態ではエアサスをはじめとするパーツ交換費用の償却が現実的でなくなると考えられるので、乗り換えを行った方が費用対効果は高いと考えられるのではないでしょうか?

乗り換え時のコストや納期などの問題を解決するトラック乗り換え方法とは?

乗り換え時のコストや納期などの問題を解決するトラック乗り換え方法とは?

長期間の使用で経年劣化が進み老朽化したトラックのエアサスが故障した場合は、高額な費用を支払って修理するよりも乗り換えを行った方が高い費用対効果を期待できることは既に紹介したとおりですが、トラック乗り換えにはコストや納期の問題が生じるのも事実です。

そこで「できるだけ効率的にトラック乗り換えを行いたい!」と考える方には、中古トラック販売店中古トラックを購入するトラックの乗り換えを強くおすすめします。中古トラックに対して「使用限度に達するのが早い」というイメージを持つ方も存在するようですが、商品に対する消費者のニーズが厳しくなった現在は、中古とはいえ良好なコンディションの車両だけを取り扱う中古トラック販売店が急増しています。

中古トラック販売店からの中古トラック購入で理想的な乗り換えが可能

トラックの車両価格は高額となる傾向にありますが、中古トラック販売店では新車同様の未使用車からリースナブルな低年式車まで幅広い中古トラックを取り扱っているため、予算に合わせた車両選びが可能です。

また全て完成車両である中古トラックは納車までに必要な時間も短く、短期納車を実現可能で車両によっては即納対応できる中古トラックも存在しますので、乗り換え時の納車期間の問題も中古トラック販売店で解決することが可能です。

中古トラックの活用でトラックのエアサス故障を効果的にリカバリーしよう

豊富な取扱い車両のなかから予算に合わせた理想的な1台を選び出すことができる中古トラック販売店はエアサスの故障で稼働できなくなった緊急事態のリカバリー方法としておすすめできる車両調達先だと言えます。

使用中のトラックのエアサスに故障が発生した際には「中古トラック販売店」のキーワードを思い出して下さい。ロスタイムのない理想的なトラック乗り換えを実現できることをお約束します。

中古トラックおすすめ車両!

中古 トレーラ 国内・その他 H18 DFPTF241BN改

コンテナシャーシ/フルハーフ/H18/31FT/積載31t/第五輪荷重9.27t以上/エアサス

詳細を見る
中古 クレーン付小型 日野デュトロ トラック H26 TKG-XZU650M

小型/日野/デュトロクレーン付/標準ロング/H26/走行9.1万km/2.9t吊4段 ラジコン フックイン ハイルーフ

詳細を見る

販売中
中古トラック
一覧へ

まとめ

高い衝撃吸収性能持つエアサスは大切な積み荷を運送し超時間の運行を行うトラックにとって理想的なサスペンションシステムだと言えますが、万一故障が発生した場合の修理費用が高額になるのが頭痛の種でもあります。

エアサスの主要パーツであるベローズにトラブルが発生した場合は次の3つに注意して修理か買い替えの検討を行うことをおすすめします。

使用期間の新しい車両の場合はベローズ交換が効果的

長期間使用し経年劣化が進んでいる車両は乗り換えが効果的

費用対効果の高いトラック乗り換えは中古トラック購入で実現可能

関連する記事

カテゴリー

お知らせ

トラックのお役立ち情報